HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7642
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16   >>
得点 カード名 登録日時
4 連鎖召喚 2016/12/23 01:47
PP臭さのしない、通常パックのカードと言われても納得しそうなカード。
まず自分の場にXが2体以上並んでいる時という状況の時点で相当難しい。
そして呼び出すXモンスターは低ランクのものになるため、必然的にエクストラのランクがバラけることになり、EXデッキの構築も専用気味になるだろう。
何より軽々とXモンスターを2体並べるようなデッキは、このカードの助けがなくても十二分に戦えるだろうと考えられる。
十二獣やバハシャは相性が良いのだが、それこそ彼らにこのカードの助けは必要だろうかというところである。
魔法一枚でXモンスター1体を特殊召喚できるのは強力だが、いくらなんでも条件が厳しいと… というカードか。
3 R・R・R 2016/12/23 01:37
愚かなレプリカラプターめ…・
罠で使えるRRコール。ついでに召喚元の参照したカードを攻撃や効果の対象から守ってくれる。
しかし罠で使えるRRコールの意味がかなり薄い。RRコールは魔法故に即座に使えエクシーズに持っていける展開札だったのに、このカードは罠故に相手ターンに展開を行うことになってしまう。
RRの下級はトリビュート以外はとてもではないが戦線を維持できる能力でなく、せっかくこのカードを使っても呼び出したカードが破壊されてしまうだろう。
自分ターンに使えばRRコールと違い特殊召喚制限がないのはいいのだが、その場合は罠ゆえの遅さが問題になってくる。
総じて先輩格であるRRコールが偉大ということになるだろう。下級RRの質が上がればあるいは、だが。
6 デストーイ・リニッチ 2016/12/23 01:29
言ってしまえば効果を無効化しない代わりにデストーイ専用になった縫合蘇生。
元となった縫合蘇生が、効果は優秀なれど蘇生先に悩むというカードだったのを解決しているかというと、デアデビルが登場したのは追い風ではある。
とはいえデストーイモンスターは融合モンスターに集中しているため、蘇生カードとしては重い部類に入る。
後半の効果はウイングを使いまわせるとかなりのターボが狙える他、魔玩具融合の素材を墓地に戻せる。とはいえファーニマルでこの効果もコンボ性に乏しく、これ以上の発展は厳しいか。
効果は間違いなく強いが、縫合蘇生同様の使い手不足。いずれは化けるかもしれないが、ARC-Vももう最終盤…
7 デストーイ・デアデビル 2016/12/22 22:59
また素材がガバガバなファーニマル。
効果は殴り倒すとバーン、倒されてもバーンとバーンづくし。ファーニマルにおいてはワンキルラインは引き下げられるがすでにハーケンコンボで8000に届いているとも言う。
そのハーケンとは素材が被る。ハーケンの2回攻撃と墓地送りのほうが基本的には優秀で、このカードの出る幕がなさそうだが墓地送りが効かない高打点に対してはこちらの出番。自慢の3000打点で殴り倒す。
その位置から、ファーニマルにおいては1枚あれば心強いカード、といったところか。耐性の硬い高打点の持ち主は存外いるもので。
7 ペンデュラム・フュージョン 2016/12/22 22:34
Pゾーンのカードも融合として扱える融合魔法。
融合魔法としては自分フィールドと効果発動時のPゾーンしか参照できないためそこまで高いものでもない。ペンデュラムを融合に使えるところをいかにコンボに用いるかが肝要になる玄人向けのカードと思われる。
普通の手札からの融合だとPモンスターは墓地に送られるが、Pゾーンを経由することでエクストラデッキに送ることが可能になるのが最大の特徴だろう。Pオーンのカードを効果的にどかして張り替えるために使うのも悪くない。
Pギミックと融合が融合しているデッキでこそ輝くカード。特にEMオッドアイズなどはルーンアイズやビーストアイズ、ボルテックスなどが格段に出やすくなるのではないか。デュエリストアドベントでサーチできるのも魅力。
5 SRドミノバタフライ 2016/12/22 22:15
SRにもペンデュラムチューナーがついに投入。
投入されたはいいが、エクストラからのP召喚にはレベルが低く、スケール1のカードが強引に必要になるのは今後の課題になるだろう。
シンクロ制限は要するにユーゴ的カードを使えということ。レベル的にSRでクリアウィングなどにつなげるのは難しいので、2+3でチャンバライダーやマッハゴーイータを狙うのが良いだろう。とはいえP召喚しにくいPチューナー、普通のチューナーの域を出ないのであれば無理に使わなくてもと思ってしまう。
P効果はまずはスケールが8と優秀。クリアファストをP召喚しろというのだろうか。風属性縛りもSRでは気にならないがSRのPギミックがまだまだ発展途上。効果の除外回収は素直に優秀で、自発的に除外されるカードがそこそこあるSRには相性がいい。
秘めたものはなかなかだが、いかんせんSRのPギミックが発展途上。暫くの間はお休みなさいか。
6 EMバラクーダ 2016/12/22 21:45
イケメンがもう一人。
純粋なダウンのバラードに対し、こちらは元々の攻撃力の変化に干渉してくる。
P効果は元々の攻撃力の変化に応じるダウン。攻撃力アップを打ち消し、ダウンを倍にする。バラードと組み合わせれば大きなダウンを狙えるので、スケールが対なこともあってそのような運用が求められるのだろう。だが攻撃力アップの打ち消しの方が嬉しい局面が多いかもしれない。
モンスター効果はその逆。ダウンを打ち消し、アップを倍にしてくる。パートナーガなどの強力な攻撃力アップを誇るEMにおいてはかなり強力な効果。スマイルを決めたラフメイカーにこの効果が入るとワンキル圏内の打点すら望めるか。
壮絶なワンパンを支援できる面白そうな一枚で、無難を絵に書いた相方より華やかで魅力があるのはこちらだろうか。
4 EMバラード 2016/12/22 21:31
イケメンにはバラがよく似合う、のか?
攻撃力ダウンに関係する2つの効果を持っている。魅了でもするのだろうか。
Pスケールにおいては戦闘補助。スケールが2と小さいのでP召喚用のスケールとしての性能がそれなりにあることを考えると、ついでの効果として悪くない、といったところか。
モンスター効果は別の攻撃したEMによって相手のモンスターの攻撃力を下げる効果。ただEMはそれそのものでビートダウンするのは古式ゆかしい脳筋EMになってしまう感が。このカードと別のEMを並べた上で、相手の場にも多数のモンスターが存在しないと真骨頂が出せないので今ひとつ微妙な効果。
総じて、イケメンだが効果のパンチは弱いか。このカードを採用しなければならないという動機に乏しいように思える。
7 エクスプレスロイド 2016/12/20 16:41
ステルスユニオン素材カードの中では屈指の効果を持つ超特急。
攻撃力の低さは召喚するには怖いものの、サルベージ効果は非常に優秀。
優秀な下級モンスターでビートする、融合素材の回収、単にアドバンテージを増やすなど様々な用途のある強力な効果であり、ビークロイドを組む動機になるレベルの一枚である。
だからベイゴマックス回収とかやめろよ!絶対やめろよ!!
3 ステルスロイド 2016/12/20 16:35
ステルスユニオンの素材となるステルス機。
攻撃宣言したバトルフェイズ終了時に魔法罠を破壊できるが、それがほしいタイミングは明らかにそこではないんだ…
攻撃反応やフリチェなら破壊される前に使われてしまうだろうし、召喚反応にしても他のカードが引っかかる前に潰すことはできない。他のロイドが必要なので単体では使えない点もネック。
基本は融合素材要因ということになるだろう…
5 トラックロイド 2016/12/20 16:20
ステルスユニオンの素材となるモンスターの一角。それと同時に、破壊したモンスターの攻撃力を力にする強力な効果を持つ。
首尾よく高攻撃力のカードを1枚でも貰えれば、それ以降はかなりの火力。しかしこの攻撃力ではそれが難しい。収縮ですら足りないことが多いだろう。
フォースやプライドの咆哮を使うことになるか。そのようなサポートが必須という時点でなんとも言えないものであり、また狙いもわかりやすい。
高攻撃力を手に入れても、除去などで簡単に対策されるため、結局は素材としての運用がメインになるだろうか…
7 雲魔物-タービュランス 2016/12/20 00:40
乱気流。雲ではないような…
生還の宝札が現役だった時代は雲魔物のドローソースとして機能したが…
現状雲魔物でスモークボールを展開する意味は、スコールや一部の下級雲魔物によるカウンターの乗る対象の水増しやリリース・エクシーズ要員としての働きになるか。もちろん宝札雲のトリガーを引くのにも活躍する。
高い展開力は大正義。ランク1エクシーズとこのカードを主体とする雲魔物も手かもしれない。
7 雲魔物-アルトス 2016/12/20 00:34
高層雲。
他の雲魔物と違い、このカードはフィールドのフォッグカウンター全てを使える。
そのため3枚というコストも意外と軽い。スコール下では1ターンに1度は使えるだろう。ゴーストフォッグを使うと相手の手札を一気に破壊できる。
攻撃力もそこそこあり、下級の雲魔物ではアシッドクラウドやキロスタスと並ぶ中心的な存在。キロスタスが場を、このカードが手札をズタズタにしてからエクシーズやニンバスマンに持ち込みたいところか。
7 雲魔物-キロスタス 2016/12/20 00:27
巻層雲をそのまま英語にした名前。
雲魔物で安定したモンスター除去を可能にするカード。
ターン内の発動制限もないので、カウンター次第では2体以上の破壊も狙える。他の雲魔物がいるときに召喚すれば効果をすぐ使えるのも嬉しいところ。
雲魔物におけるフィールドを制圧する仕事の中心的存在。攻撃力が致命的に低いデッキなので、このカードが場を制圧できないと圧倒されてしまう危険性が高い。
6 雲魔物-アシッド・クラウド 2016/12/20 00:15
酸の雲。酸性雨。
キロスタスと双璧の除去カード。カウンター集めには雲魔物のスコールやゴーストフォッグを活用したい。
自身の効果でもフォッグカウンターは貯められるので、出来る限り場に他の雲魔物がいるときに召喚したいところ。その場合召喚してすぐに効果を使うことができる。
他の戦闘破壊耐性を持つ雲魔物より攻撃力が低いので、他のカード以上にサンドバッグ化には注意。
5 雲魔物-ポイズン・クラウド 2016/12/19 23:50
毒の雲。スモッグ??
2013年に突如として裏側守備でも効果が発動できるように裁定が変更されたカード。
それまでは悪魔族故に天空の聖域が使えない、雲魔物の中でも浮き気味の存在と効果などから残念なカードだったが、これで使えるカードのラインには立った。
デスガイドで呼び出せる悪魔族で効果も墓地発動なので使え、デブリに対応しグングニールまで呼び出せるなど雲魔物の外から様々な強化を受けている。
地雷として破壊を狙うカードプラスアルファ。雲魔物外のほうが光るかも。
6 雲魔物-羊雲 2016/12/19 21:40
名前にそのまま羊雲って書いている。
戦闘破壊をトリガーにトークンに分裂する、割とよくあるカード。効果的には雲魔物に限らずとも、壁役になれないこともない。とは言えリリースの制限上、雲魔物に使うのが最も自然だろう。
タイフーンやニンバスマンのリリースの他、手札にいるキロスタスやアシッドクラウドの効果を召喚してすぐ使うこともできる。雲魔物は展開力の割に場に存在する雲魔物の数を参照する事が多いので、その助けになるだろう。
戦闘破壊を待たないといけないのは、もう遅いかもしれないが…
7 雲魔物-ニンバスマン 2016/12/19 21:31
雨雲。
雲魔物の切り札となるカード。雲のない場所である台風の目にエースは譲れない。
場に溜めるのが容易なフォッグカウンターでありながら倍率が非常に高く、超攻撃力をたたき出してくれる。
雲魔物のスコールがあれば毎ターンその攻撃力を飛躍的に上げる。出す前に用意済みならば最初から爆発的火力。リリース追加でフォッグカウンターを生み出す効果はスモークボールを活用するのが良いだろう。
下級雲魔物でフィールドを蹂躙し、このカードで一撃必殺するのが雲魔物の流儀。このカードを活用できるか否かが勝負の分かれ目。
5 雲魔物-ゴースト・フォッグ 2016/12/19 21:21
お化け雲?
自爆特攻でカウンターをどっさりフィールドに展開することが出来るので、とにかく数を参照するニンバスマンと相性抜群。それ以外にもフォッグカウンターを使った効果全般と相性がよく、優秀なサポート。
しかし特殊召喚ができず、召喚権が必須なのは少々速さが足りないか。雲魔物は召喚権でフォッグカウンターを貯めるカードが多いので、召喚権を争うことになる。またレベル依存なのでエクシーズモンスター相手にはこの効果が使い物にならないのも要注意。
雲魔物自体が厳しいデッキになっているが、このカードも立場は厳しくなりつつある。
3 雲魔物-アイ・オブ・ザ・タイフーン 2016/12/19 20:58
台風の目。
雲魔物のエースカードなのだが、実際はニンバスマンの方がギミック的にも破壊力的にも雲魔物として際立っているのが悲しみ。・
雲魔物の一般的なカードとは属性や種族が違う上、高い攻撃力と戦闘破壊耐性の相性も悪くはないが微妙。
エースカードとしては力不足を感じる。弁護するなら、3000打点相手に形式変更を受けて耐えられるモンスターはそう多くはないのだが…
6 E-HERO ヘル・ゲイナー 2016/12/19 20:31
モデルのない変わり種のE-HERO。
2回攻撃を付与する効果は恐ろしいことに永続で付与が可能であり、一度使えば対象に圧倒的な火力を付与できる。
HEROなのでエアーマンのサーチも効く。E-HEROが一番だが、悪魔族でも活用可能。
とくに超攻撃力のダークガイアに2回攻撃を付与出来れば、一気のワンキルを目指すことも夢ではない。
場にもどるのは時間がかかるが使いきりではないのもうれしいところか。とはいえ時間がかかるので過信はできないところ。
7 E-HERO マリシャス・エッジ 2016/12/19 20:20
闇に落ちたHERO、E-HERO。エッジマンの能力と効果を持つあたり、彼の闇堕ちなのだろうか。
エッジマン同様の貫通効果に加えて、リリース1体で召喚できる最上級の開祖的な一枚。しかもゆるい条件のためほぼ上級と大差なし。
それでいて2600の貫通を誇るパワーファイター。E-HEROにとどまらず、悪魔の上級としてもかなりの水準に存在する。
E-HEROやダークガイア軸などで優秀なパワーアタッカーとして活躍可能。マリシャスデビルの素材としてもかなり優秀なカードとなっている。
このカードを使う場合、リリース要員にヘルブラッドを活用するとお得。
7 雲魔物-スモークボール 2016/12/19 20:00
ひとりぼっちは、さみしいもんな…
タービュランスの効果で何度でもリクルート・蘇生できるコスト要員の雲魔物。
雲魔物ではニンバスマンのリリース要員や宝札雲の効果発動に活躍。フォッグカウンターの管理は必要だが、使い減りせず展開できるというのは大きい。
また闇の量産工場とサルベージに対応する天使族という点も重要。コスト要員や高等儀式術の存在から、神光の宣告者との相性も抜群。
4 六武衆の侍従 2016/12/19 19:50
体に受けた無数の傷は、過去に受けた除去や効果無効化の後なのか…
旧六武衆であってもその効果発動の支援は過去の自分自身であるカゲキが優秀。
六武衆でバニラが活きる機会も薄いだろう。ローレベルバニラの展開力を六武衆に活かせというデザインなのだろうが…
六武衆の名前は持っているので、ローレベルバニラにシンクロを持ち込んだ場合にシエンを呼び出せる可能性を持っている。
4 パワー・ウォール 2016/12/17 19:08
カードは投げ捨てるもの。
ダメージ軽減と墓地肥やしを両立する贅沢な一枚。しかしそれは逆に、ダメージ軽減としても墓地肥やしとしても中途半端さは否めないというわけで…
アニメやTFでは100ポイントで1枚投げ捨てられたため反則的な墓地肥やしができたが、その5倍の500ポイントとなると稼げて5~6枚が関の山だろう。
そうなると針虫の巣窟というフリーチェーンがあるため、ダメージ反応のこのカードは確実さで大きく劣る。逆にダメージを減らすためでも、トリガーが厳しいこのカードを使わなくてもという感が。
ダメージだけ軽減し、墓地を肥やす効果があるので架空デュエルでは使えるかも?
5 白のヴェール 2016/12/17 18:56
戦闘する時魔法罠絶対使わせないヴェール。
戦闘時に相手の魔法罠を完全に否定し、さらに戦闘破壊を引き金に羽箒をすることで後続も安全に切り込めるようにする先導者の役割を果たすカード。
とはいえ魔法罠で攻撃を封じられる状況が多い環境とは言い難く、このカードで除去を狙うよりも後述のリスクを鑑みるとツインツイスターなどの強力な除去を活かすべきかもしれない。
破壊されたりモンスターが吹っ飛んだりしてフィールドから離れると3000ものダメージを受けるのがかなり痛く、これがメリットに対して無視できないデメリット。先導者的な仕事をするのに効果モンスターを止められないのも痛い。
9 失楽園 2016/12/17 18:49
通常のドローと合わせて3枚ドローとか三幻魔汚いさすが汚い。
タッグフォース効果のドローだけだったのでも凶悪なのに、神縛り耐性まで三幻魔に与えてしまったとんでもないフィールド。
いずれも高い能力を持つ三幻魔とアーミタイルに、神縛り耐性なんて与えてしまったら、バックを固める3倍のドローを許してしまったらとんでもないことになるだろう。最も、三幻魔を呼び出すことが出来ればの話だが…
初動に関しては暗黒の召喚神やプリズマーがなんとかしてくれると信じて…!!
7 暗黒の召喚神 2016/12/17 18:16
タッグフォースでは蘇生だけ、それも蘇生制限に引っかかっていたのでなかなかの産廃ぶりを見せてくれていたが、手札デッキから呼び出せるようになり格段に進化した三幻魔サポート。
アドバンス召喚でも三幻魔なら十分な見返りだが、特殊召喚制限はないので蘇生カードなどで振り回すことも可能。能力の低さもそれを十分助けてくれる。
召喚酔いするのはかなり痛いが、普通に出すのは困難な三幻魔を簡単に出せるだけでも十分なリターンだろう。特に魔法罠破壊を持つウリアが光る。
墓地の効果は三幻魔のサーチ。融合徴兵・準備でも可能だが墓地発動で場でも強いカードなのであって損するものではないだろう。
総じて三幻魔を強力に支援するのは確実。タッグフォース効果からよくここまで昇華した。
6 スカイスクレイパー・シュート 2016/12/17 18:06
快晴の空の下 今だ帆を上げ、仲間とともに!
摩天楼に立つフレイム・ウィングマンといえばGX1期OPの花形。
摩天楼からの一撃で相手のモンスターをことごとく葬り去るが、そのためには融合E・HEROが必要。しかも除去は攻撃力に依存するため、より破壊を活かすためなら弱いHEROが必要になるという… 発動条件は素直に2500あたりのアブソリュートZeroあたりで妥協するか、簡易融合セイラーマンを使うか。
除去としては正直ライボルなどで十分クラスの重さなので、付随するバーンこそこのカードの華。単体バーンでも2000オーバーは確実だが、摩天楼下ではワンキル級の火力になる。
ロマンカードの感があるので、摩天楼を組み込み攻撃力の低いE・HEROを出せるようにチューンした専用デッキを作るのも手か。
9 E・HERO オネスティ・ネオス 2016/12/17 17:51
忘れないよ、はじめての夢…
オネストの加護を得たネオスがそのままの姿でOCG化。
効果もオネストを踏襲した攻撃力アップと、逆にHEROを自分にオネストさせる効果を併せ持っている。
攻撃力のアップ幅がかなり極悪で、強力な耐性を持つ制圧型モンスターを下級モンスターでも軽く殴り飛ばせるようになるのはかなり素敵。数百程度の差で攻撃してきた相手に使ってやると、手痛いしっぺ返しを与えることもできる。自分から使いに行ってダメージを与えたりするのも悪くはない。
2番の効果はそもそもこのカードがあまり場に出るカードではないが、手札から捨てて墓地にある中では効果含めて最高打点になることもある、程度の心構えでいいだろうか。
E・HERO以外にD・HEROでも活用可能どころか、打点の不足を補え手札コストも豊富なD・HEROの方がむしろ相性がいいかもしれない。
<<   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16   >>