HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7925
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
8 魔知ガエル 2017/07/23 12:25
ガエルの強化はこのあたりから始まることに。
デスガエルの名前を騙るので地獄の暴走召喚との相性は最高であり、デスガエル3体を繰り出し死の合唱にもつなげられる。
攻撃をこちらにそらす効果は、餅カエルとの相性がよくこのカードを2枚並べたロックを餅カエルのリクルートで容易に作り出し、このカードの効果で餅カエルを戦闘から守ることができる。
サーチ効果も堅実に優秀であり、餅カエルにエクシーズできるガエルの中でも重要な位置を占めるカード。
6 剣闘獣サムニテ 2017/07/23 12:13
盾を持って戦う剣闘獣。
かつてはエラッタ前のレスキューキャットでスレイブタイガーと一緒に呼び出し、タイガーの効果を発動するコンボが可能であった。
レスキューキャットがエラッタを受けた今ではやや価値が落ちたが、それでもサーチ効果が強力でまだまだ剣闘で活躍できる。ただ環境が攻撃力1600のモンスターの戦闘破壊を許してくれるかが怪しくなっており、昔ほど鉄板のカードではなくなっているか。
剣闘獣の戦車がサーチ出来るのは非常に美味しいところ。
4 ライフ・コーディネイター 2017/07/23 11:50
ハネワタに続き手札誘発でのバーンメタ効果を持つカード。
バーンメタとしてはハネワタと比べ無効にしたカードを破壊できる点で上回るが、1回限りという点と腐りやすい点で劣る。
一応先攻からのDDBワンキルに対応できる希少なカードだったが、そもそも誰もメタに使わなかった。
念動収集機対応の非チューナーとしての位置にも、ウィンダなどが増えており絶対ではなくなっている。
2 黒翼の魔術師 2017/07/23 11:43
バスター・モードの即時発動を可能とする魔術師。
イラストは美しく、効果も決まれば格好いいのだが…
このカードを活かすには、このカードとバスター・モード、Sモンスターが全て揃っている必要があり、活用できることは滅多にないだろう。
さらに追い打ちをかけるように、魔法の角度から同じ仕事ができる王家の神殿がエラッタを受けて帰ってきてしまったので、モンスターであるこのカードと比べるとあちらの方が格段に使いやすそうで…
8 バスター・ビースト 2017/07/23 11:40
最も素早く、最も確実にバスター・モードを手札に呼び込むサーチカード。
その性質上バスターデッキには絶対必須の一枚。特に一刻も早いバスターモード発動が求められるスターダストバスターデッキにおいては3枚が絶対であろう。
それ以外でも/バスターは手札に来ると出せなくなるため素早いバスター発動が必要。このカードはその助けになる。
単体でもアタッカーの仕事をこなせるので決して腐らない。天璣の登場によりこのカード自身もサーチが可能になり、ますますサーチの安定性が上がった。
5 バスター・マーセナリ 2017/07/23 11:38
バスター・モードを弾薬として魔法罠破壊ができるカード。
墓地に落ちたバスター・モードや手札でかさばったバスター・モードをコストに、Sモンスターを展開する前の露払いができるといいだろう。
攻撃力も悪くないので、除去を持つ下級アタッカーのように取り回すことも不可能ではない。
ただしコストであるバスター・モードは所詮デッキに3枚までのカードなので、サーチは容易とはいえ発動条件として常に存在しているとは限らないので注意か。
3 アーケイン・ファイロ 2017/07/23 11:33
アーカナイトバスターの法衣を管理する謎の魔術師。
見た目通りバスターに関する効果であり、シンクロ素材とすることでバスター・モードをサーチする効果を持っている。
しかし際立った展開補助も受け身な見習い魔術師くらいしかなく、チューナーとしては平均点レベル。種族属性を活かせばなんとか、というレベルか。
一番のネックは肝心のバスター・モードのサーチを、より確実かつ高速に行えるバスター・ビーストの存在なのだが…
3 アーカナイト・マジシャン/バスター 2017/07/23 11:27
アーカナイト・マジシャンのバスターモード形態。
強化前の素のアーカナイト・マジシャンといまいち噛み合わないのがこのカードの悲劇と言っても過言ではない。
魔力カウンターの持ち越しはできないためこのカードの大量除去前にアーカナイトで2枚除去が入るであろうし、そうなるとこのカードの効果である大量破壊も魅力半減。攻撃力で殴りに行くにもバスターモードを使って2900は物足りないところ。当然効果を使うと900まで落ちなお悲しい。
さらにこのカードが破壊されて蘇生されたアーカナイト・マジシャンはカウンターが乗らず効果を使えない木偶の坊。アーカナイト・マジシャン自体が優秀なカードなので、無理にバスターしなくても戦えてしまうのも厳しい。
3 ハイパーサイコガンナー/バスター 2017/07/23 11:20
ハイパーサイコガンナーのバスターモード形態。
しかし貫通+回復から守備力参照の回復効果に変更されたため、バスター化すると前形態の格好の的であった戦闘破壊耐性持ちに弱くなる。
両方が攻撃的効果を持つため、このカードを破ってもハイパーサイコガンナーが湧くのは鬱陶しいが、バスターギミックを組み込んでまで出すリターンが薄いところ。
効果が近い上により簡単に出せ、耐性も強力なアルティメットサイキッカーがいるため、無理にバスターモードをサイキックに積む意味が薄い…
5 デスカイザー・ドラゴン/バスター 2017/07/23 11:16
デスカイザー・ドラゴンの/バスターカード。
バスターカードの中でも極めて豪快な効果を持ち、それ故派手で目立ちやすいカード。
蘇生が自分の墓地にも対応するようになったのでアンデットワールドは必須ではなくなり、またゾンビキャリアの制限が解除あれたのも追い風。
呼び出したモンスターが破壊されるリスクも、エクシーズやリンクの導入により素材として有効活用できるのでさほど気にならなくなってきた。大量展開から必殺できずとも制圧するためには十分な展開を行える。
アンデットで中盤~終盤に狙うなら可能性は出てきたが、/バスターというギミック自体がかなり扱いにくいのでそこが難点。
6 D・パッチン 2017/07/22 23:39
スリングショットがモチーフのディフォーマー。パチ(ryだと言葉狩りにあってな…
ディフォーマーの除去担当。モバホンやスコープンで特殊召喚すればそのまま彼らをコストに効果を使うことが可能。
ボードンやバインドがあるディフォーマーでは相手モンスターの影響は少ないが、この水準の除去カードならあっても損はしない。
1ターンに1度とはいえ射出除去は展開力の高いディフォーマーの性質にはあっており、ディフォーマーでは最も確実な除去を期待できるカードなので露払いを任せたいだろう。
守備表示の効果は自身を守るために他のカードを盾にする卑劣な効果だが、使う局面は少ないだろう。
8 D・ボードン 2017/07/22 23:33
スケートボードがモチーフのディフォーマー。
攻撃表示では全体への直接攻撃を手軽に付与する。10期になっても場に6体のモンスターが揃って初めてこの効果を使えるカードがいる事を考えるととんでもないパワーカードであるといえる。
ディフォーマーの能力が低いから許されているように見えるが、ラジカッセンの2回攻撃やラジオンの全体バフがあるのでむしろ相手に下手すればワンキル級の火力を与えるディフォーマーの切り札級カード。まさに文字通りのフィニッシャーであり、必殺の局面で出したい。
守備表示の戦闘耐性の付与もなかなか悪くない効果で守りも堅い。ディフォーマーには欠かせないカードであり、デッキの色の一つ。
5 ジャイアント・ボマー・エアレイド 2017/07/22 23:22
AIRRAID。3体合体モンスターの新鋭。ボマーの切り札といえばこのカード。
召喚またはセットを1回のみとは言え破壊してダメージを与える効果は強烈であり、実質効果モンスターと罠による対処が非常に難しい。特に罠はもうひとつの破壊効果も苦手。
魔法カードに耐性がないので除去魔法に沈む可能性もあるものの、対処の難しい超大型。このカードの蘇生ができるダークフラットトップの出現も注目。
ただ、それでもやはり展開サポートと能力に乏しいリアクター3体を並べるのは難しい。出せれば強いが、出ることができるか?というロマンカードではある。
8 ブラック・ボンバー 2017/07/22 23:15
闇属性機械族ではジャンクロンの域に迫る確実性を持つ釣り上げチューナー。
レベル7にはおあつらえ向きの機械族シンクロである無零が存在するだけでなく、ガイザーやクリアウィング、ブラックローズ二種など極めて豊富な陣容を誇っている。
レベル4闇属性機械族を特権的存在にしているカードであり、AOJや裏サイバー、ガンドラゴン系のデッキで活用に期待。デッキは選ぶがかなり使いやすいチューナー。
6 マジック・リアクター・AID 2017/07/22 23:10
エアレイドを構成するモンスターの1体で魔法カードに反応する。
エアレイドを狙うにはステータスの低さがネック。どうしても3体揃うのに時間がかかる割に、維持がしにくいというのは困り者。
なまじ永続やフィールド、装備魔法にペンデュラムまで妨害ができるために、却って狙われやすいカードでもある。
罠と違いこれら魔法の発動は相手ターン。発動のために相手としても全力でこのカードの破壊を狙ってくるはず。
永続・フィールド魔法カードが凶悪化してるがゆえに狙われやすく、エアレイドのアキレス腱になりがち。うまく守ってあげたい一枚。
逆を言えば、凶悪する表側パーマネントへの牽制として価値も上がっているといえる。
6 トラップ・リアクター・RR 2017/07/22 23:06
エアレイドパーツの中ではブラック・ボンバー対応なのは嬉しい。
永続罠の発動を否定できる効果もなかなか有用だが、これを活かす場合は素直な召喚では低攻撃力を晒すことになることになる点には注意したいところ。
永続罠は性質上こちらの行動に反応して使われるものも多い。牽制として出張しても使えないこともないが能力は低くサーチ手段も乏しいので、基本はエアレイド要員と考えておくべきだろう。
ちなみにRRだが読みはダブルアールなのでレイドラプターズのサポートは受けられない。当然である。
5 サモン・リアクター・AI 2017/07/22 23:03
ジャイアント・ボマー・エアレイドを構成するモンスターの1体。
フェイク・エクスプロージョン・ペンタの性能がなかなかなのは救いだが、それでもレベルが5というのは重い。
とはいえ地味に痛い火力に加え、攻撃無効化のおかげで戦闘に対してはなかなかしぶとい。
下級リアクター2体と比べ単体でもそこそこ戦えるのは嬉しいが、やはりエアレイドに繋いでこそである。
6 夜薔薇の騎士 2017/07/22 23:01
まさに植物族限定の切り込み隊長といえるカード。
自身がチューナーなので隊長よりもシンクロに活用しやすい。レベルが3なのでレベル4を特殊召喚することでブラックローズを呼び出してほしいというデザインなのだろう。
チューナーが展開効果を持っているというのは強力なカードだが、このカード自身が植物ではなく戦士なので植物のサポートを受けにくい。植物の豊富な蘇生サポートを受けられないのはチューナーとしてはかなりの痛手なので、採用する場合は植物のサポートより汎用カードを増やしたいか。
8 BF-暁のシロッコ 2017/07/22 17:40
落ちろカトンボ!
リリース無しで召喚する効果とBFに攻撃力を集める効果を持つ初代スーレアBF。
攻撃力を集める効果はブラストに使ってあげるといいだろう。シロッコ召喚>ブラスト特殊召喚>ブラストに攻撃力集約はBFでは鉄板の流れ。
リリース無しの召喚は旋風があれば下級BFを全てサーチ可能、その打点もあってBFでは重要なカード。
とはいえ自身以外全ての下級BFを集められるクリスの登場で必須とまではいかなくなったか。レベルが高いのが痛い。でも墓地BFではそのレベルが重要。
ちなみに相手のBFからも攻撃力を集めるのでミラーマッチで使うとすごいことになる。
3 ダーク・リペアラー 2017/07/22 17:32
腕が6本というか、あちこちから生えてるというか…
効果の影響力が低く、いかんせん地味さが否めないカード。
唯一のレベル2闇・悪魔族チューナーという立場すらDDゴーストが登場してしまい、立場が本当になくなりつつある。
該当レベル種族属性が少ないチューナーと言うだけでもまあ、だいぶマシではあるのだが…
5 ツイン・ブレイカー 2017/07/22 17:22
片腕だけで三刀流を使う中井和哉ボイスが聞こえてきそうなカード。
守備表示の壁に対してはかなり攻撃的に出ることができる一枚で、トークンやマシュマロン系のカードには滅法強い。マシュマロンや死霊には単体で2000オーバーのダメージを狙える。
相手は選ぶが下級の貫通でここまでのパワーを持つカードも稀。相手を守備表紙にしてでも発動を狙う価値もある。
とはいえ攻撃表示の相手にはほとんど無力であり、昨今は守備表示の壁というのもなかなか見当たらない。守備キラーでありながら守備力の高い相手にも無力と、ちょっと状況を選び過ぎか。
5 トラップ・イーター 2017/07/22 16:28
永続罠を… 喰ってる…
永続罠を喰って排出されるチューナーの抜け殻。
しかし永続罠を相手が使ってくるとは限らない上、自分のターンにしか取り除けないため永続罠をメタる事を考えるなら速攻魔法や罠で対策した方がいいだろう。
こちらはレベル4チューナーとしてシンクロやエクシーズにつなげる可能性を秘めているが、事故要因になる危険性も持っている。
フルモンならばスキドレに対抗できる希少なモンスターとしてサイドにいれることを検討できるか。
5 レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター 2017/07/22 16:13
特別ゲストを招待しよう!
素材のレッドデーモンズが汎用シンクロであり、このカード自身の攻撃力の高さも全体破壊もなかなかの有用さ。
クリムゾン・クライシスに入っているバスターでは一番使いやすいバスターだろう。単純な攻撃性能がかなり高く、レッドデーモンズ系統らしい豪快な全体破壊と高火力を満喫できる。
自分バトルフェイズ中に何らかの手段で自壊させれば、このカードの攻撃による全体破壊の後にレッドデーモンズの攻撃を通すことができる。
ネックは、ベースのレッドデーモンズと同じ素材のスターダストをベースとするスターダストバスターが強く、このカードを使わなくても…となってしまうことだが…
5 ハイパー・シンクロン 2017/07/22 16:02
ドラゴン族を呼ぶと少し難しい効果がつくが、なかなかの打点を持ち調律やジェネクス・ニュートロンでサーチ出来るレベル4チューナーということで充分に優秀なカードである。
強力なシンクロは確かにドラゴン族が多いが、レベル8ならギガンやクリブレを使えばデメリットは回避可能であるのでEXの工夫次第。
それでも強力さを増したドラゴン族Sモンスターを使えないのはかなりの痛手であり、このカードの無視できないデメリットと言える。
同じレベルにヴァイロンプリズムやライデンなど優秀な光チューナーが登場しているので、上述のサーチの豊富さが生かせなければ厳しい。
8 デブリ・ドラゴン 2017/07/22 15:53
デメリドラゴン言うな。縛りは厳しいがデッキ自体は問わない釣り上げ効果を持ち、攻撃力500以下がデブリラインと考えられるほど。
釣り上げ先は厳しいようで数多く、中でもダンディライオンとの相性は圧巻。シンクロして綿毛を残せるだけでなく、綿毛がいる状況ならレベル8や9にもつながるところ。
ドラゴン族限定だが強力なシンクロの多くがドラゴン。トリシューラが帰ってきたので、シンクロギミックの昔ながらの動きが復権してるようにも。風ドラゴンでありガフレを釣ってクリブレ支援や自身が星態龍を呼べることもあって征竜にもよく採用されていた。
シンクロの時代を作った強力な釣り上げチューナー。ドラゴンのシンクロの層も厚くなっており、その実力は全盛期を超える。
7 ターレット・ウォリアー 2017/07/22 15:49
スターダスト用のレベル5を捻出するために登場したと思われるモンスター。
サイドラや太陽の神官など使いやすい半上級レベル5モンスターは数多いが、このカードはジャンクロンのような素材を釣り上げるチューナーと組み合わせることでシンクロするレベルを変化させることを狙うことができる。変わったところでは蛮族の狂宴にも対応するのでエクシーズ素材としても運用できる。
また効果自体も攻撃力1200アップしながら別のモンスターに変化できるものと考えればなかなかコンボ性が高く面白いもの。デメリットを持つ戦士族と組み合わせるのも手だろう。
なかなかおもしろい効果を持ったモンスターであるといえる。
2 剛鬼デストロイ・オーガ 2017/07/19 18:07
グレートオーガやサンダーオーガを超えるランク4の剛鬼リンクモンスター。
展開そのものはサンダーオーガがいるので問題なし。手札も剛鬼のタフネスなら尽きることはないだろう。サンダーオーガ自体がちょっと重いのは今後の課題ということになる。
しかしながら効果の有用性にやや疑問符がつくところ。相手に2体蘇生、こちらも剛鬼を2体蘇生しタッグマッチを取り仕切っているのだろうが、こちらはリンクではない剛鬼しか蘇生できないため戦闘力には大きな不安がある。そりゃあ、剛鬼に展開力が付くのは嬉しいが…
さらに蘇生した相手を処理できなければ次のターンに間違いなく牙をむくだろう。切り札とするには打点も乏しく、場全体にデバフをかけるグレートオーガのほうがよほど制圧力がある。今後、リンク5の剛鬼が出れば中継点にはなるが、それでも相手に2体完全蘇生を許すので…
7 トリックスター・ブラッディマリー 2017/07/19 17:51
意地でもリンク2に拘るのがトリックスターの方向性なのだろうか。
右と左下というマーカーは個性的だが、メイン右端以外では1箇所は保証してくれる。個性的なマーカーが活用できるサポートが来るかはまた別の話。
1番の効果はホーリースターと同じトリガーでこちらは回復を獲得する。しかしマーカーが個性的なせいで1箇所にしか対応しないのと、所詮回復で量も微量、またトリックスターは回復のギミックは薄いためあまり期待できるものではない。
本命は2番の手札交換。トリックスターは下級がほとんどかつ無理に墓地に送りたいカードというのもないのが痛いが、相手にもドローさせるのでマンジュシカのトリガーになることもできる。さらにライフに2000差をつければドローが2枚になるので加速としては十分なものになる。拷問部屋で焼きまくれば達成できる数字ではあるが、結局相手もドローさせる点は同じであるので注意。
かなり癖が強く、下手に使うと自分に牙を剥くあたりがブラッディ。しかしドローが派手なのでトリックスターのリンクモンスターでは随一の出来かも知れない。
2 リローダー・ドラゴン 2017/07/19 17:40
これは良き力… なのか?
現状では出すのがきつい、効果も今ひとつ、そして何よりテーマとそぐわないという極めて悲惨なことになってしまっている。
ヴァレットにはクイックリボルヴという破格の展開札と場を維持する再装填効果はあるものの、それでも3種9枚しかないヴァレット2枚指定はなかなかに厳しい。そう安々とクイックリボルヴとヴァレットが手札に揃うとでも?
効果も手札からヴァレットを展開できるのみ。しかもリンク素材にできないので、ヴァレルロードへの繋ぎとしても成立しないという悲惨さ。さらに別のリンクモンスターが必要なので重い重い。サルベージ効果も苦労して出すこのカードの重さを考えると目的ではないだろう。
とどめにヴァレルロードはあちらの耐性でこのカードの1番効果の対象に出来ず、対象取れるのはリンクモンスターだけなのでヴァレットも発射できない。これでリボルバーの良き力になることはできるのだろうか…
6 サイバース・アクセラレーター 2017/07/19 17:31
リンク先のサイバース族を超強化するリンク3モンスター。
とはいえ、サイバース族には強力なアタッカーは指を折る程度であり、リンクモンスターを頼る必要があるか。下級では貫通を持つサイバースウィザードが、デメリットも緩和されかつどちらの強化も相性が良いか。
リンク3にはまだまだ鉄板はあまり多くないので入り込む隙がないわけではないのだが、対象がサイバース限定でなければ…‥という感は否めない。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>