HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7647
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14   >>
得点 カード名 登録日時
8 電池メン-ボタン型 2017/01/21 08:46
リクルートとドローを同時に行う、電池メンの展開・戦線維持の要。
セットされているこのカードを戦闘破壊されても、リクルートとドローでむしろこちらの得となる恐ろしい事態。自分ターンで使えば暴走召喚の引き金を引け、充電池のリリース要員にもなる。リクルートの結果燃料電池の特殊召喚条件も整う。
リクルートは墓地に送ることでエクシーズの準備が整う単4か、サーチが可能な角型のどちらかがメインになるだろう。
7 電池メン-業務用 2017/01/20 20:52
業務用、すなわちプロフェッショナル仕様。強力だが癖はある電池メンの切り札。
普通のデッキでは非常に軽い召喚コスト・効果コストだが、絶対数が少なく蘇生が中心の電池メンでは数体の除外も致命傷になることがある。
墓地肥やし手段もさほど豊富ではないので、序盤に来ると腐る可能性もある。
しかしそれでも、墓地と状況が整えば鬼神の如き働きを見せる。墓地1枚除外で2枚破壊は圧巻。
8 充電池メン 2017/01/20 20:46
一見レベル5とは思えない低能力だが、自身の2つの効果で瞬く間に2400になる。
前半のリクルート効果が優秀で、単三の暴走召喚に繋げるのに向く他、角型をリクルートし角型の効果で燃料電池をサーチすることで大量展開が可能になる。
後半効果も、電池メンの展開力なら攻撃力3000も充分狙える物。
リリース素材さえ確保出来れば、攻めの勢いは格段に増す、頼れる1枚。そのリリース素材の確保には帝王の烈旋が登場したため、ますます持って頼れるカードに。
6 貫ガエル 2017/01/20 20:41
ダイレクトアタックに除去効果まで付いてくるとなると、なかなかバカにできない一枚。
ただし普通に使うと返しの反撃で大ダメージなので、工夫を重ねたいところ。
追い剥ぎゴブリンなどと組み合わせると、相手のカードを思い切り荒らす。魔知ガエルを盾にするのも有効。湿地草原の強化も使える。
ダイレクトアタック+α。馬鹿にしていると痛い目を見る。餅カエルの素材にもなるので、役目を終えたらエクシーズするのもいいだろう。
10 イレカエル 2017/01/20 19:59
ガエルをデッキから何回でもイレカエル。そう、何回でもな…!!
デッキから何回でもリクルートできるのは、冷静に考えるとおかしいよな…
このカードが禁止になるまでのガエルギミックはこのカードが核。効果で徹底的に墓地を肥やしデッキを圧縮する。
ガエルに戦闘破壊耐性まで与えてしまうため、魔知ガエルを呼ぶだけで戦闘に対してロックがかかるという副次効果も。
ガエルが一線に出てきてから、2度もワンキルギミックに加担。サーチも容易なカードでは無制限から一気の禁止もやむを得なかったか。
7 ダーク・ヴァルキリア 2017/01/20 19:57
デュアルにしてダークという5期後半の体現者。
この打点と効果はデュアルでも天使でも魅力的。アタッカーとして使え除去まで持つとなると一線級のカードになってくる。蘇生から再度召喚し除去ができるので、1枚墓地にいると何かと役立つ。
ただデュアルでは主要種族の戦士や植物ではない、天使では光属性サポートが受けられないなど色々と空気を読んでくれないのが残念。
魔力カウンターを使うが魔法使い族でもないなど本当に空気を読んでくれない。アナザーネオスと比べるとデュアル効果が強い代わりにサポートの弱さがネックになる。
5 ダイヤモンドダストン 2017/01/16 16:42
罠になったダストン。意地でもノーレア枠にしがみつく。
1番のダストン展開能力は、大量破壊に反応して発動させることで相手の場をダストンで埋めつくせる。ただし容量オーバーに注意。
2番の効果は墓地発動のダストン展開効果。あらゆる素材にできないので単に邪魔するのもいいが、1枠だけでは邪魔にはならないだろう。このパックで言うなら幻煌龍の螺旋突など、何らかの戦闘を介する効果と組み合わせるのも手。ただ、コストに別のダストンが必要なのでこのカード単体では効果は使えない。
ダストンの大量展開は魅力であるが…
9 醒めない悪夢 2017/01/16 16:36
夢を… 夢を見ていました…
ライフコストを倍にすることで永続罠にジョブチェンジしたツイスター。
このカードが存在するだけで永続やフィールド、ペンデュラムを強烈に監視する。
初手に伏せられると特に永続リソースやペンデュラムを大事にするデッキにとっては醒めない悪夢を見ることになるだろう。
先攻ゲーを加速させそうなカードで、かなり悪事を働きそうだが、永続やペンデュラムに頼らない相手にはまるっきり刺さらないので、環境次第で使われるかどうか決まるカードとなりそう。間違いなく強いが、メインとサイドを反復横跳びするタイプのカードだろうなぁ…
9 幽麗なる幻滝 2017/01/16 16:31
幻竜は罠によってのサーチを良しとする。
罠なのですぐ使えないのは悲しいが、サーチが弱い訳がない。しかもレベル制限がないと来た。
真竜ならばドラゴニックDで十分かもしれないが、竜星や破面竜などを支援するカードとしてはかなり高スペック。
さらに罠らしい効果として、手札や場の幻竜族をコストにドローができる効果もある。大量破壊を受けてしまった時に幻竜族をドロー素材にできると美味しいだろう。こちらの効果は真竜でも出番がありそうだ。
今後の幻竜族の発展の礎としても価値が高いカードであり、重要度は高い。
7 盆回し 2017/01/16 16:22
ま た イ チ ロ ー か
調整を受けたテラフォーミングという印象を受けた。こういうカードが出るといよいよ危機的水準である。
任意のフィールドを魔法のタイミングでサーチできる新たなるカードだが、その処理は難解奇抜。最大の難点は、やはり相手に送りつける2種類目のフィールドが必要になるというところになる。
引いても使われても問題ないそのデッキにとって役立つ第二のカードとしては属性フィールドあたりが無難だが、完全に送りつけを目当てとするならデメリットのあるオレイカルコスの結界も面白い。いずれにせよ自分は任意のフィールドをサーチしセットできるので、第二のテラフォを名乗れる可能性は高い。
フィールドを使う相手へのメタにもなれるが、自分もフィールドの加護を得られないだけでなく構築に負荷をかけるをするカードなのであまりおすすめできないか。
9 デュエリスト・アドベント 2017/01/16 16:12
サブタイトルが出てきそうなイラスト。
ペンデュラムと名の付いたカードをサーチできる、ジェネレーション・フォースのペンデュラム版とでも言うべきカード。
なのだがサーチできるカードの質は圧倒的に上回る。Pマジ、ラスターP、Pコールの制限三兄弟に加え、オッドアイズペンデュラムや虹彩の魔術師、融合ができるペンデュラムフュージョンなどもサーチが可能。
特にEMや魔術師と相性のいいカードが多く、あるいは竜剣士でも活用可能。発動条件は非常にゆるいもので、Pモンスターを使うデッキでしか使えない程度のものと捉えておけばいいだろう。制限カードたちを簡単にサーチできるのはやはり強力。
9 巨大要塞ゼロス 2017/01/16 16:03
バクテリアン軍が篭もる最後の要塞。要するにラストステージ。
すべての効果が巨大戦艦とボスラッシュを大きく強化する、あの巨大戦艦を9期ナイズした超弩級サポートカード。
1番の効果はサーチ手段のなかったボスラッシュのサーチ。2番の効果は戦闘力が上級ラインにとどまってた巨大戦艦の打点を底上げし更に神縛り耐性までつけボスラッシュを円滑化。3番の効果はボスラッシュの誓約をスルーできる他、単純に高レベルばかりの巨大戦艦を場に展開できる。4番の効果は古い形の巨大戦艦の弱点である特殊召喚時にカウンタ~が乗らないのカバーしてくれる。
これでもかと詰め込まれた効果で、巨大戦艦の弱点を全てカバーする超弩級の一枚。強力な耐性を持った大型モンスターを次々繰り出すという様はまさにボスラッシュと言えるだろう。このカードの破壊が唯一にして最大の弱点。何らかの手段で守りたいが…
9 妖精伝姫-カグヤ 2017/01/16 11:11
ある時は不老不死の蓬莱人、ある時は桃太郎の嫁、またある時はこんなカードに。
まずは1850打点をエアーマンできるが、該当するカードはフェアリーテイルと憑依装着だけだったりする。とはいえフェアリーテイルにはシラユキもいるし、何よりカグヤ自身をサーチできるのが非常に強烈。これだけでも極めて有用なカードでありながら、2番効果が凄まじい。
同名カードがある場合は相手の墓地肥やしを助けてしまうが、特に1枚限りのカードやモルモラットやバオバブーンなど複数枚あってこその性質を持ったカードに直撃すると相手の苦渋の表情が目に浮かぶ。手札にこのカードが戻ることでもう一度サーチ効果も使えるため、バウンスが成功した時の破壊力は凄まじい。
シラユキを採用しているデッキならばサーチ役としてセットで使う価値がある。
5 憑依装着-ライナ 2017/01/16 10:54
我々は6年待ち続けたのだぞ!(+2)
というわけでついに憑依装着となったライナ。
基本的な使い方は他の憑依装着に準ずるが、憑依装着成功時に優秀なサーチ効果を発動できる。
他の霊使いを持ってくるか、憑依解放下でアタッカーとなる憑依装着をすぐに持ってくるかは状況次第であろう。
なにはともあれ、ひとまず憑依装着のコンプリートに乾杯である。
10 灰流うらら 2017/01/16 10:44
連敗しそうな名前だが、デュエリストに勝利をもたらしてくれるだろう強力な手札誘発札。
ドロー、サーチ、リクルート、墓地肥やしという現代遊戯王に欠かせない全ての動きを否定する。このカードがあればモルモラット展開や芝刈りや強欲貪欲といった環境にうごめく魔物たちのほぼすべてを否定できる。
手札誘発なので止めるのも難しく、食らってしまったらハードラックと踊っちまったと言うしかない問答無用の凶悪カード。永続にはあまり強くないところがくぐり抜けられるポイントになるだろうか。
間違いなく今回のトップレア。またこのシリーズが財布ポイントを蒸発させるのか…
6 ファイヤークラッカー 2017/01/16 10:37
狂気の花火職人。フルバーンに関連した2つの効果を持つ。
1番の効果はこのカード自身をデス・メテオとして手札から射出できる効果。だがドロースキップは全身武器庫のフルバーンとはかなり相性が悪い。引導火力に限定したり無謀な欲張りとセットで運用するなどの工夫が必要だろう。
本命は2番の効果。モンスターながらに活用できる地獄の拷問部屋というべき効果。その拷問部屋もトリガーにできるため、セットで運用すると異次元の火力を発揮する。真炎の爆発に対応するため、このカード自身を並べても火力はかなり高い。
忘れ去られたデッキになりつつあったフルバーンへの唐突な強化カード。ワンキル性能が更に高まったので、地雷としての輝きを取り戻せるか…?
8 バオバブーン 2017/01/16 10:25
破壊すると同名カードが展開されるモモンガ的カード。
しかしこのカードの一味違うところは、自分のカードで破壊しても展開することが可能である点だろう。メタルフォーゼのP効果や真竜皇で破壊することで効果を発動し、さらなる展開を期待できる。
そうすると並ぶのはレベル3が2体。つまりはインヴォーカーから始まるモルもラット展開を起動できるカードということになるため、十二獣とメタルフォーゼや真竜の接着材としてかなり期待できるカード。
1番の効果もないよりは遥かにあったほうが美味しい効果であるため、なかなかの好カードであると言えよう。
7 ペンデュラムーチョ 2017/01/16 10:09
覇王門零と並んでついに登場したスケール0。
スケールとしてはスケール0が最大の特徴だが、墓地や除外のPモンスターを再びP召喚圏に捉える効果は堅実ながら強力。特にエクシーズや手札融合を要としている場合はよく墓地にPモンスターが落ちるのでその回収役を担わせたい。
モンスター効果はレベル1Pモンスターの疑似P召喚。除外デメリットはエクシーズで踏み倒すか、自身の効果で回収することで対応したい。最も、そこまで呼び出したいレベル1Pモンスターはケプラーな気がするが。
スケールと効果からレベル1Pモンスターの救済カードなのだろうが、底にとどまらない汎用性は持っている。特にP効果が優秀なので、PとXが同居してるデッキなどでは採用を検討できる。
8 巨大戦艦 ビッグ・コアMk-III 2017/01/16 09:54
アサルトコアを出せ、出すんだと言っていたらそれ以上のデカブツが同じ効果を持って実装されたでござる。
5つも効果を持った豪華絢爛な巨大戦艦。まあ巨大戦艦の共通効果を含んでいるが…
効果の程は場に出てからはいつもの巨大戦艦なのだが、特殊召喚でもカウンターが乗り、能力も高いためボスラッシュ時においては最も適したカードであることには違いないだろう。さすがはMk-Ⅲである。
墓地発動の効果で巨大戦艦を回収できるのもボスラッシュとの相性が抜群なので、まさに巨大戦艦の革命児と言えるカードである。
巨大戦艦を抜きにしても、サイドラ条件でレベル8が出せるカードという強力な側面を持っておりエクシーズなどで活躍が期待される。
9 ダイナミスト・ハウリング 2017/01/15 23:50
ダイナミストのペンデュラムコール。制限カードの罠版だけあって十分強力。
ダイナミストしかP召喚できなくなる縛りはデッキはどうせダイナミストで染まっているので気にするものでもないだろう。
もう一つの効果があるので、エクシーズに頼らずともこのカードのバウンスで強敵を倒すという手立てもあるだろう。汎用カードを取り入れるも吉。
はっきり言えば、カードパワーは狂気の領域。ダイナミストへのテコ入れとしては十分なものがある。とんでもないサポートをもらったが、これでもなんか勝てるビジョンがあまり見えない非業のデッキに思えるのがつらみ。

PS ダイナミスト以外の特殊召喚封じだと思ってた私を誰かぶん殴っておいてください。
7 セフィラの星戦 2017/01/15 23:42
神星樹をバックに、智天の神星龍とtierraの死闘が始まるー
セフィラがPゾーンを埋めていれば手札から使える破壊札。
セフィラ1枚を破壊する必要があるが、セフィラはPモンスターが大半かつペンデュラム性能は高いのであまり痛手にはならないだろう。
セフィラで厳しかった高い能力を持つ相手を相手取る際に有効な罠であり、まともに戦えるデッキに昇華したことを示す証とも言える。
このパックのセフィラ押しは凄まじいな…
9 破壊剣士の揺籃 2017/01/15 23:22
ゆりかごからドラゴンまで。とはいえ、サービス精神旺盛過ぎやしませんかね…
バスタードラゴンを未来融合ならぬ未来シンクロしてしまう驚異的な罠カード。バスター・ブレイダーを墓地に落とし、一番場にほしいバスタードラゴンを容易に展開できるカードが弱いわけない。
墓地に落ちた2枚のカードはバスタードラゴンが完璧に利用できるなど完全に計算されつくされた強力カード。罠なので即座に使えないことが数少ない難癖だが、バスター・ブレイダーデッキにとっての革命児には違いない。
9 セフィラの神意 2017/01/15 23:13
どこからどう見ても、強いとしか書いていないカード。
セフィラサーチはカードに及ぶため、サーチ効果を同じく持つ神託や、今回智天の神星龍の登場で大きく強化された聖選士などもサーチできる。当然キーカードである智天の神星龍をサーチすることもできるので、デッキの安定性は大いに高まる。
破壊を肩代わりする効果は、P召喚を行う時にリスクを大きく下げてくれる。それでなくとも展開中の効果破壊を牽制できるので、これもあって損するものではない。
智天の神星龍と並んで、セフィラを一気に実戦レベルに押し上げる原動力。
5 光虫信号 2017/01/15 23:05
ランクアップ・シグナル・チェンジ!!
昆虫族全般のXに対応しているが、基本は電子光虫のランクアップ向きか。
電子光虫Xモンスターはセルフランクアップを搭載してはいるが、X素材を大きく減らしてしまうのでこのカードを使うか否かでは素材の数に大きな差が生まれる。
素材の多いライノセバスを出すには欠かせない他、速攻魔法なので追撃や回避にも有効に働く。
電子光虫のランクアップ戦術に一石を投じるカードだが、それしかできないので根本的な戦力解決になっているとは…
5 影霊衣の巫女 エリアル 2017/01/15 20:24
やっぱり正義集団だったと思ってたのにまた闇要素が…
単体ではユニコールの影霊衣を儀式できるが、レベル操作効果で3~6くらいは範囲にできる。ただし情報アドバンテージを失う点には注意しよう。
2番の効果がメインになるが、儀式カードがサーチはできない。素材となる効果影霊衣ではやはり制限であるシュリットをサーチしたいところか。
自身もサーチできるが、それを活かすのは少し難しいか…?
8 智天の神星龍 2017/01/15 20:16
端末世界もいよいよ幕引きか。セフィラの力を結集させた神なる力。
エクストラデッキからしか出せないPモンスターなので、まずはスケールとして運用することになる。この時のP効果がかなり強力で、セフィラを毎ターンエクストラデッキに送り込む。スケール操作も自在なのでセフィラのP召喚をかなり安定させてくれる。
破壊されエクストラに送られたときには、P召喚が狙えるように。P召喚成功時にもう一度P召喚を行う効果と、リリースを行いデッキからセフィラを呼び出す効果を持っている。
効果は完璧と行っていいほど優秀で、セフィラ自体の貧弱さもセフィラの得意とするエクストラ活用でカバーすれば、十分戦えるデッキへ強化されたといえる。展開力いずじゃすてぃす。
4 電子光虫-LEDバグ 2017/01/15 20:07
9期屈指の何だったんだテーマ電子光虫へのテコ入れ。
センチビットのサーチ版だが、電子光虫は展開力が乏しいので同じ手間ならサーチよりリクルートを用いたいところ。
ウェブゾルダーとは手札を補充できることとこのカードのトリガーを引けることから非常に相性がいい。おそらくはこの組み合わせを意図してのサーチなのだろうが…
センチビット・ウェブゾルダーと組み合わせエクシーズすると、ものすごいウハウハな事が起きるが実用性は微妙なところ。
6 幻煌龍の天渦 2017/01/15 19:55
幻煌龍にまさかの特殊勝利条件が。
効果モンスターを装備3種類つけて3体殴り倒せば勝ち、というどこかのヴェノミナーガに近い効果を持っているが、装備魔法が貫通と打点アップと戦闘耐性という最後を除けば殺意に満ち溢れたラインアップなので、3体殴り殺す頃には相手がすでにライフを失っているだろう。
スパイラルを除去から守る必要もあり、ロマン以外の何物でもないカードだが、墓地効果はかなり有用。この効果のために使う価値はあるくらい便利な破壊耐性を持っている。問題は、どのように墓地に送るかだが…
8 幻煌龍の浸渦 2017/01/15 19:48
除去の戦渦に対し、弱体化と無効化の浸渦。
効果無効化もコンバットトリックもこなせる極めて芸の広いカードであり、フリーチェーンの罠としてはその性能はトップクラス。
基本的な使い方は戦渦に準じており、パシフィスとトークンで発動条件と手札使用の条件を満たしていくといいだろう。こちらは弱体化がスパイラルを呼び出す幻煌龍装備魔法の効果とも相性が良いのを忘れてはいけない。
墓地発動の効果は幻煌龍装備魔法の墓地から装備。手札も可能だが基本は墓地から使いたい。螺旋絞で打点を上げるか、螺旋波で耐性をつけるかを行うことになるだろう。
8 幻煌龍の戦渦 2017/01/15 19:42
ちなみに幻煌龍罠3枚の漢字はスパイラルのフレイバーに全て存在するっていう。
1番効果は通常モンスターがあればフリーチェーンの1:1交換。単純に強い。更に海があれば手札から使えるため奇襲性も高い。パシフィスとその効果で生まれるトークンで条件は十分満たせる。
墓地発動の2番効果は限定的な力の集約。天渦での特殊勝利を目指すために使うのがメインだろう。そうでなければ集めるメリットがそこまで多くない。一応螺旋波を集めて戦闘耐性をつけるなどもできるが。
このカードは幻煌龍に限らずとも、通常モンスターの運用をメインとするデッキならば汎用的に使用可能。通常モンスター全てをサポートする優秀な破壊罠。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14   >>