HOME > ユーザリスト > サンダー・ボルト

サンダー・ボルト ユーザ情報

アイコン画像 ジャック・アトラス
評価投稿数 3480
オリカ投稿数 3  オリカを見る
デッキ投稿数 0

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
4 ムーンダンスの儀式 2014/09/18 22:27
1ターン限定の「スキルドレイン」ですが、エクシーズ素材のない風属性エクシーズモンスターがいないと使えないため、使い勝手は悪いです。「鳥銃士カステル」はすぐにエクシーズ素材を使い切れるので発動しやすく、後半の補充から1つ目の効果の発動につなげられて無駄がありません。とはいえ、非常に腐りやすいのは間違いないためいまいち。
3 武神器-チカヘシ 2014/09/18 22:21
対象を取らない破壊効果にも対応できるのは良いのですけれども、守備表示限定なのがあまりにも辛い。地味に自身が対応していないのも痛い。守備力は下級アタッカー程度なら止められるものの、あまり過信できるものではありませんし、採用価値はあまりないでしょう。
9 ヴァンパイア・デューク 2014/09/18 22:18
召喚限定とはいえ、「ヴァンパイア」を釣り上げることができるため、「ヴァンパイア」デッキを大幅に強化してくれるカードとなるでしょう。「シャドウ」同様「ヴァンパイア」を並べるカードですが、あちらと違い攻撃に制約がないのが大きすぎる強み。エクシーズ先については相変わらず闇縛りがありますけれども、「シャーク・フォートレス」や「アドレウス」を以前よりも活用しやすくなったといえます。後半の効果も「ヴァンパイア帝国」と相性が良いため悪くないでしょう。
6 デーモンの巨神 2014/09/18 22:13
1回限りの効果耐性に効果破壊時の展開効果と、完全に対効果に特化したカード。打点も悪くはないですが、レベル6「デーモン」なら「デーモンの将星」や「迅雷の魔王 スカル・デーモン」がこのカードを上回ります。特に後者は対象をとる効果のみで不確定性もあるとはいえ、破壊以外にも対応できる強力な耐性を備えているため、ややライバルになります。後半の展開効果も手札からなのでちょっと物足りなさはありますね。とはいえ、無難に活用可能なレベルのカードだと思います。上級の比率が高い「デーモン」デッキを組むなら、手札の最上級「デーモン」の展開につなげられて役立つでしょう。
5 召喚の呪詛 2014/09/18 22:05
地味な効果を持つ妨害カード。除外なので墓地肥やしに利用されない点は評価できますが、特殊召喚した側が選択するため、特殊召喚の抑止としてはいまいち機能しづらい点は否めないでしょう。「おジャマトリオ」などで相手の場に特殊召喚することでもハンデスできる点が割と重要なので、特殊召喚抑止とは考えず、ハンデスカードとして見るのも一つの手ではあるでしょうか。
6 賢者の聖杯 2014/09/18 22:01
ノーコストの「自律行動ユニット」というべき効果ですが、エンドフェイズ時にコントロールを相手に移すデメリットがとても重いです。ただ、効果無効ではなく、攻撃に関しても制約がないため、奪うモンスター次第ではなかなか有効なカードになることもあるでしょう。エクシーズに関しては制約がないため、今では処理もしやすくなっています。完全に相手依存なので非常に使いにくいことは確かですが、ミラーマッチや自分の使用モンスターと同じレベルのモンスターを多用するデッキ相手なら、サイドから投入してみるのも面白いでしょう。
2 疫病 2014/09/18 21:56
攻撃力0は魅力的ですが、装備対象が限定されているのがあまりにも痛すぎます。攻撃力0を生かせる「レプティレス」でも、この使い勝手の悪さでは採用は厳しいでしょう。バーン効果は微小でシンクロ・エクシーズなどであっさり処理される可能性も高く、おまけにもなっていません。
9 ナチュル・バンブーシュート 2014/09/18 21:52
相手のみ魔法・罠を完全封殺できる効果は非常に強力。永続効果扱いなので、「奈落の落とし穴」「激流葬」も使えず、一度召喚に成功すれば圧倒的な制圧力を誇ります。打点と効果モンスターの効果が課題となるので、バックのカードや「エフェクト・ヴェーラー」などをしっかり使って守っていくとよいでしょう。
10 スクラップ・キマイラ 2014/09/18 21:48
釣り上げ効果を持つ強力なモンスター。レベル4の「スクラップ・ビースト」から「スクラップ・ドラゴン」、レベル5の「スクラップ・ソルジャー」から「スクラップ・ツイン・ドラゴン」が作れます。「スクラップ・ビースト」ならランク4との使い分けもできてとても便利。とりあえず、スクラップデッキなら必須級のカード。
5 ユニバード 2014/09/18 21:45
シンクロ召喚に近い条件で、墓地のシンクロモンスターを呼び出せるカード。レベルちょうどでなくてもよいので、「精神操作」などで奪ったカードをそのままコストに使いやすい点はなかなか良いです。ただ、一度墓地に行ったシンクロモンスターしか対象にならない分、チューナー・シンクロ召喚と比べると柔軟性がないので、チューナーを優先する方がよいということになる可能性はあります。規制のかかっているシンクロモンスターを使いまわしたい場合や属性・種族を生かせるデッキでは役に立つでしょう。
3 牙竜咆哮 2014/09/17 21:14
「征竜」と関係のある発動条件とイラスト。速攻魔法で、カードの種類を問わないデッキバウンスは非常に強力ですが、その発動条件は簡単に満たせるものではなく、墓地アドの面で見ても厳しいです。発動条件を満たしやすいデッキに隠し味として1枚投入するぐらいならありかもしれませんが、基本的にコストに見合うカードではありません。
3 剣闘獣ネロキウス 2014/09/17 21:10
「エセダリ」同様特殊召喚条件の緩い新規「剣闘獣」です。ただ、3体なので「エセダリ」と比べてかなり扱いにくくなっています。「エセダリ」と違い、リクルート効果を持っていますが、2体しか特殊召喚できないため、1体分のボードアドが失われてしまいます。効果も3体素材の割には地味なので、あまり呼び出す理由がないというのが正直なところ。
3 墓守の異端者 2014/09/17 21:02
下級墓守の最高打点ですが、「ネクロバレー」による強化を受けられないため、肝心の「ネクロバレー」下では他の下級墓守に打点負けするという何とも言い難い性能。効果耐性自体は悪くないのですが、強化できない1800打点ではあまりありがたみがありません。「ネクロバレー」がない時にアタッカーとして活躍できる点以外に採用理由はほとんどないです。
6 魔界発冥界行きバス 2014/09/17 20:57
もっともメジャーな闇属性・悪魔族が対応していないのはなかなか痛いですが、レベルの上限がないため、「ラヴァ・ゴーレム」さえもがサーチ対象になってくるところはなかなか。ただ、現時点でサーチする価値のあるカードが非常に少ないため、今後に期待できるカードということになるでしょう。
6 蒼炎の剣士 2014/09/17 20:55
攻撃力1800は低くはないもののやや物足りなさも感じる数値。攻撃力を分け与える効果は、バトルフェイズであれば発動できるので、ある程度役に立つはず。ただ、モンスターを並べるのが前提となり、レベル4ならエクシーズできるので、いまいち使いどころの難しい効果です。後半の蘇生効果は、炎属性・戦士族であればレベルを問わず蘇生できるのが強力。戦闘・効果の両方に対応しており、自身の効果のおかげで自爆特攻もしやすいため、「クリムゾン・ブレーダー」など強力なモンスターを蘇生できると良いです。
6 甲化鎧骨格 2014/09/16 21:07
汎用6シンクロ。耐性自体はまずまずですが、発動ターンのみでチェーンの関係上「奈落の落とし穴」でも潰されてしまうのが残念。ダメージ0は自分がダメージを受けるカードと組み合わせる時には役立つでしょう。打点で「ガイアナイト」に負けていて、別段強いカードといえるわけではありませんが、光属性や機械族の6シンクロでは初の縛りなしである点を生かせば使えるカードとなります。
6 外神ナイアルラ 2014/09/16 21:03
ランク・属性・種族を変更できるというなかなか面白い効果を持ったカード。ランク上げは手札コストが重いですが、後半の効果はまずまず使いやすいです。「RUM」と組み合わせるのがベスト。後半の効果はどこから墓地に送られても効果を発動する系のカードを再利用するのにも使えます。だいぶんニッチな仕事ばかりではありますが、生かせるデッキでは有用なカードと言えるでしょう。
3 ハーピィ・レディ -鳳凰の陣- 2014/09/16 21:00
発動ターンデッキ・エクストラデッキからの特殊召喚ができないため、すぐに発動したいなら「ヒステリック・パーティー」などが必須。発動さえできれば、相手のフィールド次第ではゲームエンドにまで持っていけるのですが、このカードを使わない方が安定するのは言うまでもないことでしょう。ピン挿しぐらいならロマンとしてありかもしれませんが、レアリティの高さに釣り合っていない微妙なカードです。
3 フォトン・ケルベロス 2014/09/12 22:31
罠封殺自体はまあまあですけれども、召喚でしか効果が発動せず、召喚ターンのみなので、実際のところ「フォトン」デッキでさえまともに生かせる方法はほとんどありません。特殊召喚対応なら、構築次第ではそこそこ使えたかもしれないですが…。
7 エヴォルド・オドケリス 2014/09/12 22:29
「エヴォルド」の中では最速級の展開力を持っているので、重要度は高めですが、その反面このカード自身のステータスが低めで、立たせると大きな戦闘ダメージを受けることにもなりかねないため、「強制進化」「毒蛇の供物」でしっかりカバーしたいところ。
9 エヴォルダー・ウルカノドン 2014/09/12 22:25
墓地肥しは必要ですが、「エヴォルド・オドケリス」から「ラギア」「ドルカ」につなげられるため、「エヴォル」デッキの展開力を上げてくれます。「強制進化」で「ナハシュ」をリリースしてこのカードを2体並べれば、場に一気に4体の「エヴォルダー」が並ぶという凄まじい爆発力を発揮することも可能。序盤では使いづらいですが、「エヴォル」デッキならとりあえず入れておくべきカード。
10 レスキューラビット 2014/09/12 22:20
デッキにバニラをある程度投入しないといけない制約はありますが、1枚で「ラギア」や「オピオン」などが立てられるのは非常に強力。また、下級バニラは打点が高いものも多く、「ヴェルズ・ヘリオロープ」「セイバーザウルス」ぐらいの打点なら、単純に2体で攻撃するだけでも結構なダメージになります。特殊召喚についてもデッキからできないだけで制約は緩く、「リヴァイエール」で帰還させて使いまわすのもよいでしょう。
3 ドングリス 2014/09/12 22:17
相手の特殊召喚によりカウンターが乗るのですが、相手ターンに特殊召喚されることも多いため、普通に使う分にはこのカードを守る手段が必要となります。「浅すぎた墓穴」ではカウンターが乗るようなので、組み合わせてみても面白いかもしれませんが、やはり面白いどまりとなるでしょう。
4 同族感電ウィルス 2014/09/12 22:12
禁止カードの「同族感染ウイルス」の調整版。コストが除外で、1ターンに1度の制約がついたのは良いとしても、除去効果が手札のモンスターの種族によって決まるのはかなり扱いにくいです。ただ、ミラーマッチなど自分・相手が同じ種族のカードを多用する場合には、サイドから投入するのも無理ではないでしょう。
7 闇の閃光 2014/09/12 22:08
ウイルス同様闇属性限定のサポートカード。現在使用可能なウイルスと比べると、コストにできる最低攻撃力が低いため扱いやすい反面、破壊できるのが発動ターンに特殊召喚されたモンスターのみとかなり限定的なので、案外使いにくい面もあります。とはいえ、特殊召喚される強力モンスターが多い現環境では十分刺さる効果であるのは間違いないです。
10 No.16 色の支配者ショック・ルーラー 2014/09/11 22:30
海外では禁止カードになってしまった強力エクシーズ。やや打点は低いものの、相手の動きを強烈に制約する効果を備えているので、レベル4×3を容易に並べられるデッキであれば採用しない理由はないぐらいでしょう。有名なセプスロとの相性も抜群。
7 霧の王 2014/09/11 22:26
リリースなしで召喚できるレベル7モンスターは貴重。「征竜」ともレベルが合うので、エクシーズ素材としての運用は十分可能。リリースメタの効果も何気に強力で「聖刻」など刺さるデッキもあるため、7軸デッキのサイドに入れておくのもよいでしょう。
9 ネクロフェイス 2014/09/11 22:23
制限になってからは悪さしづらくなりましたが、かつては専用デッキも組まれたほど。墓地利用を許さない、除外によるデッキ破壊であり、なおかつスピードもあるため、一気にデッキを削り取れるほか、「ダ・イーザ」や「D.D.ダイナマイト」などを刺してデッキ破壊以外での勝利も狙えました。制限の今では活躍しづらいですが、除外メタとしてはそれなりに使えるカードでしょう。
8 死霊騎士デスカリバー・ナイト 2014/09/11 22:18
1900打点+効果封じで単体性能の高いモンスターです。無効にして破壊するため、1対1交換が望める一方で、強制効果かつ自分のカードにも反応するため、意外とプレイングの難しいカードでもあります。特殊召喚はできないものの、属性は恵まれているので、墓地に行った後はカオスモンスターやダークモンスターのコストとして利用するとよいでしょう。
5 ブラック・イリュージョン 2014/09/11 22:13
強固な耐性を持たせることができるカード。ただし、対応モンスターが意外と少なく、上級・最上級など出すのに少々苦労するカードも多いです。効果無効のデメリットもあり、罠ゆえの遅さもあって、「禁じられた聖槍」の方が役立つケースもあるでしょう。破壊だけなら同じ罠である「ガガガシールド」でも対応できます。悪くはないですが、これまでの「決闘王の記憶」シリーズの新規カードの強力さと比べると、かなり控えめな性能。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>