HOME > ユーザリスト > ラギアの使徒

ラギアの使徒 ユーザ情報

アイコン画像 召喚師セームベル
評価投稿数 1037
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 0

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14   >>
得点 カード名 登録日時
5 影霊衣の巫女 エリアル 2017/01/22 12:12
レベル調整効果がありますが、手札の「影霊衣」カードの枚数に左右されるので、現実としてはレベル3~6の儀式召喚に使うことになるでしょう。効果でリリースすればサーチ効果が使えますが、その範囲が狭く、儀式モンスター以外の「影霊衣」となると優秀なものは「シュリット」ぐらいしかいません。
5 ジェム・エンハンス 2017/01/22 11:58
場の「ジェムナイト」をリリースして墓地の「ジェムナイト」を蘇生するカード。使えないこともないカードではありますが、今や「リビングデッドの呼び声」も制限解除されて、コストありの蘇生カードをわざわざ使う必要もなくなっています。
7 ヴァイロン・キューブ 2017/01/22 11:54
シンクロ召喚によるディスアドをカバーできる効果を備えています。「ヴァイロン」デッキではキーカードとなりますし、光属性をシンクロ召喚すればよいだけなので、「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」や「アーカナイト・マジシャン」などと装備魔法をコンボさせることもできます。単体では機能しないので、展開手段を別に用意しておきましょう。
3 ヴァイロン・ヴァンガード 2017/01/22 11:51
いくらドロー効果があるといっても、効果破壊にしか対応していないのはなかなか痛いです。このカード自身の攻撃力があまり高くないので、戦闘破壊されてしまえばおしまいですし、破壊以外で除去されてしまえばドローできないので、結局装備魔法の欠点を十分にカバーできているとは言えないのがかなり残念なところ。
3 ヴァイロン・チャージャー 2017/01/22 11:48
全体強化ができますが、装備魔法を要求する割にはその倍率は低めで、このカード自身の攻撃力も低いです。このカード自身に装備しないといけないところもマイナスポイント。単体での性能が低すぎるので、「ヴァイロン」デッキでもこのカードを入れている余裕はありません。
5 インヴェルズ・ホーン 2017/01/22 11:43
最上級で重いのも問題ですが、それ以上に「インヴェルズ」1体をリリースして出せる「インヴェルズ・ギラファ」の方が除去効果としての性能も高いというのがかなり痛いところです。「インヴェルズ・マディス」からの蘇生対象としては悪くないですので、どうしても使いたい場合は、打点をいかすことも考えるべきでしょう。
1 体温の上昇 2017/01/22 11:38
フィールド魔法で専用サーチカードもある「ジュラシックワールド」があり、あちらもそんなに強力なカードではないため、このカードが使われることはないでしょう。
6 生存競争 2017/01/22 11:34
高めの攻撃力アップと2回攻撃で大きな火力を出すことができます。ただし、2回攻撃は相手を墓地に送る必要があるので、ペンデュラムモンスターや「マクロコスモス」などに弱い点には注意が必要です。場に恐竜族がいないといけない点で汎用性は劣りますが、それを補えるだけの力は秘めていると思います。
5 ブラッドストーム 2017/01/21 18:59
単体では攻撃力1800なだけのモンスターになってしまうのが致命的な欠点です。3体以上鳥獣族モンスターが並べば、毎ターン魔法・罠を除去することができるようになりますが、それが実現できるような展開力は「BF」や「ハーピィ」にこそありますが、そういったデッキにカテゴリ外のこのカードを入れる余地はないでしょう。結局そこそこの力は持っているものの、活躍の場はほとんどないというのが正直なところです。
7 ライトロード・モンク エイリン 2017/01/21 18:54
守備表示モンスターを一方的に除去できるモンスター。同系統のカードは多いですが、このカードはデッキに戻すので、余計な効果も発動させないという点でかなり強力です。その反面打点は平凡で、攻撃表示の相手との戦闘はあまり得意ではありません。「ライトロード」で1枚挿しておくだけでも十分役立つでしょう。
6 エーリアン・キッズ 2017/01/21 18:45
特殊召喚されたモンスターにAカウンターを乗せる効果は、発動機会が多く、「トライアングル・エリア」などの発動につなげれば効果的です。弱体化の数値は軽視できるものではないものの、このカード自体は通常召喚された下級アタッカーに戦闘破壊されるステータスなのがやや問題。処理されやすいので、カウンターを乗せる効果も上手く維持できないといきてこないです。穴は多いですが、なんだかんだでそこそこ扱いやすいカードではあるので、防御カードもしっかり使って維持していくとよいでしょう。
5 古代の機械巨人-アルティメット・パウンド 2017/01/21 18:37
1と2の効果からゲームエンドに持ち込めるほどの高火力を叩き出すことができます。ただ、「古代の機械」の強みである攻撃時のカード効果封殺の効果がないため、肝心の戦闘を通すのには少し頼りなさがあります。破壊された時のリカバリ効果もそなえていますが、「融合」を要求しているところが大きな問題です。最近の「古代の機械」の構築では「融合」はあまり使われないので、こちらの効果を使う場合でも制約がやや厳しくなります。爆発力を発揮できれば強いですが、多くの場合は使いにくい点の方が目立つカードです。
5 修禅僧 ゲンドウ 2017/01/09 19:31
なかなか面倒な効果封じの能力を備えています。守備表示のモンスターには無力ですが、エクシーズなどを守備表示で出させたと考えればそれはそれで悪くないでしょう。表側守備表示の時には強力な効果耐性も発揮しますが、問題は微妙なステータスで、肝心のこのカードを守るのが結構大変。
7 予言僧 チョウレン 2017/01/09 19:29
発動封じの効果自体は平凡で、フリーチェーン相手ならチェーン発動もされてしまうものの、サポートに非常に恵まれています。特に「真炎の爆発」に対応している点がとても大きいです。大量展開してからのセット封じでエクシーズやシンクロにつなげる流れはなかなか強力。逆に「爆発」を、このカードのセット封じで安全に通すのも有効。専用デッキも組まれて環境に姿を現したこともある実力者。
10 甲虫装機 ホーネット 2017/01/09 19:22
同名カードの発動制限がないので、場の「甲虫装機」の数だけ好きなカードを破壊できます。「ダンセル」や「センチピード」ならリクルートやサーチ効果を使いつつ破壊もできるので相性が抜群。墓地に送るのも容易なので、簡単に準備が整います。
5 スプラッシュ・キャプチャー 2017/01/09 19:19
墓地コストでエクシーズモンスターのコントロールを永続的に奪えるのはなかなか強力です。エクシーズをしない相手には意味がないので、サイド向けのカードですが、若干コストを用意するのに手間がかかるのは確か。メタカードなら下準備が必要な発動条件を持たないカードの方が嬉しいので、優先度は下がりますね。
5 異界の棘紫獣 2017/01/08 21:05
戦闘破壊がトリガーで復活してくるモンスター。闇属性で「終末の騎士」や「ダーク・グレファー」に対応するので、墓地に送るのは容易なのですが、ステータスがあまり高いとは言えず、攻撃力も低いため、一時的な壁にしかならないでしょう。フィールドを離れると除外されてしまうのも痛く、受動的な発動条件も相まって、素材としての役割を果たすことも難しいです。全く使えないことはないものの、どこか残念感が漂っているカード。
4 鬼くじ 2017/01/08 20:57
面白いカード。相手が宣言してカードの種類を当てるのですが、自分のスタンバイフェイズというタイミングから、デッキトップの操作はお互いに難しいでしょう。それ故に、基本的には運ゲーになりやすいカードですが、デッキ内容がある程度ばれていると、相手に有利になってしまいます。ハンデスを狙うにしても、もう少し使いやすいカードがあるでしょうから、あくまでネタ枠として使っていくことになります。
2 EMモモンカーペット 2017/01/03 22:53
戦闘ダメージの軽減は魅力であるものの、自壊条件が緩すぎて簡単にロックを解除されてしまうばかりか、ペンデュラムゾーンまで全壊してしまうのでかなり弱いです。モンスター効果もリバース効果でありながら、セットカードしか破壊できないため、これまたかなり弱いです。無理して使う必要はないでしょう。
5 EMブランコブラ 2017/01/03 22:50
「キングレムリン」対応のスケール2というのが唯一にして最大のメリット。ペンデュラム効果は非常に微弱なデッキ破壊で、ほとんど相手の手助けをしているようなものなので、言うまでもなく微妙。強制発動でないのが幸いです。自身のモンスター効果も、元々の攻撃力が極めて低いこのカードにとっては、あって損はしないという域を出ないでしょう。
6 EMショーダウン 2017/01/03 22:47
「EM」の名を持つカードですが、実際にはペンデュラムカードや永続系の魔法を使うデッキなら問題なく使用できるカードです。1枚セットするだけなら「月の書」でOKですが、複数体セットできる可能性があるのは悪くないでしょう。もちろん、場に表側の魔法がなければいけないですが、普通に魔法にチェーン発動してこのカードを使っても、セットはできるので、そこそこ使い勝手はよいです。
3 EMドラマチックシアター 2017/01/03 22:42
1つめの効果の強化値は低めなので、このカードである必要はないです。2つめの効果も条件指定が4種類の種族と厳しく、それだけ展開できていれば、「オッドアイズ」を呼び出さずとも、どうにかこうにかできるはずなので、やはりこのカードは必要ないです。結局どちらの効果も中途半端なので、スターターを購入してすぐデュエルする時ぐらいしか出番はないでしょう。
5 EMスライハンド・マジシャン 2017/01/03 22:38
レベル7ですが、「EM」1体をリリースして特殊召喚できるので、比較的腐りにくいです。ただ、ペンデュラムモンスターでない「EM」モンスターをリリースしないといけないので、実際には普通の「EM」では扱いづらいカードです。後半の効果もシンプルな除去効果で悪くないのですが、表側のカード限定であり、魔法使い族デッキで使うなら、コストは魔法に限定されるものの、セットカードも破壊でき、打点でも上回る「神聖魔導王 エンディミオン」の方がやはり強力なので、出番は少なめ。
7 スクラップ・シャーク 2017/01/02 22:51
「スクラップ・ファクトリー」の登場で一気に化けたカード。自壊時の効果がデッキからのサーチで非常に強力で、「ファクトリー」により自壊してもボードアドも減らないので、高性能なモンスターとなりました。単体でも攻撃力2100と高いので、いざという時は戦闘してもよいでしょう。ただ、相手に何かしらカードを発動されれば自壊するので、攻撃が通るまでに自壊してしまうことも多いです。
6 天空の泉 2017/01/02 22:41
単なるライフゲインではなく、回復を攻撃力に変換できる一部の天使族デッキでは非常に強力なサポートとなってくれるカードです。天使族には「シャインエンジェル」「コーリング・ノヴァ」というリクルーターがいるので、どんどん自爆特攻させて莫大なライフを得ることができます。コンボ性は強いですが、決まった時の爆発力は軽視できません。
4 破滅の儀式 2017/01/02 19:09
「儀式魔人」の効果を付与したい場合は使いましょう。追加効果は「ガーランドルフ」とあまり噛み合っているとは言えないですが、弱くない効果なので、おまけとして使えたらラッキー程度に思っておくとよいでしょう。
6 破滅の魔王ガーランドルフ 2017/01/02 19:08
守備力参照なので破壊できる範囲はかなり広いです。元々の攻撃力が低いので、複数破壊できれば理想的。「緊急儀式術」で奇襲するのも面白いでしょう。一度除去したぐらいではすぐに後続が出てくる環境では、儀式した時だけの除去効果ではやや物足りない感じはありますけれども、サポートの多い属性・種族ではあるので、上手く使ってあげましょう。
2 ロケット・パイルダー 2017/01/02 19:00
原作の「ロケット戦士」のような効果を付与できる装備魔法。耐性は攻撃時のみで、弱体化はエンドフェイズ時までと短い、自爆特攻前提なのに戦闘ダメージはしっかり受ける、と欠陥だらけなので、使い道は少なめ。連続攻撃できるモンスターなら、弱体化を上手く使えるとは思います。
6 ロケットハンド 2017/01/02 18:57
攻撃力800アップの数値自体は悪くないですし、フリーチェーンの射出効果で場のカードを破壊することもできます。ただ、除去効果発動後、攻撃力が0になり、表示形式の変更もできなくなるので、攻撃表示の状態で射出してしまった場合結構面倒くさいことになります。シンクロ・エクシーズ素材にすればよいとはいえ、射出する状況を結構選ぶカードではあるので、考えもなしに投入するのは難しいでしょう。
6 月鏡の盾 2017/01/02 18:53
装備モンスターは戦闘では絶対に負けなくなるという強力な装備魔法。戦闘破壊をトリガーとするモンスターとの相性が特によいです。再利用する効果は強制ではなく、またデッキトップ固定にしなくてもよいので、類似の再利用できるカードよりも使いやすいです。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14   >>