HOME > ユーザリスト > 史貴

史貴 ユーザ情報

アイコン画像 雷電娘々
評価投稿数 752
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 0

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14   >>
得点 カード名 登録日時
10 ラーの翼神竜 2015/11/19 17:32
三幻神が全員特殊召喚できてしまうとホルアクティゲーになってしまうのでは、という危惧がコナミにはあったのかもしれない。でもよりによってもっとも蘇生のイメージがあるコイツを特殊召喚不可にしたのはやっぱり納得がいかない。
あんまりな再現率で長らくヲーだのライフちゅっちゅギガントだの散々な言われようだったがここにきてコナミ突然の覚醒。球体型と不死鳥のOCG化でなるか汚名返上。なお本体の弱さは変わらない模様。
9 旧神ヌトス 2015/09/19 22:14
先輩のノーデンに似た素材と展開効果を持つ二枚目の旧神。ノーデン禁止にするから代わりにこっち使ってね!とでもコナミは言いたいのか。
そのノーデンがぶっ飛んだ性能をしていた反動か、こちらは思い切り自重している。
融合魔法こそ必要無くなったものの、必ずS、Xモンスターを一体ずつ並べる必要があり、超融合やカップ麺非対応で特殊召喚も手札から、自身は1ターンに一度だけしか召喚できないためループも不可とそこまでする必要があるかというぐらいの徹底ぶりである。
しかし、ただ単にノーデンの下位互換なのかというとそうでは無く、特殊召喚したモンスターの効果が無効にならない点や、(2)の効果で十分に差別化可能。特に(2)の効果はX素材として墓地に送るのはもちろんエクストラから直接叩き落としても効果を発動できるため、ザボルグなら切腹で相手のエクストラを8枚削りつつ三枚除去というコンボが可能になる。psyフレームΩも一緒に落とせばザボルグの続く限り同じことが可能。影霊衣で万華鏡を使うのもアリか。
ノーデンの反省を活かしつつ別方面の可能性を見出した良カードではないだろうか。
3 星屑の残光 2015/09/19 21:31
アニメの頃よりかは進歩してはいるんだが。
レッドアイズスピリッツもそうだが、こういうカードは召喚条件を無視してくれないとほぼリビデの下位互換になってしまう。
サイクロンに強いという点を活かせない限り採用は見送るべきか。
7 死のデッキ破壊ウイルス 2015/09/17 00:27
ずいぶんと丸くなっちゃって・・・。
3ターンのドローチェックが相手が選択するデッキからの破壊に。おまけに相手へのダメージ0。考え無しに打つと相手を助けてしまうこと請け合い。
種になるモンスターが増えたとはいえ、いささか警戒しすぎの感がある。
クリティウスの力を借りれば全盛期の力を発揮できるがその代償としてお手軽さを失うことになる。その後環境で見かけることも無く準制限に緩和。
10 影霊衣の術士 シュリット 2015/09/17 00:16
リチュアまだ懲りてないのん?
一番の効果で影霊衣の全ての儀式モンスターを出せ、それと同時に2番でブリュトリシュかクラウソラスをサーチ出来る。
このブリューナクサーチが最大の利点で、実質的にすべての影霊衣モンスターを対象にできるのと同じである。
リリース要員かつ万能サーチと全く隙がない性能であり、影霊衣の必須カードであるのは間違いない。
そんなこのカードにも規制が入り、これで影霊衣もだいぶ落ち着くだろう。
もうすでにEMEm環境なのに今更か、とも思うがコナミの規制のタイミングが遅いのもいつものことである。
10 混沌の黒魔術師 2015/09/17 00:10
展開方法が現在より遥かに少ない当時でさえ、簡単に飛び出てきては魔法を回収して大暴れしており、ドグマブレードのパーツにもなっていた。展開方法が増えた今ではまず釈放は認められない、そんなカードなのに決闘の儀でちゃっかり再録。どうしろと言うんですか。
なんて思ってたらエラッタされて制限復帰。その後も順調に制限解除を果たす。
タイミングが遅くなってループも出来なくなったとはいえノーコスト魔法サルベージが許される時代になったか。聖なる魔術師の釈放も近い?
10 慧眼の魔術師 2015/09/17 00:06
優秀な魔術師サポートの登場で、時読み星読みの評価が見直される時が来たか。尚竜脈竜穴。
自身のスケールは凡庸だがエクストラを肥やしつつ魔術師をセットする効果を持ち魔術師デッキの安定化に大いに貢献する。
モンスター効果はpスケールの数値を一時的に元に戻す効果。大抵はデッキ構築の時点でスケール変化のデメリットが出ないようにするだろうが、デメリット不可避なカードが出てくれば注目されるか。
オッPによるサーチも可能で、今後の魔術師デッキの必須カードになるだろう。
しかし今回の制限改定で何故か制限に。EMEmを止めたいなら他に制限を掛けるべきところがあると思う。
ドクロバットもペンデュラムコールも無傷だから魔術師的にもそれほど痛くはないか。
10 E・HERO シャドー・ミスト 2015/09/16 23:44
HEROの新たな中核となりうるサーチ持ちモンスター。
heroサーチが強いのはエアーマンが証明してるとおり。発動条件も緩く、最近ではブレイズマンが筆頭になるだろう。
チェンジサーチもディスアドを抑えつつ強力なMHEROに繋げられる効果であり、こいつ自身は特に凶悪なダークロウにチェンジ出来る。他に特殊召喚のためのカードが必要であるが、それを差し引いてもやはり驚異的と言うべき。
優秀なサーチを二つも兼ね備えたカードで、M・HEROの中核的存在となっている。
やはりと言うべきかこの度M・HERO規制のために制限行き。そもそも対象が被るサーチ内蔵モンスターを二体も持ってる時点でかなり異例だった訳だが。
10 星守の騎士 プトレマイオス 2015/09/16 23:29
ステラナイトでもサテラナイトでもない真のテラナイト。
汎用ランク4×2だが素材補充効果を使いたければテラナイトエクシーズを幾つか採用する必要がある。直接三体で出せばその限りでないが。
エクストラのテラナイトエクシーズを素材にして、補充した素材でセルフランクアップまたはターンスキップするユニークなカード。
ただ素材補充はエンドフェイズと遅いため、直ぐにランクアップ効果を使いたければ4×3で直接出してさっさとランクアップしてしまった方がいい。ターンスキップは一回発動できれば御の字である。
ランクアップ効果についてはフリーチェーンなので単体除去を躱しつつノヴァからインフィニティをだしたりと面白い動きができるが、エクストラの圧迫や素材の少なさなどが難点になるか。
それでも面白いコンボがいろいろ生まれそうで、今後に期待できるカードだと思っていたのだが。
現実はプトレノヴァインフィニティで環境を荒らしまくった挙句の禁止行き。カードデザインは面白かったのだが、お手軽に小型クェーサーを作れるとなればこうなるのも当然か。
10 旧神ノーデン 2015/09/16 23:19
シンクロ、エクシーズ2体という非常に独特かつ重い融合素材指定とレベル4以下蘇生効果を持つ融合モンスター。自身のレベルが4なので単体でランク4エクシーズに繋げられる非常に優秀な効果だが、まともに出すには重すぎる召喚条件のため、超融合込みでもバランスは取れているはずだった。…簡易融合対応でさえなければ。
ということでカップ麺から飛び出してランク4を作る機械へと早変わり。蘇生制限が満たされることに加え蘇生効果は融合でなくても発動し、その上ターン制限もないとくる。カップ麺一枚からしつこく復活しては何度もランク4を叩きつけてくることも。
そしてついには80%を超える先攻ワンキルデッキまでできる始末。
ソルチャと並ぶぶっ壊れカードで、案の定簡易融合が規制されてしまった。
そしてこの度とうとう簡易融合解除と引き換えにブタ箱行きに。
ユニークなカードではあったがカードパワーが高すぎた。
8 シンクローン・リゾネーター 2015/08/30 08:18
アニメでジャックが再登場したのに合わせて長らくOCGされなかった5Dsのリゾネーターも登場。
フィールドにSモンスターを用意して展開、連続シンクロしつつリゾネーターサルベージ、というのがこのカードのコンセプト。
レベル1闇悪魔とステータスにも恵まれ、コールリゾネーターでサーチも容易と非常に扱いやすいチューナーと言える。
8 レッド・リゾネーター 2015/08/30 08:10
久々にアニメでリゾネーター新規が登場。
まず切り込み効果を持ったチューナーというだけで及第点。単体でレベル6シンクロを狙える。
SS時のライフ回復効果は直接的にアドを得る事は出来ないがあって損はない。
数あるリゾネーターの中でも単体で即座にシンクロを狙えるのはこのカードのみのため、リゾネーターデッキの安定性を増すのに貢献するはず。
6 ダイスロール・バトル 2015/08/30 07:57
ダイスロールバトルと言う割にダイスは振らない。
相手モンスターの攻撃宣言時に手札と墓地のSRでsモンスターをSSする効果なのだが、さりげなく墓地のSRはチューナー以外に限定されていないため例えば三つ目と赤目を選択することも可能。S召喚扱いではないので蘇生制限を満たしたりやS召喚時の効果を使ったりはできないが、Sモンスターの素材縛りを無視できるのが特徴。
墓地での効果は相手フィールドにもSモンスターが必要で更にそのモンスターの打点を上回っていないと戦闘破壊されるだけなので基本的にはオマケ。
せめてSモンスター以外にも攻撃を強制できれば話は違ってくるのだが。
面白いことが出来そうなカードではあるのだが、コストが重いのと根本的に攻撃反応罠なのがネックか。
8 HSRチャンバライダー 2015/08/30 07:44
ユーゴのシンクロモンスターは汎用が多くて嬉しい。
二回攻撃と攻撃力上昇が綺麗に噛み合っており、ダイレクトアタックできれば相手のライフを半分以上消し飛ばす。攻撃力上昇は永続かつ相手に攻撃されても発動するので、見た目以上にモンスターとの戦闘に強いのも評価点。
また、スピードロイドデッキならサルベージ効果でアドを得ることも可能。
そうでなくともシンクロデッキでは決定力を高めるために是非採用したいカードである。
5 救護部隊 2015/08/18 11:33
隊長は怪我してるシーンが多い。
前半効果はバニラサルベージ。既に量産工場や補充要員が存在している為、後半効果を視野に入れた運用をしたいところ。
その後半効果はバニラが戦闘破壊された時墓地のこのカードを切り込み隊長的ステータスで特殊召喚するというもの。生き残ればシンクロ、エクシーズに使えるが基本的には一時凌ぎの壁か。トリガーが微妙なので使い辛いかもしれない。
7 占術姫ペタルエルフ 2015/08/18 11:19
強力な表示形式変更効果を持つ占術姫の一枚。
発動される前に除去される可能性もあるが発動してしまえばそのときの相手フィールドのモンスターの攻撃を永続的に封じられる。コインノーマに対応しているため引っ張ってくるのも楽。
単体でも中々の防御性能だが、ヴィジャモリガンやタロットレイコンボするとより効果がアップする。
相手の効果は止められず、シンクロやエクシーズで処理されることもあるのでそれだけは注意。
8 占術姫コインノーマ 2015/08/18 11:15
リバースの儀式テーマ、占術姫。アニメで新規候補が出るのは当分先になりそう。
リバース時レベル3以上のリバースモンスターを手札、デッキからセットする効果を持っており、占術姫の展開の基本となるカードである。
占術姫以外のモンスターもリクルートできるが、縛りが付いてくるため他のカードのサポートがないとリクルートしたモンスターの効果を活かすのは難しい。
まあ禁忌の壺はそれを差し引いても最優先で引っ張って来たいモンスターだが。
8 聖占術姫タロットレイ 2015/08/18 11:11
リバースに関する効果を持つ占術姫のエース。
第一、第二効果はフリーチェーンの月の書、太陽の書というべき効果でリバース効果の発動の補佐と相手の妨害のどちらもこなせる。
また第三効果によりリバースモンスターを展開することもできる。リバースの遅さも第一効果のおかげで気にならない。
このようにリバースモンスターの救世主たり得る効果を持つのだがやはり儀式モンスターでレベル9というのは辛いものがある。高等儀式術はデッキコンセプトと噛み合わせが悪いため、素直に二枚目のタロットレイを使って儀式召喚するのが一番か。そうなるとクリスタルウンディーネの効果も活かしやすい。
現在は禁忌の壺というリリース要員としても蘇生してパタパタする対象としても相性抜群なカードが登場して、大きく強化された。
3 星守る結界 2015/08/13 17:50
テラナイトエクシーズを強化し、さらに手札のテラナイトを切ってテラナイトエクシーズを守るよ!というカード。テラナイトXはステータスが貧弱なので強化する価値はあるかもしれない。が本当にテラナイトXしか強化しないし、手札切って攻撃無効にするぐらいならミラフォあるし、そもそもテラナイトXは相手も殴り倒したくない、などぶっちゃけ使いづらい。おとなしくシャインスパークでも使いましょう。
3 絶望神アンチホープ 2015/08/09 17:38
最近のKONAMIは良調整が多かったから期待していたのだがやはり神のジンクスからは逃れられなかった。
重い召喚コスト、謎の攻撃制限、限定的過ぎる耐性、何処かへ行ってしまったアンチエクシーズ効果、と惨憺たる有様である。
特に耐性を得る効果がタイミングのせいでライトニングに無力なのが痛恨。確かに原作じゃ相打ちになってたけど、他に再現すべき場所はあると思う。
墓地からも自己再生でき、ダークガイアの素材になれる5000打点という強みはあるが、総じて出す手間と強さが見合わない典型的なロマンカードという評価に落ち着くか。
なんだかんだ言って悪魔の嘆きや終末の騎士のおかげで持ってくること自体は簡単だし、墓地のレベル1機械族バニラ三体をトライワイトで蘇生→001再生というギミックを使えば比較的手軽に出せるのでヲーほど使えないというわけではない。高等儀式術を軸にしたデッキならそれなりに活躍できるかも。虹光とかランク1の方が強いとか言っちゃダメ。
この先ヲーのようにアンチモンスターがOCG化されて大幅強化される可能性もあるし、希望は捨ててはいけない。
8 グレイドル・スプリット 2015/08/09 12:58
分裂もするとか器用だな。第一効果について、グレイドルモンスター以外にも装備できる為汎用モンスターや奪ったモンスターに装備してコンバットトリックもできる。基本的にはおまけだが500アップは意外と侮れない。
重要なのは第二の効果。自分メインフェイズ限定だが装備したモンスターを破壊してグレイドルを二体呼び出せる。奪ったモンスターをコストにできると爆アド。コブラを破壊すれば相手のモンスターを奪いつつ二体リクルートも可能。手札、墓地にスライムがいなければスライムと他のグレイドルをリクルートしてシンクロ、スライムがいるならイーグルと他一体を呼んでスライム蘇生、イーグルで相手モンスターを奪いつつスライム効果でもう一体を蘇生してシンクロすべきだろう。
グレイドルサポートの中でもシンクロ召喚に特化した効果である。遅さは気になるがグレイドルでシンクロしたい時は是非。
8 グレイドル・スライム 2015/08/09 12:55
エーリアンと同じく地球外生命体モチーフのテーマ、グレイドル。自己破壊テーマがまた一つ。水属性、水族テーマということでそれらのサポートも押さえておきたい。
フィールドのグレイドル2枚を破壊して手札、墓地から自己展開でき、その後即座に墓地のグレイドルを蘇生してシンクロ召喚可能。イーグルを破壊できれば相手モンスターののコントロールを奪えるためディスアドも補える。グレイドル魔法罠も割れるのが最大のポイントで、
装備状態のグレイドルを割ったり、グレイドルサポートを割ったりできるので、実はそれほど手間がかからないのが嬉しい。
6 スターダスト・アサルト・ウォリアー 2015/08/05 16:09
スターダストウォリアーの派生。オリジナルはアニメにも漫画にも登場してないが。
貫通持ち汎用レベル6シンクロには既により打点が高い魔剣ダーマが存在しているため、活躍の場はジャンド等のジャンクデッキに限られるか。
他にモンスターがいないという前提条件が厳しいが、ジャンクシンクロンやアンカーを蘇生すれば更なるシンクロ召喚が可能で、ジャイアントを蘇生すればランク6を作れる。ジャンクウォリアーを蘇生できることを活かしてクイックスティーラーにジェットロンを絡めてクェーサーを出すことも可能。スタウォから出しても効果を発動できるため、ジャンドでスタウォがいる時に全体除去を食らった時のリカバリ役として採用するのもあり。
5 No.93 希望皇ホープ・カイザー 2015/08/05 15:51
漫画版ホープドラグーンといった立場のカード。召喚条件は同ランクのナンバーズ二体以上を要求するもので、未来皇とは対になっている。
まず「素材を持っている」ナンバーズ二体以上を並べるのが骨。蘇生したナンバーズは使えず、きっちりエクシーズ召喚したものを使う必要がある。
またエクストラの圧迫も懸念事項。素材となるものに加え効果で出すナンバーズも採用する必要があり、しかもその内最低一体はランクをずらしておかないと効果を活かせない。ランク4デッキならライトニングを自然に採用できるがそれ以外デッキはRUMを採用するなどの工夫をしておきたい。
肝心の効果だが、効果無効、ダメージ半減、特殊召喚制限の三重デメリットが非常にきつい。プレインコートみたいなタイプでもなければ基本的にはアタッカーを二体並べるだけで終わってしまう。破壊耐性を得られる条件が他のナンバーズがいることなので奈落激流が効きやすいのもマイナス。
総じて出す手間に釣り合う見返りが得られるとは言いづらいカードになってしまっている。ナンバーズウォールやオーバーレイリジェネレートなどで面白いことは出来そうだが。
9 No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン 2015/08/05 14:34
なんとも悍ましい姿に変容したギャラクシーアイズ。
タキオンやプライムに重ねて出せるため素材は実質8×2でよい。FAを挟んで除去することも可能。
効果はドラゴン族三種類墓地肥やしとモンスター限定の連続攻撃。
4000打点自体はプライムで達成でき、連続攻撃もそれほど強力な効果ではないのでやはり墓地肥やしに主眼を置くことになる。墓地肥やしがコストなのもあってヴェーラーやブレスルを気にすることなく征竜やカオドラでエクリプスやレダメを絡めた凄まじい猛攻をかけることができる。EX圧迫や止められた時のもろさはあるが高い爆発力を持ったカードである。
現在は征竜が息の根を止められ、他に高い墓地肥やし性能を最大限活かせるデッキが無いため流石に大人しくなっている。
7 DDD双暁王カリ・ユガ 2015/07/31 12:33
レベル8DDはバフォメットを使う以外ではアビスラグナロクとヘルアーマゲドンしかいない。アビスラグナロクは釣り上げ効果を持っているが、両者共にペンデュラムモンスターである。ケプラーを使ったP召喚はもちろんだがスワラルスライムとレベル8DD2枚があればテムジン融合→墓地のスライムの効果発動→手札のもう一枚のDDを特殊召喚してテムジンで墓地のDD釣り上げという流れで比較的スムーズに出せる。片方がアビスラグナロクならダルクを出してもいい。
肝心の効果については、効果の発動封印and無効化、フリチェ大嵐、契約書サルベージと充実したラインナップ。特殊召喚を無効にするタイプ以外の召喚反応罠にも強く、後半の効果を通しやすい。フリチェ大嵐はエンドサイクや契約書のデメリット回避にも使える。契約書サルベージはターン1制限がないため大嵐を放棄して二枚サルベージすることも可能。
打点も高く、総じて重さに見合った強さを持ったDDの重鎮と言える。
また、ランク4一辺倒の現環境において、エクシーズユニバースから召喚する候補としても採用が見込める。効果無効は誘発しないが、フリチェ大嵐でアドバンテージを取れ、高打点で攻め込めるのが利点。
8 C・HERO カオス 2015/07/28 20:24
光と闇の竜に対抗して光と闇のHERO参上。3000打点と誘発即時無効、更には光闇とEHEROの豊富なサポートも受けられる。MHERO二体は相当重いのでメインに据えるのは厳しい。隠し味程度の感覚でいいだろう。
あるいはゲールドグラや豪雷帝、万華鏡でM・HEROを無理矢理墓地に送るのもありや。
7 サクリボー 2015/07/25 11:24
カオスソルジャーのお供のクリボー2号。
リリースされると一ドローし、墓地では自分のモンスターを戦闘破壊から守る。
ガイアと組み合わせてのカオスソルジャー儀式を念頭に置いた効果なのだろう。ただクリボールと違い単体では役に立たず、儀式召喚できないときは手札で持て余すのが弱点である。
新規ガイア達と同じくリリース手段は問わないので、エネコンなどを仕込んでおくのが良いか。
カオスソルジャーデッキ以外ではリリース時の効果を持つ悪魔族ということでインフェルノイドでの活躍が見込める。悪魔族サポートを共有でき、モンスターゲートやインフェルノイド共通効果でアドを取れるようになる。名推理やモンスターゲートで捲れると役立たずなのはご愛嬌。
7 聖戦士カオス・ソルジャー 2015/07/25 10:59
特殊召喚モンスターでない唯一のカオスソルジャー。その代わり開闢らのような自己展開効果を持たない。よってこのカードを展開するためのカードも一緒に採用しておく必要がある。カオスソルジャーデッキならリビデや覚醒の暗黒騎士ガイア、転生の超戦士辺りか。
展開に手間がかかる分効果は強力で、場に出た時に墓地アドを回復しつつ万能除外を撃ち、相手モンスターを戦闘破壊すれば墓地のレベル7以下戦士をサルベージする。
除外された開闢、宵闇の騎士辺りを墓地に戻しつつサルベージできると美味しい。
このカードを展開できる覚醒とは一見相性が良いようで、覚醒はリリースされた時点ではまだ除外されていないため第一効果が空振りしやすいと微妙にチグハグ。
効果自体はカオスソルジャーデッキ以外でも有用なため、出張を考えてみても良いかもしれない。
7 覚醒の暗黒騎士ガイア 2015/07/25 10:43
疾風に代わる闇属性ガイア。
リリース軽減効果については、やや相手に依存するがカオスソルジャーデッキ自体余り大量展開するデッキでもないので発動機会は多めなはず。疾走と違い攻撃力を保存できるのもウリ。それでも微妙に信頼できない数値だが。
リリースされた時にカオスソルジャーを特殊召喚する効果は、召喚条件を無視できないため、制限のない聖戦士以外は予め蘇生制限を満たしておく必要がある。
スムースに効果を発動するために儀式召喚以外のリリース手段を用意しておくと吉。
墓地効果はクリボールと組み合わせてリリース無しでカオスソルジャーを出せる。
リリース効果は使いにくくなるがレベル7儀式デッキに採用するのもアリか。
イマイチ効果にまとまりが無いが、7+1軸カオスソルジャーデッキではクリボールとともに採用を検討したい。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14   >>