HOME > カテゴリ一覧  > 【捕食植物(プレデタープランツ)】カテゴリ研究

捕食植物(プレデタープランツ)カテゴリ研究

【捕食植物(プレデタープランツ)】についての戦術や相性のいいカード、
苦手デッキへの対策など皆で議論してカテゴリを盛り上げよう。
閲覧数1069 コメント数1
コメント「no.1」~「no.1」を表示しています。

no.1 ランペル
食虫植物や、植物と動物のキメラなどの植物族カテゴリで、捕食カウンターという、乗せられたモンスターのレベルを1にするカウンターも使う融合カテゴリ。

基本は下級などで素材をそろえながら融合モンスターにつなげて戦っていく感じですね。序盤はセラセニアントで攻撃を防いだり融合素材にしてプレデターカードをサーチできるので、プレデター・プランターをサーチしたいところです。プランターが維持できれば毎ターン戦闘及び効果で墓地へ行けばサーチができるセラセニアントを蘇生させることができるので、それで安定させてから戦っていきたいところです。
戦闘面では融合体に4500まで対処できるキメラフレシアがいるので問題ないでしょう。加えればスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンもそのターンでの戦闘能力は高く除去されても、相手の特殊召喚されたモンスターを巻き添えに出来るので、攻める時は活躍できます。序盤融合体を呼ぶならキメラフレシアが安定かな?
融合するのはサンデウ・キンジーが融合効果持ちで結構どっからでも呼べるので優秀ですね。超融合効果も持っているので、相手に捕食カウンターを乗せて除去と共に一気に攻め込んでいきたいところです。そして捕食惑星は墓地から除外してフリーで捕食植物を素材に融合召喚が行える強力な融合効果を持っていて、除去回避や追撃などいろいろなことに使えます。しかしながら永続罠なので、墓地には送りづらく扱いは難しいです。採用するならおろかな副葬で墓地に送ったり、手札コストとして使ったりすればいいかなと思います。
捕食カウンター系ではドラゴスタペリアは優秀ですね。フリーで捕食カウンターを乗せることができ、そのモンスターの効果を無効化させることができるので、妨害札になりますね。素材も融合と闇属性とそこまで厳しくないので無理なく呼べるときは呼んでおきたいところです。グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンは呼び出すことができれば強いには強いのですが、制圧力的にはドラゴスタペリアの方が優秀ですので、無理に呼ぶ必要はないと思います。しかしながら、何度も蘇生するのは使ってると楽しいです。
蘇生カードには捕食接ぎ木があり、墓地の捕食植物をなんでも蘇生することができます。融合体も蘇生が可能なので、状況に合わせて使っていきたいところです。結構長めに戦うこともできると思いますし、手札によっては一気にモンスターを展開して1キルとまでは行かなくとも早めに勝負が決まることもあるので結構強いと思います。自分が使っていて除去には弱いと思いました。除去されればそのまま攻め込まれてしまう事が多いので、注意をしたいところですね。しかし、巻き返しは結構強くセラセニアント、キメラフレシアが除去されればそれぞれサーチができるので、そこから巻き返していけると思います。

最初に登場した3体だけでは、どうしようもないような感じに思えましたが、新規が登場してぐるぐる回せるカテゴリになりましたね。さらには新たに3体の新規が来ると期待が高まります。今となっては最初に登場した3体の採用率が悲しい事に…。スキッドやフライ・ヘルはまだいいですけどね…。
こっから関係ないですけど、ウツボカズラ型の捕食植物の性能が悲しいですね。モーレイ君もプテロ君もどうしてこうなった!モーレイ君はきっとアイドル枠なんでしょうね。食虫植物のようなのは好きなので、捕食植物ははまりましたね。イラストは最初の3体あたりがドストライク。キメラな捕食植物が増えてきましたが、純粋な植物のイラストが一番好きですね。キメラなのも普通に好きですけれど。
長文失礼しました。
2017-01-06 :06:49

名前:
※ログインすると名前の入力を省略できます。

スポンサーリンク