HOME > コンプリートレビュー一覧 > 決闘者の栄光-記憶の断片- side:闇遊戯 コンプリートレビュー(ときさん)

決闘者の栄光-記憶の断片- side:闇遊戯 コンプリートレビュー

とき 」さんのコンプリートレビュー


スポンサードリンク

評価 番号 カード名 レアリティ
5 JP000 青眼の究極竜  Holographic
負けフラグでも出したいロマンがあるんだ。
ドラゴンには龍の鏡で出せるより打点の高いFGDはいるが、蘇生ができる究極龍の価値は決して低くない。
素材である青眼3体も、白石や乙女、目覚めの旋律のおかげで簡単に揃うようになった。
嫁に愛を貫くならば、FGDは無粋であるしね。
しかし、真なる姿を開放してしまったがゆえにこのカードの重要性は必然下がることに。アルティメットバーストというサポートはあるがあちらは自分で3回攻撃を持っているし… エメラルや絶対魔法禁止区域を力とすれば。
8 JPY01 ブラック・マジシャン  Secret
マハードとか師匠とかいろんな呼ばれ方のある、今でも最上級魔法使いの象徴のカード。
黒魔術のカーテンや永遠の魂など専用特殊召喚手段が豊富で、必殺黒・魔・導も。
パワー不足こそ否めないものの、専用と汎用両方の多彩なサポートを持つカード。
千変万化の戦術を取れる非常にタクティカルなカードなので、デュエリストの腕が問われる。
ティマイオスの眼の登場で融合戦術が加速しパワー不足が解消され、永遠の魂の登場で超耐性を得るなど最近はかなり強化が進んでいるカード。ザ・ダーク・イリュージョンにおいて有力な除去手段として黒の魔導陣、さらにサポートサーチとなるロッドを得て、脇役たちも充実してきた。
6 JPY02 黒・爆・裂・破・魔・導  Secret
最高に高めた師弟の絆で、最強のぶっぱを手に入れてやるぜー!!
フリーチェーンでの全体除去は、決まれば魔法としては最強レベルの代物。
だけに決まればという言葉がどうしてもついてくるのが悲しい所。
プリズマーなどでの名前コスプレは通用せず、師匠も弟子もそれなりにサポートはあるものの両方を揃えるのは賢者の宝石を使わない限りはなかなかに難しい。
永遠の魂で師匠を出すのは簡単になったので、弟子をどうにかして隣に並べたいが…
マジシャンズ・ナビゲート登場が追い風になるかどうか。
8 JPY03 永遠の魂  Secret
青眼の圧倒的強化の前にやや霞んでたブラマジ軸デッキにとって、革命クラスのサポート。
このカードのためにブラマジデッキを組めると言ってもいいくらいのサポート能力。
特に完全効果耐性が強力で、ブラマジの打点を超えられないデッキを詰ませかねないもの。とはいえ昨今そんなデッキはお目にかからないが…
展開効果も強力であるが、狙われると脆い永続罠にさらに強烈なデメリットも付いている。
サーチ手段として黒の魔導陣やロッドが現れ、魔法罠破壊にはめっぽう弱くなってしまう点には黒魔導強化という守る手段も得た。名実ともにブラマジデッキの中核を担うカードになるだろう。
8 JPY04 黒魔族復活の棺  Normal
デッキからも復活する謎の棺として魔改造されてOCGに登場。
魔法使いサポート、除去と展開補助の両輪という性質はかつての黄金サポートディメンション・マジックを彷彿とさせるものがある。
あちらと比べ発動時期が限定されるが、墓地送りでありデッキからのリクルートが可能、タイミングも逃さないなど上回る点は数多い。
発売当時からシャドール復活の棺と呼ばれ争奪戦が繰り広げられたが、魔法使いデッキ全般で輝ける高いカードパワー故の悲劇とも言える…
3 JPY05 暗黒騎士ガイア  Secret
レベル7で2300の打点はバニラでもかなり厳しい。
螺旋槍殺も貫通のみではサポートとしては頼りなく、時代に取り残された格好に。
疾風がいるので、最近の過去作リスペクトの中でもリメイクも期待できないと思いきや劇場版でガイアロードというリメイクになって厚遇されてた。
融合先の竜騎士ガイアもリメイクされたが、その天翔の竜騎士ガイアには融合素材になり、螺旋槍殺を共有できる。
7 JPY06 デーモンの召喚  Secret
生け贄召喚ルール登場後、ジンゾーさん登場までマジで最強クラスでした。
ウィッチでサーチできたってのが当時大きな魅力で、王様の使ったカードで環境級まで行った結構少ないモンスター。
今でも上級バニラでは高い攻撃力にデーモンの名前で悪くないスペック。
闇上級バニラは気兼ねなく魔デッキ闇デッキの素材に出来るのが美味しい。
最近は真紅眼とともに悪魔竜の融合素材としてレッドアイズデッキでよく見かける。
10 JPY07 青眼の白龍  Secret
未だバニラ3000以上は存在せず、通常召喚する最上級も3000超えは稀。
3000打点を超えるモンスターはデッキを縛る難しい条件もちが多い、遊戯王のパワーバランスの基準となっている社長の嫁。
バニラサポートも全て使いこなし、その上で専属サポートも数多い。強力な融合体も持つ。
3000打点が簡単に展開、蘇生される青眼特化デッキはバニラ軸でも、そしてサポートや進化形が劇的に増えた今や環境にも君臨した経験を持つ一品。
未だバニラ最強のカード。てかそこから下ろしちゃいけない気も。
最近は精霊龍やカオスMAXといった優秀な進化形に、賢士や白石、目覚めの旋律や霊廟など凶悪なサポートとともに環境を蹂躙。ABCや十二獣といったさらに凄まじいデッキに一歩譲っているが、パワーは今でも超弩級。
6 JPY08 ブラッド・ヴォルス  Normal
社長の下級アタッカーとしておなじみの一枚。
早い段階で出た1900として一時代を築いただけの実力は今でも秘めている。
とりあえず下級1900ってだけでも凡百のカードを上回る。
闇属性もありがたいが、それ以上に天キが使える獣戦士が光る。
ジェネティック・ワーウルフもいるが、兎要員として炎星に入ることも。
3 JPY09 ランプの魔精・ラ・ジーン  Normal
マジックランプで展開可能なアタッカー。マジックランプの効果もこれで生きる。
といってもそこから発展する戦略がない以上時代遅れになりつつある感は否めない…
というわけで、黙って悪魔族を指定するランク4エクシーズを待とうか…
4 JPY10 黒の魔法神官  Secret
とにかく召喚が難しく、リリース素材を並べるのには一苦労する。
3200打点+罠封じは魅力ではあるが、サイコショッカーに団結を装備させても達成できる。
魔法使いを活かして魔法族の里と合わせればお触れホルスのような陣容は作れるが…
モンスター効果全盛の今、一瞬で突破されるおそれもありやっぱり割りに合わない。
ただ、素材の参照はレベルだけなのでガガガで隠れた切り札になるかもしれない。
6 JPY11 モザイク・マンティコア  Normal
いわゆる冥界軸のデッキにおいて、キーカードとなる最上級カード。
最上級として充分な攻撃力を持ち、リリースしたモンスターも場に呼び戻す。
呼び戻したモンスターを次の最上級のリリースに活用することで、冥界の宝札をフル回転できる。
その性質上アドバンス召喚してなんぼの一枚。ベヒーモスらと組み合わせ最上級軍団とは思えない回転を見せつけることも。
7 JPY12 ニュート  Normal
TF5でジャックのパックにこのカードを紛れ込ませたスタッフェ… まあ優秀な悪魔アタッカーなのでジャックのデッキとの相性は悪くないけどね。
第二期最強クラスのアタッカーは今なお健在。破壊時の弱体効果は結構いやらしい。
リバースできると上級の攻撃力になるが守備力は非常に低いので無理に狙う必要はないだろう。勿論罠など組み合わせるなら使えないことはないが。
7 JPY13 死霊操りしパペットマスター  Normal
シンクロサポートとして大化けした一枚。攻撃できない弱点を見事に克服。
チューナーを蘇生しこのカードとシンクロすれば、このカード自身を攻撃表示で晒すことも無くなるため無駄がなくかつ強力な展開を可能に。
ライフコストの大きさやシンクロ封じへの弱さなどリスキーなカードでもあるので慎重な運用は必要だが、悪魔族チューナー採用なら狙う価値は十分。
またエクシーズ狙いも可能ではある。このカードを残さないためにもランク6を狙いたい。
3 JPY14 万力魔神バイサー・デス  Normal
効果破壊までゆっくり待っていってね!
現環境ではそれまでにエクシーズされるのが落ちにしか見えないし、サンドバックになってしまう。
コイツが除去されてもいけないことを考えると、遅すぎるよなぁ。
3 JPY15 ゲルニア  Normal
下級版《ヴァンパイア・ロード》だが、彼の上級として頼りない打点はそのまま下級としてすら頼りない打点という形でこのカードにも反映されてしまった…
普通に殴られて終わるのがオチとなってしまいそうだ。結束があればそこそこ怖いかもしれんが…
9 JPY16 ゴブリンゾンビ  Secret
アンデッドのクリッター的カードとして、デッキの確実な回転を約束。
種族の圧巻の蘇生能力で何度も蘇らせ、シンクロなどに活用しサーチ効果を連発しよう。
ゾンマス、馬頭鬼、キャリアなどアンデッドのキーカードはほぼカバーできる。
《強制転移》との相性を生かし、ピラタや《マンモス・ゾンビ》と転移祭りのデッキを使うのも面白い。
シンクロアンデッドの強さを縁の下で支えた名カード。
6 JPY17 聖獣セルケト  Normal
王家の神殿禁止で長いこと無価値カードの代表格扱いであったが、進撃の帝王登場でやっと普通に使えるように。そして王家の神殿も帰ってきた。
ハデス効果+成長効果を持ち上級としては高い2500打点とかなり攻撃的なモンスターではあるが、全てが戦闘に特化した能力で人これを脳筋と呼ぶ。
それでも進撃の帝王で出ている場合は効果で破壊が効かない上に凄まじい戦闘力があるのでプレッシャーは相当なものか。
王家の神殿との組み合わせで融合モンスターを特殊召喚する効果は、ライフコストがいらないデビフラのように使える。打点の高い究極竜か効果の優秀なエクストリオがベターか。
とはいえいずれも永続魔法に頼るは厳しいところ。なお、天使の模様。
3 JPY18 ゲート・ガーディアン  Normal
無理難題なチャレンジ常連モンスター。
2400+2500+2600=3750なのは初期の遊戯王にはよくあること。
珍しいレベル11だったり唯一の攻撃力値だったり珍しかったりする。
ネタとしてはかなり高水準なカードなので、出せれば誰もが驚きます。
永遠の相棒完全究極態グレート・モスが青天の霹靂というサポートを得たことに
憤慨しているとか。
3 JPY19 オレイカルコス・シュノロス  Normal
バニラサポートとしても、レベル4しか守ってくれないのが残念。
戦力としても、攻撃力がとにかく不安定で直接攻撃が不可能に等しいのも痛い。
相手を追い詰めるほど弱体化するのでは使いにくいことこの上ない。
そもそも召喚条件が受け身であり、攻撃力の条件的には低いがそのまま吹っ飛ぶ可能性もあるわけで。わけで…
原作再現とはなんだったのか… どうしようのない効果に変更されては。
6 JPY20 獣神機王バルバロスUr  Normal
規格外の高攻撃力と、そのわりに緩やかな特殊召喚条件。ダメージ0でなければ絶対に許されないスペックの1枚。
スキドレバルバであれば、バルバロスとガンナードラゴンで繰り出すことが可能な高打点となる。
無効化の手段さえ何とか確保できれば、その圧倒的な攻撃力で暴れてくれるか…?
9 JPY21 神獣王バルバロス  Secret
ギルフォードとモイスチャーとイレイザーが草葉の陰で泣いている。
3体リリース時の豪快な効果に目が行きがちだが、主な利用は妥協召喚。
《スキルドレイン》《禁じられた聖杯》との相性が抜群で、効果無効化を軸とするデッキではお手軽に生まれる3000打点として大人気の一枚。
効果無効化出来ずとも1900打点なメタビ界の雄であり、その安定感は驚異の物。GSのノーレアは伊達ではない。
3 JPY22 神機王ウル  Normal
全体攻撃モンスターとしては、ダメージを与えられないのが痛すぎる。
阿修羅やモノロフのほうが格段に使いやすいだろうか。種族属性は恵まれているが…
ただブレイク・ドローと組み合わせて大量ドローが狙えるのはこのカードの特権。
6 JPY23 デモニック・モーター・Ω  Normal
でかあああい説明不要のメガマシン。プチリミッター解除を内蔵する。
トークン生成はデメリット気味で場に残すのは難しいが守る手段さえあれば次に繋がる。
そして目玉の3800パワーは多くのモンスターに打ち勝ちダイレクトも痛い。リミッター解除で7600まで数字が伸びるとウハウハである。
4 JPY24 キャッスル・ゲート  Normal
《カタパルト・タートル》の亜種。火力が上がったぶんリスキーに。
だが、それ以上の問題は1ターンに1度の制限。射出モンスターは何度も効果を使ってワンキル決めるのが仕事なのに、と問題発言してみる。
コストにも制限がかかっているので、総じて使いにくいモンスター。
6 JPY25 ゼータ・レティキュラント  Normal
墓地にいるだけでお手軽トークン生成。
闇属性のカードを墓地に送るのは簡単なので、あとは相手の除外をいかに決めるか。
無差別除外だと最初の墓地送りが難しいジレンマもあるが、除外手段は結構少なくはない。
デッキ構築と悪巧みが楽しいカード。トークンの活用が一番難しいのかも。
4 JPY26 グリード・クエーサー  Normal
レベルも攻撃力もうまくいけば凄まじい値になるのだが、そこまで持っていくのが難しい。
《トーチ・ゴーレム》や《ギブ&テイク》をうまく使えば、1体の戦闘破壊で4000クラスの打点を得ることが出来る。
ただし、いくら頑張っても打点しか得られないのが、この手の成長型モンスターの永遠の課題だよなぁ…
7 JPY27 森の番人グリーン・バブーン  Secret
裁定変更で準制限に、そして無制限になったが… その変更は厳しかった。
それでも墓地からでも常時効果破壊で湧く2600打点は決して油断できる相手ではない。
一回墓地に落ちれば相手のぶっぱや除去にも強くなる。ただゴヨウラインは下回るので盤面を押し返せるほどの力でもないんだよな…
一族の結束があれば3400打点になって一気に厄介にはなるのだけど。
完全絶版の貴重カードなのでGS再録はいいんだが、新テキストとノーレア再録ェ… そんなにKONMAIはこのカードを希少価値にしたいのか。
4 JPY28 ミュータント・ハイブレイン  Normal
相手モンスターに代理攻撃を行わせる。
しかし相手モンスターが1体だと直接攻撃できない制限で攻撃できず、
相手に2体以上のモンスターがいないと全力が出せない。
特殊召喚手段の豊富さは嬉しいが、返しのターンの弱さもあって使いにくさが目立つ。
日本語版は定期購読の特典で再録されたこともない超レア品だったが、決闘王の記憶で再録されお求めやすくなった。
2 JPY29 デスサイズ・キラー  Normal
バブーンのおまけ。一応レアカードではある。
効果を使って始めて2800では、《デビルドーザー》に勝てる部分がない…
貴重な通常召喚できるレベル8昆虫という用途でも、ウルや鉄鋼装甲虫というよりパワフルなカードが。
5 JPY30 パペット・キング  Normal
サーチに反応する大型モンスター。
なのだが、その命は1ターン限りな上、サーチメタとしてはそれ自体を封印する《ライオウ》がいる。
それでも、このカードの動きはかなり面白いものを秘めている。何かできないかな…
3 JPY31 ブラック・マジシャンズ・ナイト  Secret
破壊効果のためだけに、腐りやすい召喚カードとこのカードを積む価値があるか。
戦士族になってしまうのも、魔法使いサポートに特化できずデッキを弱体化させる。
ロマンを求めるのでなければ、無理に採用する必要はないだろう。
5 JPY32 エメス・ザ・インフィニティ  Normal
1体倒すだけでも3200打点になるため、打点の面ではなかなかのものがある。
《リミッター解除》と組み合わせれば一撃必殺級の火力も得られる。
攻撃力以外の強みはないが、ここまでパワーがあるならば悪くはない。
4 JPY33 インフェルノ・ハンマー  Normal
相手モンスターに《月の書》を打てる。
《悪夢再び》でのサルベージも効くため、上級悪魔の水準点には達しているか。
ただ、正直最初から《月の書》を打てばいいんじゃないかという問が…
3 JPY34 ツインヘデッド・ビースト  Normal
同じカード消費2枚なら、又佐を強化して物理で殴れ。
ベルグザーグなんてものも居たりするし、エクシーズにも2回攻撃が得意なカードは多い…
4 JPY35 電磁ミノ虫  Normal
破壊されたとしても奪えるのが他のコントロール奪取系リバースモンスターとの違い。
機械族の強い環境では意外な伏兵になるかも。
とはいえ、手札から使える即効性の高いエレクトリック・ワームが強力なライバル。
リバースしないと使えないという枷は決して無視できないマイナス。
2 JPY36 ガルマソード  Normal
儀式魔法と必ずセットで当たった。片方が当たらず使えない事態になるよりはましだが、
キラスネやグレイモヤが当たるチャンスが減ってしまう嫌がらせカード。
2 JPY37 デビルズ・ミラー  Normal
悪魔の鏡。
何が悲しくてサイドラクラスのカードを儀式しなければいけないのか。
7 JPY38 超魔導剣士-ブラック・パラディン  Secret
いろいろと闇鍋な王様のファンデッキをつくろうと画策すると、だいたいこれ軸に収まることが多いような。
最上級2体という素材の重さがあるので使うなら専用デッキは必要だが、どちらもサポートが多く充分な回りを見せてくれるはず。素材代用可能も嬉しい。しかもティマイオスの眼というショートカットも生まれ、ブラマジデッキの切り札として君臨できる実力を持つカードとなった。
高い打点に強力な魔法封じを持ち切り札としての資質は充分。プリズマー候補で挿し込む分にも悪くないし、ブラマジ軸のデッキには欠かせない。
謎のゴールド再録には映画や初代推しの影響と見られたが、どうやら次パックでブラマジ強化があるようであると同時に他の主人公のカードが再録されている影響もありか。
5 JPY39 アルカナ ナイトジョーカー  Secret
絵札3つが融合したらジョーカーになりました。
コストが安定せず、対象を取らないカードには無力で無効化効果は存外アテにならない。
むしろ3800の高打点こそ真骨頂。絵札の三騎士を使うなら一度は出してみたいカード。
素材は比較的揃えやすいが専属の融合などは無いのは残念。
7 JPY40 XYZ-ドラゴン・キャノン  Normal
XYZでXYZで合体だー! 間違っても3枚を重ねないでね!
いろいろサポートも増え、展開の術も多いのでロマンとは言い切れなくなってきた。兄弟筋になんかとんでもない連中もいるし…
スクランブルユニオンで除外から戻してみたり、ピースキーパーで集めフォトン・リードで力押しで並べるなどしてみるといいだろう。ユニオン格納庫はXがバニラなせいでイマイチ相性がよくないのが悲しい。
打点は高く除去効果もモンスターだけなのが惜しいが実用範囲。十分切り札になれる。
コンセプト丸かぶりの実質リメイクともいうべき化物連中がいるせいでロマンが微妙に薄れたような気がするのが悲しいが、AtoZという新たなロマンが増えた。
3 JPY41 ユニオン・アタック  Normal
暁のシロッコの効果を抜き出したようなカード。
が、「このモンスターは相手プレイヤーに戦闘ダメージを与える事はできない。」
シロッコ効果の強さはこれで貫通効果を持つブラストに集めての大ダメージなのだが…
そりゃあ、2回攻撃や直接攻撃に集められるのは当時の水準ではかなり怖いと思うけど…
1 JPY42 催眠術  Normal
それがどうした!
正直、そこを封印してもどうしようもない、というカード。
最終突撃命令や闇の護封剣など、特定形式強制を戦術に取り組むほうが堅実。
3 JPY43 騎士の称号  Secret
召喚されるブラマジナイトの効果上、事実上の1:1交換の除去である。
召喚範囲が広いのはありがたいが、このカードとブラマジナイトが事故のもとになりやすい。
ロマンを求めなければ、汎用性のある除去を使いたい。
1 JPY44 シャイン・キャッスル  Normal
PS版遊戯王では万能装備魔法でそこそこ使えるので、そのパスワード要員なら…
まあ、その用途でも巨大化の下位互換なのですが。
OCGでの性能についてはあえてコメントしない方向で。
1 JPY45 火器付機甲鎧  Normal
羽箒や死デッキが当たらずこれが当たるとか泣けるぜ。
一時期はかなり希少性のあるカードだったが、決闘王の記憶での再録でそれすら消し飛んだ。
5 JPY46 痛魂の呪術  Normal
ドグマブレード時代、自ターン開始に放たれるマジエクに対抗する手段として挙がったカード。
1ターン無効化する、チューナーとしても使えるハネワタ登場でその部分では譲りそう。
マジエクは制限になったので、凶悪バーンが再登場しない限りはしばらくお休み。
5 JPY47 セベクの祝福  Normal
なんという書いて字の如くのLP吸収効果。
せっかく使うなら2000オーバーくらいごっそり持って行きたいところだが…
ライフが重要な旧代行者、陵墓のコストを帳消しにできる地縛神あたりでは使えないこともない。
回復幅は小さくないので使われると結構めんど臭い水準ではあるが。
3 JPY48 竜殺しの剣  Normal
ドラゴンを粉砕する程度の能力。
ドラゴン以外にも攻撃力が上がる心配りは嬉しいがピンポイントではある。
しかしまあ、都合よくドラゴン族デッキとぶつかるとは限らないわけで…
2 JPY49 ガルマソードの誓い  Normal
やはり出てくるカードがなんとも言えないのと、高等儀式術の影が…
必ずセットであたって枠を狭めてくれたのも嫌がらせの粋である。
10 JPY50 ハーピィの羽根帚 制限 Secret
ハリケーンですら禁止の今、金輪際帰ってくることはないだろうと思ってた時期が俺にもありました…
大嵐と入れ替わりでまさかの復活。決闘者の栄光をそんなに売りたいのか…
強さに関しては言わずもがな。ワンキルを助長しかねないと思うのだが…
9 JPY51 破壊輪 制限 Secret
海馬のカードなのに、なぜか遊戯バージョンの付録。謎。そして再録も遊戯。
フリーチェーンで1体破壊+莫大なダメージはかなり強力。TF2でその強力さを痛感できるぞ!
フィニッシャーとして大活躍のカードだったが、エラッタでその運用は不可能に。
それでもエラッタ組の中では最も原型を残しており、フリーチェーンの万能除去にして強力なバーンを持っているためかなり使いやすいカード。
自分自身の受けるダメージに目をつむれば、エラッタしても制限のまま帰ってこない気もする。
防御輪して相手だけにダメージを与える原作再現できないのは密に密に。
7 JPY52 死のデッキ破壊ウイルス  Secret
闇属性有利の風潮は、このカードが作ったのかも知れない。
クリッターや闇の仮面との黄金コンボや悪夢のミーネウィルス…
相当遅れて禁止化した以降は長く禁止だったがこの度恥ずかしながら帰ってきた。

有力な触媒の多くが禁止になったり時代の波に取り残されたのがややきついか。
フィールド・手札殲滅能力は健在なのだが、3ターンのピーピング+破壊効果を失い相手に墓地肥やしを許すようになったなど弱体化も目立つ。
特に相手のフィールドを殲滅してもダメージを与えられないのは厳しい所。
それでもフィールド・手札殲滅能力は元禁止カードのそれなので、触媒さえ安定して用意できれば力は健在と思ったけどそんなことはなかったぜ!
案の定準制限を経由して無制限まで緩和され、かつての栄光も色あせたか。
6 JPY53 攻撃の無力化  Normal
普通に使う分には非フリーチェーンの分咆哮・和睦以下のところ。
だがこのカードはカウンター罠なので、アルテミス系との相性が抜群。
ボルテニスのトリガーを引くことも相まって、パーミッションで光る防御カード。
チェーンしてのトラップスタンで止まらない防御というのも地味ながら押さえておくといいかもしれないが、そこまで光る用途でもないか。
1 JPY54 魔法除去細菌兵器  Normal
原作効果はいくらなんでもやりすぎだが、こうまで弱体化されると…
場のモンスターをリリースして、この程度のリターンしか得られないのは辛い。
5 JPY55 硫酸のたまった落とし穴  Normal
かつてリバースを生かしたワンキルのお供といえばこのカードだった。
現在では太陽の書やADチェンジャーなんてのもあるが、場に残さないのはこのカードの特権。
あと、落とし穴なのにフリーチェーン。なにそれこわい。
2 JPY56 天狗のうちわ  Normal
低レベルのリバースに強いので、デッキ破壊にはやや耐性がある。
しかしリバースメタは王宮の号令で十分。レベル3以上を封じれないのも痛い。
また反転召喚に成功した時の効果しか封じないので、こちらから殴った時には普通に効果が発動する。はず。
リバースではない反転召喚時の効果も封じれるっちゃあ封じれるんだが…
7 JPY57 オシリスの天空竜  Secret
枠をマシニクルに奪われ1年待たされた我らがドジリス。
その代わりに特殊召喚にも対応した召雷弾とかっこ良すぎるイラストを引っさげ満を持して登場。
ワンフーもびっくりの拘束力はさすがに神で、手札が少なくてもこの効果のお陰でかなりしぶとい一枚。
召喚が重いだけに宣告警告や奈落に強いのも嬉しい所で、これだけあれば3体リリースの価値はある。
リバースに弱いのはドジリスたる所以か…
6 JPY58 オベリスクの巨神兵  Secret
ついにOCG化した神のカード。まずはキャラゲーとしての遊戯王的に大歓迎の一枚。
現環境での除去が含み易い要素を確実に封じており、原作さながらとはいい難いがなかなか固い。
後半の効果はコストが重いもかかわらず攻撃が封印されてしまうのが痛い。場合によっては「神を生贄に」し、他のモンスターに託すのも手。
さすがに重すぎて一流の働きは望めないが、楽しんで使う分には神の力を体感できるのではないか?
3 JPY59 ラーの翼神竜  Secret
不死鳥は再び墓地より舞い戻る! ☓ 特殊召喚できません
俺とラーの融合を解除しLPを回復する! ☓ できません
こいつはヒエラティックテキストを解読しないと使えなくてね ☓ コンマイ語です

原作リスペクトの欠片すらない見るも無残な太陽神。せめて、せめて特殊召喚だけはさせて欲しかった…!
だがスフィアモードと不死鳥の登場でその本体としての活動は可能に。スフィアモードから出せばゴッドフェニックスの除去も思う存分使えるし、不死鳥を呼び出すにはこのカードの力が必要。スフィアモードがあっても重いのは知ら管。




※「*」付きのカードは「評価投稿済み」を表します。

スポンサードリンク