HOME > 遊戯王SS一覧 > 三日坊主のいつまで続くかわからない物語 > 最終話? あれから

三日坊主のいつまで続くかわからない物語/最終話? あれから 作:遊戯王初心者

あれから二年がたった。
家を失い、行き場もなく、とぼとぼと歩いていたところに、突然、剣が飛んできたあの日。
あれから俺は怪我を直し、それから師匠に剣術を教わった。
そしてそれなりに楽しい生活を送っていた。
しかしその平穏も終わりを告げようとしていた、、、。

「いっただっきまーす!」
いつも通りユーコが元気よく言った。
しかし今日は空気が重い。
「、、、。何かあったんですか。師範」
ルウナが聞く。
師範。つまりこの道場、この家支えているひとだ。ユーコの父であり、ルウナを唯一の弟子として持つ、サッカ流剣術を受け継ぐもの。数年前に奥さん他界してしまった。なので本当の家族はユーコだけだ。
「うむ。実は、、、。」
間が空いた。
「この道場はもう続けられない、、、。」
「え、、、?!」
二人の声が重なる。
「もう金がねえんだ、、、。家を守るためには道場を売るしかない、、、。」
「、、、。」
師範にはユーコがいる。それしかないのだ。
「すまねぇ。もうお前らに食事を出せるのも、これが最後だ、、、。」
「え?!もう、、、。そんなにまずいんですか、、、?」
「ああ、明後日にはもう道場はなくなるだろう、、、。」
「いくらなんでも、、、!」
突然すぎる。
明後日には、あの道場が。師匠、師範と汗を流した。ユーコと笑いあった、あの場所がなくなってしまう。
師匠、ルウナさんは涙を浮かべている。
俺より思い入れが深いのだ。
でも、一番悲しいのは師範のはずだ。
でも涙を見せない。プライドだろうか。
ユーコは話を聞いていなかったのだろう。ご飯を必死に食べている。

「ごちそうさまでした。」
これが最後の晩御飯だ。

次の日また家を失った、、、。
現在のイイネ数 3
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

初心者
ええと
題名とかふざけすぎたのでつづきは改めて書きます、、、。
今度はちゃんと考えて、、、。 (2014-11-30 10:37)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
8 第1話 始まりの始まりでござる 180 0 2014-11-25 -
2 第2話 ぼーっと歩いてたら。 183 0 2014-11-25 -
1 第3話 よくここまで耐えた(まだ3話) 192 1 2014-11-26 -
3 第4話 登場! 185 0 2014-11-27 -
8 第5話 ああ、限界が近い 171 0 2014-11-29 -
3 最終話? あれから 490 1 2014-11-30 -

スポンサーリンク