メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
手の中の辰の色の夜に散る桜

CODE OF THE DUELIST


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


マリオカート8 デラックス


Vジャンプ 2017年 06 月号 [雑誌]


HOME > 遊戯王SS一覧 > おいでよ どうぶつ型モンスターの森 > その1 村長さんは…偉かった!

おいでよ どうぶつ型モンスターの森/その1 村長さんは…偉かった! 作:スベル

ゴトン、ゴトン…。

グスタフ・マックス号に乗って、僕・タロ(柴戦士タロ・男・15歳)はとある場所へ向かおうとしていた。

その場所は…ゼアル村。

僕と同じような、動物の姿をしたモンスターがたくさん住んでいるらしい。

僕は中学を卒業すると、どこかのんびりした場所に引っ越そうと決めていたのだった。

「次は~ゼアル、ゼアル~。」

駅名を知らせるアナウンス。そろそろか。

電車が止まる。ドアが開く。僕は荷物を持ち、降りた。

「えっと、確か…。」

地図を見ながら、歩く。地図を見ながらでも迷いそうな、のどかで一様な風景だ。

「誰かに聞いた方が早いか…。」

どこかに人がいないか探してみる。

「お、いたいた。」

遠くに、ヘルメットをかぶったネコがいる。

「すみませ~ん。」

僕はそこまで走った。

「ん?」

どうやら、このレスキューキャットは女性のようだった。

「あ、えっと、今度ゼアル村に引っ越してきた者なんですけど、役場ってどこにあるんですか?」
「…あなたが今度引っ越してきた人なの?」
「は、はい…。」

すると、彼女は笑顔を見せた。

「私、ゼアル村に住んでるレット(レスキューキャット・女・17歳)っていうの。17歳よ。あなたは?」
「あ、僕、タロっていいます。15歳です。」
「よろしくね、タロくん。」
「よ、よろしくお願いします。」

少し照れてしまった…。

僕はレットさんに案内され、ゼアル村の役場まで行った。

「ここよ。」
「ありがとうございます。じゃあ、村長さんに挨拶してきます。」

古風な感じのする役場のドアを開ける。その中にいたのは…。

「え、えぇぇぇっ!?」

とてつもなく偉いモンスターがいたのだった。
現在のイイネ数 1
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

スベル
コメントよろしくです! (2014-10-09 15:12)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
1 その1 村長さんは…偉かった! 635 1 2014-10-09 -

スポンサーリンク