HOME > 遊戯王SS一覧 > サークル物語 > 金属アレルギーじゃ仕方ないよね

サークル物語/金属アレルギーじゃ仕方ないよね 作:サクノバ

前回あらすじ~


アオイ(バシッ!)

ミッチー「ベブシッ」



ハジメ「どーーーん!」(グシャっ)

ケンスケ「グハァァッ」



ハジメ「バイオレンスだね~」

アオイ「ね~」

ミッチー&ケンスケ「おい」


・・・


ハジメ「俺のターンだコンチキショー!(プンプン)」

ケンスケ「あぁ・・・(なんでキレてんだ?)」

ミッチー&ヨシト(また先攻だからだろうな)

ハジメ「カードカーDを召喚」

地 レベル2 機械族 ATK800 DEF400

ハジメ「効果でリリースし二枚ドロー、その後ターンエンドとなる」

ハジメ LP8000 手札6
モンスターゾーン:なし
魔法罠ゾーン:なし

アオイ「おいおい、本当に大丈夫かよ?!」

ミユキ「・・・」

ケンスケ「拙者のターンドローでござる!」

アオイ「ウザッ」

ミッチー(この人平気で毒吐くな)

ケンスケ「・・・忍者マスターHANZOを召喚」

闇 戦士族 レベル4 ATK1800 DEF1000

ハジメ「おいおい侍の次は忍者かよ」

ケンスケ「ふふふ,我が忍術の恐ろしさとくと味わうがいい!HANZOの効果、このカードが召喚された時にデッキから忍法と名のつくカードを手札に加える」

ケンスケ「俺は忍法 超変化の術のカードを手札に加え、バトル!HANZOでダイレクトアタック!」ATK1800

ハジメ「おちち」LP8000→6200

ミッチー「ハジメ君!」

ケンスケ「口ほどにも無いな」

ハジメ「だまってな忍者マン、自分フィールド上にカードが存在しない場合、俺はダメージ計算後にこのカードを攻撃表示で特殊召喚する、来い冥府の使者ゴーズ!」

闇 レベル7 悪魔族 ATK2700 DEF2500

ハジメ「更にこいつは受けた戦闘ダメージ分の攻守を持つ冥府の使者カイエントークンを一体特殊召喚する」

闇 レベル7 悪魔族 ATK1800 DEF1800

ケンスケ「ほう」

アオイ「その為のノーガード戦法か・・・いい度胸してるぜアイツ」

ケンスケ「ならばメイン2にてカード(魔法罠)を二枚セットしてターンエンド」

ケンスケ LP8000 手札4
モンスターゾーン:HANZO(攻)
魔法罠ゾーン:二枚伏せ

ハジメ「うっし!俺のターンドロー、スタンバイメインバトル!ゴーズで半蔵に攻撃じゃい!」ATK2700

ミサキ「いけない!うかつに飛び込んだら・・・」

ミッチー&ヨシト&ハジメ「え?」

ケンスケ「もう遅いわ、攻撃宣言時に忍法 超変化の術を発動、忍者と名の名のついたモンスターつまり俺の半蔵と、お前のモンスター、ゴーズを墓地に送り」

ケンスケ「送ったモンスター達のレベルの合計以下のドラゴン族、恐竜族、海竜族モンスターをデッキより特殊召喚する」

ハジメ「なに!超融合かよ!そういえば超ってついてるし」

ミッチー&ヨシト「本当だ!」

アオイ「そんなことで感心すな!見ろミサキ、ハジメ君ピンチだぜ?!」

ミサキ「・・・」

ケンスケ「俺はデッキから白竜の忍者を特殊召喚する、このカードは忍法の効果でしか召喚できないがな」

光 レベル7 ドラゴン族 ATK2700 DEF1200

ケンスケ「言っとくがこのカードがフィールド上に存在する限り、魔法罠カード効果ではは破壊されない」

ハジメ「こいつは厄介だぜ、なら俺はメイン2に伝説の白石を召喚」

光 レベル1 ドラゴン族 ATK300 DEF250

ハジメ「行くぜ、忍者マン!俺はレベル7カイエンにレベル1白石をチューニング!シンクロ召喚、来いスクラップドラゴン!」

地 レベル8 ドラゴン族 ATK2800 DEF2000

ハジメ「更に伝説の白石の効果によりデッキから青眼の白龍を手札に加える」

ケンスケ「なにブルーアイズだと?そんな時代遅れなカード入れてる奴がまだいるとはな」

アオイ「また随分かび臭いカードを引っ張り出したな~」

ハジメ「フンッ!言ってろ三下共、まずはその忍者のくせにドラゴン族を名乗るエセ忍者を壊す!スラップの効果で自身と白竜の忍者を対象に選択し、選択したカードをブレイク!」(バリン!)

ハジメ「俺はこのままターンエンドだ」

ハジメ LP6200 手札5
モンスターゾーン:無
魔法罠:無

ケンスケ「くっ、よくも・・」

アオイ「あいつ俺のこと三下って言った・・・(イライラッ)」

ミッチー「ま、まぁまぁ」

ミサキ「でも不味いんじゃない?またがら空きだし事故かもよ?魔法罠カードを引けなかったみたい」

ヨシト(そうじゃないけどな、フルモンだし)

ケンスケ「しかし状況は振り出しに戻ったな、俺のターンドロー」

ケンスケ(奴の手札は5枚、内1枚はブルーアイズのカード、またゴーズが出てくるかもしれないがここは臆せず攻める!)

ケンスケ「俺は成金忍者を召喚」

光 レベル4 戦士族 ATK500 DEF1800

ケンスケ「成金の効果で手札からリビングデットの呼び声をコストにレベル4以下の忍者と名のついたモンスターをデッキから守備表示で特殊召喚する」

ケンスケ「二体目のHANZOを特殊召喚したHANZOの効果によりデッキからHANZO以外の忍者と名のついたモンスターを手札に加える」

ケンスケ「俺は成金をサーチし、二体のモンスターでオーバーネットワークを構築しエクシーズ召喚、来い№106 巨岩掌ジャイアント・ハンド」

地 ランク4 岩石族 ATK2000 DEF2000

ハジメ「ナンバーズだ!おいまじかよ、いいなぁ」

アオイ「出た変態忍者のエースカード」

ミサキ(あれが出てきたってことはまずいよハジメ君!)

ヨシト「あの人もナンバーズを・・・」(チラっ)


 皆が騒ぎ立てている時にデッキの一番上にあるシャークドレイクを見ながら物思いにふけるヨシトがそこにはいた。


ハジメ「そ、それをどこで?」

ケンスケ「これはあるお方から頂いた俺の切り札さ、バトル!ジャイアントハンドでダイレクトアタック」ATK2000

ハジメ「ぐおッきいたぜこれ・・・」LP4200

ケンスケ「メイン2にカード(魔法罠)を二枚セットしターンエンドだ」

ケンスケ LP8000 手札2
モンスターゾーン:ジャイアントハンド(攻)
魔法罠:三枚伏せ

ケンスケ「フィールドはがら空きそして減りゆくライフポイント、もうお前に勝ち目はない!サレンダーするならいm」ハジメ「冗談じゃねぇ!!」

ケンスケ(ビクッ)


 セリフをかぶせ気味に啖呵を切り、まだ続ける。


ハジメ「俺は正直、このDなんちゃらはいかがわしいサークルだと思ってる」

ミサキ「な!・・・」

アオイ「おいそれどーゆー意味だコラッ!」

ハジメ「だが俺はこの一連のやりとりを見てわかったことがある」

ヨシト「わかったこと?」

ハジメ「ここの連中は何かの目標に向かって一途に目指している」

ミサキ「・・・」

ハジメ「それは真心のような巨大組織に頼らずに自分たちで何かを成し遂げようとしている【真の挑戦者】達の集まりだ」

アオイ「あいつ・・・」

ミッチー「ハジメ君・・・」

ハジメ「お前はそんな彼女達とヨシトとミッチーの進むべきを道を頑なに阻害しそれでも飽き足らずに彼女達を手籠めにしようとしている」

ハジメ「はっきり言う!そんな奴は屑だ、かなりのバカだ、おんどりゃーばってんだとも言える」

ケンスケ「言ってない!そんな事!」

ハジメ「そんな奴らの思いを背負ってこの場にいるんだ!サレンダーなんかするかバカヤロー!!!

ミッチー「その意気だハジメ君!」

ヨシト「俺は最初から心配してないさ、さっさとかたをつけちまえ!」

アオイ「あんな奴に負けたらダタじゃすまないぜ!」

ミサキ「お願い、私たちのサークルを守って!」










ハジメ「ガタガタうるせぇ、コンチキショー!!!」

一同「えぇぇぇぇ!」

ハジメ「俺のターン中にベラベラ喋るな」


 最初に啖呵切ったのはお前じゃんっと皆は思った。 


ハジメ「俺のターンドロー、自分フィール上にモンスターが存在せず相手フィールド上にモンスターがいる場合俺はトフェニドラゴンを特殊召喚する」

光 レベル6 ドラゴン族 ATK2100 DEF1400

ハジメ「安心しなこの方法で召喚したトフェニは攻撃できない、だが俺はまだ召喚権がある!トフェニドラゴンをリリースしライトパルサードラゴンをアドバンス召喚」

光 レベル6 ドラゴン族 ATK2500 DEF1500

ハジメ「更にトフェニドラゴンがリリースされた時にデッキからガード・オブ・フレムベルを守備表示で特殊召喚する、この効果で特殊召喚されたモンスター攻守は0になるがな」

炎 レベル1 ドラゴン族 ATK0(100)DEF0(2000)チューナー

ハジメ「まずそのチンケなフィールドをぶっ壊す!レベル6ライトパルサーにレベル1フレムベルをチューニング」

ヨシト「この流れは・・・」

ハジメ「血肉を貪りその紅蓮の身を曝(さら)け出せ、シンクロ召喚すべてを滅せよブラックローズドラゴン!!」

炎 レベル7 ドラゴン族 ATK2400 DEF1800

ケンスケ「なんだこのシンクロモンスターは・・・」

ミッチー「出た!ハジメ君のエースカード」

ミサキ「見たことのないカード・・・」

アオイ「なんだあのドラゴンは?・・・」

ハジメ「こいつはシンクロ召喚に成功したときにフィールド上に存在するカードをすべて破壊する、ブラックローズガイr」ケンスケ「甘いぞ!」

ハジメ「なに!?」

ケンスケ「ジャイアントハンドの効果を発動する、素材を二つ取り除いてモンスター効果を無効にする」

ハジメ「なんだと!?」

ミッチー「そんな・・破壊できないなんて・・・」

ヨシト「まずいな」

ミサキ&アオイ「え?」

ヨシト「ハジメのデッキはあのブラックローズで破壊し一気に攻めたるデッキなんだ、破壊効果を止めらてしまうと・・・」

アオイ「くっ」

ミサキ「・・・」

ハジメ「俺はまだ諦めたわけじゃねー、バトル!ブラックローズでジャイアントハンドを攻撃!」ATK2400」

ケンスケ「こしゃくな!トラップ発動次元幽閉、攻撃してきたブラックローズを除外する」

ハジメ「くっそ!俺は手札の闇属性と光属性のモンスターを一体ずつ墓地に送りライトパルサーを攻撃表示で特殊召喚する」

光 レベル6 ドラゴン族 ATK2500 DEF1500

ハジメ「ターンエンドだ」

ハジメ LP4200 手札2
モンスターゾーン:ライパル(攻)
魔法罠ゾーン:無

ケンスケ「そろそろ終わりにして貰おう、俺のターンドロー成金忍者を召喚」

光 レベル4 ATK500 DEF1800

ケンスケ「バトルだ!成金忍者でライトパルサーに攻撃」ATK500」

ハジメ「なに?!まさか・・・」

ケンスケ「そのまさかさ!トラップカード忍法 超変化の術を発動、俺の成金忍者とお前のライトパルサーを墓地に送りデッキからジュラック・グアイバを特殊召喚する」

炎 レベル4 恐竜族 ATK1700 DEF400


ハジメ「青いな忍者マン、ライトパルサーの効果を発動、このカードは墓地に送られた時にも発動することができる、レべル5以上の闇属性ドラゴン族モンスターを墓地から特殊召喚する」

ケンスケ「しまった!」

ハジメ「俺は墓地のレットアイズ・ダークネスメタルドラゴンを攻撃表示で特殊召喚する

闇 レベル10 ドラゴン族 ATK2800 DEF2400

ケンスケ「さっきのライトパルサーのコストで墓地に送ったカードか」

アオイ「やっる~♪」

ヨシト「よし、これで形成は概ね互角だ」

ミサキ「概ね、ね」


 誰にも聞こえない位小さな声で呟いたミサキであった。


ミサキ(尾形のデッキは豊富な妨害トラップとジャイアントハンドでモンスターの展開や除去をし、優位な状況で相手をビートダウンするタイプのデッキ)

ミサキ(尾形は頭こそ悪いけど、この手のデッキを使いこなす手腕に長けたデュエリスト・・・どうするハジメ君?)

ケンスケ「俺はカード(魔法罠)を1枚セットしターンエンド」

ケンスケ LP8000 手札2
モンスターゾーン:グアイバ(攻)、ジャイアントハンド(攻)
魔法罠ゾーン:三枚伏せ


ハジメ「俺のターンドロー、俺はレダメの効果を使い、墓地に存在するスクラップドラゴンを特殊召喚する」
 
ケンスケ「待った、トラップカード神の警告を発動、スクラップドラゴンを召喚する効果の発動を無効にしレダメを破壊する」LP8000→6000

ハジメ「へッ!まだだ俺はマイフェイバリットカードの黒薔薇の魔女を召喚するぜ」

闇 レベル4 魔法使い ATK1700 DEF1200

ハジメ「召喚系トラップを使うかい?」

ケンスケ(俺の伏せカードの中には【奈落の落とし穴】が存在する・・・このモンスターに使っても良いが、更なる上級モンスターが出てくる場合がある)

ケンスケ「通すぜ(その時まで温存する)」

ハジメ「こいつは召喚に成功したときにカードを1ドローしドローしたカードがモンスター以外の場合ドローしたカードを墓地に送りこのカードを破壊するぜ、ドロー!」

 ドローカード→巌征竜‐レドックス

ケンスケ「こいつ【フルモン使い】か!」

ヨシト「ハジメはデュエルモンスターズの中でも特殊中の特殊デッキ、フルモンスターの使い手さ」

ミサキ(なるほどな・・・どおりで魔法罠を見ないわけだ・・最初から入っていなかったのか!)

アオイ「すげー、初めて見たぜ」

ハジメ「よし!俺は手札から星見獣ガリスの効果を発動する、デッキのトップ一枚を墓地に送りそのカードがモンスターカードだった場合」

ハジメ「そのモンスターのレベル×200ポイントのダメージを与えこのカードを特殊召喚するもし違えばこのカードを破壊する」

 送ったカード→レベル2 カードカーD

ケンスケLP6000→5600

ハジメ「モンスターカードの為特殊召喚される」

地 レベル3 獣族 ATK 800 DEF800

ミッチー「でた、ハジメ君の必殺コンボ!」

ハジメ「行くぜ忍者マン、レベル3ガリスにレベル4黒薔薇をチューニング、血肉を貪りその紅蓮の身を曝(さら)け出せ、シンクロ召喚すべてを滅せよブラックローズドラゴン!!」

ケンスケ「くっ!しまった・・・奈落を温存したのが仇になったか・・・まさか二体目がいたとは」

アオイ「あんな珍しいカードがもう一枚あったのか?」

ヨシト「俺とのデュエルでは一体しか見てないけどまさかな・・・」

ハジメ「こいつの効果を知ってるよな?ブラックローズガイル!」(バリバリバリッ!)

ケンスケ「そ、そんな俺のジャイアントハンドが・・・」(ガクッ)

ハジメ「さぁ、ショータイムだ忍者マン!俺は手札の巌征竜‐レドックスの効果を発動」

アオイ&ミサキ「せいりゅう?」

ミッチー「ハジメ君が持つ正体不明のカード群ですよ」

アオイ「へぇ~」

ミサキ「ハジメ君、君は」

ハジメ「ただのフルモン使いさ、レドックスと手札にある地属性モンスター、カードガンナーを墓地に捨てることで墓地に存在するモンスター特殊召喚できる」

ヨシト「征竜ってそんな効果もあるのか」

ケンスケ「なんだと、インチキ効果だぞそれ!」

ハジメ「ナンバーズ使いにだけは言われたくないな、俺はレダメを蘇生させ」

闇 レベル10 ドラゴン族 ATK2800 DEF2400

ハジメ「レダメの効果を発動、墓地に存在する青眼の白龍を特殊召喚する」

光 レベル8 ドラゴン族 ATK3000 DEF2500

アオイ「いつの間に墓地に?」

ミサキ「さっきのライトパルサーのコストだね」

ケンスケ「あっ・・・ああ・・・」

ハジメ「お前の罪は二つある、一つは彼女たちを手籠めにしようとしたこと」

ミッチー「・・・って言ってないよそれ!」

ハジメ「二つ目は俺のブルーアイズをバカにしたことだ、バトルレダメでダイレクトアタック!」ATK2800

ケンスケ「ぐぼぉ」LP5600→2800

ハジメ「最後だ、ブルーアイズの攻撃!爆裂疾風弾!!!」ATK3000(MAX)←って設定があったんだよ、今の子は知らんだろうが。

ケンスケ「ああぁぁぁ!」LP2800→-200


ハジメ WIN


ミッチー「やったぁーハジメ君が勝ったよー」

ヨシト「さすがハジメだぜ」

ハジメ「当然さ!俺がこんな忍者野郎に負けるわけないさ」


 はしゃぐ新入生達を眺め二年生のアオイ、ミサキ両名は・・・


アオイ「勝っちゃったよ、あいつ・・・すげー逸材だぜミサキ」

ミサキ「・・・」


勝利に湧くD研究会とハジメの前に一人の男が立ちはだかる。


ケンスケ「君、ぜひうちに・・・真心に入ってくれないか?」

ハジメ「なに?」

アオイ「おい、腐れ忍者黙ってろよ」

ケンスケ「確かにデュエルに負けた、そしてお前たちの勧誘も諦めよう・・・だがそこの彼は関係ない」

アオイ「てめッ」

ケンスケ「さあ悪いようにしないk」ハジメ「どっせーーい」(ドガッ!)

ケンスケ「ぐはぁぁ!」リアルLP0(グシャーー)


 ケンスケの顎をハジメの右ストレートが捉え10メートル位大きく吹っ飛んだ、意識はおそらく保たれていないであろう。


ミッチー「ハジメ君、どうしたのさ?」


 恐る恐る聞くミッチーにハジメは


ハジメ「だって鎖帷子が・・・うちあかんねん!うち金属アレルギーで、あんなん着込んだらかぶれるさかい」


ミッチー「べ、別に入会したらあれを着用する義務はないけどね」

ヨシト(なんで関西弁なんだ?)



・・・



ケンスケVSハジメの諜報部員?対決を終えいつものベンチにてハジメに事の真相を話し、D研究会がヤ○サーではないことや、キャンパスカップを目指す事など告げられた。


ハジメ「なーるなるなる、ふーむふむ」

ミッチー「ハジメ君、本当にわかってるの?」

ハジメ「だいたいね」

ヨシト「絶対わかってないだろうな・・・」

ミサキ「というわけで君をうちのサークルに勧誘したい、君が仲間に加わってくれれば心強いんだよね」

ミサキ「なーんて実力があるかどうかに限らず誰でも歓迎なんだけどね、でも君が強いと思ったのは本当だよ」

ミッチー「え?じゃあ僕は何でデュエルしたの?」

アオイ「固いこというなよ」(ズイッ)


 アオイがミッチーをコずくとハジメは、


ハジメ「断る!」


D研究会一同「えぇぇぇぇ」


つづく
平均点 0 評価人数 0人 評価
評価にはログインが必要です。
名前
コメント

同シリーズ作品

評価 タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 スーパーサイクロンは調子次第 368 0 2014-05-05 -
0 お前は血を吸ったことがあるか? 313 0 2014-05-05 -
0 大学デビューの痛いあの子 278 0 2014-05-07 -
0 サークル選びは慎重に 297 0 2014-05-09 -
0 木登りの達人 236 0 2014-05-11 -
10 忍者VSスパイ 312 2 2014-05-15 -
0 金属アレルギーじゃ仕方ないよね 573 0 2014-05-23 -

スポンサーリンク