HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Devil Dliver > EP9 闇を切り裂く翼

遊戯王 Devil Dliver/EP9 闇を切り裂く翼 作:ター坊





「お待ちなさい!」
「なんだよ。弱いそのデブが負けて強い俺が勝つ。おかしいことでもあるか?」
黒田のデュエルの敗北について、明らかに実力差のせいであったことは遊季都も白朧院も認めざる得なかった。しかし、白朧院の怒号はデュエルの勝敗についてではないのだ。
「貴方に真剣に立ち向って戦った黒田さんへの態度、その態度が貴方のデュエリストの精神なのですか!?」
「はぁ?何言ってるんだ?これだからお嬢様は」
「何ですって?」
「デュエルなんざ勝つか負けるか決めるだけのゲームだ。強けりゃあ相手のことなんざ知ったこっちゃねぇよ。なーにが精神だ」
「なんd」
左文字の暴言に白朧院はさらに吠えようとするが遊季都が抑える。
「赤崎さん!」
「白朧院さん…きっと何を言っても通じませんよ。それよりも僕達がやるべき事は黒田さんが受けた悔しさをあいつらに叩き返す事だと思います!」
「…そう… …ですね」
遊季都の言葉で白朧院の頭に上った血は引いた。その時だった。
「おい!なんで閉じてるんだ!開けんか!フンガァッ!!」

バコンッ

鍵を掛けた扉がビスケットのように砕け散って誰かが入ってきた。
「あの人…!一体なんなんだ…!!と、扉が…」
【あの人間…】
入ってきたのは黒田に負けず劣らずの体格を持つ生徒だった。しかし、言葉遣いといい行動といい着崩した制服といい、あまり素行の良い者とは思えない。
「これはこれは部長!お帰りなさいませ」
「デュエル甲子園が近づくと毎回書類が面倒で敵わん…ん?なんだ?」
「ええ、実は部長がいない間…」
平戸が今までの経緯を話す。
「ふん。そんな面白そうな事に何故呼ばん!おい!西田!」
「押忍!」
「お前この場を譲れ。俺が大将で平戸が中堅に移る」
「押忍!部長、ご健闘を!」
「よし、じゃあ続きといこうかの。平戸、勝ってこい」
「はぁい。お任せあれ」
部長の大男の号令で平戸が前に出る。
「白朧院さん、頼みました」
「はい。必ず勝って、赤崎さんに繋げます」
白朧院は前に出る直前、後ろに少し目をやる。
「…」
ショックの為か、黒田は壁際に座って俯いている。
「…絶対に勝ってみせます」

「「デュエル!」」

「それではワタシから行かせてもらいますよぉ!ワタシは『ヴェルズ・カストル』を召喚!さらにカストルの効果でワタクシはもう1体のヴェルズを召喚できます。ワタシは『ヴェルズ・サンダーバード』を召喚し、2体のモンスターでオーバーレイ!!2体のヴェルズモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!現れろ、命を刈る魔龍『ヴェルズ・オピオン』!!」
黒い何かに侵食された闇のドラゴンが現れる。
「オピオンのオーバーレイユニットを1つ使い、効果発動!デッキから『侵略の汎発感染』を手札に加えます。そしてカードを2枚セットしてターンエンドです」
「私のターン、ドロー。私のフィールドにモンスターがいない事でチューナーモンスター、『RTG(リーンテックジーナス) ストライク・ソード』を特殊召喚します」
近未来的な戦士が現れる。
【まずいよ…】
【何が?】
【チューナーモンスター…それにあの名前から白朧院さんのあのデッキはTGを発展させたシンクロメインのデッキだろうけど…。平戸さんのフィールドにいる『ヴェルズ・オピオン』はレベル5以上のモンスターの特殊召喚を封じる効果があるんだ】
【つまり…どういうこと?】
【白朧院さんは主戦力からエースクラスのモンスターの特殊召喚ができないからだいぶ不利って事だよ…】
【えー!?相性最悪ってこと!?ヤバイじゃん!】
遊季都とラズベリーのテレパシー内での会話の通り、主戦力をエクストラデッキのレベルを持つモンスターに頼るデッキに『ヴェルズ・オピオン』はとてつもない制圧力を誇るのだ。しかし、白朧院の目はオピオンが出たときから狼狽えている様子はない。
「私は『RTG レールガン・ドラゴン』を召喚!」
大きく突き出た頭の角がカタパルトデッキのようになっているドラゴンが現れる。
「レールガン・ドラゴンの召喚に成功した事で効果を使います。これで私はデッキから『RTG ハンター・ファング』を特殊召喚。さらに手札の『RTG ライトニング・イーグル』の効果発動!フィールドのハンター・ファングを手札に戻して特殊召喚します!さらにフィールドにモンスターが特殊召喚された事でハンター・ファングを特殊召喚」
シンクロデッキらしくモンスターを並べていく。
「おやおや。しかしそれらのモンスターでは」
「いいえ。ここまで出来れば充分です。私はレベル2のレールガン・ドラゴンにレベル2のストライク・ソードをチューニング!!」
「くっ!!」
「上手い!レベル4のシンクロだったらオピオンの効果をすり抜ける事ができる!」
「電光石火の速さで影舞う者よ。主君の為に刃を振るえ!シンクロ召喚!『RTG サイバーシノビ・デンコウ』!!」
シンクロ召喚の光の輪から所々が機械化された忍者が目にも止まらぬ速さで飛び出す。
「素材として墓地に送られた2体の効果で『RTG スクリュー・ドルフィン』と『RTG ハンター・ファング』を手札に。そしてデンコウが特殊召喚に成功した事で効果発動!相手フィールドのセットカードを全て確認して、その中からカードを1枚選んで破壊します」
「ぐぬぬ…」
平戸は悔しさを滲ませるもセットカードが公開される。平戸がセットしたのはオピオンでサーチした『侵略の汎発感染』と『奈落の落とし穴』である。今まで白朧院が出したモンスターは全て攻撃力が1500未満の為、発動チャンスが無かったのだ。
「私は『奈落の落とし穴』を破壊します」
デンコウが放った無数のクナイで『奈落の落とし穴』は穴だらけになる。
「バトルです。デンコウで『ヴェルズ・オピオン』を攻撃!デンコウはエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターと戦闘を行う場合、ダメージステップの間、攻撃力が2倍になります!」

RTG サイバーシノビ・デンコウ ATK 2800 VS ヴェルズ・オピオン ATK 2550

平戸:LP 8000→7750

「さらにハンター・ファングとライトニング・イーグルでダイレクトアタック!!」

RTG ハンター・ファング ATK 1200 + RTG ライトニング・イーグル ATK 1400 直接攻撃

平戸:LP 7750→5150

「ぐおおっ!」
「まだです!手札から速攻魔法!『RTGX2―S』を発動してバトルフェイズ中にシンクロ召喚を行います!」
「何ぃ!?」
「私はレベル3のハンター・ファングにレベル3のライトニング・イーグルをチューニング!!光の翼よ!太陽の輝きを得て、さらに煌めけ!シンクロ召喚!シンクロチューナー『RTG ソーラー・ピーコック』!!」
尾羽がソーラーパネルのような孔雀が空を舞う。
「墓地に送られたハンター・ファングとライトニング・イーグルの効果で『RTG シェル・ビートル』と『RTG タンク・ライノ』を手札に加えて、ソーラー・ピーコックのダイレクトアタック!!ソーラー・ピーコックは自分フィールドのTGモンスター1体につき、自分フィールドのモンスターの攻撃力を300アップしてくれますわ!」

RTG ソーラー・ピーコック ATK2600 直接攻撃

平戸:LP 5150→2550

「私はカードを2枚セットしてターンエンドです」
白朧院のシンクロラッシュのターンはようやく終わった。
【ひゃー…すごいね。これが仲間を侮辱された怒りってやつ?】
【うん…】
遊季都も普段の優雅な佇まいからは想像できない怒濤の攻撃に驚くばかりである。
「フッフッフッ…」
しかし、この追い詰められた場面でも平戸は不敵な笑みを崩さない。
「ワタシをここまで追い詰めるとは…やはり欲しいですねぇ」
「…欲しい?」
「ええ。言った筈ですよ。貴方は一石二鳥だと」
「二鳥…。やはり…」
「ええ。1つは貴方のその腕。我が部でもそこまでの腕前の者は少ないですからねぇ。充分選抜チームに入れるでしょう。それともう1つは」
「私の…白朧院の名ですね」
「その通り。ハクロウ・コーポレーションというバックが付けば部の名声が高まりますからね」
「…」
嬉々として語る平戸を白朧院は冷めた目で見ていた。お前もなのか、と言いたげそうな目だ。
「…お喋りはこの辺にして、続けましょうか。ワタシのターン、ドロー!ワタシは『ヴェルズ・ケルキオン』を召喚!墓地のサンダーバードを除外してケルキオンの効果発動!墓地のカストルを回収。ケルキオンの効果でカストルを召喚し、ケルキオンとカストルでオーバーレイ!エクシーズ召喚!現れろ、闇へと導く魔龍、『ヴェルズ・バハムート』!!」
その龍の美しかったであろう青き体は黒き闇に汚されていた。
「オーバーレイユニットを1つ使い、バハムートの効果発動!これでサイバーシノビ・デンコウを頂きますよ!」
「この瞬間!私は『RTG ソーラー・ピーコック』の効果発動!これにより、アクセルシンk」
「させませんよぉ!速攻魔法『侵略の災醒感染』を発動!これで墓地から『ヴェルズ・オピオン』を復活させ、このカードと墓地の『ヴェルズ・ケルキオン』をオピオンのオーバーレイユニットとします!」
「ッ!!」
「まずい!オーバーレイユニットを持ったオピオンがいたら…!」
「さぁ、どうします?」
「ソーラー・ピーコックの効果は不発ですわ…」
ソーラー・ピーコックの輝きが失われる。
「良いですねぇ、思い通りにデュエルが運ぶのは。ワタシは手札の『ヴェルズ・オランタ』を捨て、サイバーシノビ・デンコウをちょうだいしますよ」
バハムートから黒い触手のような物が伸び、デンコウを絡めとる。
「さて。今度はこっちがいたぶる番ですよ!サイバーシノビ・デンコウでソーラー・ピーコックを攻撃!」
「私は速攻魔法『RTGX1―2B+1D』を発動!これでソーラー・ピーコックとデンコウを破壊して2枚ドローします」
2体に雷撃が走り、爆散する。
【ちょっと!なんで自分のモンスターばっかり!?】
【それは平戸さんのセットカードの『侵略の汎発感染』のせいだよ。あれを使われると魔法・罠カードの効果を受けなくなってしまうから必然的にヴェルズ以外の自分のモンスターを破壊せざる得ないんだ】
「…破壊されたデンコウの効果でさらに1枚ドロー、ソーラー・ピーコックの効果で墓地から『RTG ライトニング・イーグル』を守備表示で特殊召喚…」
「ふむ。RTGの連続サーチ…。あまりにも鬱陶しいですねぇ。ならばオピオンのオーバーレイユニットを1つ使い、効果発動。これでデッキから永続魔法『侵略の暴走感染』を手札に加えて発動しますよ!」
平戸がその永続魔法を発動させた瞬間、フィールドに黒い霧が立ち込める。その黒い霧がライトニング・イーグルを包むと守備体勢だった筈なのに攻撃体勢になる。
「これは…」
「暴走感染はヴェルズ以外のモンスター全てに影響を及ぼしましてね。強制的に攻撃表示になる上、攻守が500ダウンするんですよ。バトルです。バハムートでその貧弱なモンスターを攻撃なさい!」

ヴェルズ・バハムート ATK 2350 VS RTG ライトニング・イーグル ATK 900

白朧院:LP 8000→6550

本来ならば、ライトニング・イーグルは破壊されている筈だが…
「そんな…」
ライトニング・イーグルは翼が折れているにも関わらず、起き上がり闘争本能剥き出しで鳴く。
「暴走感染の効果を受けたモンスターは戦闘によって破壊されないんですよ。良い的ですねぇ!オピオンで攻撃!」

ヴェルズ・オピオン ATK 2550 VS RTG ライトニング・イーグル ATK 900

白朧院:LP 6550→4900

闇の龍達になぶられる鳥は体に致命傷を負おうが構わずに立ち上がる。
「私はこれでターンエンド。さぁ足掻いて下さいよ」
「私のターン、ドロー。…カードを3枚セットしてターンエンドです」
「おやおや。その程度で終わりですか。ワタシのターン、ドロー!…運が良いですねぇ。これがヴェルズモンスターならば終わっていたのに。魔法カード『ハーピィの羽根帚』!貴方のそのセットカード、全て破壊させて貰いますよ!」
「ライトニング・イーグルを対象に罠カード『RTGX1―2C』を発動!!これによってライトニング・イーグルをデッキに戻して同じレベル・属性・種族・攻守を持つ『RTGコピートークン』2体を特殊召喚します!」
「モンスターを増やしたところで的は変わりませんよ。バトル!オピオン、バハムートでトークンに攻撃!」

ヴェルズ・オピオン ATK 2550 VS RTGコピートークン ATK 900

ヴェルズ・バハムート ATK 2350 VS RTGコピートークン ATK 900

白朧院:LP 4900→1800

「うっ…!」
守備表示でダメージを凌ぐ事もできず、反撃のシンクロもままならず、白朧院のモンスターはまさにサンドバッグのなぶり殺し状態である。しかし、白朧院の目は諦めていなかった。
「私のターン…」
「諦めたらどうです?貴方の反撃の術のシンクロはオピオンで封じられ、サーチもままならない」
「…諦めたくありません。黒田さんが諦めずに戦い抜いたように、私も諦めませんわ!…ドロー!」
オピオンを前にして白朧院がドローしたカードは…。
「…行きます!私は『RTG シェル・ビートル』を召喚!さらにシェル・ビートルの攻撃力を1000下げる事で手札からチューナーモンスター『RTG スクラップ・ゾンビ』を特殊召喚します。ただし、この効果で攻撃力が0になったシェル・ビートルは破壊されますが」
屑鉄まみれのゾンビが現れると金属の昆虫の体は腐食していき、破壊されてしまう。
「さらにスクラップ・ゾンビの特殊召喚により、手札から『RTG ハンター・ファング』を特殊召喚!私はレベル3のRTGコピートークンとレベル1のスクラップ・ゾンビをチューニング!!明瞭なる魔術師よ。その光を以て私を勝利に導いて!シンクロ召喚!シンクロチューナー『RTG クリアライト・マジシャン』!!」
素材からは想像もつかないような、一見頼りない少女の魔法使いが現れる。
「墓地から『RTG ストライク・ソード』と『RTG ソーラー・ピーコック』を除外し『ヴェルズ・オピオン』を対象にしてクリアライト・マジシャンの効果を発動します。これでターン終了時までオピオンの効果を無効にします!クリア・エフェクト!」
クリアライトが杖を振ると光の弾が現れ飛んでいき、オピオンを包んでいく。
「くっ!」
「私はレベル3のハンター・ファングとRTGコピートークンに、レベル4のシンクロチューナー、クリアライト・マジシャンをチューニング!!集いし力が、希望の翼となって絶望の闇を切り裂く。勝利を導く光となれ!シンクロ召喚!レベル10『RTG カレイドウィング・プリズムドラゴン』!!」
RTG達の力が幾重にも重なり、光輝く翼を持つ、巨大な竜となる。
「くっ!シンクロモンスターを使用したシンクロモンスター…。ですが、『侵略の暴走感染』の効果を受けて貰いますよ!」
「させません!墓地の魔法カード『RTGX2―S』を除外してプリズムドラゴンの効果を発動!このターン、除外したカードと同じ種類のカードの効果を受けません!シャイニングバリア!!」
「な、なにぃ!?」
黒い霧が晴れてく。
「バトルです!プリズムドラゴンでオピオンを攻撃!閃光のシューティングエッジ!」

RTG カレイドウィング・プリズムドラゴン ATK 3000 VS ヴェルズ・オピオン ATK 2550

平戸:LP 2550→2100

プリズムドラゴンの翼が光の刃となってすれ違いざまにオピオンを両断する。
「フッフッフ…しくじりましたね。次のターンで」
「いいえ。次のターンはありません!プリズムドラゴンが戦闘ダメージを与えたダメージステップ終了時に手札から『RTG タンク・ライノ』を捨てて効果発動!タンク・ライノのレベル×200分攻撃力をアップさせて、再攻撃を行います!閃光のシューティングエッジ、セカンド!!」

RTG カレイドウィング・プリズムドラゴン ATK 3800 VS ヴェルズ・バハムート ATK 2350

平戸:LP 2100→650

「あぁ…あぁ…」
「これで最後です。手札から『RTG スクリュー・ドルフィン』を捨てる事でダイレクトアタック!閃光のシューティングエッジ、サード!!」

RTG カレイドウィング・プリズムドラゴン ATK 4000 直接攻撃

平戸:LP 650→0

「ぎやぁぁぁ!!」
ライフが0になり、平戸は膝をつく。
「白朧院さん!」
勝った白朧院に遊季都が駆けつける。
「赤崎さん。最後の大将戦、よろしくお願いしますわ」
「はい!」
遊季都は白朧院と交替するようにデュエルフィールドに出る。
【ねぇ、遊季都くん】
【ラズベリー…。もしかしてやっぱり…】
【うん。あの部長、悪魔と契約してるみたい】

現在のイイネ数 3
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ギガプラント
ドアを破った馬鹿力は悪魔の力なのか素の力なのか…。
緩い条件のサーチを繰り返す非常に強力なカテゴリ。そしてどこか本家を彷彿させるネーミングのモンスターが多いですね。何度も出てくるオピオンにシンクロで対抗できるのは素直に凄い…。 (2017-10-23 11:21)
光芒
てっきり平戸が部長なのかと思いきや、もっと上がいた。それでいてまたしても悪魔の所有者とは……

さて白朧院さんのデッキはまさかのTG進化形態っぽいシンクロデッキ。相性最悪のヴェルズ相手にここまで立ち回れるあたりさすがのパワーです。まあそれを自由自在に扱える白朧院さんの腕が凄いのでしょうけど。
黒田君の仇を取りつつ、白朧院さんの勝ちを無駄にしないためにも遊季都君には是非とも頑張って貰いたいところです。
(2017-10-23 11:56)
ヒラーズ
ゲス1人撃☆破!
やはり多大な欲は身を滅ぼしますな。
さて、次の相手は悪魔の所有者、勝てるだろうか・・・。
次の悪魔の能力も気になるし次回も気になります。 (2017-10-23 12:45)
ター坊
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
ネタを軽く明かすと悪魔の力ですが、単純な馬鹿力ではありません。
RTGはReinforce(強化された)TGという位置付けになるオーダーカードなので面影があります。
普通シンクロデッキでオピオン出されたら詰みゲーですが、頑張りました。 (2017-10-23 13:25)
ター坊
光芒さん、コメントありがとうございます。
平戸さんは悪役の参謀的なイメージで口調・CVはフリーザ様を意識してます。
白朧院の腕前も高いため、相性が悪い相手でも勝ちます。それに相性最悪=敗北必定を覆す勝利は絵になると思いヴェルズをぶつけました。
次回で部活対抗戦はラスト、遊季都VS部長の戦い、お楽しみに。 (2017-10-23 13:38)
ター坊
ヒラーズさん、コメントありがとうございます。
ゲス野郎ばっかりなので一人ずつ潰さなくては。
新しい悪魔ですが、意外な姿での登場かも? (2017-10-23 13:42)
tres(トレス)
白朧院さんが勝ちこれで1勝1敗になりました。決着は遊季都君に委ねられましたね。
しかしやっぱりヴェルズは中々強いなあ…RTGのシンクロ攻勢が上回りましたが、ひやひやです。 (2017-10-23 20:57)
ター坊
tresさん、コメントありがとうございます。
手札やセットカードの関係でヴェルズ側にもオリカを使いましたので、本来のヴェルズよりも強めです。中盤でも梓は追い詰められましたし、実力伯仲な勝負だったと思います。
実は「ワンキルであっさりデュエルが終わっちゃう」という意見があり、今回は試行としてしのぎを削るようなデュエルにしました。 (2017-10-23 21:48)
から揚げ
ジャンクドッペルの次のデッキがヴェルズデッキとは、ター坊さんが仰られた通り、正に勝負はガチガチですね!私談になりますが、TFSPでヴェルズデッキにジュラシック・インパクトを3積みしていました!(ゲス顔)

部長が悪魔の所有者という事は、部員のゲスな性格の原因が悪魔の可能性である事が微レ存・・・?

ふと思ったのですが、ポップロックの効果で巨乳を奪われる梓ちゃんが見たいです! (2017-10-24 20:12)
ター坊
から揚げさん、コメントありがとうございます。
ジャンドじゃなくてくクイダンデブリなんですがね…。次回の部長もガチめですが、作者が扱ったことがないデッキなので回し方がヘッタク ソだと思いますがご了承ください。
悪魔の力は関係なく、部員のゲスっぷりは元からです。こいつら内申点大丈夫か?

ポップロック「我の能力で奪えるのは才能・能力だけで相手の身体の一部は奪えぬぞ」
(2017-10-24 20:25)
から揚げ
ター坊さん、ご返信ありがとうございます!

デッキを勘違いしてしまった私を許してくれ(ドルべ感)部長がどんなガチガチのデッキを使うのか、とても楽しみです!ター坊さんのデュエルはいつも緻密で熱い展開が多くて見応えがあるので夢中になりますね!

悪魔抜きでゲスだったとは・・・内申点以前にデュエル甲子園への出場も危ぶまれますね。実力はあっても学校の代表がゲスとなると、学校の顔に泥を塗っちゃいますからね(マジレス)

マジか(血涙)まあ体まで奪えちゃったら、色んな意味でカオスな事になっちゃいそうですからね(意味深)

質問をさせて頂きますが、梓ちゃんの制服や私服はどんな感じなのでしょうか? (2017-10-24 20:38)
ター坊
から揚げさんへの解答

梓ちゃん、というより遊季都達が通う高校は男子学ラン女子ブレザーのタイプですね(私の学校もそれなので)。デザインはご想像にお任せします。
私服はお嬢様ということでワンピースに1枚アウターを羽織る露出控えめな感じでしょうか。なんせファッションセンスが無いものなので… (2017-10-24 21:07)
から揚げ
ター坊さん、ご解答ありがとうございます!

制服も私服も中々良い感じですね!私としましては是非とも谷間の見える服を着てほしいです!

再び質問させて頂きますが、梓ちゃんのお風呂回はありますか? (2017-10-25 20:35)
ター坊
お嬢様は、はしたない服は着ません!

お風呂回ですか?そこまで言うとお楽しみが減るでしょうよ。やるかな、やらないかな、とドキドキしながらお待ちください。もしかしたら…?
それとこの答えへの返信は不要ですので、お構い無く。 (2017-10-25 21:28)
コングの施し
前回、今回と、デュエル部のデッキは制限・準制限を喰らったやばいやつばっかりですねwさすがデュエル部。
そして白朧院さん。思わず「僕だ!」とか「大好きブルーノちゃんのD!!」とか言いたくなりましたね。ブルーノのカードが強くなってて嬉しいです!
これからの活躍も期待します! (2017-10-29 21:16)
ター坊
コングの施しさん、コメントありがとうございます。
デュエル部は過去の強豪デッキを集めてみました。組んだことや苦しめられた経験があるのでは?と親近感を持たせるためにやったことです。
梓ちゃんはデュエルディスクを作る会社の社長令嬢なので近未来的な雰囲気のTGの強化版を持たせました。 (2017-10-29 21:55)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
17 EP1 それぞれの幕開け 234 11 2017-09-13 -
7 EP2 悪魔との邂逅 163 7 2017-09-14 -
11 EP3 愛の奴隷 158 6 2017-09-16 -
16 EP4 覚醒する心 173 4 2017-09-20 -
4 EP5 悪魔の影 160 4 2017-09-28 -
14 EP6 焔獄竜VSアンデット 206 14 2017-10-03 -
13 EP7 新しい目標 191 12 2017-10-07 -
7 EX:1 メインキャラクター設定 127 3 2017-10-10 -
10 EX2: 悪魔事典 138 5 2017-10-12 -
13 EP8 初めてのチーム戦 152 10 2017-10-18 -
3 EP9 闇を切り裂く翼 154 16 2017-10-23 -
9 EP10 魔王城を攻略せよ! 168 13 2017-10-28 -
13 EP11 気分転換に大会へ 163 12 2017-11-03 -
6 EP12 最強との遭遇 131 11 2017-11-08 -
9 EP13 Legending 102 8 2017-11-13 -
6 EP14 頑張れ!チビッ子デュエリスト! 99 8 2017-11-17 -
2 EX3: 風峰家について 47 0 2017-11-20 -

スポンサーリンク