HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Another HEROs > 第3話 矛盾と戦った者、手を伸ばす者

遊戯王 Another HEROs/第3話 矛盾と戦った者、手を伸ばす者 作:コングの施し

蓮「現れろ!『ミラーヘッジホック』!」

『ミラーヘッジホック』☆4 (1700/2300)シンクロ

五代(どうすれば. . . .)

蓮「さらに!墓地に送られた『ミラーマジシャン』の効果を発動!」
 「シンクロ召喚したモンスターよりレベルの低い『ミラー』モンスタ一
1体を手札から特殊召喚する!僕は『ミラーアーチャー』を特殊召喚!ただし、僕はこのターン中はもうシンクロ召喚を行えない」

『ミラーアーチャー』☆2 (200/300)チューナー

五代「さらにモンスターをならべるのか!」

蓮「まだだよ!」
 「僕は『ミラーアーチャー』の効果発動!特殊召喚に成功したときこいつを墓地に送ることで、お互いのプレーヤーに500ポイントのダメージを与える!」

五代「ぐっ!でもこれくらいなら. . . . . 」

五代・蓮LP2300

蓮「僕が効果ダメージを受けたことによって、『ミラーヘッジホック』のモンスター効果発動!」

五代「なんだって!?」

蓮「僕が受けたダメージ分、君もダメージを受ける、つまり君のダメージは . . . 」

五代「2倍ってことか!」

五代「ぐぅっ!」LP1800
  (まずい. . . . .ライフが. . .! )

蓮「バトルだよ!」
 「僕は『ミラーヘッジホック』でダイレクトアタック!」

五代「ぐあ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ!」
五代LP100

蓮「僕はこれでターンエンド」
「同時にブレイズマンは君のフィールドに戻る」

―=―=―五代LP100 手札3+1 伏せ2枚―=―=―
五代「. . . . 俺のターン. . . .」
  (やはりこの状況はまずい. . . .このドローで展開が大きく変わる. . . .! )
  「ドローッ!」 
  (ダメか. . . . 融合の素材のモンスターを引き寄せられなかった。でもこのカードならまだ勝つ希望はある!)
  「俺はブレイズマンを守備表示に変更!カードを一枚伏せてターンエンド」

―=―=―蓮LP2300 手札1+1 伏せ1―=―=―
蓮「どうしたの?君の力はそんなもんじゃないはずだ!僕のターン!ドロー!」
 (良しッ!)
 「僕はトラップカード『ミラーサモン』を発動。手札の『ミラー』モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚する。そして君も、手札からモンスターを特殊召喚できる。」

 「僕は『ミラードラゴンフライ』を攻撃表示で特殊召喚!」

『ミラードラゴンフライ』☆5 (1900/1900)

五代「俺は. . . .特殊召喚するモンスターがいない. . . 」

蓮「そうか、そういうことか。フッ僕は墓地の『ダメージミラー』の効果発動!これを除外することで自分のモンスターがバトルするとき、バトルする相手のレベル×100ポイントのダメージを僕は受ける。」

蓮は笑みを浮かべる

蓮「フッ じゃあバトルだ!」

 「僕は『ミラードラゴンフライ』でブレイズマンに攻撃!そして僕は400ポイントのダメージを受ける。でもこのダメージも、ミラーヘッジホックの効果で君にも与えられる!」

蓮LP1900

五代「. . .!トラップ発動!『ヒーロー式超防御』このカードは、おれのフィールドに『HERO』が存在する場合このターン中はダメージを受けない!」

蓮「上手く防いだね。でも、ブレイズマンは破壊されるよ!」

五代「ブレイズマンが破壊されたことにより、トラップ発動!『ヒーロー・シグナル』!この効果でデッキから『E・HERO シャドーミスト』を守備表示で特殊召喚する!」

蓮「へぇ~すごいや。予想以上だ」

五代「今特殊召喚されたシャドーミストの効果発動!デッキから『チェンジ』速攻魔法を手札に加える!俺が手札に加えるのは『スターチェンジャー』だ!」

蓮(HEROのマスクチェンジのカードじゃない. . . . . 持ってないのか?)

蓮「僕は『ミラーヘッジホック』でシャドーミストに攻撃!シャドーミストは破壊される!」

五代「俺のフィールドのヒーローが破壊されたことにより、永続トラップ発動『HEROの遺影』!このカードはモンスターの扱い(☆4 0/0)になって守備表示で特殊召喚される。」

蓮「なかなか耐えるね。僕はこれでターンエンド」


―=―=―五代LP100 手札4+1 伏せなし―=―=―
五代は目を瞑った。瞬間彼の瞼の裏にある景色が浮かんだ。
それは燃え盛る何処かの町、1人の男が『何か』と闘っていた。
そしてもう1人の戦士が現れた。そして五代は理解した。その『何か』は『矛盾』だと。理由などないが、五代にはわかった。
五代は彼らに近いモノを感じ、手を伸ばした。

五代「俺のターン. . . . .」
  (感じる. . . . .この力を. . . .俺の運命を. . .俺の命のずっと奥にある、何かを!)
  「ドロォー!」
  (来た!) 
五代「おれは手札から『E・R ジャスティスキッド』を召喚!」

『E・Rジャスティスキッド』(エレメンタロイド)
☆3 (500/400)チューナー

蓮「HERO使いがチューナーモンスターだって!?」

五代「さらに、速攻魔法を使うぜ!『スターチェンジャー』!これにより、ジャスティスキッドのレベルを4にする!」
  「よし. . . .俺は、☆4のHEROの遺影に、☆4、ジャスティスキッドをチューニング!シンクロ召喚!現れろ『S・HERO ブレイザー』!」

『S・HERO ブレイザー』(シンクロヒーロー)☆8(2500/2000)シンクロ

蓮「シンクロの. . .ヒーロー. . !?」

五代「俺は、ブレイザーのモンスター効果発動!相手のモンスター1体を選択し、攻撃力を-1000ポイントする。さらにそのモンスターの効果は無効化され、このカードの攻撃力を+1000する!おれはミラーヘッジホックの指定する!」

蓮「くっなんだって?」

五代「バトルだ!俺はブレイザーでミラーヘッジホックに攻撃!」

蓮「攻撃されたことで僕は手札の『ミラーボマー』の効果を発動!手札から墓地へ捨てることで、300ポイントダメージを僕は受ける!でも、この『ミラーヘッジホック』効果で君も. . . . .はっ!?」

五代「ブレイザーの効果で、『ミラーヘッジホック』の効果は無効になっている!」

ミラーヘッジホックA700 ブレイザーA3500

蓮LP1900→1600→0

五代「. . . . .俺の勝ちだ。」

蓮「へぇ~やるじゃない. . . . . 」

蓮は崩れる

五代(さっきのビジョンは一体なんだったんだ? そしてこのカードは?奴はなぜ俺にデュエルを. . . .?)



次回へ続く
現在のイイネ数 3
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
9 第01話 敗者 130 0 2017-08-17 -
8 第2話 鏡のモンスター 121 0 2017-08-19 -
3 第3話 矛盾と戦った者、手を伸ばす者 101 0 2017-08-20 -
4 第4話 過去と仕事とおっさんと 91 0 2017-08-22 -
3 第5話 轟速のHERO 46 0 2017-09-03 -
4 第6話 手の届く範囲 67 0 2017-09-10 -

スポンサーリンク