HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Hedgehog Flowers > 第53話 一寸先は闇

遊戯王 Hedgehog Flowers/第53話 一寸先は闇 作:白金 将

「バトルフェイズ! キメラフレシアでティタニアルを攻撃! そして攻撃する際にキメラフレシアの効果発動! ティタニアルの攻撃力を1000下げて、キメラフレシアの攻撃力を1000上げます!」
「戦闘破壊されたか……」
「メインフェイズ2でキメラフレシアの効果発動です! 残っている〈椿姫の侍女ガザニア〉を除外します!」


― ― ― ― ― ― ― ―
ユーノ    6000
ティタニアル 6300
― ― ― ― ― ― ― ―


 ユーノのフィールドには攻撃表示の〈捕食植物キメラフレシア〉と守備表示の〈捕食植物セラセニアント〉が並んでいた。一方のティタニアルのフィールドにはリバースカードが1枚のみ。だが、ティタニアルが全く動じない事から落ち着くことが出来ない。
 手札の枚数を比べても、ユーノが残り1枚であることに対してティタニアルは2枚持っている。次のドローで3枚となり、それだけあれば動くことは出来るだろう。

「ターンエンド」
「私のターン、ドロー。私は手札から2体目の〈椿姫の侍女コスモス〉を通常召喚、そして通常召喚した場合に効果を発動する。今度は防げまい」
「くっ……」
「コスモスは召喚時にデッキから『椿姫』を手札に加えるか墓地に落とすことが出来る。私はコスモスの効果でデッキから2体目の〈椿姫の侍女シクラメン〉を墓地へ送る」

 先程よりいくらかティタニアルの気配は薄くなっていたが、それでもなお何かが起きそうな気配は否めない。彼女は目をかっと見開くと伏せていた1枚のカードを表にする。

「私は伏せていた永続魔法〈大椿乃壽〉を発動する」
「大椿乃壽(だいちんのじゅ)……!?」
「このカードが表になっている間、私のフィールドの植物族モンスターは対象を取らない効果では破壊されない。そして、1ターンに1度墓地の植物族モンスター1体を特殊召喚することが出来る。帰って来い〈椿姫の侍女シクラメン〉!」

 シクラメンは1体から2体に化けるカード。ユーノはそれを覚えていたが、どうすることも出来なかった。嫌な予感が徐々に心の中で増幅していく。

「特殊召喚されたシクラメンを再び除外して効果発動。デッキから〈椿姫の侍女ガザニア〉墓地から〈椿姫ティタニアル〉をどちらも攻撃表示で特殊召喚する! そして〈椿姫の侍女コスモス〉の効果発動! 手札の〈椿姫の侍女ガザニア〉を墓地へ送り、キメラフレシアの効果を無効にする!」
「ああっ……!」
「バトルフェイズ! ティタニアルでキメラフレシアを攻撃!」

 先程と同じように、ティタニアルから伸びた蔓がキメラフレシアを粉砕する。効果を封じられたことからユーノはまた何も出来なかった。攻撃は止まらない。

「ガザニアでセラセニアントを攻撃!」
「うっ、ダメージ計算後にセラセニアントの効果発動! ガザニアを破壊します! そして破壊されたセラセニアントの効果で、デッキから〈捕食植物サンデウ・キンジー〉を手札に……」
「構わない。続けてコスモスでダイレクトアタック」
「やぁっ……!」
「ユーノちゃん!」


― ― ― ― ― ― ― ―
椿姫の侍女コスモス ※オリカ

効果モンスター
星4/風属性/植物族/攻1600/守1300
①このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「椿姫」モンスター、またはレベル8植物族モンスターを1体手札に加えるか墓地へ送る。
②1ターンに1度、手札から植物族モンスターを1枚墓地へ送り、相手フィールド上のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をエンドフェイズまで無効にする。

― ― ― ― ―
大椿乃壽 ※オリカ

永続魔法
①このカードがフィールドに存在する間、自分フィールド上の植物族モンスターは対象をとらない効果で破壊されない。
②1ターンに1度発動できる。墓地の、または除外されている植物族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはそのターンのエンドフェイズ時にデッキに戻る。

― ― ― ― ― ― ― ―
ユーノ    3400
ティタニアル 6300
― ― ― ― ― ― ― ―


「メインフェイズ2に墓地で〈椿姫の侍女ガザニア〉の効果を発動する。除外されている〈椿姫の侍女ガザニア〉をデッキの一番下に戻し、このカードを守備表示で特殊召喚する」
「うっ、モンスターがまた……」
「これでターンエンドだ」

 ティタニアルのフィールドに並んだのは攻撃表示の〈椿姫ティタニアル〉、同じく攻撃表示の〈椿姫の侍女コスモス〉、そして守備表示の〈椿姫の侍女ガザニア〉の3体。ティタニアルの効果を使えば2回までは対象を取るカードの効果を止めることが出来る。

 ユーノのフィールドには役割をほぼ終えた〈捕食惑星〉しか残っていなかった。
 この状況は「絶望的」という言葉が似合いすぎていた。

「……」
「どうした、ドローしないのか?」
「ユーノちゃん……」

 遊乃の声掛けにも彼女は反応しない。心配そうに遊乃が一歩を踏み出した時だった。
 突然、ユーノの指先が黒い瘴気のような物に覆われ始める。

「勝たなきゃ……」
「ユーノちゃん?」
「勝って、遊乃ちゃんを、帰してあげなきゃ……」

 その時にユーノが感じていたのは強烈な不快感だった。じっと湿ったような暗い感覚に苛まれながらも、彼女はデッキトップに指先を乗せる。そして、暗黒の瘴気を纏った手でドローが行われる。

「スタンバイフェイズ。キメラフレシアの効果でデッキから〈再融合〉を手札に」
「再融合……」
「メインフェイズ」


 空気が変わった。直後、ユーノのフィールドに巨大なモンスターが降臨した。
 黒の鎧に身を纏い、橙の羽根を広げたその巨人は圧倒的な存在感と共に顕現する。


「お願いします、〈ダーク・クリエイター〉」
「レベル8のモンスターだと?」
「〈ダーク・クリエイター〉は墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に特殊召喚出来る。そして墓地の闇属性モンスター1体を除外することで、墓地の闇属性モンスター1体を特殊召喚することが出来る」
「ユーノちゃん……?」

 雰囲気の変わったユーノの姿に遊乃は困惑してしまう。そう、今のユーノは普段の活気ある彼女の姿をしていなかった。目は赤く光り、全身に「黒」を纏って禍々しいオーラを放っている。さながら、彼女が闇の世界を生きているかにも見えた。

「〈ダーク・クリエイター〉の効果を発動。墓地の〈捕食植物ダーリング・コブラ〉を除外し、墓地から〈捕食植物ドラゴスタペリア〉を攻撃表示で特殊召喚する」
「高レベルモンスターを易々と並べたな……」
「2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築。エクシーズ召喚」
「何、エクシーズ召喚だと!?」

 ユーノの前に現れたドラゴスタペリアとダーク・クリエイターがオーバーレイユニットとなり、渦状の輪の中に吸い込まれていく。そこからゆっくりと上って来たのは赤と黒の宝石が付いたような黒の四角錘の物体。
 巨大なそれが全て出現した後、その表面に何本もの線が浮き上がる。そこから四角錘は割れて展開していき、モンスターの姿が象られていく。それは美しき身体を持った一体のドラゴンだった。

「お願いします、〈No.107 銀河眼の時空竜〉」


― ― ― ― ― ― ― ―
ダーク・クリエイター

効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。自分の墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、自分フィールド上にモンスターが存在していない場合に特殊召喚する事ができる。自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、自分の墓地の闇属性モンスター1体を特殊召喚する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

― ― ― ― ― ― ― ―
No.107 銀河眼の時空竜

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

レベル8モンスター×2
自分のバトルフェイズ開始時に1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの効果は無効化され、その攻撃力・守備力は元々の数値になる。この効果を適用したターンのバトルフェイズ中に相手のカードの効果が発動する度に、このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで1000ポイントアップし、このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
― ― ― ― ― ― ― ―


「なんと、ここで高ランクエクシーズモンスターが……」
「ギャラクシーアイズのオーバーレイユニットを一つ使って効果発動。このカード以外のフィールド上のモンスターの効果を全て無効にします」

 それはティタニアルにとっては死活問題だった。対象を取る効果を無効にすることで盤面を制圧していた相手がその能力を失ったことがユーノにどれだけプラスになるかは考えなくとも分かる事であった。
 だがユーノは手を休めない。ここで徹底的に潰しに行こうとしている。

「手札から〈再融合〉を発動。墓地の〈捕食植物ドラゴスタペリア〉をもう一度蘇生。そして手札から〈捕食植物サンデウ・キンジー〉を通常召喚、そしてキンジーの効果発動。ドラゴスタペリアと融合召喚」


 ――お願いします 〈グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン〉


「グリーディーまで並べちゃった……」
「グリーディー・ヴェノムの効果発動。対象はティタニアル」
「っ……!?」
「これでティタニアルの攻撃力は0になりました。そして、ギャラクシーアイズでオーバーレイネットワークを再構築、エクシーズ召喚」

 黒い渦が再びフィールドに現れ、時空竜を取り囲んだ。そこから現れた黒の装甲が巨体を包み込んでいき、竜は更なる進化を遂げる。全身を鎧のような物で覆ったギャラクシーアイズは眩いばかりの光を発し、周囲の景色を白一色に染め上げた。

「お願いします、〈ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン〉」


― ― ― ― ― ― ― ―
ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻4000/守3500

レベル8モンスター×3
このカードは「ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン」以外の自分フィールドの「ギャラクシーアイズ」Xモンスターの上にこのカードを重ねてX召喚する事ができる。
(1):1ターンに1度、このカードの装備カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
― ― ― ― ― ― ― ―


「オーバーレイユニットを一つ取り除いて効果発動。ティタニアルを破壊します」
「ぐっ……だがモンスターはまだ」
「エクシーズ召喚」

 ユーノの一言に遊乃もティタニアルも凍り付く。降臨したばかりのギャラクシーアイズの地面が突如波打ち、そこから現れた禍々しい瘴気が先程の光を飲み込んでいく。

「ユーノちゃん!」

 不安に駆られた遊乃がそう声をかけるも彼女からの返事はない。まるで何かに操られているようでもあった。見たことも無い彼女の姿に怯えている間にもドラゴンは闇に呑まれ、死霊のような姿になってしまった。バラバラに分かれた羽根と決まった形を持たない尾、変わり果てた姿のギャラクシーアイズはそこに鎮座するだけでも周りの生気を奪っていく。

「闇に呑まれし竜よ、怒り悲しみ全て解き放ち、底に眠りし絶望と共に顕現せよ。〈No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン〉」
「闇属性のギャラクシーアイズ……」

 竜が咆える。それは喜怒哀楽全てを潰した悲鳴にも似ていた。
 グリーディー・ヴェノムと並んだ光景は「狂気」その物の具現化である。


― ― ― ― ― ― ― ―
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守0
レベル9モンスター×3
このカードは自分フィールドの「ギャラクシーアイズ」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
このカードはX召喚の素材にできない。
(1):このカードがX召喚に成功した時、自分のデッキからドラゴン族モンスター3種類を1体ずつ墓地へ送って発動できる。相手はデッキからモンスター3体を除外する。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
― ― ― ― ― ― ― ―


「オーバーレイユニットを一つ取り除いてダークマターの効果発動。このターン、ダークマターはモンスターに2回まで攻撃することが出来ます。バトルフェイズ。ダークマターで〈椿姫の侍女コスモス〉を攻撃」
「――っ!?」
「続けて、ダークマターで〈椿姫の侍女ガザニア〉を攻撃」

 ティタニアルの口から血が噴き出る。彼女のフィールドが一掃されたが、まだ、ユーノのフィールドにはグリーディーが残っている。涎を垂らしながら標的を定めるその姿はまさに貪欲の権化。

「〈グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン〉で、ダイレクトアタック」

 紫竜の咆哮、直後に放たれる毒色の光線が、固まったティタニアルを真正面から捉えた。吐き気を催す程の風で遊乃は思わず目を閉じてしまう。しばらくして目を開けた頃には何も残っていなかった。


― ― ― ― ― ― ― ―
ユーノ    3400
ティタニアル 6300 → 3800 → 0
― ― ― ― ― ― ― ―





「……あれ?」
「ユーノちゃん!」

 何が起きたか分からずに立っているユーノの元に遊乃が駆け寄る。振り返ったユーノは一瞬ふらついて遊乃に身体を預けた。そのまま何歩か押されながらもユーノは遊乃の肩を借りて立ち直る。

「私、勝っちゃったんだ」
「大丈夫? なんだか様子がおかしかったけど」
「……? あ、あれ」

 ふとティタニアルがいた所を見たユーノが何かに気付く。そこには椿の花がついた枝が落ちている。まるで二人三脚のような足取りでそこへ向かい、ユーノがそれを拾った。

「これで四本目、だね。ごめんね、ここまで付き合わせちゃって」
「大丈夫だけど……ユーノちゃん、本当に平気?」
「平気平気。これでも結構身体は強い方だから……」

 時間が経ったのかユーノが自分だけでも歩けるようになる。そして、二人であの花瓶が四本置いてある広間に戻ってきた。
 桜の枝が刺さった一つ、向日葵が刺さった一つ、紅葉の枝が刺さった一つ。そして、空いていた最後の一つに椿の枝を差し込む。

「これで全部揃った……!」
「でもなんでこんな所に? ユーノちゃん何か知ってる?」
「わかんないけど……ん?」

 どこからか、何か大きなものが動くような音が聞こえて来る。
 二人が部屋を見回していると、花瓶が置かれている台の向こう側の壁が音を立てて後退し始める。そして、ある程度の所から引き戸のように横に動き、奥へと続く道が開いた。その先は優しい月明かりで照らされており、どうやらこの洋館の中庭に繋がっているみたいだ。

「来て、って事かな」
「この先に何があるのかな……?」
「ここまで来たなら付いていくよ、ユーノちゃん。二人で行こう?」

 遊乃がユーノに微笑みかける。それに応えるようにユーノは彼女の片腕にぎゅっと抱き付いた。

「わわっ」
「さすが『もう一人の私』。それじゃ、早くいこっか」

 二人でくっつきながら最後の部屋――中庭に足を踏み入れる。
 中庭はテニスコート一枚分の広さで、中央には大きめの噴水が建っている。そして、その噴水へ続く道の途中に、一輪の巨大な花が咲いていた。白く美しい花びらを何枚も持つそれは、中庭にやってきた二人を迎え入れるように揺れ動く。
 そしてその中央には、例によって例の如く、女性の上半身があった。

「ユーノちゃん、あれ!」
「ううっ、終わったと思ったら、これかぁ……」
「……ここに人が来るのも十数年ぶりになるか」

 花びらと同じ白髪の女性は腕部や頭部に黒の装飾品をあしらっている。思わず二人も見惚れてしまう程の美しさを持っている彼女は、どこか懐かしそうな目で二人を見つめていた。

「もしかして、お前ら……いや、それはどうでもいい。ここに来たという事は、四季姫を全て倒したという事だろう。この洋館の秘密を知るために」
「洋館の秘密……ねえ、一体ここで何があったの? なんでユーノちゃんは一人で……」

 遊乃がそう問いかけると、彼女は少し驚いたような表情になって答える。

「成程、本当に何も知らないのだな。その答えはそこの階段から地下に行った所にある」
「あなたは、一体……」

 ユーノの問いかけに彼女ははっきりとした声で答えた。
 その目は2人をしっかりと見据えており、何かを決断した顔つきでもあった。

「私の名前はクイーン・オブ・ナイツ、この洋館の最後の番人だ。この場所の秘密を知るにふさわしい相手か、私が最後に審判を下そう」
「ユーノちゃん、私が……」
「いや、私も行く!」

 疲労困憊の遊乃と満身創痍のユーノが並んでデュエルディスクを構える。

「「「デュエル!」」」


― ― ― ― ― ― ― ―
遊乃   8000
ユーノ  8000
クイーン 8000
― ― ― ― ― ― ― ―


現在のイイネ数 6
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

光芒
相も変わらず壊れカードを繰り出してくるティタニアルを圧殺するあたりユーノもやはりデッキに似たエグさを持っていましたね。グリーディーに加えて時空竜、FA、ダークマター……後者3体は遊乃と共通する銀河眼ですね。彼女の『もう一人の私』というのが意味深です。

そして4体の四季姫を倒して脱出―――とはいきませんでした。なんとなく予想できましたがラスボスは四季姫の上に立つクイーン・オブ・ナイツ。満身創痍の遊乃とユーノが揃って挑むことになりますが果たして……
(2017-07-27 00:37)
白金 将
遂にもりのようかん編もラスボスですね……(*´ω`)
今まで散々引っ張って来たユーノの秘密がとうとう明らかになります。
「もう一人の私」の真相とは、これいかに。次回もお楽しみに。
最後は二人とクイーンのデュエルです。 (2017-07-27 02:16)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
4 伝言板・修正履歴(3/30) 374 0 2016-01-19 -
6 第1話 その少女、黄金の龍と共に有り 566 5 2016-01-19 -
9 第2話 スターダスト・ドラゴン消失事件 454 6 2016-01-23 -
4 第3話 誇り高き一族 406 7 2016-01-27 -
5 第4話 勝利は一から積み上げる 362 6 2016-01-30 -
7 第5話 絶対支配領域 375 6 2016-01-31 -
6 閑話休題:キャラクター紹介 446 0 2016-01-31 -
5 第6話 溶けていく手札 364 8 2016-02-05 -
3 第7話 手札一枚の戦争 402 8 2016-02-07 -
5 第8話 ネコチャン!? 330 8 2016-02-13 -
3 第9話 「帝王」の影 321 6 2016-02-19 -
3 第10話 息の合った二人 334 4 2016-02-21 -
7 第11話 たまにはみんなで温泉旅行! 329 4 2016-02-23 -
7 第12話 シロちゃんは二度挟まれる 320 6 2016-02-28 -
6 第13話 アルストロメリアの門番 276 4 2016-03-05 -
16 第14話 王者の資格 271 6 2016-03-09 -
3 第15話 Execution 285 6 2016-03-13 -
8 第16話 ワン・ナイト・カーニバル 309 6 2016-03-17 -
5 第17話 キャット・アンド・ドッグ 258 4 2016-03-25 -
5 第18話 積み込み・スリ替え・橙一色 301 6 2016-04-02 -
23 第19話 孤独への恐怖 262 2 2016-04-10 -
6 閑話休題:キャラクター紹介 雑談枠 333 4 2016-04-19 -
4 第20話 アルストロメリアの休日 268 6 2016-04-29 -
6 第21話 「ふつうの女性」になりたくて 284 4 2016-05-01 -
7 第22話 翌檜の恋心 304 4 2016-05-03 -
3 第23話 シロちゃんぐるぐるハンマー伽藍 291 4 2016-06-06 -
0 第24話 ボクっ娘決闘者、リンちゃん 257 2 2016-07-03 -
4 第25話 政治部の苦悩 254 4 2016-07-09 -
2 第26話 モノクローム・プライド 275 4 2016-07-20 -
3 第27話 あなたのそばで 268 4 2016-07-28 -
4 第28話 嫉妬 221 2 2016-08-31 -
3 第29話 分かり合いたくて 182 0 2016-09-15 -
5 第30話 Dランド:遊乃&葵√その1 238 2 2016-10-06 -
5 第31話 Dランド:遊乃&葵√その2 237 2 2016-10-09 -
3 第32話 Dランド:遊乃&葵√その3 193 2 2016-11-03 -
0 第33話 Dランド:遊乃&葵√その4 243 4 2016-11-08 -
2 第34話 Dランド:伽藍&シロ√その1 179 2 2016-11-25 -
3 第35話 Dランド:伽藍&シロ√その2 154 2 2016-12-06 -
2 第36話 Dランド:伽藍&シロ√その3 177 2 2016-12-14 -
13 第37話 Dランド:翌檜√その1 110 2 2016-12-25 -
3 第38話 Dランド:翌檜√その2  132 2 2017-01-12 -
1 フラワリングタウン広報「アイリス」春号 218 0 2017-01-12 -
2 第39話 フンキー フンキー フンキー 170 3 2017-01-18 -
4 第40話 もりのようかん 167 2 2017-01-25 -
3 第41話 狂植物の叛乱 177 4 2017-02-05 -
3 第42話 桜姫降臨 145 2 2017-02-13 -
3 リンク召喚について ※SSは書き続けます 315 5 2017-02-18 -
4 第43話 Dragula 162 2 2017-02-19 -
1 閑話休題:キャラクター紹介3 153 0 2017-02-23 -
4 第44話 不穏 108 4 2017-03-19 -
4 第45話 BREAK DOWN 115 2 2017-03-21 -
5 第46話 その少女、黒紫の竜と共に有り 153 2 2017-03-23 -
14 第47話 おかえり 152 4 2017-03-26 -
6 第48話 大切な人 141 2 2017-03-29 -
29 第49話 炎 196 2 2017-04-28 -
12 第50話 Find Your Way 156 2 2017-05-17 -
11 第51話 Force Your Way 143 2 2017-06-17 -
10 第52話 四人目の姫 118 2 2017-07-22 -
6 第53話 一寸先は闇 99 2 2017-07-25 -
6 第54話 月夜に咲く姫 86 2 2017-08-22 -
7 第55話 OVERLAP 63 0 2017-09-16 -
0 第56話 幽雅に咲かせ、紫毒の華 49 3 2017-09-21 -

スポンサーリンク