メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
手の中の辰の色の夜に散る桜

CODE OF THE DUELIST


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


マリオカート8 デラックス


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王 Arc⌒V if > arc10 高速の世界その1

遊☆戯☆王 Arc⌒V if/arc10 高速の世界その1 作:こんにゃく

ざわざわ…

セレナ「…」

黒咲「どうした?」

セレナ「腑に落ちんな、なぜ遊矢は零児にこのような勝負を挑む、奴はこの作戦自体には乗っていたはずだ…いきなり皆とは行かんと言い始めるなんて…」

権現坂「それは遊矢の性格だ」

セレナ「何?」

権現坂「アイツは強いデュエリストと戦わずにはいられない…そんな男だ、赤馬零児をそんな強者だと見抜き挑んだのだろう…」

黒咲「奴にとって動機は何でもいい…皆とは行かんと言ったのもただの口実だろう」

権現坂「ほう…何故貴様が分かる」

黒咲「ふ…ユートもそういう性格だった…適当に理由をつけてはプロのデュエリストにだって挑んでいたからな」

セレナ(…ユーリもそうだった…だがアイツには…アイツより強いデュエリストなんて…)

遊矢「会場がこんなにも盛り上がっているんだ…最初から全力を出させてもらう」

零児「当たり前だ、全力を出させるためにこの会場を…観客のいるこの場所を選んだ」

遊矢「…よし」

ユート『遊矢、気をつけろ…奴は只者じゃない』

遊矢「分かってるよ…大丈夫さ」ニヤッ

ユート『全く…お前という奴は…だが気持ちは分からなくもないさ』ニヤッ

遊矢「行くぞユート!!」

ユート『おう!』

遊矢「俺のターン!!」
手札5

遊矢「俺は《ペンデュラム・コール》発動!『手札を1枚墓地へ送り、デッキから名前の異なった「魔術師」ペンデュラムカードを2枚を手札に加える!』」

墓地→《EMシルバー・クロウ》

遊矢「俺が手札に加えるのは《相克の魔術師》と《相生の魔術師》!」


遊矢「俺はこれでターンエンド」
手札5

遊矢(さぁ、どうくる赤馬零児)

零児「ほう…大きくは動かないか…妥当と言えば妥当な戦術だ…だが…私にそれは後手だということを教えてやろう…私のターン!」
手札6

零児「私はスケール1の《DD魔導賢者 コペルニクス》とスケール10 の《DD魔導賢者ニュートン》でペンデュラムスケールをセッティング!!」



《DD魔導賢者コペルニクス》
星4/闇属性/悪魔族/スケール1
攻 0/守 0


《DD魔導賢者ニュートン》
星7/闇属性/悪魔族/スケール10
攻 0/守 0


遊矢「赤馬零児も…」

ユート『ペンデュラムを…』

会場がさらなる盛り上がりを見せる

赤馬社長もペンデュラム!?

当たり前だろ!?前に榊遊矢が戦った沢渡にデッキを渡したのも社長だぞ!!

遊矢「…どうやら本腰を入れるのはマジに最初からの方が良かったかな…」

ユート『ああ…確かに…来るぞ…遊矢!』

零児「ペンデュラム召喚!!現れろ!!我が分身にして魂よ!!レベル8《DDD死偉王 ヘル・アーマゲドン》!!」


《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》
星8/闇属性/悪魔族/スケール4
攻3000/守1000


フトシ「遊矢兄ちゃんと同じペンデュラム召喚
…」

修造「それにレベル8の最上級…」

零児「私は更に手札より《地獄門の契約書》を発動『私はデッキから「DD」モンスター1体を手札に加える、私が加えるのは《DD カオス・ハルマゲドン》…』そしてDDカオス・ハルマゲドンを通常召喚」


《DDカオス・ハルマゲドン》
星4/闇属性/悪魔族/スケール2
攻1500/守500


零児「私はDDカオス・ハルマゲドンの効果発動『このカードをリリースする』」

アユ「え!?モンスターが消えちゃったよ!?」

零児「…バトルだ死偉王ヘル・アーマゲドンで遊矢にダイレクトアタック」

ギュォォォ!!

遊矢「そうはいかない!手札の《EM(エンタメイト)ダメージ・ガードナー》の効果発動!『相手の直接攻撃宣言時にこのカードを特殊召喚し!その守備力を攻撃モンスターと同じにする!』」


《EMダメージ・ガードナー》
星4/地属性/戦士族/スケール1
攻0/守0→3000


ユート『よし、これで凌いで…』

遊矢「いや…」

零児「このターンにリリースされたDDカオス・ハルマゲドンの効果発動『自分フィールドの「DD」モンスターに以下の効果を付与する。自分フィールドの「DD」モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊できなかった場合その攻撃力を1000上げてもう1度続けて攻撃することができる。この時攻撃モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時守備力を超えている場合その数値分の貫通ダメージを与える』」


ヘル・アーマゲドン
攻撃力3000→4000


ユート『な、なんだと!?』

セレナ「上手い…」

零児「もう1度攻撃せよヘル・アーマゲドン!」

ゴギャァァンッ!!

遊矢「ぐぅぅぁぁっ!」
LP4000→3000

零児「私はカードを1枚セットしてターンエンド」
手札1


ヘル・アーマゲドン
攻撃力3000


権現坂「あの遊矢より一歩先に行くか赤馬零児」

遊矢「…そう来なくてはな…」

ユート『…ああ…燃えて来るな…』

遊矢「あんたがペンデュラムを見せたんだ…こっちもやらなきゃあな…俺のターン!」
手札5

遊矢「俺は手札からスケール3の相克の魔術師とスケール8の《EM(エンタメイト)レッサーバル》でペンデュラムスケールをセッティング!!」


《相克の魔術師》
星7/闇属性/魔法使い族/スケール3
攻2500/守 500

《EMレッサーバル》
星4/光属性/獣族/スケール8
攻 1800/守 1000


遊矢「これでレベル4から7のモンスターが同時に召喚可能となった!ペンデュラム召喚!!現れろ!!レベル4!《EM(エンタメイト)ユーゴーレム》!レベル7!!2色の眼を持つ竜!《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》!!」


《EMユーゴーレム》
星4/闇属性/悪魔族/スケール1
攻 1600/守 1000

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
星7闇属性/ドラゴン族/スケール4
攻2500/守2000


セレナ「遊矢もペンデュラム召喚を決めた?!」

権現坂「遊矢の持ち味はそれだけでない」

遊矢「俺はフィールドのユーゴーレムの効果を発動『ペンデュラム召喚したこのカードを含む融合素材を墓地へ送り融合召喚を行う!!』2色の眼を持つ竜よ!姿形を変える泥塊と今一つとなりて新なる姿を映し出せ!!融合召喚!!空に響かせる雷鳴よ!!《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》!!」


《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》
星7/風属性/ドラゴン族/融合
攻2500/守3000


零児「…融合」

セレナ「何?遊矢も融合を使うのか…!」

権現坂「その通りだ、遊矢はペンデュラムの他にも融合…そしてユートの力のおかげかエクシーズまでも使うことが…む?遊矢「も」だと…?」

遊矢「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンが『特殊召喚に成功した時、攻撃表示の相手モンスター1体を手札に戻す!!』俺は死偉王ヘル・アーマゲドンを選択!!」

ビュアッ!!バリバリッ!!

電撃が放たれヘル・アーマゲドンが零児の手札へと戻っていく

零児「ほう…」

遊矢「バトルだ!!オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンでダイレクトアタック!!雷鳴のストライク・バースト!!」

ズォォッ!!

零児「私は永続トラップ《交渉決裂(ブレイク・ネゴシエーション)》を発動」

ギュルルッ!!

トラップカードに全ての攻撃が吸収される

零児「このカードにより『私のエンドフェイズまでに発生するマジック、トラップ、モンスター効果そして戦闘…いかなるダメージを0とする』」

ユート『何!?』

遊矢「っ…防がれた…!!」

零児「君との交渉は無しだ」

遊矢「…俺はこれでターンエンド」
手札1

凄い…

あの榊遊矢をもろともしてない…

流石は社長さんだ!!

零児「…今君はほんの少しアウェイになりつつある」

遊矢「…そのようだな」

零児「ふ…冷静さをかかないか…素晴らしい…だが君のデュエルスタイルは真剣さだ」

遊矢「…」

零児「でも君はこの大会でさらなる飛躍を…更なる答えを見つけ出した筈だ」

遊矢「…デニスとのデュエル…」

ユート『…そして隼や紫雲院素晴良とのデュエル…』

遊矢「デニスとのデュエルで俺は父さんのデュエルを見た気がする…アレは軽やかで皆を楽しませるものだった…俺の目指すエンタメデュエルの思想に近いものだ…」

ユート『怒り…この力を制する事…隼達や遊矢のおかげで見えて来た物…』

零児「…ゆっくりと考えている時間は無いぞ、榊遊矢…私のターン!」
手札2

零児「私は地獄門の契約書により1000ダメージを受けるが交渉決裂によりそのダメージすら0となる…」

アユ「えぇ〜そんなのってズルいよ!!」

零児「私は再びセッティング済みのスケールでペンデュラム召喚を行う…ペンデュラム召喚!!再び現れるが良い!!エクストラデッキからカオス・ハルマゲドンそして手札からレベル8、ヘル・アーマゲドン!!」


カオス・ハルマゲドン
攻撃力1500


ヘル・アーマゲドン
攻撃力3000


フトシ「げぇぇ!!またあの効果を使う気かよ!?」

零児「そしてペンデュラム召喚に成功したカオス・ハルマゲドンの効果発動『このカードが特殊召喚に成功した時、自分フィールドの「DDD死偉王ヘル・アーマゲドン」を選択しそのモンスターと同じレベルとなる』」


カオス・ハルマゲドン
レベル4→8


零児「…君はユートと融合しエクシーズを使うことが出来るようになった…ならば私も君と同じ条件で戦おう」

遊矢「レベル8のモンスターが2体…まさか…」

零児「私はレベル8の死偉王ヘル・アーマゲドンとレベル8のカオス・ハルマゲドンでオーバレイ!2つの太陽が昇るとき、新たな世界の地平が開かれる! エクシーズ召喚!現れいでよ!ランク8!《DDD双暁王カリ・ユガ》! 」


《DDD 双暁王 カリ・ユガ》
ランク8/闇属性/悪魔族/エクシーズ
攻3500/守3000


権現坂「赤馬零児はエクシーズを使うことが出来るのか!?」

セレナ「それだけでは無い…本来ならばシンクロも融合も使うことが出来る」

黒咲「全ての召喚方法を操る男…それが奴だ」

零児「カリ・ユガの効果発動『このカードがエクシーズ召喚さらたターン、このカード以外のフィールドのカードは効果を発動できず効果を無効化される』」

バンッ!!

カリ・ユガの掌から衝撃波が迸る

遊矢「っ…!!」

素良「これじゃあボルテックス・ドラゴンの効果も使えないね…」

零児「私はカリ・ユガの効果発動『オーバレイユニットを1つ使い、フィールドのマジック、トラップカード全てを破壊する』」

遊矢「なっ!?」

零児「私の仕事に支障が出ないよう全ての障害となる物は排除させてもらう」

ズバババッ!!

セレナ「なっ!?何をしているのだ零児!」

権現坂「どうした?」

セレナ「奴の永続トラップ…交渉決裂には破壊された時本来受けるダメージを自分に与える効果がある…このままでは3500のダメージを自分に…」

零児「交渉決裂が破壊された時私は今までに受ける筈だったダメージを全て受ける…だが私は手札の《DDクラーケン》の効果を発動、『自分自身にダメージが発生した時手札のこのカードを墓地へ送りそのダメージを無効にし相手にそのダメージの半分の数値分…ダメージとして与える』」


《DD クラーケン》
星1/闇属性/悪魔族/スケール6
攻0/守600


ギュォァォッ!!

遊矢「ぐぁぉぁっ!!」
LP3000→1750

ユート『遊矢!!くっ…対策をしていたか…!!』

零児「…それだけではない『DDクラーケンがこの効果で墓地へ送られた時デッキから同名カードを手札に加える』私はDDクラーケンを再び手札に加える」
手札3

零児「そして手札の《DDスワラロ・スライム》の効果を発動『このカードを含む「DDD」融合モンスターの素材を手札から墓地へ送り融合召喚を行う』私はスワラロ・スライムそしてクラーケンを墓地へ送り融合!誇り高き騎士よ。災い封じ込めし坩堝に融け込み、真の王と生まれ変わらん!融合召喚!出でよ!神の威光伝えし王!《DDD神託王ダルク》!」


《DDD神託王ダルク》
星7/闇属性/悪魔族/闇属性
攻2800/守2000


権現坂「っ融合…!!」

零児「これで終わりだ…私は神託王ダルクでボルテックス・ドラゴンを攻撃!!オラクル・チャージ!!」


ダルク
攻撃力2800



ボルテックス・ドラゴン
攻撃力2500


遊矢「っ!!」
LP1750→1450

零児「最後だ…双暁王カリ・ユガでダイレクトアタック…」

ゴゴゴッ!!

修造「これで決まれば…!!」

ミエル「ダーリンには伏せカードもペンデュラムカードもモンスターも居ない!どうすればいいのよぉ!」

ユート『まだ諦めん!!』

遊矢「そうだ!!俺はエクストラデッキから効果発動!!」

零児「!」

デニス「エクストラデッキからだって?」

権現坂「カリ・ユガの効果で無効にされているのはフィールドだけ…これならば」

遊矢「レッサーバルは『エクストラデッキから墓地へ送ることでエクストラデッキに存在するペンデュラムモンスター1体を手札に加える効果がある!!』俺が加えるのはダメージ・ガードナー!!」

零児「…ほう」

遊矢「そして!手札に加えたダメージ・ガードナーの効果発動!!相手の直接攻撃宣言時!特殊召喚する事でこのカードの守備力を攻撃モンスターと同じにする!」


ダメージ・ガードナー
守備力0→3500


修造「防いだ!」

フトシ「今度こそあのカードで防げたぜ!痺れるぅ!」

零児「…私はカードを1枚セットしターンエンド」
手札0

遊矢「…赤馬零児…あんたはこの大会で俺は新たな答えを見つけたと言った…」

零児「…ああ」

遊矢「…それがなんなのか…分かる…俺はこのオッドアイズの様に様々な人達のデュエルを吸収し力にしていく事だ…」

零児「…」

遊矢「デニスのデュエルが…黒咲や素良のデュエルが…俺に教えてくれた事を…」

ユート『そして俺が怒りに囚われずに…自分の力として信じる事…』

ゴァァ…

ユート『…感じるか遊矢』

遊矢「ああ、聞こえる…あの竜の声が」

ユート『…怒りで戦いたいわけじゃ無い…あの子も…もっと燃えるようなデュエルがしたいと…そう願っている』

遊矢「…あの子だけじゃない…オッドアイズもダーク・リベリオンも…他の皆の声が…聞こえてくる…」

零児「…遊矢…?」

遊矢「なら、俺たちは」

ユート『その思いに』

遊矢・ユート「答える!!」

遊矢「俺のターン!!」
手札2

遊矢「墓地のレッサーバルの効果発動!!『墓地のこのカードを除外し!エクストラデッキのペンデュラムモンスター1体を手札に加える!!』俺は相克の魔術師を手札に加える!!」
手札2

権現坂「…よしこれで再びペンデュラム召喚を行える!」

零児「残念だが君にペンデュラム召喚を行うことはできない…何故ならカリ・ユガのマジック、トラップカードの破壊効果はこのターンにも発動することが出来る…よって君はこのターンにペンデュラム召喚する事など出来ない」

遊矢「やってみなくちゃ分からない」

零児「…ならやってみるといい…私の牙城を崩してみせろ」

遊矢「…ユート」

ユート『大丈夫さ…俺たちならやれる』

遊矢「俺は!手札から永続魔法《覇王の振り子》を発動!!」

零児「…覇王」

黒咲「覇王!?」

素良「まさか…また!?」

遊矢「『このカードが発動したターン!自分フィールドのペンデュラムカードを破壊する事は出来ない!!』」

零児「…そうくるか」

黒咲「…だが榊遊矢の様子に可笑しい部分はない」

素良「どういう事…?」

遊矢「俺は手札のスケール3の相克の魔術師とスケール8の相生の魔術師でペンデュラムスケールをセッティング!!」


《相生の魔術師》
星4/光属性/魔法使い族/スケール8
攻 500/守1500


遊矢「これでレベル4から7のモンスターが同時に召喚可能!!ペンデュラム召喚!!レベル4!ユーゴーレム!そしてレベル7オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン!!」


ユーゴーレム
攻撃力1600

オッドアイズ
攻撃力2500


零児「レベル4のモンスターを2体揃えたという事は」

遊矢「俺はレベル4のダメージ・ガードナーとユーゴーレムでオーバレイ!漆黒の闇より愚鈍なる力に抗う反逆の牙!今降臨せよ!エクシーズ召喚!ランク4!《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》!!」


《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》
ランク4/闇属性/ドラゴン族/エクシーズ
攻2500/守2000


遊矢が優しく2体の竜を撫でる

遊矢「お前達の力を借りる」

ゴァァ!!

遊矢「俺はダーク・リベリオンの効果発動!『オーバレイユニットを2つ使い相手フィールドのモンスター1体の攻撃力を半分にしその数値分攻撃力をアップさせる!!』カリ・ユガの力を奪い取れ!トリーズン・ディスチャージ!!」

権現坂「この効果を使えばダーク・リベリオンの攻撃力は4250となりカリ・ユガの攻撃力は1750となる…オッドアイズの効果で戦闘ダメージを2倍にしダメージを加算する…」

セレナ「零児はそんなに甘くない」

零児「私は永続トラップ《DDDの違法契約書》を発動『相手が発動する、マジック、トラップ、モンスター効果をこのカードが存在する限り無効にしその対象となったモンスターは表示形式も攻撃宣言も行う事は出来ない』」

タツヤ「それじゃあ遊矢兄ちゃんは!!」

零児「悪いがダーク・リベリオンには大人しくしていてもらおう」

遊矢「ふ…」

零児「…何が可笑しい」

遊矢「ダーク・リベリオンもオッドアイズもまだ諦めていないようだ」

零児「何?」

遊矢「ダーク・リベリオン!オッドアイズ!!君達の力を見せてあげるんだ!俺は相克の魔術師のペンデュラム効果発動!『1ターンに1度エクシーズモンスターにランク分のレベルを与える!』ダーク・リベリオンのランクをレベル4に!」


ダーク・リベリオン
ランク4→レベル4


黒咲「これは…」

遊矢「そして相生の魔術師のペンデュラム効果により『1ターンに1度レベル5以上のモンスター1体を選択しそのモンスターと同じレベルにする!!』」


ダーク・リベリオン
レベル4→7


零児「これは…まさか」

遊矢「行くぞ!2人共!!俺はオッドアイズとダーク・リベリオンでオーバレイ!!二色の眼を持つ竜よ!その黒き逆鱗を震わせ、我が力となりて漆黒の闇を切り裂け!!出でよ!!ランク7!怒りの眼で覚醒し竜!《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》!!」



《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》
ランク7/闇属性/ドラゴン族/エクシーズ/スケール4
攻3000/守2500


修造「あ、あれは…一体…」

アユ「怖い見た目…だけど何だか遊矢お兄ちゃんもあのドラゴンさんも楽しそう!」

黒咲「榊遊矢の方はなんともなっていない」

素良「もしかして遊矢…あのドラゴンを使いこなしている…?」

零児「そうか…君はその力を認めるという事か…自分が飲み込まれず使役すると言う事か」

遊矢「使役…?違う…この子達から感じるんだ…もっと楽しく激しく戦いたいという声が」

零児「…声?」

遊矢「俺の中のユートも感じ取っている…この子だけじゃなくあんたのそのモンスター達も激しくぶつかりたいと言っている」

零児「私の…モンスターも…だと?」

遊矢「だからその思いに答えるのさ!永続魔法覇王振り子の効果発動!『自分フィールドに「覇王」モンスターが特殊召喚された時1ターンに1度その特殊召喚されたモンスターの攻撃力をエンドフェイズまで1000ポイントアップさせる!!』」


オッドアイズ
攻撃力3000→4000


遊矢「そして!エクシーズモンスターをエクシーズ素材としてエクシーズ召喚されたオッドアイズの効果により!『レベル7以下のモンスター全てを破壊し破壊したモンスターの数×1000ポイントのダメージを与える!!』」

零児「っ…だが私にはまだ3000のライフが残る!」
LP4000→3000

遊矢「いいや…この効果を使用したターンオッドアイズは3回攻撃が可能!!」

零児「何!?」

遊矢「行け!!オッドアイズ!!反旗の逆鱗!ストライク・ディスオベイ!!」


オッドアイズ
攻撃力4000



カリ・ユガ
攻撃力3500

ゴガンッ!!

零児「っ…私の負けか」
LP3000→0

ズガァォァンッ!!

セレナ「あの…零児を破った…」

ニコ『き、決まったぁぁ!!』

ワァァァッ!!

す、すげぇ戦いだ!

これがランサーズ…

零児「…私の完敗か」

遊矢「いや…そんな事はないはずだ…あんたは俺と同じ土俵に立つ為に同じ手段を用いた…本来の全力のあんたならどうなっていたか分からない」

零児「お褒めの言葉をありがとう」

遊矢「…今度は全力のあんたと戦ってみたい…」

零児「…私もだよ…何も思案する事なくデュエルにのみ集中した真剣勝負…ぜひやらさせて貰いたい」

遊矢「ふ…あんたのおかげでまた1つ俺には力ができた…俺のエンタメは真剣勝負…そしてデニスや父さんからは魅せるデュエル…そしてダーク・リベリオン、オッドアイズ…彼らからは言葉を…」

零児「…君の最終目標は決まったかな?」

遊矢「俺は俺の道を切り開く…そしてこのオッドアイズのように様々な物を吸収し俺は自分だけの最高のデュエルを見つける…」

零児「それが真剣さであり楽しさであり言葉を聞くか…」

遊矢「きっと俺の知らないデュエルがまだまだある…俺はそれを探したいのさ…とはいえまずはシンクロ次元や柚子…アカデミアの事が先だがな…」

零児「…オッドアイズの様にか…君とオッドアイズは一心同体という事か…君の強さが分かった気がするよ」

遊矢「…取り敢えずあんたについて行くよ…零児」

零児「ふ…頼りにしているぞ遊矢」



翌日の朝

遊矢「…よし」

ユート『準備はいい様だな』

遊矢「ああ、行こう…零児の所へ」



権現坂「来たか遊矢」

遊矢「ああ…」

権現坂「いよいよだな」

遊矢「…柚子は必ず取り戻す」

権現坂「分かっている、俺は遊矢を信じついて行くだけだ」

デニス「オッハー遊矢、ゴンちゃん」

権現坂「ゴン…っ!?はぁ…もういい…慣れた」

デニス「いやぁ昨日のデュエルは良かったねぇ遊矢に僕のデュエルをあんなに褒めてもらえるなんて」

遊矢「…」

デニス「あれれ?元気ない感じ?」

遊矢「これからの事を考えると少しな」

デニス「まぁまぁ、そんな深く考えないで為せば成るって奴?」

セレナ「ふん、貴様はお気楽だな…見た目通りだ」

デニス「おっと…これはこれはランサーズのお姫様」

セレナ「誰がランサーズの姫だ、私達は遊びに行くのでは無いのだぞ」

デニス「まぁそうだけどそんな硬くなってても仕方ないんじゃなぁい?」

素良「まぁそこにいるデニスの言ってることも一理あるよ、遊矢も肩の力抜かなきゃいつもみたいになって広い視野が持てなくなっちゃうよ?」

遊矢「素良…」

ユート『そうだな…俺達の目的は柚子の奪還…それさえ忘れなければ余り力を入れすぎても逆に行動に粗が出てしまう』

遊矢「…そうだな、ユートの言う通りだ」

黒咲「皆集まった様だな」

セレナ「…隼よ零児は何処にいる」

黒咲「奥にいる」

月影「拙者に付いて参れ案内致す」

遊矢「ありがとう」



零児「皆集まった様だな」

遊矢「…それでシンクロ次元にはどうやって行く」

零児「このカードを使う」

遊矢「それは?」

零児「このカードにはシンクロ次元の座標がセットされている、私が開発したものだ」

遊矢「…随分と便利だな」

零児「いいや、便利とは言い難いな、皆で飛ぶわけだが座標地点に確実に飛ぶわけでは無い」

遊矢「どういう事だ?」

零児「まだまだ改良の余地があるのだが…そうも言っていられない…端的に言えば皆バラバラになる可能性があるという事だ」

零児「…そして皆にこのカードを渡す」スッ

そこには数十枚のカード

それぞれのメンバーに渡されて行く

権現坂「これは?」

零児「それは私が君達様に開発したペンデュラムカード…ランサーズは主にペンデュラムを使う、ランサーズの武器となる物だ」

遊矢「…俺には?」

零児「君や私に必要はあるか?」

遊矢「…」

黒咲「…ふ…悪く無い」

素良「なにぃ?良いカードでも貰ったのぉ?」ニヤニヤ

黒咲「…貴様には見せん」スッ

素良「あっ!少しくらい良いんじゃんかぁ!!」

セレナ「ふっどいつもこいつも浮かれおってたかが新しいカードだろう」ニヤニヤ

デニス「その割には笑ってるよねぇ〜君」

セレナ「なっ//誰が笑ってなどいるものか//!!」プンスカ

デニス「はいはい、僕はすっごく嬉しいけどねぇ!!ねっゴンちゃん!」

権現坂「うむ、やはり新たな力というのは嬉しいものだ」

デニス「ほらほら、セレナも素直になりなって」

セレナ「むぐぐ…」

「ちょっとまったぁぁ!!」

こ、こら!!勝手に入るな!!

零児「ん?」

沢渡「ここにいたか赤馬零児!!」

月影「お主は…沢渡シンゴ殿…」

沢渡「聞いたぜ…お前達シンクロ次元に行くんだってな…ならこの俺を!遊矢と激闘を繰り広げたこの俺を忘れるんじゃねぇ!!」

中島「貴様っ!!何を…」

零児「…これは君の新たなペンデュラムカードだ」スッ

沢渡「え…?」

セレナ「零児!?そのバカそうな奴も連れて行く気か!?」

沢渡「なっ!?誰がバカそうだ…って柚子!?柚子も連れて行くのか!?」

遊矢「あー…シンゴ…ちょっとこっち来い」

沢渡「んえ?」

遊矢説明中…

沢渡「成る程つまりソイツはセレナって名前で柚子じゃないと…そして柚子はそのシンクロ次元に居てアカデミアに狙われている…」

遊矢「そういう事だ」

沢渡「どうりで柚子とは違ってバカっぽい見た目してると思ったぜ、こう淑女って感じがしねぇよなぁ」

セレナ「誰がバカっぽいだ!!このバカ!!」ギリリ…

セレナが沢渡の頭をすさまじい握力でギリギリと掴む

沢渡「い、いてててっ!?!?な、何す、いてて!!」

遊矢「セレナ…もうそろそろ」スッ

セレナ「う…うむ」ドキッ

沢渡「いっつぅ〜サンキュー遊矢…こいつ本当に女かよぉ…」

セレナ(くっ…遊矢め…ユーリと顔や雰囲気が似ているから近寄られるとドキッとしてしまうではないか)ドキドキ

遊矢「俺もシンゴを連れて行く事には賛成だ、シンゴのコミュニケーション能力や状況把握能力はシンクロ次元での同盟を結ぶ目的に合っていると思う…デュエルの腕前もランサーズの力になりうる」

零児「その通りだ、沢渡シンゴ…君は来ると言ったからにはそれなりの覚悟があるんだな?」

沢渡「当たり前だぜ!!まさか柚子も関わって居たとは尚更だ!!だったら協力させてもらうぜ!!」

遊矢「…柚子とどういう関係なんだ?」

沢渡「ん?柚子は俺の恩人みたいなもんだな、あいつのおかげで俺はエンタメに目覚めたからな…助けてやんねぇと」

遊矢「…ふ、期待してるよシンゴ」

沢渡「おう!」

ユート『嫉妬か?』

遊矢「…別に」

ユート『ふふっ』ニヤニヤ

零児「では、皆…準備は良いか」

皆がカードを持つ

零児「シンクロ次元では何が起こるかわからない…皆心してかかれ」

頷く

零児「ディメンション・ムーバー発動!」

そして同時に発動

キィィィン

遊矢「…待ってろよ…柚子」




遊矢達がシンクロ次元に来る前日


ユーゴ「っ…こ、ここは…」

柚子「きゃっ…な、何なの?」

ユーゴ「ここって…」

柚子「え?貴方ここがどこだか知ってるの?」

ユーゴ「ああ、ここは俺の住んでいた世界…シティだ」

柚子「えぇ!?」

ユーゴ「飛ばされちまったみてぇだな…俺たち」

柚子「それじゃあここが貴方の…」

ユーゴ「貴方…じゃ分かりにくいだろ…俺の名前はユーゴ、お前は?」

柚子「…私は柚子」

ユーゴ「よし、柚子!よろしくな!」ニカッ

柚子(悪い人じゃ無さそうだけど…)

柚子「あっそうだ!ユーゴはリンって子を知ってるんでしょ!?さっきリンだとか何とか」

ユーゴ「ん?ってああ!!?そうだった…俺てっきり柚子の事をリンだと思ってて…」

柚子「…貴方とリンの関係を良かったら教えてくれない…?」

ユーゴ「え…あ、ああ」




融合次元・アカデミア
沿岸部

ユーリ「…ここは…アカデミア…僕はどうして…ここに…」

プロフェッサー「ユーリか」

ユーリ「ん?プロフェッサー…どうしてこんな所に?」

プロフェッサー「君こそどうしてここに」

ユーリ「いや何…少し手違いがあってね…」

プロフェッサー「ならばちょうど良い」

ユーリ「…ちょうど良い?」

プロフェッサー「柊柚子がシンクロ次元へと向かったという情報が入った」

ユーリ「…何処から?」

プロフェッサー「それの事なのだが…情報を流してきたのは以前からシンクロ次元を監視している男…ロジェ…彼の最近の動きは怪しい…」

ユーリ「…なる程…柚子の確保と同時にその男の調査もして来いと」

プロフェッサー「話が早くて済む」

ユーリ「了解…適当にやって来るからあんたはいつも通り椅子で踏ん反り返ってると良いよ」

プロフェッサー「…」

ユーリ(ちっ…面倒な事を…セレナはどうなった…無事なのか…?)




ユーゴ「俺とリンは…」

「見つけました」

ユーゴ「っ!?」

柚子「え!?なに…」

ユーゴ「セキュリティ…何で…いや…ここは…今気づけば…ここはトップスの私有地か…!!」

柚子「トップ…何?」

ユーゴ「柚子!!いいから乗れ!!このままだと俺達捕まるぞ!!」ブォォン

柚子「捕まる!?何で!?どうして!?」

ユーゴ「良いから早くしろって!!」

柚子「きゃぁぁぁっ!!」ブォォン!!!

セキュリティ「なっ!?逃げたか!!待て!!」ブォォン




ユーゴ「ちっ…簡単には逃がしてくれねぇか…」

柚子「捕まるってどういう事?」

ユーゴ「あの場所はトップス…簡単に言えば金持ちの私有地だ…俺達は勝手に入った犯罪者って所だな」

柚子「そんな…」

ユーゴ「だからって簡単に捕まる訳にはいかねぇだろ!!」

柚子「…」ウン

セキュリティ「こちらデュエルチェイサー227…只今より逃走者を確保いたします」

ユーゴ「確保…?へっそう上手くいくかよ」

柚子「へ?ちょ、ちょっと待ってそれってデッキじゃ…」

ユーゴ「ったりめぇだろ!!ここではこのDホイールに乗りながらデュエルするなんてよぉ!!」

227「…」

柚子「へぇ!?乗ったまま!!?降りてやったほうが良いって!危ないよ!!」

ユーゴ「行くぜ行くぜぇ!!」

柚子「人の話を聞いてる!?」

ユーゴ・227「デュエル!!!」
LP4000



アニメと同じ展開なのでカット

ユーゴ「行け!!クリアウィング!!旋風のヘルダイブ・スラッシャァァ!!」

227「うっうわぁぁぉっ!?」

ズギャォァンッ!

227「がっ…」プシュゥ…
LP0

ユーゴ「おっしゃぁ!!」

柚子「ちょっちょっとユーゴ!もっとスピード落としてよぉ!」ギュッ

ユーゴ「うっ///へ、へへ、へへへ///」

ロジェ「…彼はもう終わりですね…」

ユーゴ「良し、このままこのハイフェイを抜けるぞ、この先に俺の家があるんだ」

柚子「そうなの?」

ユーゴ「ああ、良い所だし、まだまだ俺達は追われてる身だからな隠れる場所くらいないとな」

柚子「…うん」




ユーゴ「よっと…ただいまぁ」

子供A「あ!ユーゴ兄ちゃん!!」

女性「え?ユーゴ!?」

ユーゴ「よ、久しぶりだな皆!」

女性「久しぶりじゃないでしょ!!貴方リンを探しに行くって行ったきり返ってこなくて…心配したのよ!?」

ユーゴ「悪い悪いって…あのさ…」

女性「それで…リンは…ってそこにいるのは…リン…?」

ユーゴ「あっ違ぇ違ぇ、ソイツは柚子って言うんだリンと顔は似てるけどよ」

子供A「へぇリンお姉ちゃんに似てるけど違うんだ」

柚子「えっと…よろしくね?」

女性「…全く…ユーゴったら」

ユーゴ「あっとそう言えば俺達セキュリティに追われてるんだ…理由は聞かないでくれ…」

女性「はぁ!?ユーゴまでそんな悪い子になっちゃったの!?もう…私何処で育て方を間違えたのかしら…ユーゴはそんな子にならないと信じてたのに」ヨヨヨッ

ユーゴ「あーもう!悪かったって!!あ、あと柚子にも着替えとかも用意してやってくれ」

柚子「え?」

ユーゴ「ま、まぁその何だ…俺たちずっと動きっぱなしだろ?俺も…リンを助けに出てから風呂なんて入れて無かったし…柚子は女の子だしな」

柚子「…意外と紳士的なんだねユーゴ」

ユーゴ「なっ!?い、意外ってなんだよ!!余計だろ!」

子供A「へっへっへユーゴ兄ちゃんはリンお姉ちゃんのおかげでれでぃふぁーすと?って奴を磨かれたからね」

ユーゴ「う、うるせぇ!!」

柚子「ふふふ、それじゃあお言葉に甘させて貰うわ♪」



遊矢「…っ…ここがシンクロ…次元…?」

沢渡「っうぉぉ…!?目の前が真っ白になったと思ったら何処だここ!?」

遊矢「どうやらここがシンクロ次元のようだ」

セレナ「…ここが…」

沢渡「あの上の方は豪華なのに…ここら辺は寂れてんなぁ」

遊矢「そういう次元って所か」

ユート『貧富の差が大きい…』

遊矢「…俺達には関係な事だ…行こう」

沢渡「ちょ、ちょっとまて!よく見たら他のみんないなくねぇか!?」

遊矢「さっきも零児が言っていただろう…皆が同じ場所に転送されるとは限らないと」

セレナ「では皆を探すか?」

遊矢「いや…皆がバラバラだからこそやれる事があるだろう…俺達の目的は柚子を探し出す事…それと君を守る事だ」

セレナ「う、うむぅ」

タナー「はぁ…はぁ…く…」

セキュリティA「追え!!逃すな!!」

タナー「ううっ…」

フランク「こっちだタナー!!」

アマンダ「タナー!!」

沢渡「お、おい子供がなんか追われてるぞ?」

セレナ「我々の目的とは異なる…しかもかなり面倒に巻き込まれる可能性が…」

バッ

沢渡「っお、おい遊矢!?」

セレナ「遊矢!?」

セキュリティA「捕らえた!!!」

ズザァァ!!

セキュリティA「なっ…」

タナー「え?」

遊矢「…」

セキュリティA「な、何者だ貴様!!」

遊矢「お前達こそ子供相手に何をしている」

沢渡「く…くくっ」

セレナ「沢渡…?」

沢渡「さっきまで俺達には関係ないって言っときながらこういう事は見逃せないって!?良いねぇ!遊矢!!俺も助太刀するぜ!!」

セレナ「…はぁ…何故こうも考えなしに…まぁだが私もそう言う事は好きだがな!」

セキュリティA「そのガキ共はトップスの私有地に侵入し物を奪った犯罪者だ」

タナー「ち、違う!元々これはオイラ達の物だったんだ!!」

セキュリティA「貴様らコモンズの言い分など聞くに値しない!!」

セレナ「ほう…民衆の声には聞く者と聞かぬ者で区別するのか…」

沢渡「ソイツは行けねぇな…公務員は皆に平等じゃなきゃ行けないぜ」

遊矢「…俺達が相手になってやる…かかってこい」

セキュリティA「良いだろう」バッ

数人のセキュリティの人間が現れる

セレナ「ふん…みんなまとめ私達がやっつけてやる!!」

セキュリティ達・遊矢達「デュエル!!」
LP4000



アニメと同じような展開なのでカット


遊矢「行け!アブソリュート!オッドアイズ!グラビディ!!」

ズゴガガッ!!

セキュリティ3人「ぐわぁぁぉっ!!」
LP0

セレナ「行け!!舞豹姫!!」

ズババッ!

セキュリティ2人「ぬぅぅ!?」
LP0

沢渡「イッツショータイムだぜ!!ビッグ・スター!!」

セキュリティ1人「ぐうぅっ!!?」
LP0

ドサッ

セキュリティA「つ、強い…なんだこいつらは…」

セキュリティB「待て…あの男と女…昨夜に227を破ったトップスの私有地に侵入した2人組ではないか!?」

セキュリティA「何!?」

遊矢「トップスの私有地に…?まさか…ユーゴと柚子か…?」

セキュリティA「通りで…ならばここで…!!」ゾロゾロ

タナー「えぇぇ!?せっかく倒したのにまだこんなにいるの!?」

遊矢「っち…シンゴ、セレナ…まだ行けるか?」

セレナ「勿論だ」

沢渡「おうよ!」

「漆黒の翼翻し、雷鳴と共に走れ!電光の斬撃!シンクロ召喚!降り注げ、《A BF-驟雨のライキリ》!」

ズバァァンッ!!

セキュリティA「なっ!?ぐわぁぁぉっ!!」

遊矢「!?」

「捕まれぇ!!」

遊矢「…セレナ!シンゴ!!」

セレナ「!」

沢渡「な、なんだぁ!?」

ブォォン!!

セキュリティA「に…逃す…な…」ドサッ



遊矢「…助かった…ありがとう」

「良いって事よ、あんた達もタナーやアマンダ、フランクを助けてくれてありがとうよ」

遊矢「…君は?」

「ん?俺か?俺はクロウ…ここら辺に俺達の隠れ家があるんだ、そこで一旦落ち着こうぜ」



キキィ…

遊矢「…改めて礼を言わせてくれクロウ…ありがとう」

クロウ「良いって事よ…それよりタナー!お前達何でセキュリティなんかに…」

タナー「あー!!あんまし顔見えなかったけどそこにいるのって…ユーゴ兄ちゃんにリン姉ちゃん!?」ビシッ

フランク「あっ!本当だ!!ユーゴ兄ちゃん!!」

遊矢「…え?」

クロウ「は?ユーゴが俺に名前なんか聞いてくる…か…ってユーゴ!?」

遊矢「…」

クロウ「それにリンまでいるじゃねぇか!?どうなってんだ!!?お前…リンを探しに行くって言ったきり戻って来ねぇし…見つけてきたってことか!?」

シンジ「クロウ落ち着け…」

遊矢「…済まないがクロウ…俺はユーゴじゃない…そこにいるリンと間違われている子もリンではないセレナだ」

クロウ「え…」

アマンダ「うそーすっごい顔が似てるのに!?」

セレナ「…事実だ」

タナー「うーんそう言われるとユーゴ兄ちゃんの方はクールでバカっぽくないし…リン姉ちゃんの方は…目つきが悪い?」

セレナ「誰の目つきが悪いだ!!」ガッ

タナー「ヒィィ!やっぱりリン姉ちゃんじゃないいぃ」

遊矢「セレナ…落ち着け…俺の名前は遊矢、そしてセレナに…そこにいるのは沢渡シンゴだ」

クロウ「な、なんだよ…驚いちまったぜ…ユーゴの野郎が戻ってきたのかと…」

遊矢「そのユーゴについての事なんだが…詳しく教えてくれないか…?俺達がここに来た理由もユーゴと関係がある」

クロウ「…どういう事だ?…まぁ詳しい話は聞いてやる…まずは落ち着いた所で話をしよう」

遊矢「…分かった」



柚子「ふわぁ!良いお湯だったわ〜」ツヤツヤ

ユーゴ「おう!ってうわぁぁぁ///」

柚子「…どうかした?」

ユーゴ「い、いや…なんでも///」

ユーゴ(い、今一瞬柚子がリンに見えた…また飛びつきそうに…とはいえ仮に飛びついたとしてもリンだろうが誰だろうが殴られそうだしなぁ…危ねぇ…危ねぇ)

柚子「何してんの?」

ユーゴ「ん?これか?Dホイールの調整だよ」

柚子「でもこれユーゴのじゃないよね?」

ユーゴ「…リンの…これはリンのDホイールだ…あいつがいつでも帰って来ても良いようにこうやって調整しねぇとな」

柚子「ユーゴは…リンの事が好きなんだね」

ユーゴ「なっ///そそそ、そんなんじゃねぇよ!!その、まぁ…大切な?…アレだ…うん…そう!!幼馴染ではあるけどよ!!」

柚子(分かりやすいなぁ)

ユーゴ「…本当に大切な幼馴染なんだ…」

柚子「…そうだった…リンとユーゴの関係…聞かせてくれる?」

ユーゴ「え?…ああ、そうだったな…うん…俺とリンはさ…」



クロウ「ユーゴとリンは孤児だった…いや俺も含めてここにいる奴はほぼ全員な」

遊矢「孤児?」

クロウ「…ま、お前達が何処から来たかは知らねぇがこの現状を見れば分かるだろ?ここに住む人間の殆どは生活するのも一苦労の奴らばっかなんだよ」

遊矢「…」

クロウ「ユーゴもリンも俺も…その中の1人だった」



数年前


ショタユーゴ『ふぁぁ…すっげぇ!ここが俺の家になんのか!!』

女性『そうよよろしくねユーゴ君』

ユーゴ『うん!よろしく!!』

少年クロウ『お、お前が新人か?』

ユーゴ『?』

クロウ『俺の名前はクロウだ、ここの施設は俺が仕切ってる』

ユーゴ『へぇ…』

クロウ『だから目上である俺を敬うだぞ』

ユーゴ『ふっ…そんな事ねぇぜ!俺はこのしてぃの天辺を取る男だ!そんな事関係ねぇ!』

クロウ『なんだと!?』

ユーゴ『こういう時はデュエルで決めるのが1番だぜ!!』

クロウ『野郎…掛かってこい!!』



ユーゴ「とまぁクロウっていう奴と最初に出会った時はこんな感じだったかな」ハハハッ

柚子「へぇ…」

ユーゴ「まぁあの頃はなんつーか…生意気なガキだったから…とにかく天辺を取る為にそこら中の奴らに噛み付いてたかな俺…そんな時に出会ったのが…リンだ」



クロウ『うわぁぁぁ』ドサッ
LP0

ユーゴ『よっしゃぁぁ!どんなもんだ!』
LP100

クロウが負けた?

マジかよ…

ユーゴ『へへん!俺は今の所負けなしなんだ!天辺を取るまで俺は負けねぇ!』

クロウ『こ、この…』

ロリリン『はいはい、落ち着いてクロウ』

ユーゴ『!』ドキッ

リン『貴方も…あんまり騒がないで』

ユーゴ『え…あ…う、うん…』ドキドキ

クロウ『こ、この借りは必ず返すぜ!!ユーゴ!!』

リン『…貴方ユーゴって言うの?』

ユーゴ『あ…ああ!よ、よろしく…えーと…』

リン『私はリンよ、よろしくね?』



クロウ「俺より歳は下なんだけど大人びてて施設のみんなを纏めてたのがリンだ」

シンジ「リンは歳が下の子供達からも慕われていて…優しい子だったんだ」

セレナ「ユーゴは…お前より強いのか?」

クロウ「はっはっはっ!直球で聞いてくるじゃねぇかセレナ…まぁよ…悔しいがあいつのデュエルタクティクスは本物だったぜ、ガキの頃から相当頭が切れる…」

セレナ「?そうなのか?私が会った時は何処か抜けた…むしろバカっぽかったぞ?」

クロウ「まぁな、あいつはデュエルの時に頭を使うからか素の時は何処か抜けてるな確かに…まぁあいつの実力は本物だよ…ただし」

遊矢「ただし?」

クロウ「その上を行っていたのがリンだ」



柚子「えっ!?じゃあユーゴって…」

ユーゴ「おう、俺は今まで1度もリンに勝った事がねぇ」

柚子「うそ…」

柚子(セキュリティとあんなデュエルを…それこそ遊矢と同じくらい強かったユーゴが1度も勝てないなんて…)

ユーゴ「初めて戦った時さ…すっげぇ悔しかったのを今でも覚えてるよ」




リン『…何?』

ユーゴ『だから俺とデュエルしろって!』

リン『…どうして?』

ユーゴ『まだ戦って無いのがリンだけだからだ!』

リン『…別にいいけど』

ユーゴ『よし!!じゃあ今やろう!』

リン『…私手加減できないよ?』

ユーゴ『勿論!全力で来い!』

リン『…わかった』

ユーゴ・リン『デュエル!!』
LP4000

ユーゴ『先行は貰ったぜ!俺のターン!自分フィールドにモンスターが存在しない時手札から《SR ベイゴマックス》を特殊召喚する!』


《SRベイゴマックス》
星3/風属性/機械族
攻1200/守 600


ユーゴ『ベイゴマックスの効果発動だぜ!コイツが召喚、特殊召喚に成功した時、デッキから「SR」モンスター1体を手札に加える!俺は《SRタケトンボーグ》を手札に加え、タケトンボーグの効果発動!自分フィールドに風属性モンスターが存在する時手札から特殊召喚する!』


《SRタケトンボーグ》
星3/風属性/機械族
攻 600/守1200


ユーゴ『タケトンボーグの効果!コイツをリリースしてデッキから「SR」チューナーモンスターを特だぜ!!現れろ!《SR赤目のダイス》!!』


《SR赤目のダイス》
星1/風属性/機械族/チューナー
攻 100/守 100


ユーゴ『そして!赤目のダイスの効果で他の「SR」モンスターのレベルを1から6の間に変更できる!俺はベイゴマックスのレベルを6にする!俺はレベル6のベイゴマックスにレベル1の赤目のダイスをチューニング!その美しくも雄々しき翼翻し、光の速さで敵を討て!シンクロ召喚!現れろ、レベル7!《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》!」


《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》
星7/風属性/ドラゴン族/シンクロ
攻2500/守2000


ユーゴ『どーだ!これが俺のエースモンスターだぜ!』

子供A『先生!またユーゴ君がデュエルしてる』

女性『またぁ?』

リン『…かっこいいドラゴンね…』

ユーゴ『そうだろ?でもなコイツは女の子なんだぜ、ちゃんとかわいいって言ってやってくれよな、そっちの方が喜ぶんだ』

リン『…?どうして分かるの?』

ユーゴ『ん?お前には声が聞こえないのか?』



遊矢「…声?」

クロウ「おう、ユーゴは昔っからなんかモンスターと喋ってる感じがあったんだよなぁ」

セレナ「モンスターと話すだと?ふん…下らん…」

遊矢「…」

ユート『俺達もつい最近…』

遊矢「ああ、そうだな…声が…聞こえた…」

セレナ(そういえば…ユーリも…そんな事を言っていたような…???)




ユーゴ『とにかく!俺はこれでターンエンドだぜ!』
手札4

ユーゴ『さ!リンのターンだ!どっからでもかかって来い!』

リン『モンスターの声が聞こえる…ふふ…ユーゴって面白いね!私のターン!』
手札6

ユーゴ『???俺って面白いのか?』

リン『面白いわよ、なんだか一気に興味が湧いてきたわ…私は自分フィールドにモンスターが存在しない時手札から《WW(ウィンド・ウィッチ)アイスベル》を特殊召喚!』


《WW アイスベル》
星3/風属性/魔法使い族
攻1000/守1000


リン『アイスベルの効果発動!召喚、特殊召喚に成功した時、相手に500ポイントのダメージを与え更にデッキから「WW」モンスターを特殊召喚できる!』

ビューッ!!

ユーゴ『わっ!わわっ!冷て!』
LP4000→3500

リン『冷たい訳ないでしょ?最近開発されたばかりのソリッドビジョン?って言う物なんだから』

ユーゴ『それもそうか!』

リン『アイスベルの効果でデッキからグラスベルを特殊召喚する!』


《WWグラスベル》
星4/風属性/魔法使い族/チューナー
攻1500/守1500


リン『グラスベルの効果発動よ!召喚、特殊召喚に成功した時デッキからグラスベル以外の「WW」モンスターを手札に加えるわ!私は《WWスノウベル》を手札に加え、スノウベルの効果発動!自分フィールドに風属性モンスターが2体以上存在する時手札から特殊召喚出来る!』


《WWスノウベル》
星1/風属性/魔法使い族/チューナー
攻 100/守 100


ユーゴ『おお!一杯出てきたな!』

リン『ユーゴもシンクロ召喚したのなら私だってやらなくちゃね…私はレベル3のアイスベルにレベル4のグラスベルをチューニング!真冬の風よ。雪も氷も我が力として吹き抜けよ!シンクロ召喚!現れよ!レベル7!《WW-ウィンター・ベル》!」


《WWウィンターベル》
星7/風属性/魔法使い族/シンクロ
攻2400/守2000


ユーゴ『おお!スゲェ!これがリンのエースモンスターか!!?』

リン『さぁ?どうかしら…私はウィンターベルの効果発動よ!1ターンに1度墓地の「WW」モンスター1体を選択しそのモンスターのレベル×200ポイントのダメージを相手に与える!』

ユーゴ『ちょっとまったぁ!!俺はクリアウィングの効果発動!1ターンに1度レベル5以上のモンスターが効果を発動した時!その効果を無効にして破壊するぜ!!ダイクロイックミラー!!』

ピガァ!!

子供『すげぇ!すっごい光ってるぅ!』

クロウ『ふふん!だから言っただろ!ソリッドビジョンはすげぇんだって!』

女性『だからって盗みは良くないっていつも言ってるでしょう!!』

クロウ『う、うぎ…』



遊矢「…盗みを働いてたのか」

クロウ「う…だ、だってよぉ!子供達がどうしても見たいって言ってたし!あの頃のソリッドビジョンはトップスの奴らが独占してたしで…」

シンジ「俺達も生きる事に…必死だった、それに娯楽ぐらいはデュエルモンスターズしか無かったしな」

クロウ「ま、お陰で俺は顔にマーカーだらけになったけど」

シンジ「そりゃあお前…よく捕まってたからな…1人で」

クロウ「お前ら薄情な奴らだよなぁ人が捕まってんのにゲラゲラ笑いやがって!」

シンジ「いつも逃げ出すくせに何言ってやがる!」

ハッハッハッ!!

セレナ「…なぁ遊矢…なんだがこいつら危なくないか?」

遊矢「…ま、まぁ悪い人達ではないだろう…多分」



リン『あら…』

ユーゴ『よっしゃあ!そしてこの効果で破壊した時!クリアウィングの攻撃力は破壊したモンスターの攻撃力だけアップするぜ!』


クリアウィング
攻撃力2500→4900


ユーゴ『へへん♪』

リン『なら…私は手札から《WW フリーズベル》を召喚!』

ユーゴ『へ?』


《WWフリーズベル》
星4/風属性/魔法使い族
攻1600/守500


リン『あら?私はまだ「通常召喚」は行ってなかったわよ?』

ユーゴ『いぃ!?』

リン『そしてフリーズベルの効果発動!このカードをリリースする事で墓地から「WW」モンスター1体を特殊召喚する!再び冷たい風を吹かせ!ウィンターベル!』


ウィンターベル
攻撃力2400


リン『確か…クリアウィングの効果は1ターンに1度だけ…よね?ならウィンターベルの効果発動!墓地のWWモンスター1体を選択しそのレベル×200ポイントのダメージを与える!私はグラスベルを選択!』

ビュゥゥ!!

ユーゴ『うぅっ!』
LP3500→2700

リン『まだよユーゴ…私はレベル7のウィンターベルにレベル1のスノウベルをチューニング!凍える風よ。吹きすさぶ絶対零度をも我が力と変え吹き抜けよ!!シンクロ召喚!レベル8!《WWブリザードベル》!!』


《WWブリザードベル》
星8/風属性/魔法使い族/シンクロ
攻2800/守2000


リン『これが私のエースよ』

ユーゴ『う…うぉぉ…すげぇ』

リン『そしてブリザードベルの効果発動!このカードがシンクロ召喚に成功した時!フィールドの元々攻撃力よりも高くなっているモンスターの攻撃力を元に戻す!』

ビュゥゥ!!


クリアウィング
攻撃力4900→2500


ユーゴ『ああ!!?』

リン『更に!ブリザードベルは墓地の「WW」モンスター1体を対象にそのモンスターを効果を無効にして特殊召喚しその特殊召喚したモンスターのレベル×200ポイントのダメージを相手に与える!私はウィンターベルを選択!』


ウィンターベル
攻撃力2400


ユーゴ『うわぁぁっ!』ビュォォッ!
LP2700→1800


リン『バトルよ!ブリザードベルでクリアウィングを攻撃!』


ブリザードベル
攻撃力2800



クリアウィング
攻撃力2500


ユーゴ『ううっ…!』
LP1800→1500

リン『ウィンターベルでユーゴにダイレクトアタック!!』

ズガァンッ!!

ユーゴ『うわぁぁっ!』コテンッ
LP1500→0

子供『すげー…ユーゴに勝っちゃった』

クロウ『…マジかよ…リンってあんなに強かったのか…』

リン『大丈夫?ユーゴ…』

ユーゴ『ううう…悔しい!!もう一回だぁ!!リン!!』

リン『ええ!?』



ユーゴ「こんなんじゃ天辺なんて取れねぇ…なんて言ってさ…リンに何度も挑んだけど負けっぱなしそれが悔しくってさ」ハハハッ

ユーゴ「だけど…何よりそれを理由にアイツと一緒にいれるのが嬉しくって…楽しくって」

柚子「へぇ…」ニヤニヤ

ユーゴ「な///ち、ちげぇよ!!その///お、幼馴染みとしてだな!!」

柚子「はいはい、そういう事にしておきますよぉー」

ユーゴ「こ、このぉ///…コホンッとにかく俺達は苦しい生活の中でも楽しく暮らせてたんだよ…あの日までは」

柚子「あの日…」

ユーゴ「そうだぜ…あの日…あいつがリンを攫ったんだ…エクシーズとかいう奴を使う…あいつに…!!」

柚子「ちょ、ちょっと待って!?エクシーズ!?」

ユーゴ「え?俺に似た顔のやつをさ見つけたんだよ、それしか情報なくてさ…でもあいつは間違いなく…」

柚子「あのねユーゴ…」

柚子説明中…

ユーゴ「えぇ!?またまた俺の勘違い!?」

柚子「そう…その人の名前はユートで攫った人はユーリっていう別人」

ユーゴ「マジかよ!!うわぁ…今度会ったら謝んねぇと…」

柚子「ユートも多分理解してくれると思うわ」

ユーゴ「でも柚子のお陰で色々と見えてきた…次元戦争…確かに俺がユートと出会った世界は崩壊していた…辻褄は合う…」

柚子「それにユートも同じ…大切な瑠璃を…」

ユーゴ「そして俺と同じ顔をしたユーリ…確かにそう考えればユートも俺もお互いにユーリと間違えたって理由になるな…そう考えるとユート!!お前に親近感が湧いてきたぞ!!うぉぉ!!一緒に瑠璃とリンを助けようぜ!!」クワッ!!

柚子「…本当にユーゴって単純ね…ってこの人は?」

柚子がポスターを指差す

ユーゴ「ん?ああ、この人はこの次元のチャンピオンでありキングのジャック・アトラス…すげぇ強くてさ!コモンズの希望の星なんだぜ!!俺の憧れの人さ!!」

柚子「憧れ…か…遊矢で言う所のおじさん見たいな人…」

ユーゴ「だけど俺はいつかジャックを越えるぜ!!天辺を目指すならジャックは越えるべき存在なのさ!それにこれはリンとの約束でもあるからな」

柚子「!…ユーゴも…遊矢と…同じ…」

ユーゴ「つっても…今はそれどころじゃねぇよな…リンを助けなくちゃよ…」

柚子「うん!」

ユーゴ「さっそく!明日から行動開始だぜ!柚子!!」

柚子・ユーゴ「オー!」



零児「…ここは…」

月影「どうやら皆…バラバラになってしまったようでござるな」

零児「…」クイッ

月影「いかがなされた零児殿」

零児「どうやらこの次元…一筋縄ではいかなそうだ」

月影「…空に浮かぶ煌びやかな建物…打って変わってここは寂れた街…」

零児「こう言うのもなんだが…私の嫌いな独裁政治の匂いがする…」

月影「ならば…いかが致しましょう」

零児「探りを入れる…頼むぞ月影」

月影「御意」シュバッ

零児「…シンクロ…次元…」



「数多の反応を確認しました」

「昨日ハイウェイにてロジェの手駒の1人が敗北」

「これもまた貴方の手の内…ですな議長?」

「…はぁい、その通りです」ニヤッ



続く

次回

「高速の世界その2」


大道芸を披露し情報集めをしていたデニスそして権化坂、そこに次元戦争のポスターを貼り込んでいる奇怪な人物がいると言う情報が舞い込んでくる。そこに向かうとユーゴ、柚子の姿が合った、しかし直後にセキュリティによる襲撃を受ける。
柚子の捜索に出たクロウと遊矢、街中の騒ぎを聞きつけそこにいたユーゴと合流する。同時刻ロジェの策略によりクロウの隠れ家が発見されセレナ、シンジ、沢渡は子供達を逃がすためセキュリティと激闘する。




熱血ユーゴ塾!!


ユーゴ「やっと俺の出番だぜ!!」

リン「落ち着きなさいユーゴ」

ユーゴ「リンもやっと出番がきたな!!良かったよかった!」

リン「アニメだと出番2話しか無かったし…確かに」

ユーゴ「それはそうと行くぜ!今回のオリカだ!!」



《EMレッサーバル》
星4/光属性/獣族/スケール8
攻 1800/守 1000

【P効果】
①1ターンに1度、エクストラデッキに存在する表側表示のPモンスター1体を選択しそのモンスターを効果を無効にして特殊召喚できる。

【モンスター効果】
①このカードがエクストラデッキに表側表示で存在する時このカードを墓地へ送る事でエクストラデッキに表側表示で存在するPモンスター1体を手札に加える事が出来る。この効果は相手ターンでも発動できる。②墓地に存在するこのカードを除外する事でエクストラデッキに表側表示で存在するPモンスター1体を手札に加える事が出来る。「EMレッサーバル」の②の効果は墓地に送られたターン発動できない。


《覇王振り子》
永続魔法


①このカードが発動したターン自分フィールドのPゾーンのカードはカードの効果で破壊されない。②自分フィールドに「覇王」モンスターが特殊召喚された時、そのモンスターの攻撃力をエンドフェイズまで1000上げる。③自分のモンスターゾーンに「覇王」モンスターが存在し、自分Pゾーンに「覇王」カードが2種類存在する時に発動できる。このカードを破壊し相手フィールドのモンスター全てを破壊する。



《DDカオス・ハルマゲドン》
星4/闇属性/悪魔族/スケール2
攻1500/守500

【P効果】
①自分フィールドに「DD」Xモンスターが存在する時、このカードを破壊する事でデッキから「DD」チューナーモンスター1体を手札に加える。


【モンスター効果】
①このカードをリリースする事で自分フィールドの「DD」モンスターは以下の効果を得る。●戦闘で相手モンスターを破壊できなかった場合攻撃モンスターの攻撃力を1000上げてもう1度続けて攻撃できる。この時守備表示モンスターの守備力を攻撃力が超えている場合その数値分のダメージを相手に与える。②自分フィールドに「DDD死偉王 ヘル・アーマゲドン」が存在する時、このカードのレベルは8となり同名カードとして扱う。


《DD クラーケン》
星1/闇属性/悪魔族/スケール6
攻0/守600

【P効果】
①自分フィールドに「DD」モンスターが特殊召喚された時、Pゾーンのこのカードを特殊召喚できる。

【モンスター効果】
①自分にダメージが発生した時手札のこのカードを墓地へ送りそのダメージを無効にし無効にしたダメージの半分の数値分のダメージを相手に与える。この効果で墓地へ送られた時デッキから「DDクラーケン」1体を手札に加える。

《DDDの違法契約書》
永続罠

①相手がカードの効果を発動した時このカードは発動できる。その発動を無効にする。無効にしたカードがモンスターだった場合このカードが存在する限りそのモンスターは表示形式及び攻撃宣言を行う事は出来なず効果を発動することはできない。②フィールドのこのカードが破壊された時デッキから「DD」Pモンスター1体を手札に加える。③このカードが表側表示で存在する自分のスタンバイフェイズ時に自分は1000ダメージを受ける。


ユーゴ「遊矢VS零児戦のカードだな!」

リン「レッサーバル…エクストラデッキからペンデュラムモンスターを回収する効果…」

ユーゴ「中々トリッキーな動きが出来そうだよな、そんでDDカオス・ハルマゲドンは…後の為のモンスターだ」

リン「ハルマゲドンはアーマゲドンと同じ意味だし…カオス…混沌…いっぱい出てきそうだわ」



《WWフリーズベル》
星4/風属性/魔法使い族
攻1600/守500

①フィールドのこのカードをリリースする事で墓地の「WWフリーズベル」以外の「WW」モンスター1体を特殊召喚する。このターン自分は「WW」モンスター以外のモンスターを特殊召喚できない。


《WWブリザードベル》
星8/風属性/魔法使い族/シンクロ
攻2800/守2000

「WW」チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上

①このカードがS召喚に成功した時、フィールドの元々の攻撃力より高く変化したモンスターの攻撃力を元に戻す②このカードが表側表示で存在する限りモンスターの攻撃力を変化させる魔法、罠、モンスター効果を発動する事は出来ない。③1ターンに1度、自分墓地の「WWブリザードベル」以外の「WW」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚出来る。その後この効果で特殊召喚に成功したモンスターのレベルの数×200ポイントのダメージを相手に与える。このターン自分は風属性以外のモンスターを特殊召喚出来ない。


ユーゴ「リンのカードだぜ!」

リン「ブリザードベルは今流行りの攻撃力2倍やクリスタルウィングをメタする…ある意味で私のエースっぽさが出てるかしら?」

ユーゴ「元々の数値に戻すのは良いけど変化さえ許さねぇなんてずりぃ!!」

リン「ふふ、ユーゴのそういう悔しがる表情好きよ」

ユーゴ「なぁ!?///」

リン「次回もお楽しみね♪」

続け




arcV 最終話おめでとう!!色々合ったけど良かったです!!

SSの方はクロウとユーゴは知り合いなんですが…大丈夫ですかね?
ここから展開がかなり変わってくるので頑張らさせて頂きます!
現在のイイネ数 1
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
あいえ!?こちらの次元の遊矢はメンタルが高いのか、零児に勝っちゃうくらいのデュエルタクティクスを披露してくれました。最終回の先取りですな。
そしてシンクロ次元入りしてあまり語られなかったユゴリンの話が出てきて嬉しかったです。リンちゃん強かったのか。まぁWW単体でも破壊耐性付水晶翼竜を出せるポテンシャルありますからね。
…それにしてもクリアウィングは白翼の魔術師で完全にメス説が濃厚になってますな。分かるぞ…クリアウィングの下半身の縞模様は縞ニーソだな! (2017-03-28 13:39)
カズ
アニメARC-Vも終わってしまいましたね。次回作のVRAINSで遊作の活躍を早くみたいです。
こちらの感想ですが、遊矢強い。ドラゴン達の声を聞いて零児にも早速勝利するほどとは。今後の遊矢を見るのが楽しみです。
そして物語はシンクロ次元へ。やっぱりユーゴと遊矢、リンと柚子を間違える人が続出しましたね。似ているから仕方ない。 (2017-03-28 15:10)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
1 Arc1 振り子のお話 282 2 2017-02-19 -
1 Arc2 舞網チャンピンオンシップ1 151 4 2017-02-23 -
1 Arc3 舞網チャンピンオンシップ2 126 3 2017-02-27 -
1 Arc4 優しい記憶 156 5 2017-03-01 -
1 Arc5 進撃のアカデミアその1 158 3 2017-03-03 -
1 Arc6 進撃のアカデミアその2 112 0 2017-03-05 -
1 Arc7 バトルロイヤルその1 138 3 2017-03-12 -
2 arc8 バトルロイヤルその2 104 2 2017-03-16 -
1 arc9 バトルロイヤルその3 109 2 2017-03-21 -
1 arc10 高速の世界その1 118 2 2017-03-28 -

スポンサーリンク