HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王 Arc⌒V if > arc8 バトルロイヤルその2

遊☆戯☆王 Arc⌒V if/arc8 バトルロイヤルその2 作:こんにゃく


デニス「さて…と…」スッ

火山エリアの小高いビルの上

デニス「遊矢とのデュエル楽しかったなぁ…っと僕は僕の仕事をこなさなくちゃね…ん?」

デニスの視線の先そこには

デニス「あれは…」

セレナ「…貴様ら…」

オベリスクフォースD「大人しく付いて来てください、セレナ様」

オベリスクフォースE「出来れば手荒な事はしたくありません」

セレナ「…嫌だと言ったら?」

オベリスクフォースF「…やむ終えません」

セレナ「だったら私を打ち負かせてみせろ!!」

デニス「確か…ユーリの彼女の…せ、セレ…セ…まっいっか名前なんて…それより脱走したって事かな?困ったお姫様だ」

デニス「まぁ僕には関係ないけど…僕はさっさと「柊柚子」を探してしまおうか」シュバッ



修造「うむぅ…まだ映らないのか?」

アユ「なんで映らないんだろう」

タツヤ「柚子姉ちゃんとかに何かあったんじゃ…」

修造「なにぃ!?」

洋子「修造さん落ち着いてください」

タツヤ「もしかしたらの話ですから…!」アセアセ

修造「ぬぉぉぉ!!柚子ぅぅぅ!!」



黒咲「これは…一体…何があった」

素良「遊矢の実力ならオベリスクフォース3人係でも戦えるとは思ってたけど…」

部隊長「む、無念なり…」

素良「一応オベリスクフォースの部隊長がいたんだけどね…」

遊矢「全てを…」

黒咲「…なんだ?」

遊矢・ユート「『破壊する!!』」

黒咲「っ!?ユート!!?」

素良「様子がおかしい…!!」

黒咲「それは見ればわかる!」

素良そして黒咲は互いに顔を合わせてうなづく

黒咲「手を貸せ紫雲院素良!」

素良「当たり前だよ、遊矢を正気に戻すの手伝ってもらうよ!!」



セレナ「っ…こいつら…私の…対策を…!!」
LP1200
手札1


キャット・ダンサー
攻撃力2400


オベリスクフォースD「当たり前です…貴女を連れ戻しに来たんですから」
LP1000
手札1

オベリスクフォースE「す、すまない…皆…」
LP0

オベリスクフォースF「いいや…それだけセレナ様がお強いという事だ」
LP2400
手札0
セットカード2


トリプルバイト・ハウンド
攻撃力1800


セレナ「くっ…だが私を舐めるなよ!!」

セレナ(それに零児にあんな事を言った手前…恥を晒すわけにはいかない…!!)アセアセ

セレナ「バトルだ!!キャット・ダンサー攻撃だ!『キャット・ダンサーは1度目の攻撃で相手モンスターを破壊せず相手モンスター全てに2度づつ攻撃できる!!』」

オベリスクフォースF「ええ、ですがその対策はさせてもらってますよ!!トラップ発動!《融合霧散》!!『融合モンスターの攻撃宣言時に発動できる、モンスターの攻撃を無効にしてその融合モンスターをエクストラデッキに戻しその融合モンスターの素材1組が墓地に存在する場合そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する。そして特殊召喚されたモンスターの最も攻撃力の高いモンスターの攻撃力分のダメージを受けてもらいます!!』」

セレナ「何だと!?」


ブルーキャット
攻撃力1600

パープルバタフライ
攻撃力1000


オベリスクフォースD「これで終わりです!!セレナ様!!」バッ

セレナ「っ!!」

セレナ(っ…!!ユーリ…!!!)ギュッ

ユーゴ「ちょっと待ったぁぁ!!」ブォォン

オベリスクフォースF「なんだ!?」

ユーゴ「俺は!!手札の『SR(スピードロイド)オセロッド』の効果発動!!『効果によるダメージが発生した時!コイツを特殊召喚し!その効果ダメージを相手に与える!!』」

オベリスクフォースD「なっ!?ぐぁぁっ!!」
LP1000→0

オベリスクフォースF「ぐぉぉっ!?
LP2400→800


《SRオセロッド》
レベル4/風属性/機械族
攻1000/守1800←


ユーゴ「てめぇら!!寄ってたかって女を痛めつけるなんて男のする事かよ!!状況はよくわかんねぇが俺が相手にな…る…うぇ!?」

セレナ「こ、今度は何だ…?」

ユーゴ「り、リン!?お前こんな所に居たのか!!」

セレナ「はぁ!?」

ユーゴ「リーン!!」バッ

セレナ「んなっ!?何をするこの不埒者!!」バンッ

ユーゴ「うおっ!?」

セレナの一撃でユーゴのヘルメットが吹き飛ぶ

ユーゴ「あててて…な、何すんだよ!」

セレナ「っ!?ユーリ!!!?…い、いや…違う…お前はユーリじゃない!!誰だ!!」

ユーゴ「ユーリじゃねぇ!!ユーゴだ!!」

セレナ「ユーゴ?知らんな、それに私だってリンじゃないセレナだ」

ユーゴ「あん?それじゃあ…人違い!?」

セレナ「そうだ」

ユーゴ「マジかよ!!悪ぃ!俺の探してる人に似ててさ!」

セレナ「探してる…?」

ユーゴ「…それよりコイツら何でお前を?」

セレナ「…コイツらはオベリスクフォース…私を捕らえに来たのだ」

ユーゴ「捕らえ…って…お前お姫様か何か?」

セレナ「…まぁそんなようなもんだ(全然違うがな)」

ユーゴ「マジかよ!!?よぉし!ここで会ったのも何かの縁!!ここは俺に任せて行きな!!」

セレナ「良いのか?」

ユーゴ「おう!!俺に任せておけって!!」

セレナ「…恩に着る(バカそうだが利用できるなら利用するか…)」タタタッ…

ユーゴ「さぁてと…俺はセレナのライフを引き継いでやるよ…どっからでもかかってきな」
LP1200

オベリスクフォースF「貴様…!!許さんぞ!!俺のターン!!」
手札1

オベリスクフォースF「俺は《古代の機械猟犬(アンティークギア・ハウンド・ドック)》を召喚!!」


《古代の機械猟犬》
レベル3/地属性/機械族
攻1000/守1000


オベリスクフォースF「そして召喚に成功した時!600ダメージを相手に与える!!」

ユーゴ「へっ!残念だがその効果ダメージも無駄だぜ!!手札のSRオセロッドをもう1体特殊召喚し!!効果ダメージを相手に与える!!」


オセロッド
守備力1800


オベリスクフォースF「もう1体だと!?ぐぁぁっ!!」
LP800→200

オベリスクフォースF「ぐっ…だが…コイツで終わらせてやる!!俺は!!ハウンドドッグの効果発動!『自分の手札、フィールドから「古代の機械」モンスターを素材として融合召喚を行う!!』現れ出でよ!!《古代の機械究極猟犬(アンティークギア・アルティメットハウンドドッグ)》!!」


《古代の機械究極猟犬》
レベル6/地属性/機械族/融合
攻2800/守2000


オベリスクフォースF「こいつが『融合召喚に成功した時!相手ライフを半分にする!!』これは効果ダメージでは無いぞ!!」

ユーゴ「ぐぁぁっ!!」
LP1200→600

オベリスクフォースF「そして!アルティメット・ハウンドドッグは3回攻撃が可能!!これで仕留めてやる!!」

ユーゴ「…へへ…てめぇの攻撃は通らねぇ」

オベリスクフォースF「何!?」

ユーゴ「オセロッドの効果発動!『自分フィールドにオセロッドが2体以上存在する時!相手モンスター1体を守備表示にする!!』」

オベリスクフォースF「バカなっ!?」


アルティメット・ハウンドドッグ
守備力2000


ユーゴ「終わりなのはてめぇのターンだぜ」

オベリスクフォースF「っ…俺はこれでターンエンド」
手札0

ユーゴ「よっしゃ!行くぜ!!俺のターン!!」
手札4

ユーゴ「俺は手札の《SR(スピードロイド)パチンゴーカート》を召喚!!」


《SRパチンゴーカート》
レベル4/風属性/機械族
攻1800/守1000


ユーゴ「効果発動だぜ!『1ターンに1度手札の機械族1体を墓地へ送り相手モンスター1体を破壊する!!』」
手札2

オベリスクフォースF「そうはいくか!!トラップ発動!!永続トラップ《古代の機械分解(アンティークギア・パージ)》!!『相手が「古代の機械」融合モンスターを破壊する時!墓地の「古代の機械」モンスター1体を除外する事でその破壊を無効にする!!』」

ガキンッ!!

オベリスクフォースF「無駄だったようだな!!貴様が守備表示にしたおかげでアルティメットハウンドドッグはこのターン無敵だ!!」

ユーゴ「へぇ…そういうトラップだったのか…分かったぜ…!!俺は『フィールドに風属性モンスターが存在する時』手札の《SR(スピードロイド)タケトンボーグ》を特殊召喚する!!」


《SRタケトンボーグ》
レベル3/風属性/機械族
攻 600/守1200


ユーゴ「タケトンボーグの効果発動!!『コイツをリリースする事でデッキから「SR」チューナーモンスター1体を特殊召喚する!!』現れろ!『SR(スピードロイド)赤目のダイス』!!」


《SR赤目のダイス》
レベル1/風属性/機械族/チューナー
攻 100/守 100


ユーゴ「コイツが『召喚、特殊召喚に成功した時!コイツ以外の「SR」モンスター1体のレベルを1〜6の間に変更する!!』俺はパチンゴーカートのレベルを5にし!!レベル5のパチンゴーカートにレベル1の赤目のダイスをチューニング!!」

オベリスクフォースF「チューナー!?コイツ…シンクロ使いっ!!?」

ユーゴ「十文字の姿もつ魔剣よ。その力ですべての敵を切り裂け!シンクロ召喚!現れろ、レベル6!《HSR(ハイスピードロイド)魔剣ダーマ》!」


《HSR魔剣ダーマ》
レベル6/風属性/機械族/シンクロ
攻2200/守1600


オベリスクフォースF「そいつを出した所でアルティメット・ハウンドドッグはアンティークギア・パージの効果により破壊されない!」

ユーゴ「破壊する必要はねぇな…魔剣ダーマは『守備表示モンスターを攻撃した時、超えた数値だけ相手にダメージを与える貫通効果を持ってる!!』」

オベリスクフォースF「な…にぃ!?」

ユーゴ「バトルだ!!魔剣ダーマ!!敵を引き裂け!!」


魔剣ダーマ
攻撃力2200



アルティメットハウンドドッグ
守備力2000


オベリスクフォースF「ぐぁぁっ!!」
LP200→0

ユーゴ「よっしゃぁ!!」

ユーゴ「…ってもこの後どうすっか…行くあてもねぇし…セレナが心配だな…コイツらみたいなのがまだいるかもしれねぇ…よし!探しに行ってやるか!!」ブォォン…



零児「…シンクロ使いのユーゴ…彼が「融合の手先」…か、彼も気になるが…中島、セレナの動向は?」

中島「遺跡エリア方面に向かっております」

零児「…ユーゴは…真逆に行ったか…中島、セレナを映せ」




柚子「な、なんなの…貴方達…」

オベリスクフォースG「セレナ様どうかお戻りを」

柚子「せ、セレナ?」

オベリスクフォースH「貴方を連れ戻す様アカデミアプロフェッサーから命令を受けているのです」

柚子「アカデミアっ!?」

権現坂「アカデミアだと!?それが何故柚子を…ええい!如何なる事情があれど柚子には指一本触れさせんぞ!!」

柚子「権現坂…」

オベリスクフォースI「なんだ貴様は…」

権現坂「行け柚子…ここは俺が引き受ける!!」

柚子「権現坂…わ、わかった気をつけてね!!」ダッ

オベリスクフォースG「…追え」

オベリスクフォースI「ああ」ダッ

権現坂「なっ!?待てい!!」

オベリスクフォースH「お前の相手は俺たちだ」

権現坂「ぐっ…」



デニス「ふぅ…やっとみつけたよ…柊柚子…オベリスクフォース…柚子を襲ってる所を見るとセレナと間違えてるよねアレ…ああ、そうだそうだセレナだったねあの子」

ピカァ…

デニス「ん?」

ユーリ「…」

デニス「随分遅かったじゃないか…ユーリ」

ユーリ「…誰?」

デニス「酷い!!何度か一緒に行動したじゃないか!デニスだよ!」

ユーリ「ああ…それで?」

デニス「全く…アレが柊柚子だよ」

ユーリ「へぇ…ツインテールか…ふふ似合ってるね」

デニス「…」

ユーリ「何?セレナや瑠璃達と外見が似ているんだ微細な外見の違いで判断しなくちゃ」

デニス「まぁ別にいいけど」

ユーリ「…あの男は?なんで柚子は襲われてるの?」

デニス「あの男は柚子のお友達だよ、襲われている理由は…この次元にセレナが来ていてね、オベリスクフォースにセレナ奪還の命令が下ってるみたいなんだそれで彼らは勘違いしてるってわけ」

ユーリ「そう…ん?それって君…セレナを見捨てたって事?」

デニス「まぁ僕の任務じゃな…」

ユーリ「それでセレナの身に何かあったら…君を食い殺すから」

デニス「…はいはい過保護な事で」

柚子「はぁ…はぁ…くっ…」
LP1200
手札1

ブルーム・エンプレス
攻撃力2900


オベリスクフォースI「…これで終わりにしますよ」
LP4000
手札1


アルティメット・ハウンドドッグ
攻撃力3000

オベリスクフォースI「バトルだ!!アルティメットハウンドドッグ!!攻撃せよ!!」

バキィンッ!!

柚子「きゃぁぁ!!」ズザァァ
LP1200→1100

ユーリ「…」ピクッ

デニス「ユーリ?」

ユーリ「…」スッ

デニス「ちょっ!?えっ!?ユーリ!!?…行っちゃったよ…全く…ユーリはセレナ顔の女の子に弱いなぁ…」

オベリスクフォースI「アルティメット・ハウンドドッグは1ターンに3回攻撃可能!!ダイレクトアタック致しますセレナ様!!」

柚子(っ!!負けるっ!!…遊矢ぁ!!)

ユーリ「僕は手札の《捕食植物(プレデター・プランツ)ブロッキニア・スパイダー》の効果発動『相手の攻撃宣言時、このカードを特殊召喚する、このターンブロッキニア・スパイダー以外のモンスターを攻撃対象に出来ない…』」

オベリスクフォースI「…え?」

柚子「遊…矢?」

《捕食植物 ブロッキニア・スパイダー》
レベル4/闇属性/植物族
攻100/守2000


バキィンッ!!

オベリスクフォースI「えっと…ユーリ様!?」

柚子「ユーリ…?」

ユーリ「…えっとさ君」

オベリスクフォースI「は、はい!」

ユーリ「ここで回れ右して帰ってくれない?」

オベリスクフォースI「は?」

ユーリ「だ・か・ら回れ右して帰れって言ってるんだよ…何度も言わせるな」

オベリスクフォースI「し、しかし命令で…」

ユーリ「帰らないって言うなら…ここで僕が食い殺す」ギロッ

オベリスクフォースI「は、はい!失礼致します!!」ピッ

ピカァ…

ユーリ「…」

柚子「え、えと…あの…」

ユーリ「怪我とかない?」

柚子「え…あ、はい…」

ユーリ「そう、良かった」ニコッ

柚子(なんだろうこの人…さっきの怖い雰囲気が一瞬で無くなって…逆に親近感があるような…落ち着く雰囲気に…)

ユーリ「僕の名前はユーリ…君は柚子だね?」

柚子「え!?ど、どうして…」

ユーリ「それはね、僕が君を攫いに来たから」

柚子「な!?」

ユーリ「僕はアカデミアでね…訳があって君を攫わなくちゃならないんだ…不本意ながらね」

柚子「攫うって何!?アカデミアって!!アカデミアなのにさっきの人達まアカデミアで!どうして!?仲間割れ!?」

ユーリ「ドゥドゥ、落ち着いて、ほら深呼吸」

柚子「スーハー…じゃなくて!!」

ユーリ「あっはは!面白いなぁ柚子は、セレナや瑠璃やリンと本当にソックリだ」

柚子「瑠璃!?それにセレナやリンって…!!まさか貴方がっ!!」

ユーリ「その様子だと瑠璃やリン…まさかセレナと知り合い?それか話を聞いているんだね?」

柚子「貴方が攫ったのね!!」

ユーリ「…まぁね」

柚子「どうして!!?」

ユーリ「…まぁ色々有るんだよ僕にも」

柚子「っ」

ユーリ「さぁ柚子…出来れば…いや本当に手荒な真似はしたくない…大人しく付いて来てくれると嬉しいんだけど」

権現坂「させるかぁ!!」ドンッ!!

柚子「権現坂!!?」

ユーリ「…権現坂?…って君…もしかしてあの2人を倒したの?」

権現坂「当たり前だ!!貴様何者だ!!柚子を攫うとはなんだ!!」

ユーリ「へぇ…倒したんだ…凄いね…君に興味が湧いて来ちゃったよ」

柚子「気をつけて権現坂!!そいつアカデミアよ!!」

権現坂「何!?ならば容赦はせん!!」

ユーリ「君も色々と知ってるんだね、ゴンちゃん」

権現坂「なっ!?誰がゴンちゃんだ!!」

ユーリ「あっはは♪面白いね君…それじゃあこうしやう」ガッ

ガションッ

柚子「えぇ!?な、何!?」

権現坂「な!?」

柚子とユーリに手錠のような物が付けられる

ユーリ「はい、これで僕を倒さないとこのアンカーは消えないよ?」

権現坂「貴様…」

ユーリ「柚子を助けたければ僕と戦うんだ」ニヤニヤ

権現坂「受けて立つ!!!」

柚子「権現坂…」

権現坂・ユーリ「デュエル!!」
LP4000

デニス「全く…瑠璃の時もリンの時も…ほぼ無傷で連れてくる為に面倒な手順を踏むし…ある意味で努力家だよユーリは…どうしよっかなぁ…僕やる事なくなっちゃったし観戦でもしーてよ」



黒咲「先行は貰った!俺のターン!!俺は手札から《RR(レイド・ラプターズ)トリビュート・レイニアス》を召喚!」


《RRトリビュート・レイニアス》
レベル4/闇属性/鳥獣族
攻1800/守500


黒咲「トリビュート・レイニアスが『召喚、特殊召喚に成功した時、デッキから「RR」カード1枚を墓地へ送る』俺は《RR(レイド・ラプターズ)ミミクリー・レイニアス》を墓地へ送る」


《RR(レイド・ラプターズ)ミミクリー・レイニアス》
星4/闇属性/鳥獣族
攻1100/守1900


黒咲「墓地のミミクリー・レイニアスの効果発動!『このカードを除外しデッキからミミクリー・レイニアス以外の「RR」モンスター1体を手札に加える!』」
手札5

黒咲「俺はカードを1枚セットしてターンエンド」
手札4

黒咲「榊遊矢!!一体何があった!!」

遊矢「…」

黒咲「ちっ」

素良「遊矢は前に言ってた」

黒咲「何?」

素良「デュエルは対話だって…だから…遊矢にはデュエルで正気に戻ってもらう!僕のターン!!」
手札5

素良「僕は《ファーニマル・オウル》を召喚!そして効果発動!『このカードが召喚、特殊召喚に成功した時デッキから「融合」カード1枚を手札に加える!』」
手札5


《ファーニマル・オウル》
レベル2/地属性/天使族
攻1000/守1000


素良「僕は手札に加えた融合発動!手札のファーニマル・オウルそして《エッジインプ・チェーン》を融合!煉獄の瞳よ、縛り上げる鎖と混じりして現れ出ちゃえ!融合召喚!!現れろ!全てを封じる鎖のケダモノ!《デストーイ・チェーン・シープ》!!」


《デストーイ・チェーン・シープ》
レベル5/闇属性/悪魔族/融合
攻2000/守2000


素良「エッジインプ・チェーンの効果により『僕はデッキから「デストーイ」カードを手札に加える』…僕はこれでターンエンド」
手札6

黒咲「デュエルは…対話か」

素良「ああ、そうさ…だから僕の気持ちをこのデュエルに乗せるんだ…遊矢には僕の酷い一面を見せたままだから…」

黒咲「…」

遊矢「俺のターン!!」
手札6

遊矢「俺は手札のスケール3《相克の魔術師》とスケール8の《EM(エンタメイト)オッドアイズ・ドラゴン》でペンデュラムスケールをセッティング!!」


《相克の魔術師》
レベル7/闇属性/魔法使い族/スケール3
攻2500/守 500


《EMオッドアイズ・ドラゴン》
レベル4/光属性/ドラゴン族/スケール8
攻 1250/守 1000


遊矢「これでレベル4から7のモンスターが同時に召喚可能…ペンデュラム召喚!!現れよ我が僕のモンスターよ!!レベル4《EM(エンタメイト)リベリオン・ドラゴン》同じくレベル4《EM(エンタメイト)シルバー・クロウ》そしてレベル7《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》!!」


《EM(エンタメイト)リベリオン・ドラゴン》
レベル4/闇属性/ドラゴン族/スケール1
攻1250/守1000


《EMシルバークロウ》
レベル4/闇属性/獣族/スケール5
攻1800/守700


遊矢「俺はレベル4EMリベリオン・ドラゴンとシルバークロウでオーバレイ!」

遊矢・ユート「『漆黒の闇より、愚鈍なる力に抗う、反逆の牙今降臨せよ!!エクシーズ召喚!!ランク4!!《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》』!!」


《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》
ランク4/闇属性/ドラゴン族/エクシーズ
攻2500/守2000


素良「なっ!?あのモンスターは…!!」

黒咲「そうだ…奴のモンスター…ダーク・リベリオンはユートのモンスター…奴は「俺の中にユートがいる」と言っていた…先程本当に奴にユートを感じた…あながち嘘ではないかもしれん」

素良「そんな…」

遊矢「エクシーズ素材となったEMリベリオン・ドラゴンの効果発動『このカードがエクシーズ素材となった時相手フィールドのモンスター1体の攻撃力を半分にする!!』俺はトリビュート・レイニアスを選択!!」


トリビュート・レイニアス
攻撃力1800→900


遊矢「更にダーク・リベリオンの効果発動!『オーバレイレイユニットを2つ使い相手モンスター1体の攻撃力を半分にしその数値分ダーク・リベリオンの攻撃力を上げる!』デストーイ・チェーン・シープを選択!トリーズン・ディスチャージ!!」


ダーク・リベリオン
攻撃力2500→3500


デストーイ・チェーン・シープ
攻撃力2000→1000


遊矢「バトルだ!!オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンでトリビュート・レイニアスを攻撃!!螺旋のストライク・バースト!!!」


オッドアイズ
攻撃力2500



トリビュート
攻撃力900

黒咲「トラップ発動!!《RR(レイド・ラプターズ)レディネス》!!『このターン俺のフィールドの「RR」モンスターは戦闘で破壊されない!!』」

遊矢「だがダメージは受けてもらう…そして『オッドアイズの効果により戦闘によるダメージを2倍にする!!』リアクション・フォース!!」

黒咲「ぐぁぁっ!!」
LP4000→800

素良「黒咲!!」

遊矢「他人の心配をしていられるのか?俺はダーク・リベリオンでデストーイ・チェーン・シープを攻撃!反逆のライトニング・ディスオベイ!!!」


ダーク・リベリオン
攻撃力3500



デストーイ・チェーン・シープ
攻撃力1000


素良「ぐっ!!だけど…チェーン・シープは『破壊された時、墓地から攻撃力を800上げて特殊召喚する効果がある…!!』」
LP4000→1500


デストーイ・チェーン・シープ
攻撃力2000→2800


遊矢「…俺はカードを1枚セットしてターンエンド」
手札0

黒咲「…ユート…お前がその中に居てそして今のこの状況に関係しているというのであれば…俺がお前を正気に戻す!!俺のターン!!」
手札5

黒咲「俺はフィールドに「RR」モンスターが存在する時手札から《RR(レイドラプターズ)ファジー・レイニアス》を特殊召喚!そして《RR(レイド・ラプターズ)ナパーム・ドラゴニアス》を通常召喚!」


《RR ファジー・レイニアス》
レベル4/闇属性/鳥獣族
攻 500/守1500


《RR ナパーム・ドラゴニアス》
レベル4/闇属性/鳥獣族
攻1000/守1000


黒咲「ナパーム・ドラゴニアスの効果発動!『1ターンに1度!相手に600ポイントのダメージを与える!!』」

ボシュゥッ!

遊矢「くっ…!」
LP4000→3400

黒咲「そして!レベル4トリビュート・レイニアス、ファジー・レイニアス、ナパーム・ドラゴニアスでオーバレイ!雌伏の隼よ逆境の中で研ぎ澄まされし爪を挙げ、反逆の翼翻せ!!エクシーズ召喚!ランク4!!《RR(レイド・ラプターズ)ライズ・ファルコン》!!」


《RRライズ・ファルコン》
ランク4/闇属性/鳥獣族/エクシーズ
攻100/守2000


黒咲「ライズ・ファルコンの効果発動!『オーバレイユニットを1つ使い相手モンスター1体の攻撃力をライズ・ファルコンに加えそしてこのターン特殊召喚されたモンスター全てに攻撃する!!』俺はダーク・リベリオンの攻撃力をライズ・ファルコンに加える!!」


ライズ・ファルコン
攻撃力100→3600


黒咲「バトルだ!!ライズ・ファルコン!!オッドアイズ及びダーク・リベリオンを引き裂け!!」


ライズ・ファルコン
攻撃力3600



オッドアイズ
攻撃力2500

ダーク・リベリオン
攻撃力3600


素良「これなら相手を一気に…!!」

遊矢「トラップ発動!《覇王の証》!!『自分フィールドに存在するエクストラデッキから特殊召喚されたドラゴン族モンスターはこのターン戦闘、効果で破壊されない!!』」

黒咲「だが…ダメージは受ける!!そしてエクストラデッキから特殊召喚されていないオッドアイズは破壊される!!」

バギャンッ!!

遊矢「っ!!」
LP3400→2200

遊矢「この瞬間!!覇王の証の更なる効果!!『自分フィールドのドラゴン族モンスターが破壊された時!!破壊されたドラゴン族モンスターの元々の攻撃力の半分の数値のダメージを相手に与える!!』」

黒咲「なっ!?」

素良「なんだって!?」

遊矢「ひれ伏すがいい!!」

黒咲「っ!!俺は墓地のRRレディネスの効果発動!!『墓地のこのカードを除外し自分に対するこのターンのダメージを0にする!!』…俺はこれを紫雲院素良に使う!!」

素良「なっ!?」

ボギャァァ…!!

黒咲「ぐぁぁっ!!」
LP800→0

ズザァ…

素良「黒咲!!」

黒咲「…奴は…お前の「友達」なのだろう…ならば…お前が呼び戻せ…!!」

素良「…」コクッ

遊矢「…ふん」

素良「遊矢…必ず取り戻してあげるから…待ってて!!僕のターン!!」
手札7

素良「僕は手札から《エッジインプ・シザークロウ》の効果発動!『フィールドの「デストーイ」モンスターをリリースすることで特殊召喚する!!』」


《エッジインプ・シザークロウ》
レベル8/闇属性/悪魔族
攻2500/守2000


素良「そして融合発動!!フィールドのシザークロウそして手札の《ファーニマル・ベア》を素材として融合召喚を行う!悪魔の大爪よ!野獣の牙よ!今一つとなりて新たな力と姿を見せよ! 融合召喚!現れ出ちゃえ、すべてを切り裂く戦慄のケダモノ、《デストーイ・シザー・ベアー》!」


《デストーイ・シザー・ベアー》
レベル6/闇属性/悪魔族/融合
攻2200/守1800


素良「そして墓地へ送られたエッジインプ・シザークロウの効果により『墓地の「ファーニマル」と「エッジインプ」モンスター1体ずつ除外し「デストーイ」融合モンスターを特殊召喚する!!』僕はエッジインプ・シザークロウとファーニマル・ベアを除外する!!」

素良「融合召喚!!全てを引き裂く密林の獣!!《デストーイ・シザー・タイガー》!!」


《デストーイ・シザー・タイガー》
レベル6/闇属性/悪魔族/融合
攻1900/守1200

素良(この変則タッグデュエルじゃあ僕のターンが終わるまで遊矢のダーク・リベリオンは覇王の証の効果で破壊されない…だけど)

素良「僕は更に手札のデストーイ・リニッチを発動!『自分の墓地の「デストーイ」モンスター1体を特殊召喚する!!』来い!デストーイ・チェーン・シープ!!」


デストーイ・チェーン・シープ
攻撃力2000


素良「これで3体…だけどまだだ!!僕は!!手札のファーニマル・オウルを召喚!!そしてその効果により『僕はライフを500払いフィールドのファーニマル・オウルとチェーン・シープを素材として融合召喚を行う!!』」

素良「融合召喚!!全てに牙むく魔境の猛獣、《デストーイ・サーベル・タイガー》!!」


《デストーイ・サーベル・タイガー》
レベル8/闇属性/悪魔族/融合
攻2400/守2000


素良「そしてサーベル・タイガーの効果により!!『墓地から「デストーイ」モンスターを特殊召喚する!!』再び甦れ!!チェーン・シープ!!」


チェーン・シープ
攻撃力2000


素良「これで準備は整った!!サーベルタイガーそしてシザー・タイガーの効果により!『フィールドの「ファーニマル」、「デストーイ」モンスターの数だけ300そして400ポイントずつ「デストーイ」モンスター全ての攻撃力をアップさせる!!』」


シザー・ベアー
攻撃力2200→5000

シザー・タイガー
攻撃力1900→4700

チェーン・シープ
攻撃力2000→4800

サーベル・タイガー
攻撃力2400→5200


黒咲「攻撃力を上げる事が狙い…か」

素良「確かにこのターン遊矢のモンスターは破壊できないでも!さっきの黒咲の時、戦闘ダメージは受けていた!!つまり!!圧倒的火力で上から叩く!!バトルだ!!シザー・ベアー、シザー・タイガー、チェーン・シープ、サーベルタイガー!!ダーク・リベリオンを攻撃だ!!」

素良(これで…!!)

遊矢「『オーバレイユニットとして墓地へ送られたEMリベリオン・ドラゴンの効果発動!!このカードを除外または600ポイントライフを払うことでエクストラデッキに表側表示で送り!フィールドの「エクシーズ・ドラゴン」1体を選択しそのモンスターの攻撃力をエンドフェイズまで1200ポイント上げる!!』」
LP2200→1600

ダーク・リベリオン
攻撃力3600→4800


素良「なっ!?まだそんな効果がっ!!?くっシザー・タイガーの攻撃は中断だ!!」

ドガガガッ!!!

遊矢「ぐぅぅっ!!」
LP1600→1000

素良「な…」

黒咲「耐えた…だと…!?」

素良「…チェーン・シープの効果で攻撃力を800上げて墓地から特殊召喚する…」


チェーン・シープ
攻撃力4800→5600

素良「僕はカードを1枚セットしてターンエンド…」
手札1

素良「遊矢…!!」



…と…ーと…

ユート『ぐぉぉぉっ!!』

ユート!!!

ユート『っ』

遊矢『ユート!』

ユート『…こ、ここは…』

遊矢『落ち着いたか?ユート』

ユート『俺は…』

遊矢『君は…いや「俺達」は今意識を失っている状態だ』

ユート『なに?』

遊矢『厳密には違うが…これを見るといい』

遊矢が前を指差す

そこには

遊矢「俺のターン!!」
手札1

ユート『これは…それに隼!!?紫雲院素良!!』

遊矢『彼らは俺達がこうなってしまった後デュエルで俺達の心を動かそうとし懸命に戦っている…しかし…俺1人ではどうやっても抜け出せずユートを呼び続けていた』

ユート『俺は…すまない遊矢』

遊矢『いや、いいんだユート…君の性格は知っている…君はずっと1人で溜め込んでいたんだ「怒り」を…怒らないよう懸命に冷静を保っていた…それが爆発してしまっただけだ』

ユート『しかし…』

遊矢『…君が我を失ってしまった時、君の記憶が流れ込んできた…黒咲との出会い…ハートランドでの生活…そして瑠璃…』

ユート『…』

遊矢『…アカデミアに襲われたあの日の記憶も確かに鮮明に俺の頭の中に入ってきたよ…怒りで我を忘れるのも無理はない…逆に君は発散してこなかったんじゃないのか?』

ユート『俺は…隼のようにはなれなかった…怒りに任せて行動しなかった…けしてそれが良いことではない…だがこうやって溜め込んだツケが今の俺達の状態を引き起こしているというのなら…これは俺の責任だ…前にこんな現象になった時は大丈夫だったのに…俺の怒りが原因で…』

遊矢『なら俺もだな』

ユート『遊矢…』

遊矢『俺と君は今一心同体…その相方を止められなかった俺の責任でもある…』

ユート『…ふ…君は本当に優しい』

遊矢『俺達はいわば「相棒」だ…ユート、黒咲や素良が呼んでる…一緒に戻るぞ』

ユート『ああ!』



遊矢「俺は!!セッティング済みのペンデュラムスケールで再びペンデュラム召喚を行う!!現れよ!!オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン!!」


オッドアイズ
攻撃力2500


遊矢「そして…相克の魔術師のペンデュラム効果発動!!『1ターンに1度、フィールドのエクシーズモンスター1体にランク分のレベルを与える!!』俺はダーク・リベリオンをレベル4にする!!」

素良「ランクをレベルに!?」

黒咲「な…んだと…?」

遊矢「そしてEMオッドアイズ・ドラゴンのペンデュラム効果発動!『1ターンに1度自分フィールドのモンスター1体のレベルを7にする!!』俺はダーク・リベリオンのレベルを7に!!」


ダーク・リベリオン
レベル4→7

黒咲「これで…レベル7が2体…まさか…!!」

遊矢「俺はレベル7のダーク・リベリオンそしてオッドアイズでオーバレイ!!二色の眼の龍よ!その黒き逆鱗を震わせ、刃向かう敵を殲滅せよ!エクシーズ召喚!いでよ、ランク7!怒りの眼輝けし龍!《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》!」


《覇王黒竜 オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》
ランク7/闇属性/ドラゴン族/スケール4
攻3000/守2500

ビュァァォっ!!

素良「くっ…!!」

黒咲「これは…先程の…っ!!」

遊矢「オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンが『エクシーズモンスターを素材にエクシーズ召喚に成功した時、レベル7以下のモンスター全てを破壊し破壊した数×1000ポイントのダメージを与える!!』俺の前から全て消え失せろ!!オーバーロード・ハウリング!!」

黒咲「まずいっ!」

素良「トラップ発動!!《デストーイ・コーティング》!!『相手が「デストーイ」モンスターに対して発動するマジック、トラップ、モンスター効果の発動を無効にしそのカードを破壊する!!』これで遊矢のそのモンスターは破壊だ!!」

素良「元に戻って!!遊矢!!!」

遊矢「俺は手札の装備魔法!!《覇王逆鱗》発動!!」

黒咲「装備魔法をこのタイミングで発動だと!?」

遊矢「『自分フィールドに存在する「覇王」モンスター1体に対し相手がカードの効果を発動した時このカードをそのモンスターに装備する!!装備モンスターは戦闘、及び効果で破壊されない!!』」

素良「なっ!!?」

ギュイイッ!!

オッドアイズ・リベリオンの球体状の鎧が逆立ち棘のように変化する

遊矢「これで終わりだ!!」

黒咲「…召喚時効果を防ぐことが出来ない…万事休すか…」

遊矢「ぐぅっ!?」ガクッ

素良「!?遊矢!!?」

遊矢『うぉぉぉっ!!』

ユート『うぉぉぉっ!!』

遊矢「ぐぁぁぁ!?」

素良「遊矢!!しっかり!!」

ヒシュンッ…

黒咲「あの漆黒の竜が…消えた…これは…」

遊矢「はぁ…はぁ…」

素良「遊矢!!?大丈夫!!?」ダッ

遊矢「ああ、平気…だ…よ」スッ

素良「遊矢!!」ギュッ

素良が遊矢を抱きとめる

遊矢「ありがとう…素良…君のおかげで助かった…」

素良「えへへ///良かったよ…遊矢が無事で…」ナデナデ

黒咲「デュエルには負けたが…戦いには勝ったか…」黒咲スマイル

ザッ



零児「エクシーズ…ペンデュラム…驚いた…榊遊矢…彼はペンデュラムのその先を既に…」

中島「大変です!社長!!氷河期エリアにて動きが!!」

零児「何?」

中島「今映します!!」



ユーリ「さてと…それじゃあ僕のターンから行こうかな」

零児「…あれは…」

中島「権現坂及びアカデミアの兵士だと思われます」

零児「…榊遊矢…?いや…アカデミア…では彼がセレナの言っていた「ユーリ」か」



ユーリ「僕のターン、僕はカードを1枚をセット、これでターンエンド」
手札3

ユーリ「さぁ君のターンだ、僕を楽しませてよね?」

権現坂「楽しむだと!?柚子を拘束しておいて何を言うか!!」

ユーリ「これは仕方がないじゃないかこれをつけてないと逃げられちゃうかもしれないし…」

権現坂「人質を取るとはけしからん!!柚子!!待っていろ!!今すぐに助けてやる!!俺のターン!!」ブォンッ!!
手札6

ユーリ「ワオ…凄い風…」

権現坂「俺は手札から《超重武者 カゲボウC》を召喚!」


《超重武者カゲボウC》
レベル3/地属性/機械族
攻 500/守1000


権現坂「カゲボウCの効果発動!『このカードをリリースし手札から「超重武者」モンスター1体を特殊召喚する!』俺は手札の《超重武者ビッグベンK》を特殊召喚!!」


《超重武者ビッグベンK》
レベル8地属性/機械族
攻1000/守3500←


ユーリ「おぉ、凄いねぇ守備力3500!…でもそれじゃあ僕は倒せないんじゃない?」

権現坂「俺のデュエルは不動…」

ユーリ「不動?」

権現坂「そうだ…いつ如何なる時も動かず真っ正面から相手と戦う!!故にビッグベンKは『守備表示のままその守備力で攻撃することが可能!!』」

ユーリ「えっ!?って事は実質攻撃力3500!?」

権現坂「行け!!ビッグベンK!!!」

ギュァンっ!!ドガガガッ!!!

ユーリ「へぇ…面白いねソレだけど…何も対策してないわけがないよね!!僕は手札から《捕食植物(プレデター・プランツ)ブロッキニア・スパイダー》の効果発動!!『相手の攻撃宣言時このカードを特殊召喚し相手はこのカード以外を攻撃対象にできない…』っと言っても僕のフィールドにはコイツだけだけど」


《捕食植物 ブロッキニア・スパイダー》
レベル4/闇属性/植物族
攻100/守2000←


権現坂「む…!!だが破壊はさせてもらう!!」

ズギャァンッ

ユーリ「っ…そうだよねぇ!!破壊しちゃうよねぇ!!この瞬間!ブロッキニア・スパイダーの効果発動!『このカードが戦闘で破壊された時!相手フィールドのモンスター1体に捕食カウンターを1つ乗せる!』」

パクっ 小さな植物がビッグベンKに噛み付く

権現坂「な、なんだこれは!」

ユーリ「まぁまぁ…それは後でのお楽しみって事で…それでどうするの?」

権現坂「…俺はこれでターンエンドだ」
手札4

ユーリ「それじゃあ僕のターンだ…ドロー」
手札4

ユーリ「僕は手札の《捕食植物(プレデター・プランツ)トリフィオフィルム・ヒュドラ》の効果発動『フィールドに捕食カウンターが存在する時手札のこのカードを特殊召喚する』」


《トリフィオフィルム・ヒュドラ》
レベル5/闇属性/植物族
攻2300/守800


ユーリ「このカードが『この効果で特殊召喚に成功した時、特殊召喚時にフィールドに存在する捕食カウンターの数だけ僕はデッキからカードをドローできる、ドローしたカードが「捕食植物」以外の場合は墓地へ送る』捕食カウンターはゴンちゃんのフィールドな1つよって1枚ドローする」
手札4

ユーリ「そして僕は手札から《融合》発動」

柚子「融…合…」

ユーリ「僕は手札の《捕食植物(プレデター・プランツ)テッポウリザード》とフィールドのトリフィオフィルム・ヒュドラを融合する、切望撃つ植物よ双頭の花弁の竜と混じりて数多の生物の生き血を啜れ!融合召喚!レベル7《捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア》!!」


《捕食植物プレデター・プランツキメラフレシア》
レベル7/闇属性/植物族/融合
攻2500/守2000


権現坂「融合…やはり柚子の言っていた通りこやつもアカデミア…しかし先程の奴らとは違う!」

ユーリ「僕をあんなのと一緒にしないでほしいかな、ゴンちゃん」

権現坂「…何?」

ユーリ「僕は結構…強いよ」

権現坂「…」

柚子「…大層な自信ね」

ユーリ「まぁね♪僕はキメラフレシアの効果発動『1ターンに1度、相手フィールドの捕食カウンターが乗ったモンスター1体を除外する』」

権現坂「何!?」

ユーリ「さぁて消えてもらおうかなビッグベンK」

ビュアッ!!

権現坂「そうは行くか!!墓地のカゲボウCの効果発動!『墓地のこのカードを除外し「超重武者」を対象に発動する効果を無効にし破壊する!!』」

ユーリ「おっと…それは困るなぁ…それじゃあ永続トラップ発動《捕食形成(プレデター・フォーメーション)》!『自分フィールドの「捕食植物」モンスターが破壊される場合デッキの「捕食植物」モンスター1体を墓地へ送る事で破壊を無効に出来る』さぁ僕は《捕食植物(プレデター・プランツ)ドロソフィルム・ヒドラ》を墓地へ送るよ」

ユーリ「うーん…守備力3500かぁ…高いなぁ…何も出来ないや僕はこれでターンエンド」
手札2

権現坂「俺のターン!!」
手札5

権現坂「何故この次元にアカデミアが来た!!何故柚子を狙う!!」

ユーリ「うーん…僕は優しいからね教えちゃう、まず1つアカデミア…つまりゴンちゃんはさっきのオベリスクフォースも含めて言っているんだと思うけど僕とオベリスクフォースの目的は厳密には違う」

権現坂「何!?まさか…エクシーズ次元の人間のようにこの次元を!?」

ユーリ「違う違う…ってエクシーズ次元の事も知ってるんだねなら話は早い、エクシーズ次元の様には多分「まだ」ならないよ」

柚子「まだ…」

ユーリ「そう「まだ」…ねオベリスクフォースは今セレナって言う子を追ってるんだ」

柚子「セレナ…?」

ユーリ「うん♪君に似て可愛いんだ♪」

権現坂「…何故だ」

ユーリ「セレナの方は僕達アカデミアの人間なんだけど…セレナは大切にされててねもはや監禁まがいの過保護な環境にいたんだ…だけどセレナはそんな生活に嫌気がさしてね…脱走したんだ」

柚子「監禁って…女の子を監禁するなんて…!!」

ユーリ「だよねぇ僕もそう思うよ、だから僕が逃した」

柚子「え!?」

ユーリ「セレナには自由になって欲しいからね、何たって僕のたった1人の家族だからね」

権現坂「むぅ…」

ユーリ「そしてそのセレナに話は繋がってくるんだけど…僕が柚子を狙う理由…それはプロフェッサーに命令されてるから、としか言えないかな…理由は聞かされてない」

権現坂「っ理由も分からずに狙うだと!?」

ユーリ「だってどうでもいいもんそんな事…とにかく柚子達を連れて行けばプロフェッサーはセレナを自由にしてくれると約束してくれた…まぁそれが例え嘘だとしても柚子達を集めた時に出来る隙をついてセレナを連れて逃げさせて貰うけどね」

柚子「貴方…」

権現坂「えぇい!!けしからぁぁん!!ユーリと言ったな!!そんな事で柚子を連れて行かせると思うな!!俺は『自分の墓地にマジック、トラップカードが存在しない時!手札から《超重武者ホラガE》を特殊召喚する!!』」


《超重武者ホラガE》
レベル2/地属性/機械族/チューナー
攻 300/守 600


権現坂「俺はレベル8の超重武者ビッグベンKにレベル2のホラガEをチューニング!荒ぶる神よ、千の刃の咆哮と共に砂塵渦巻く戦場に現れよ!シンクロ召喚!いざ出陣!レベル10!《超重荒神スサノ-O》!」


《超重荒神ちょうじゅうこうじんスサノ-O》
レベル10/地属性/機械族/シンクロ
攻2400/守3800←


ユーリ「シンクロ…ゴンちゃんシンクロ使えるんだ…凄いね…それに守備力3800…もしかしてそのモンスターも守備力で攻撃出来るのかな?」

権現坂「その通りだ!」

ユーリ「ふぅんだけど僕のキメラフレシアはプレデター・フォーメーションで守られるけどねぇ」

権現坂「知っている!だからこそ!!俺は手札の《超重武者テンBN》を召喚!!」


《超重武者テンBN》
レベル4/地属性/機械族
攻 800/守1800


権現坂「テンBNの効果発動!『召喚、特殊召喚に成功した時、墓地にマジック、トラップが存在しない場合レベル4以下の「超重武者」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する!!』現れよ!ホラガE!!」


ホラガE
守備力600


ユーリ「これは…」

権現坂「俺はレベル4のテンBNにレベル2のホラガEをチューニング!雄叫び上げよ。神々しき鬼よ!見参せよ。氷雪すさぶ戦場いくさばに!シンクロ召喚!いざ出陣!レベル6!《超重神鬼シュテンドウ-G》!」


《超重神鬼シュテンドウG》
レベル6/地属性/機械族/シンクロ
攻 500/守2500←


権現坂「シュテンドウGが『シンクロ召喚に成功した時!相手フィールドののマジック、トラップカードを全て破壊する!!』」

ユーリ「っ…!成る程…プレデター・フォーメーションを破壊して耐性を削ぐか…!だけど…ただではやられないんだよねぇ…!プレデター・フォーメーションが『相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードと「捕食植物」モンスター1体を除外する事で相手フィールドのモンスター1体に捕食カウンターを乗せる!!』僕は墓地のトリフィオフィルム・ヒュドラを除外!そしてスサノOに捕食カウンターを乗せる!!」

ガブッ

権現坂「むぅ!!またか!!ならば俺は手札の《超重武者装留 イワオトシ》の効果により『「超重武者」モンスターに装備カードとしてこのカードを装備する!』シュテンドウGにイワオトシに装備する!!…ここで決めさせて貰う!!スサノO!!キメラフレシアを攻撃!!クサナギソード・斬!!」


《超重武者装留イワオトシ》
効果モンスター
レベル4/地属性/機械族
攻1200/守 0



スサノO
守備力3800



キメラフレシア
攻撃力2500


ユーリ「うぅっ!!やるね…」
LP4000→2200

権現坂「これで終わりだ!シュテンドウGもまた守備力で攻撃可能!!シュテンドウGでダイレクトアタック!!」

柚子「これが決まれば…!」

ユーリ「そう簡単に行くと思わないでよね!僕は手札から《捕食植物(プレデター・プランツ)セラセニアント》の効果発動!『相手の直接攻撃宣言時にこのカードを特殊召喚する』」


《捕食植物セラセニアント》
レベル1/闇属性/植物族
攻 100/守 600 ←


権現坂「無駄だ!壁を張った所でシュテンドウGはその壁ごと貫く!!イワオトシの効果発動!『装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時!その守備力を超えていればその数値分ダメージを与える!!』」

ユーリ「なんだって!?」

柚子「権現坂…この事を見越していたのね!」

ズギャァンッ

ユーリ「うわぁぁぁっ!」
LP2200→300

ズザァァ

ユーリ「くっ…だけどねゴンちゃんセラセニアントには『戦闘を行なった相手モンスターをダメージ計算後に破壊する効果があるんだよ…!!』」

権現坂「何っ!?」

ユーリ「シュテンドウGを破壊する!」

権現坂「くっ…!!しかしイワオトシが『フィールドから墓地へ送られた時デッキから「超重武者」モンスター1体を手札に加えることが出来る』」
手札2

ユーリ「なら僕もセラセニアントが『フィールドから墓地は送られた時デッキから「プレデター」カードを1枚手札に加える事が出来る』」
手札2

権現坂「俺はこれでターンエンドだ」
手札2

ユーリ「ふふ…いやぁ…いいねぇ」

権現坂「何を笑っている!」

ユーリ「そりゃあ笑っちゃうよ!ここまで僕を苦戦させるなんて!!アカデミアでも僕のライフを削ることが出来るデュエリストなんて5本の指で数えられるかどうかなのに!ここまで強いデュエリストがこんな所にいるなんて…楽しくてしょうがない…!!」

柚子「え…」

柚子(まるで…遊矢見たい…)

ユーリ「いいねゴンちゃん…君に敬意を評する!!僕のターン!」
手札3

ユーリ「僕は手札から《にん人》を召喚!」


《にん人》
レベル4/闇属性/植物族
攻1900/守 0


ユーリ「そして…墓地のドロソフィルム・ヒドラの効果発動!!『フィールドに捕食カウンターが乗ったモンスターをリリースして…墓地、手札のこのカードを特殊召喚する!!』」

権現坂「なっ!?」

ユーリ「現れよ!!ドロソフィルム・ヒドラ!」

バキンッ!

権現坂「っ!!スサノO!!」


《捕食植物ドロソフィルムヒドラ》
レベル5/闇属性/植物族
攻 800/守2300


ユーリ「そして僕は手札から装備魔法《捕食繫み木(プレデター・グラフト)》発動これで『墓地の「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する』僕はテッポウリザードを特殊召喚!」


テッポウリザード
攻撃力1200


ユーリ「テッポウリザードの効果『墓地からこのカードが特殊召喚に成功した時デッキから1枚ドローする』」
手札2

ユーリ「そして僕は手札の永続魔法《プレデター・プランター》を発動!『1ターンに1度、墓地の「捕食植物」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚する』現れろ、セラセニアント!」


セラセニアント
攻撃力100


ユーリ「準備は整った…ここで僕はさっきセラセニアントの効果で手札に加えた《捕食融合(プレデター・フュージョン)》発動!『自分フィールドの「捕食植物」を含む闇属性モンスターのみを使用し融合召喚を行う場合、フィールドの融合召喚に決められたモンスターを2組まで選択しそれぞれをエクストラデッキから融合モンスターを融合召喚する!!』」

ユーリ「僕はフィールドのセラセニアントとテッポウリザードを融合!!切望撃つ植物よ、魅惑の花咲かす虫よ…魂喰らいてその姿を現せ!融合召喚!現れよ!!数多の虫を喰らう貪欲の葉!!レベル8!《捕食植物(プレデター・プランツ) ディオナス・ムスキブラ》!!」


《捕食植物ディオナス・ムスキブラ》
レベル8/闇属性/植物族/融合
攻2800/守2200


ユーリ「これで終わりじゃない、僕は更にフィールドのドロソフィルム・ヒドラとにん人を融合!魅惑の香りで虫を誘う二輪の花よ!今ひとつとなりて、その花弁の奥の地獄から、新たな脅威を生み出せ!融合召喚!現れろ!飢えた牙持つ毒龍。レベル8!《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》!」


《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
レベル8/闇属性/ドラゴン族/融合
攻2800/守2000


権現坂「な…にぃ…」

零児「フュージョン…ドラゴン…!」

ユーリ「さて…バトルと行こうか…まずはディオナス・ムスキブラでダイレクトアタック、デトネイト・ファゴサイトーシス!」

ユーリ「避けないと大怪我しちゃうかもよ!!」

権現坂「…」

ズギャァンッ

権現坂「ぐぅぅ!!」ズザァァッ
LP4000→1200

ユーリ「!」

柚子「権現坂!!」

権現坂「男権現坂…如何なる時も真正面から…受け止める!!」

ユーリ「へぇ…それじゃあこの子の攻撃も受け止められるかなスターヴ…ゴンちゃんにダイレクトアタック…暴食のデストロイ・ヘル・イーター!!」

ゴギャァァンっ!!

権現坂「ぐわぁぁぁ!!」
LP1200→0

柚子「権現坂ぁぁ!!」

ユーリ「…ふふん♪」スタスタ…

柚子「わっ」

柚子はユーリと手錠の鎖で繋がれている為ユーリが前進すると柚子も強制的に歩かされる

柚子「あ…ま、待って!権現坂をカードにする気!?」

権現坂「…やれ、知っているアカデミアは敗者をカードにするのだろう、俺も男だ負けを認めよう」

柚子「なっ!?権現坂!!?何バカなこと言ってるの!?」

ユーリ「何言ってんの、僕はそんな事しないよ」

柚子「え!?どうして…」

ユーリ「どうしてって…言われても僕は別に興味無いしそれに特に気に入った人をカードにするなんて無駄でしょ?」

権現坂「ぐ…」

ユーリ「だけど柚子は貰っていくからね?僕が勝ったんだから」

柚子「い、嫌…」

権現坂「くっ…柚子…スマン…」

ブォォンっ!!

ピカァ…!

柚子「え?」

ユーリ「ん?」

権現坂「き、消えた…?」

柚子「これって…前にも…」

ユーゴ「ここどこだぁ!!セレナァ!!」

柚子「セレナ!?」

ユーゴ「ん?…リン!?」

柚子「へ?」

ユーゴ「リーン!!!こんな所に居たのかぁ!!」バッ

柚子「なっ///何!?」

ユーゴ「会いたかったぜ…リン!!」

柚子「リンって…貴方リンそれにセレナを知ってるの!?」

ユーゴ「…え?」

権現坂「うぉぉぉ!!けしからん!!」

ユーゴ「…なんでコイツ倒れてんの?」

柚子「そ、それは…」

カァッー!!

柚子「えっ!?」

ユーゴ「うおっ!?」

権現坂「なっ!?柚子!!?柚子ぅぅ!!?」




続く

次回

「バトルロイヤルその3」






熱血!!遊矢塾!!


遊矢「久々の俺だ」

ユート「頼むぞ遊矢」

遊矢「ああ、それじゃあ行くぞ」


《SR オセロッド》
レベル4/風属性/機械族
攻1000/守1800

①自分に戦闘、効果によるダメージが発生した時、手札のこのカードを特殊召喚しそのダメージを相手に与える。②自分フィールドに「SRオセロッド」が2体以上存在する時1ターンに1度相手モンスター1体を守備表示にする。この効果は相手ターンにも発動できる。


《EMリベリオン・ドラゴン》
レベル4/闇属性/ドラゴン族/スケール1
攻1250/守1000

【P効果】
①もう片方のPゾーンにカードが存在しない時デッキから《EM》Pモンスター1体をセットできる。


【モンスター効果】
①このカードがX素材となった時、相手モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を半分にする。②このカードがX素材として墓地へ送られ墓地に存在する時、このカードを除外またはライフを600払うことでエクストラデッキに送り自分フィールドの「エクシーズ・ドラゴン」モンスター1体を対象に発動する。そのカードの攻撃力エンドフェイズまで1200上げる。この効果は相手ターンでも発動できる。


《古代の機械分解》
永続罠
①自分フィールドの「古代の機械」融合モンスターが相手により破壊される場合、墓地の「古代の機械」モンスター1体を除外する事でその破壊を無効にする。


《捕食植物 ブロッキニア・スパイダー》
レベル4/闇属性/植物族
攻100/守2000

①相手の攻撃宣下時、手札のこのカードを特殊召喚する、このターン相手はこのカード以外のモンスターを攻撃対象に出来ない。②このカードが戦闘で破壊された時相手フィールドのモンスター1体に捕食カウンターを1つ乗せる。



《捕食植物トリフィオフィルム・ヒュドラ》
レベル5/闇属性/植物族
攻2300/守800

このカードは通常召喚できない。
①フィールドに捕食カウンターが存在する時手札のこのカードは特殊召喚出来る。この効果で特殊召喚に成功した時、捕食カウンターの数だけ自分はデッキからカードをドロー出来る。ドローしたカードが「捕食植物」以外のカードの場合墓地へ送る。「トリフィオフィルム・ヒュドラ」のこの効果は1ターンに1度しか発動できない。


《捕食融合》
通常魔法

「捕食融合」は1ターンに1度しか発動できない。

①自分フィールドの融合モンスターカードによって決められた融合素材を墓地へ送りエクストラデッキから融合モンスターを融合召喚する。この時フィールドの素材となるモンスターは「捕食植物」及び闇属性モンスター出なければならない。②このカードの①の効果で融合召喚に成功したターンのメインフェイズ時、墓地のこのカードを除外する事で自分フィールド融合モンスターに決められた融合素材を墓地へ送りエクストラデッキから闇属性融合モンスターを融合召喚することができる。この時融合素材となるモンスターは闇属性で無ければならない。


《捕食形成(プレデター・フォーメーション)》
永続罠

①自分フィールドの「捕食植物」モンスターが破壊される場合デッキの「捕食植物」モンスター1体を墓地へ送る事で破壊を無効に出来る。②フィールドのこのカードが相手の効果により破壊され墓地へ送られた時、墓地のこのカードと「捕食植物」モンスター1体を墓地へ送り相手フィールドのモンスター1体に捕食カウンターを1つ乗せる。


《覇王の証》
通常罠

①自分フィールドのエクストラデッキから特殊召喚されたドラゴン族モンスターはこのターン、戦闘及び効果で破壊されない。②自分フィールドのドラゴン族モンスターが破壊された時墓地のこのカードを除外する事で破壊されたモンスターの攻撃力の半分の数値分のダメージを相手に与える。


《覇王の逆鱗》
装備魔法
①自分フィールドの「覇王」モンスターが効果の対象となった時手札のこのカードをそのモンスターに装備する。②装備モンスターは戦闘及び効果で破壊されない。③装備モンスターが相手モンスターを戦闘で破壊した時相手モンスター1体を選択しそのモンスターの攻撃力を破壊したモンスターの攻撃力の半分の数値分下げる。④「覇王の逆鱗」はフィールドに1枚しか発動できずこのカードのコントローラーは召喚、特殊召喚出来ない。


遊矢「怒涛のオリカ祭りだ」

ユート「今回は既存も多く出たがオリカも多く出たな」

遊矢「1枚目はユーゴのSRモンスター、オセロとロッドが混じった言葉オセロッド」

ユート「既存で言うのならメンコートのようなカードだなだが大きく違うのはダメージを相手に与え特殊召喚出来る」

遊矢「2体揃えば相手のモンスター1体を守備表示に出来る効果があるが…まぁメインは①だな」

ユート「そしてEMリベリオン・ドラゴン…ついに俺のリベリオン・ドラゴンがEM化だ」

遊矢「今でこそEMだけのサーチ?狭くね?だが…これが普通だ」

ユート「モンスター効果は注目だ、なんとアニメリベリオン効果を再現できるぞ!」

遊矢「完全再現では無いがな」

ユート「更にライフを払うことで自らエクストラデッキに行く効果もあり魅力的な1枚だ」

遊矢「捕食植物は結構出たな」

ユート「アニメ産のテッポウリザードが作者は欲しいらしい」

遊矢「ブロッキニア・スパイダーそしてトリフィオフィルム・ヒュドラのモンスター群」

ユート「どちらも優秀で特にブロッキニア・スパイダーはセラセニアントと差別化が出来るのも大きい」

遊矢「ただセラセニアントの方が圧倒的に使いやすい効果があるからなんとも言えない」

ユート「トリフィオフィルム・ヒュドラはドロソフィルム・ヒドラの対のようなステータスを持ち捕食カウンターがあれば出すことができる非常に便利だ」

遊矢「ただ初手で来られても事故るだけで捕食植物の後攻で戦う相手依存に拍車をかける」

ユート「ドロー出来る点は評価出来るが融合などのキーカードを落とす可能性があるのは痛い」

遊矢「回収手段が無いとサンデウキンジーに頼ることになるな」

ユート「何気に指定も「プレデター」カードではなく「捕食植物」なのもキツイかもしれない」

遊矢「捕食融合…」

ユート「多分皆が思いつくであろう融合カードだな」

遊矢「捕食とつくから相手モンスターを素材に…と考えたがそれ超融合じゃね?ってなるから却下した」

ユート「捕食融合というより内容は便乗融合みたいな感じだな」

遊矢「このカード1枚で出しにくいとされるドラゴスタペリアそしてグリーディーヴェノムを出すことが可能」

ユート「ユーリのSS内の発言だと同時に融合しているような描写だったが…」

遊矢「アニメ的な演出だ」

ユート「捕食形成はかなり欲しい…あったら」

遊矢「墓地を肥やせるし破壊されれば即捕食カウンター」

ユート「便利だ…」

遊矢「そして覇王シリーズだ、覇王の証に覇王の逆鱗」

ユート「覇王の証はエクストラデッキから召喚されたドラゴン族を守りエクストラデッキ外のドラゴン族を破壊するばバーン…いやらしいカードだ」

遊矢「覇王シリーズはOCG化しないからな…」

ユート「そして覇王の逆鱗…オベリオンの為にある装備魔法だな」

遊矢「覇王モンスター指定してありデメリットも重い」

ユート「ただ実際覇王モンスター自体が強いから維持できるだけでもいいかもな」

遊矢「最近では覇王4眷竜とOCG化しそうだしこういうカードも来てもいいと思う」

ユート「ズァークの片鱗も出て来たところで次回だ、よろしく頼む」



続け



次回

次々と押し寄せるオベリスクフォースにより疲弊するセレナ、彼女は未だに黒咲、柚子に会えていなかった。その時彼女の目の前に現れたのはオベリスクフォースの精鋭部隊全てを統括する総隊長だった。彼の猛攻により絶対絶命のピンチに陥ったセレナの前に零児が配置した「例のデュエリスト」が現れる

月影VS総隊長


遂にセレナは黒咲逹と合流、オベリスクフォースにより傷ついた街、消えた柚子…そしてこの大会の真意を赤馬零児から聞き零児から「シンクロ次元」に向かう提案をされる。黒咲は自分1人で「融合次元」に向かうと反論、その時遊矢の中のユートが黒咲に語りかける。

黒咲VSユート






























































現在のイイネ数 15
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
ユーゴ、バカ可愛い。とりあいず飛び付くのはシンクロ次元での挨拶かな?ユーリは壊れ感がなく、超絶一途な感じが良いです。次回は何かと人気な忍者…これは楽しみだ。 (2017-03-16 18:00)
こんにゃく
ター坊様コメントありがとうございます!
ユーゴ、ユーリもどんどん物語に介入していきます!
そして月影!私も好きなキャラの1人なのでどうにかしていきたいです! (2017-03-21 15:20)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
4 Arc1 振り子のお話 469 2 2017-02-19 -
7 Arc2 舞網チャンピンオンシップ1 220 4 2017-02-23 -
5 Arc3 舞網チャンピンオンシップ2 182 3 2017-02-27 -
4 Arc4 優しい記憶 206 5 2017-03-01 -
15 Arc5 進撃のアカデミアその1 205 3 2017-03-03 -
16 Arc6 進撃のアカデミアその2 155 0 2017-03-05 -
6 Arc7 バトルロイヤルその1 173 3 2017-03-12 -
15 arc8 バトルロイヤルその2 154 2 2017-03-16 -
3 arc9 バトルロイヤルその3 156 2 2017-03-21 -
4 arc10 高速の世界その1 200 3 2017-03-28 -

スポンサーリンク