メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
手の中の辰の色の夜に散る桜

CODE OF THE DUELIST


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


マリオカート8 デラックス


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > 遊戯王SS一覧 > 舞台で舞う少女 > 第32話芹と詩音と時々未知

舞台で舞う少女/第32話芹と詩音と時々未知 作:風鼠

葵「(すやすや…)」

芹「ん…」

詩音「あ…芹ちゃんも起きたんですか?」

芹「うん…詩音も?」

詩音「う、うん…そのと、トイレに…」

芹「…じゃ…一緒に…いこ」

詩音「う、うん…ひゃ!?」

クロエ「私も行きマース♪」

詩音「はうぅ…後ろから抱き付かないでくださいぃ」

クロエ「ミス詩音、良い匂いしマース♪」

深夜、ふと目が覚めた芹は、他の皆を起こさないよう詩音、クロエと共にトイレへと向かう


詩音「ふえぇ…よ、夜になると、この廊下…こ、怖いですぅ」

芹「詩音…ちょっと…苦しい…」

詩音「はう…ご、ごめんなさいぃ」

クロエ「ミス詩音は怖がりでキュートデス♪」

詩音は芹の後ろに隠れるように薄暗い廊下を歩く

詩音「お、おお、お化けとか…で、出ないですよね?」

芹「…いる…かも」

詩音「せ、芹、こ、怖い事、い、言わないで下さいぃ…」

芹「だって…あそこ…」

クロエ「oh!あそこにキュートなリトルガールが浮いてるデ~スヨ」

サクラ「やっほ~♪3人とも、初めましてだよね♪私、サクラ♪よろしく~♪」

サクラは満面の笑顔を浮かべ、宙を泳ぐようにして3人に近づく

詩音「ひゃあぁ!?ほ、本物…の霊…ですか?!」

サクラ「そうだよ~♪」

詩音「あわわわ…と、憑りつかないで下さいぃ…」

サクラ「私は時々しか憑りつかないから安心して♪悪戯はするかもだけど♪」

詩音「悪戯もしないで下さいぃ…」

詩音は芹に隠れながら声を震わせながらサクラと会話する

クロエ「本物のゴースト初めて見ました♪」

芹「私も…」

サクラ「3人の事は知ってたんだけどね~♪私夜しか姿見えないから、出るタイミングがね~」

クロエ「そうでしたか。ゴーストですから仕方なし、デスね~」

詩音「はうぅ…あう…は、はやくトイレいこうよぉ…」

芹「…詩音…漏れそう?」

詩音「…う、うん…」

サクラ「あ、トイレ行く途中だったんだね。ごめんね、話ししちゃって」

詩音「あうぅ…」

クロエ「ミスサクラ、また会いましょう~」

サクラ「うん♪」

3人はトイレへと向かう

芹「じゃ…私…待ってるから…」

詩音「ど、どこかに…いかないで下さいね?」

芹「…分かってる…」

クロエ「ちゃんと待ってるデ~ス♪」

詩音「ふう…」

サクラ「やほ~♪」

詩音「ひゃ!?!」

詩音が用を足していると、扉の向こうからサクラが笑顔を浮かべ通り抜けてくる

サクラ「えへ~♪詩音ちゃんのここ、綺麗~♪」

詩音「ふえぇ…見ないで下さいぃ…」

芹「詩音…どうしたの?」

クロエ「ミスサクラがそこにいるのデスか?」

詩音「は、はいぃ…」

サクラ「お化けだから、どこにでも出れるよ♪」

芹「…サクラ…すごい…」

サクラはピースをしながら再び扉をすり抜け、クロエ達に楽しそうな口調で話掛ける

詩音「はうぅ…お、終わりましたぁ…」

芹「‥じゃ…早くかえって…寝よ…」

クロエ「そうですね~。明日も早いデスし」

サクラ「そっか…もっとお話ししたかったなぁ…」

クロエ達が部屋に向かおうとするとサクラは寂しそうにつぶやく

詩音「き、機会があれば…お話しましょうね…」

芹「私だったら…話しに付き合っても…いいよ…」

サクラ「ホントに?!」

芹「うん…私夜行性…だから…」

クロエ「ミス芹は優しいですね~」

サクラ「やったぁ♪じゃあ、みんなの部屋でお話ししよ~♪」

芹「うん…」

詩音「め、迷惑ならないよう、小声で頼みますね?」

サクラ「うん♪色々話そうね~♪」

芹「うん…」

クロエ「ミスサクラ嬉しそうですね~」

サクラ「だって、久しぶりに人と話すんだもん♪さ、早く行こ~♪」

サクラは嬉しそうに宙を泳ぎ回りながら、4人は部屋へと戻る‥

詩音「ふえぇ…なんか長かった気がします…」

サクラ「そうかな~♪」

クロエ「お話しながらデシタカラネ~」

芹「…サクラ…のお話…楽しみ…」

サクラ「ね~一杯しようね♪」



瑞樹「もう…3人とも…うるさいわよぉ…今何時だと思って…ん?」

サクラ「やほ~♪」

瑞樹「ひゃ?!」

4人が話していると、瑞樹が目をこすりながら体を起こすと、サクラが瑞樹に近づき瑞樹が思わず声を上げる

詩音「あ…静原さん、ご、ごめんなさい…お、起こしてしまいました…」

瑞樹「そ、それは…いいけどぉ…な、なな、なんで、こ、この子がいるのよぉ…」

芹「瑞樹…お化け…苦手?」

サクラ「そうみたいなの♪だから私がくるといつもこんな感じ♪」

瑞樹「うぅ…お化けなんていない‥いないのよぉ…」

クロエ「クールなミス瑞樹もキュートなところがありますね♪」

詩音「静原さん‥私も気持ちわかります…」

瑞樹「詩音ちゃん…ありがとう…」

詩音が瑞樹の手を優しく握ると、瑞樹は少し涙目になり、声をすこし震わせる

芹「サクラ…一杯話そうね」

サクラ「うん♪」

瑞樹「せ、芹ちゃんとあの子…ま、まさか…」

クロエ「2人はオールで話し合うみたいですよ」

瑞樹「芹ちゃん…勇気あるわね…」

詩音「わ、私達は、あ、明日の為に、も、もう寝ましょう…」

クロエ「早くスリープして明日の芹の報告に期待しましょ~♪」

瑞樹「そ、そうね…ね、ねぇ…詩音ちゃん…」

詩音「は、はい?」

瑞樹「きょ、今日…そ、添い寝しても…いいかしら?」

詩音「い、いいですよ…」

瑞樹「ホントありがと…」

3人は芹とサクラを残し、瑞樹と詩音は同じ布団で、クロエは自分の布団で眠りにつき始める…

数時間後

サクラ「えへ~♪こんなに人と話したの久しぶり~」

芹「うん…私も…」(うとうと…)

サクラ「あれ、芹ちゃん眠そうだね。ごめんね付き合わせちゃって…」

芹「いいよ…私が好きで付き合っただけだから…」

サクラ「ホントありがと、芹ちゃん♪…ほよ?」

芹「…?」

サクラが芹にお礼を述べるとサクラの体がほんのわずかに輝く

サクラ「えへ~♪なんか霊レベルが上がった~♪」

芹「‥霊…レベル?」

サクラ「うん♪霊にもレベルがあってね。レベルによって出来る事とできない事があるの♪レベルが上がれば上がる程出来る事増えるんだよ♪」

芹「…じゃあ…何かできるようになったの?」

サクラ「う~んとね…あ!モノに触れるようになってる♪やったぁ♪」

サクラは畳や自分の体を触り、物がかすかに動く事に感激する

芹「…今までできなかったの?」

サクラ「うん♪今までは霊能力で浮かしたりしてたから…触れるってうれしいなあ♪」

芹「そう…ふあぁ…」

サクラ「あ、芹ちゃん今日付き合ってくれてありがと♪今日は楽しかったな♪」

芹「私も…楽しかった」

サクラ「じゃあ。今日はここでお開き♪またいつかお話ししようね♪」

芹「…うん…」

サクラ「芹ちゃんばいば~い♪」

芹「ばいば~い…zzz」

芹とサクラが別れの挨拶をし終えると同時にサクラは消え、芹はその場で倒れ込むように寝始める

翌日朝

詩音「ふあぁ…良く寝ましたぁ…」

瑞樹「詩音ちゃん、おはよう。」

クロエ「ミス詩音、グッモーニーングです~」

詩音「あ、静原さん。クロエちゃんおはようございます」

詩音が目をこすりながら置き、眼鏡を掛けると、瑞樹とクロエが既に学校の準備を始めていた

芹「zzz…」

瑞樹「さすがに朝までには話終わったみたいね」

詩音「そうですね。どんな話してたんでしょうか…」

クロエ「さぁ…芹が起きるまでのお楽しみですね~」

・-・-・-・-・-・-・-・-
サクラの日常

クロエ「…」

サクラ「クロエちゃんなに見つめてるの?」

クロエ「ミスサクラも、下穿いてるのデスか?」

サクラ「下?あ、パンツの事?穿いてるよ♪それがどうしたの?」

クロエ「空中でスイムしてるとき、見えるかも知れないと思ったのデス」

サクラ「えへへ~♪みたいなら見てもいいよ♪えい♪」

クロエ「oh!サクラは意外と大人なんですね~」

サクラ「そうでしょ~♪」
現在のイイネ数 1
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
久々の登場サクラちゃん。今度は新入りの子と遊びますか。芹ちゃん、ゆったりしてる分、動じないのかな?それにしても綺麗と詩音ちゃんのこことかサクラちゃんが意外と大人とか、何のことですかね?(ニヤニヤ
そして貴重な弱気の瑞樹ちゃん、ありがとうございます。 (2017-02-09 01:19)
風鼠
ター坊さんコメントありがとうございます。
芹はきっと何事にも動じないと思います(
綺麗な詩音のここはあそこに決まってるじゃないですか(
サクラを出すとどうしても瑞樹と絡ませたくなるので、今後はセットで出てくるかも (2017-02-09 06:58)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 00話 1つの伝説と新たな伝説の始まり 864 2 2015-08-19 -
0 第01話 歌舞姫選考試験?! 745 2 2015-08-20 -
0 第02話選考会開始! 774 4 2015-08-21 -
0 第03話 2人の少女の巣立ち 732 2 2015-08-22 -
1 第04話 再開と就寝 757 2 2015-08-23 -
1 第05話 シャワーとチョコと暴走の兆し? 798 2 2015-08-27 -
0 第06話 計測 748 2 2015-08-29 -
0 第07話 お仕置きと一座の歴史 685 2 2015-08-30 -
0 第08話 昼食 628 2 2015-09-02 -
1 第09話 身体能力テスト 659 4 2015-09-10 -
0 第10話学校生活開始!そして… 645 2 2015-09-21 -
0 第11話 委員決め 599 2 2015-09-27 -
0 seid01 一方カンナと杏奈は 653 2 2015-10-03 -
0 第12話 昼食 594 2 2015-10-25 -
0 第13話 初稽古! 619 2 2016-01-19 -
1 第14話 夜のお仕事♪ 679 2 2016-01-23 -
0 第15話 突撃!部活動見学! 604 2 2016-01-24 -
0 第16話 幼馴染?との再開 617 2 2016-01-27 -
1 第17話 見学とお風呂時々弾力 577 2 2016-01-28 -
0 第18話入門書と午後の遊び 556 2 2016-01-30 -
0 第19話両家の母親 527 4 2016-01-31 -
0 seid02カンナ家への訪問 538 4 2016-02-14 -
0 EX01 5000回突破記念 541 2 2016-02-22 -
0 第20話体験入部開始! 528 4 2016-03-01 -
0 第21話 部活と日常と。 510 4 2016-03-12 -
0 EX02:10000回記念01 491 2 2016-03-19 -
0 EX02:10000回記念02 480 2 2016-03-20 -
0 EX02:10000回記念03 403 2 2016-03-29 -
1 第22話未知との邂逅 205 2 2016-05-07 -
0 第23話未知との交流 275 4 2016-06-04 -
1 第24話大型連休開始1日目 292 4 2016-06-12 -
0 第25話大型連休2日目 213 2 2016-06-19 -
0 side03瑞樹と杏奈 234 2 2016-06-26 -
0 第26話:大型連休3日目 268 4 2016-07-03 -
0 第27話:大型連休4日目 225 4 2016-07-17 -
1 seid04:カンナの休日 265 2 2016-07-24 -
0 第28話:大型連休5日目 282 7 2016-08-14 -
0 第29話:大型連休6日目 137 2 2016-09-18 -
0 EX03:お祭り企画!? 210 5 2016-09-18 -
0 EX04:お祭り企画前座 197 4 2016-09-25 -
2 EX05:特盛親子丼! 220 4 2016-09-25 -
0 EX06:瑞樹のお仕置き 184 2 2016-09-30 -
0 EX07:ぞうさん付杏奈ちゃん 133 2 2016-10-02 -
0 EX08:楓の行動力と代償 148 0 2016-10-02 -
0 EX09:カンナ家へ潜入?! 127 2 2016-10-08 -
0 EX10:スイレンの初体験 182 2 2016-10-08 -
0 第30話:葵と瑞樹の昔話 82 0 2016-11-06 -
0 第31話大型連休最後の日 150 6 2016-11-17 -
0 seid詩音、初めての一日 92 0 2016-12-29 -
1 第32話芹と詩音と時々未知 74 2 2017-02-08 -

スポンサーリンク