HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 One of Heart 【再開編&DFコラボ中】 > 番外編・4 新年明けましてネタに走り

遊戯王 One of Heart 【再開編&DFコラボ中】/番外編・4 新年明けましてネタに走り 作:クトゥルフ大好きな人

※本編&コラボとは一切関係のないおまけとなっております。

 本編更新あくしろよって方は本当に申し訳ありません。1月も仕事が忙しいので更新頻度は落ちたままとなりますが『かならずコラボ』は完結させますので。

 と、いう訳でさっそくおまけへどうぞ

▼▼▼▼ここからおまけ(おまけも本編)▼▼▼▼

心「遅れましたが、皆様。新年明けましておめでとうございます」


宇宙「更新が遅れた挙句久々の更新内容が番外編とはこれいかに」

心「ソラ姉、新年早々メタ発言はよそうね?」

香蓮「ここからは私と心がひたすらイチャイチャする様を皆様にお届けs「それはない」……ひどいですわ」


宇宙「しかし作者がこのサイトに帰ってくるのは本当にいつぶりなんだろうか」

心「最後に来たのはインフルエンザにかかって死に掛けてるのにも関わらずサイトを巡回してた時だから11月末頃だね」

香蓮「そんな状態で巡回などしているからさらに悪化させて寝込むハメになったとういに本当に大バカ作者ですわね」

心「挙句仕事にも追われ唯一の休みの日曜日は疲れで一日寝過ごすと……」

宇宙「うむ、まとも(な生活)ではないな」

香蓮「この作品を書き始めた頃は一日二日で次の話を書いていたのに急にペースが落ちましたし」


宇宙「続きを楽しみにして下さっている皆様には本当に申し訳ない。ここは謝罪も兼ねて私が人肌脱ぐとs」

香蓮「本当に脱がなくてよろしくてよ。しかし今更ながらなんで私達は着物姿でコタツに入ってますの?」


心「新年だしこういった服装がいいかなって作者が……」

宇宙「そんな説明がどこにもないのに振袖を着ても仕方ないだろう」

心「だからメタいよ」

香蓮「しかしこうやって更新したという事は何かいいネタが浮かんだという事なのですわね」


心「…………」

宇宙「…………」

香蓮「なぜ2人とも黙ってしまいますの?まさか…」

心「そのまさかなんですよね……」

宇宙「ネタが浮かばないがせめて生存確認の意味合いで更新をしておこうと…」


香蓮「読者が呆れ返るレベルですわね」

心「でも一つだけネタはあるんだ。これを見て貰っていい?」パソコンカチカチ

宇宙「ん?某掲示板サイトじゃないか」

香蓮「何ですの?この母「娘が母子相○もののエ□本を隠し持ってた……」ってタイトルからしてなにやら不穏な感じがいたしますわ」

心「作者曰く、この母と娘の関係が僕とソラ姉、または僕と香蓮先輩でも成立出来そうなんて考えてたらしいんだよ」

宇宙「ちなみにその発想はいつから?」

心「インフルで寝込んでいる時から」

香蓮「やるならもっと早くにやるべきだったのでは?」

心「うん、僕に言われてもね。作者にでも文句を言っといてよ。それじゃおまけ(メイン)に入りますね」


▼心「ソラ姉が二時創作の僕のエ□本を隠し持ってた……」▼

心「ソラ姉がぁ、ソラ姉が怖いぃ!」ガタガタ

宇宙「誤解だ!誤解だから!な?」

心「ソラ姉に○されるぅ!」ブルブル

宇宙「やめろ!」


宇宙「ご、誤解なんだ!」

心「そうなの……?」

宇宙「そうだ」

心「じゃああの本は、ソラ姉のじゃないの?」

宇宙「いや、それはまぁ、私のなんだけども……」

心「○されるぅ! ソラ姉に○されるぅ!」ガタガタ


心「あの、ソラ姉も年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体は僕は全然否定しないよ」ビクビク

宇宙「……うむ」

心「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル

宇宙「……あの、心?」

心「な、何!?」ビクゥッ

宇宙「な、なんで距離とってるの?」

心「怖いもん!○されるもん!ガタガタ

宇宙「やめて!」

宇宙「ち、違うんだ!」

心「超マニアックな方法で○されるもん!」

宇宙「しないから安心しろ!」

心「普段使ってるベッドに寝かされて前に彼女としたのを思い出すだろ……?とか言われながら○されるもん!」

宇宙「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」


心「なんか近親相○特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでなんでしょ!」

宇宙「しないから!やめて!と言うか親戚は近親にはいるのか!?」

心「お姉ちゃんの○内(ナカ)においで!とか言いながら○すつもりでしょ!」

宇宙「抜粋やめて!音読やめて!」

心「ソラ姉がマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」


心「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」

宇宙「違うから!そういうんじゃないから!」

心「さ、さらにマニアックな……?」

宇宙「違う!ていうかさっき心が言ったみたいのは近親相○ものでは全然マニアックの範疇じゃないからな!」

心「……え?」

宇宙「……あ」


心「……あ、あれくらいは、基本なんだね?」

宇宙「なんでもない!さっきのなんでもない!」

心「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」

宇宙「聞いてくれ!さっきのは間違いだ!」

心「もうあれくらいじゃ、満足できないんだね……?」

宇宙「やめて!」


心「僕が迷惑を掛けたのが悪かったのかな……
知らず知らずの内に、ソラ姉に寂しい思いをさせていたから……」

宇宙「やめて!重い感じにしないで!」

心「中学に上がってから一緒にお風呂に入らなくなったからそういった思考に……」

宇宙「違うんだ!別にお風呂なら覗いていたし出来れば覗いて欲しいななんて思ってたけどそうじゃないんだ!」

心「見るだけじゃ収まらず見られるのも興奮ポイントに……?」

宇宙「やめて!嗜好を探るのやめて!」


心「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」

宇宙「間違いでした!さっきの無しで!」

心「とすると睡眠○とかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」

宇宙「っていうか何でちょっと協力的なんだ!?
さっきまで○される!とか言ってたよね!?」

心「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」

宇宙「そ、そういうことか!いや、しないから!」


心「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」

宇宙「何をだ?」

心「私は心に対して下心はないし、心を○したいと思ったこともありませんって」

宇宙「何その宣言!?」

心「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じ家にはいられない!」

宇宙「ケモノとか言わないで!」


心「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」

宇宙「……うーん……」

心「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク

宇宙「虚偽じゃないから!」

心「いいのんだよ!僕はソラ姉を嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」

宇宙「その感じやめて!」

心「ソラ姉にその場限りの嘘をつかせるくらいなら、僕はソラ姉の嗜好と向き合うから!」

宇宙「言うから!言うから重い感じやめて!」


宇宙「え、な、なんだっけ……私は……」

心「『私は心に対して下心はないし、』

宇宙「そ、そうだったな。私は心に対し……」

心「……ど、どうかしたの?」ビクビク

宇宙「あ、あのー、一応、一応確認だぞ?」

心「な、何?」

宇宙「こ、この○すの範囲って……?」

心「!!」

宇宙「い、一応だよ!!」


心「そ、それはつまり範囲によっては……」

宇宙「一応だ!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないだろう!」

心「範囲によってはありえるってこと?」

宇宙「いやだからその確認だ!」

心「そ、そうだね。ソラ姉の基準はちょっとアレだもんね」

宇宙「アレとかやめて」


宇宙「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」

心「う、うん。ここでの○すの範囲が広ければ広いほど、その……」

宇宙「……うん」

心「ソラ姉がさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけね」

宇宙「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だ!!」

心「そうだね!」

宇宙「えー、じゃあ○すの基準決めスタート!」

心「まずはキス!」

宇宙「えッ!?」

心「えッ!?」


宇宙「ストップで! 一旦ストップで!」

心「怖い怖い怖い怖い!!」

宇宙「違う! 普通にするだろ! キスってするだろ! 姉弟で!」

心「しないしないしない怖い怖い怖い」

宇宙「私がするかどうかじゃないぞ!? 一般的にだぞ!? 一般的な基準として、姉弟でキスはセーフだ!」


心「しないよぉ……」

宇宙「アレだぞ? キスって唇同士の奴だぞ? 下の口同士でとかそういうんじゃないぞ?
 そのつもりで私はOKにしたんだぞ?」

心「当たり前だよ…… ていうか今言った方OKにしてたら瞳さんに報告してたよ……」


心「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの?
 だよね? あの、言わなくていいけど」

宇宙(心底屈辱的……)

心「うーん……ていうかもう、聞くね……
 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できる?」

宇宙「……えー?」

心「ソ、ソラ姉が決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」

宇宙「……う、ん・・・…」


(五分後)

宇宙「……」

心「……」ドキドキ

宇宙「……あの」

心「ひっ!?」ビクゥッ

宇宙「そ、そこまで怯えなくても!」

心「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?○さないで?」

宇宙「やめて!」

心「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」

宇宙「言うから!今すぐ言うから!」


宇宙「え、えーと……」

心「言ってくれていいから!ドンと!」

宇宙「えーと……」

心「もう驚かないから!」

宇宙「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」

心「え」

宇宙「あの、だって、したいし……」

心「うわああやっぱりガチじゃないぃぃ!!!」

宇宙「ご、ごめんねぇぇ! でもしたいんだよぉぉ!!」


心「最初ので合ってたぁぁぁぁ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃんか!!!!」

宇宙「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」

心「それは聞いてないよおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

宇宙「し、静かにしろぉ!! ○すぞッ!?」

心「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅ!!!」


心「僕の寝室プレイは?」

宇宙「基本」

心「○内と書いて?」

宇宙「ナカ」

心「睡眠○は?」

宇宙「極上」

心「背徳感は?」

宇宙「正義」

心「こわいよぉぉぉ! ソラ姉が怖いよぉぉぉ!」

宇宙「う、うるさい! 下着口に詰めるぞ!?」

心「なにそれ!?」

宇宙「よくあるんだよ!」

心「よくあるんだ!?」


宇宙「色々装着したまま授業を受けさせたりしたい!」

心「何急に!?」

宇宙「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」

心「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」

宇宙「寝ているところを縛り付けて色々したい!」

心「やめて怖い!」

宇宙「こういう時は準備が出来てからいつもみたいに起こしてあげたい!」

心「細かな心配りとか怖い!」


宇宙「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」

心「落ち着いて! もうやめて!」

宇宙「他の家族に見られない家の死角でキスしたい!」

宇宙「彼女と電話している時に体の色々な所を触りたい!」

宇宙「家族風呂入りたい!」

心「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」


宇宙「そういうことだから!よ、よろしくね!」

心「何をヨロシクするの?」

宇宙「……じゃ、じゃぁ私寝るからな!もう寝るからな!」

心「このタイミングで引き上げられるとより怖い!
  ていうかなにをヨロシクすればいいの?」

宇宙「お休みなさい!」ダッ

心「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」
心「本当にヤダ本当に怖い……」
心「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」
心「瞳さんやお母さんにはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな稀有な悩み……」


香蓮「おや、まさかの宇宙のエ□本を見つけてしまいましたわ! 何かいいネタになるかもしれませんわ!!」
香蓮「……ん?」

おしまい


心「本編より圧倒的に長いね」

宇宙「本編もこれくらい書けたらいいのにな」

香蓮「そこは作者の頑張り次第ですわね」

心「まだしばらくは更新が安定しませんが、何卒よろしくお願いします」
平均点 0 評価人数 0人 評価
評価にはログインが必要です。
クトゥルフ大好きな人
遅れましたが明けましておめでとうございます。
年末に焼肉でホルモン食べてお腹を壊したりしてまさに寝正月を迎えた新年初め、何かと不安要素しかないのですが、もうじき仕事も落ち着くのでそうなれば本編の更新をまめに行っていきます。重ね重ね申し訳ありませんが、もうしばらくお待ち頂けると幸いです。 (2017-01-04 15:06)
から揚げ
明けましておめでとうございます!

無理なさらずにお身体をご自愛ください。何と言っても身体が資本ですから。コラボ編楽しみです!応援しております!

話は変わりますが、香蓮がパイタッチされる所が見たいですね! (2017-01-04 16:21)
光芒
あけましておめでとうございます。自分はインフルエンザやらノロウイルスやらの病気には今年はまだ罹患していませんが、全国的に流行っているようなので互いに無理だけはしないようにしましょうね。

今回の更新ですが、そのSS懐かしいですね。昔何処かで見た気がしますが、名無しのキャラでやるならともかく小説のキャラでやるとなるとますますカオスになりますね……お仕事やら健康やら大変だとは思いますが、更新心待ちにしております。 (2017-01-04 16:32)
クトゥルフ大好きな人
>から揚げ様
こんなに体が弱かったつもりではなかったのですが、ウィルス関係には勝てなかったようです。(そもそもインフルの予防接種自体してない)
>話は変わりますが、香蓮がパイタッチされる所が見たいですね!
現在登場しているヒロインでタッチされていないのは香蓮だけですね(コラボを覗く)。
香蓮の場合はラッキースケベというよりは自分から触わってくれって心に迫っていくような(遠い目)


>光芒
これの元をベースにしたssは沢山ありますが、個人的に好きなのはアイマス版の『まゆ「Pさんがまゆのエッ○な本を持ってました……」』みたいなタイトルの奴で好きですね←全く関係ない

こんなに体調を崩すようでは仕事そのものがままならない…orz
なるはやで更新出来るように心がけて頑張っていこうと思います。せめて4月までにはコラボ編を終わらせれるように頑張って行きます(出来るか不安な点も大きいんですけど……)
(2017-01-04 19:08)

名前
コメント

同シリーズ作品

評価 タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 第01話 出会いはいつも突然に 326 11 2016-04-20 -
0 第02話 闇纏いし者と影背負いし者 296 12 2016-04-21 -
0 第03話 侵略せしは光か闇か 347 11 2016-04-23 -
0 第04話 喧嘩するほど仲がいい? 315 10 2016-04-25 -
0 番外編 今後のストーリー予告 279 11 2016-04-26 -
0 第05話 ToLOVEるはお約束? 268 7 2016-04-26 -
0 第06話 愛せし者と狙う者 408 8 2016-04-29 -
0 第07話 真意は裏表?見えない気持ち 250 8 2016-05-02 -
0 番外編・2 登場人物紹介 269 2 2016-05-05 -
0 第08話 彼の手に握られるカードは… 306 8 2016-05-08 -
0 第09話 本当の気持ちは秘密なの 279 6 2016-05-14 -
0 番外編・3  『遊戯王WW』七夕記念企画 322 6 2016-06-05 -
0 第10話 来客は突然に(前編) 312 8 2016-06-13 -
0 第10話 来客は突然に(後編) 242 12 2016-07-15 -
0 第11話 望まれない力 誰が為に 200 6 2016-07-18 -
0 第12話 止められぬ運命、そして崩壊 307 8 2016-08-01 -
0 第13話 その男ゲスにつき 206 10 2016-10-16 -
0 第1話 3年ぶりの再開 前編(第14話) 200 7 2016-10-28 -
0 第1話 3年ぶりの再会 後編(第15話) 153 3 2016-11-06 -
0 番外編・4 新年明けましてネタに走り 106 4 2017-01-04 -
0 第2話 3人で姦しいのに4人なら 73 7 2017-02-12 -

スポンサーリンク