HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王5ds 龍を継ぐもの > 第06話 明かされる真実

遊戯王5ds 龍を継ぐもの/第06話 明かされる真実 作:オーヴァン

和也「はあ・・・はあ・・・」



デストロイヤーのダイレクトアタックを食らい、気を失っている田川を見ながら、和也は必死に痛みをこらえていた。



和也(一応勝ったが・・・ダメージを受けすぎたな・・・)

?(よくやった・・・和也よ・・・)


和也「? 誰だ?」


和也はあたりを見回したが、声の主と思しき人物は見当たらなかった。


和也「何なんだ・・・今の声・・・まあ、今はそんなことより!」



ふらふらになりながらも、和也は周りで倒れている生徒のところへ向かった。



和也「おい、大丈夫か?」



生徒A「うん、何とかね。伊住君こそ大丈夫?」



和也「ま、なんとかな。それより、みんなを保健室に運ぶの手伝ってくれ。」



生徒A「うん、分かった!」



まだ動ける生徒に声をかけ、自分もまた、保健室に治療を受けるためにいこうとした時だった。


?「さすがは、赤き竜に選ばれたデュエリストだ。だが、まだこれではダメだ、伊住和也よ」




その言葉を聞き、和也は振り返った。



和也「え?・・・あんた・・・まさか!?」



全身真っ白な服装に、金髪、Aの形をしたピアス、そして、見ただけで怖気づきそうな鋭い眼光。間違いなかった。



和也「あんたは・・・ジャック・アトラスなのか!?」



ジャック「いかにも。」



和也「信じられねえ・・・。いや、逆にあんたがここにいることに納得してきたよ、元キン・・・」



ゴン!
ジャックの拳が、和也の頭上を強く叩いた。



ジャック「誰が元キングのニートだ、貴様ァ!」



和也「そこまで言ってねえよ!」



ジャック「フン!まあいい。それより、和也、貴様に伝えなければならんことがある」



和也「何だよ?」



ジャック「これから、”俺たちの世界”へ来てもらう!」





和也「ハアッ!?」



ジャック「何をそんなに驚いてる?」



和也「いや、驚くだろ!普通!しかも、いきなり言われても・・・」



ジャック「赤き竜の痣が発現したのだろう?それは、赤き竜が、俺たちの世界を救うために、異世界から救世主を選んだ証拠なのだ」



和也「救世主・・・?」



ジャック「そうだ。そして俺は、以前シグナーだったが故に、貴様を迎える役を任されたのだ」



和也「まあ、ジャックはニー・・・」



ゴン!!


ジャック「ニートで暇だったからではない!」



和也「わかったから!・・・だが、あまりにも急すぎる。俺にも家族や友達が・・・」



ジャック「遊亜なら、もう行くと決定を下したぞ」



和也「!? 遊亜もシグナーに!?」



ジャック「ああ。昨日、お前とほとんど同じ目にあっている」



和也「マジかよ・・・。ってことは、遊亜にところにも行ったのか?ジャック」



ジャック「いや、遊亜のところへは、あいつがいっている」








昨日


?「それは俺が説明しよう。神城遊亜君」



遊亜「あんた・・・まさか・・・不動遊星?」



青いジャケットに左目のマーカー、そして蟹のようなあた(ry



それは、かつてネオドミノシティを危機から救った英雄、不動遊星だった。



遊星「ああ。俺は不動遊星。本物だ。」



遊亜「ったく、俺は夢でも見てんのか?」



遊星「いや、これは夢ではない。現実だ。それより、遊亜。君に伝えることがある」




遊星は遊亜に、痣が発現した理由やその他いろんなことを話した。



遊亜「なるほどね・・・。わかった、俺、行くよ!」



遊星「本当か!」



遊亜「ああ!だって、わくわくすんじゃねえか!夢にまで見た、アニメの世界・・・そこに行けるってだけで、もう・・!」



遊星「そうか(ニコッ)。」



遊亜「で、出発はいつなんだ?」



遊星「ジャックもこっちに来ていて、君と同じく、シグナーに選ばれたものを探している。ジャックが見つけ次第、出発する。」



遊亜「分かった。」



遊星「それまでに、いろいろと準備しておけ」



遊亜「なあ、遊星」



遊星「何だ?」



遊亜「お前の世界に行ったら、今のデュエルみたいなことをしなきゃなんねえのか?」



遊星「ああ、恐らくな。実のところ、俺やジャックは敵がどんなやつらなのかまでは知らないんだ。だが、シグナーに選ばれたからには、それなりの厳しい戦いが待ち受けているだろう。」


遊亜「そうか・・・。分かった、サンキューな」



遊星「不安になったか?」



遊亜「別に。何でもねえよ」


そういった遊亜の表情は、少しばかり曇っているように、遊星には見えた。









和也「そう・・・だったのか」



ジャック「ああ。どうだ、親友である遊亜が行くと行っているのだ。お前も行くのだろう?」



和也「当たり前だろ!俺だって、アニメの世界へ行くのは夢だったからな!」



ジャック「フン!なら、さっさと行くぞ。もうあいつらは到着しているからな」



和也「え?」




和也が体育館の入り口を見ていると、そこには遊星と遊亜が立っていた。



和也「遊亜・・・!」



遊亜「ったく、もう一人のシグナーってお前のことかよ」



和也「なんだ?不服か?」



遊亜「別に。できれば、女の子がよかったけどなw」



和也「嘘つけw にしても、なんで昨日返信くれなかったんだ?」



遊亜「そりゃあ、こんな楽しいこと、お前に味合わせたくなかったからだよ」


そういうと、遊亜は視線を遊星に移した。


それを見て、行くといったら、必ず和也は付いてくる、そうなれば、和也を危険にさらすことになる、それをしたくなかったんだと言う気持ちに、和也は感づいていた。



遊星「まあ、お話はそれぐらいにしよう」



ジャック「そうだな。では、遊星」



遊星「ああ。行くぞ!」


遊星「スターダスト・ドラゴン!」
ジャック「レッド・デーモンズ・ドラゴン!」


グギャアアアア!


まばゆい閃光と共に、2匹の竜は姿を現した。


遊亜「すげえ・・・!」



和也「これが、あの・・!」



遊星「このカードたちに眠る赤き竜の力を使って、君たちを連れて行く。」



ジャック「準備はいいな、貴様ら!」



遊亜「ああ!たりめえよ!」



和也「俺も大丈夫だ!」



遊星「よし・・・でははじめるぞ!」



遊星がそういった瞬間、暖かな光の衣が、4人を包んだ。



遊星「いくぞ!」



その瞬間、体が軽くなり、浮いていく感じがした。




夢にまで見た世界。そこにいくわくわく感と、これから襲い掛かるであろう脅威への不安、その複雑な心境のなか、遊亜は静かに目を閉じた。


つづく・・・
現在のイイネ数 7
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 第01話 新たなる刺客 734 0 2013-03-30 -
1 第02話 龍の痣 633 0 2013-04-05 -
0 第02.5話 カード解説 482 0 2013-04-07 -
0 第03話 降臨!真紅眼の光龍 504 0 2013-04-20 -
1 第03.5話 カード&キャラ解説 458 0 2013-04-21 -
1 第04話 死闘!怒りのデュエル! 427 0 2013-07-09 -
1 第05話 希望をもたらせ!正義の破壊者! 420 0 2013-07-18 -
7 第06話 明かされる真実 830 0 2013-07-20 -

スポンサーリンク