HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター) > Episode44:銀河と宇宙

遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター)/Episode44:銀河と宇宙 作:カズ

TOWA→LP:8000 手札:1デッキ:34 Mゾーン:1 M・Tゾーン:2 Fゾーン:0 Pゾーン:0

V S

KANATA→LP:8000 手札:5 デッキ:35 Mゾーン:0 M・Tゾーン:0 Fゾーン:0 Pゾーン:0




○Turn02

「僕のターン、ドロー!」

いきなり来たか……トワの切り札。攻撃力3000をたった1ターンで出すとなると、相当本気で来てるね。なら……僕も。


「僕はスケール3の『宇宙英雄(コズミックヒーロー)アース』をペンデュラムゾーンにセッティング!そして……アースのペンデュラム効果発動!」


森林のような緑の鎧を纏い、海のように青い矛と盾を装備した戦士が青白い光の柱に現れた。その戦士が剣を振りかざすと、もう片方の青白い光の柱から真っ青な鎧を纏い、氷の剣を携えた戦士が登場した。
2つの柱にはそれぞれ3と7の数字が刻まれている。たった1枚の手札から一気にペンデュラム召喚の条件を整えてしまったことに、トワは吃驚した。これ程緩い条件でスケールを揃えられるのは、最速で禁止カードに裁定された『EMモンキーボード』以来だからだ。


「これは、一体……?」
「僕のデッキは【宇宙英雄(コズミックヒーロー)】。トワのデッキは銀河がテーマだけど、僕のテーマはそれを遥かに凌駕する……宇宙だ!」
「宇宙?!それが、今のカナタのデッキですか……」
「そう。じゃあ遠慮なく行かせてもらう!ペンデュラム召喚!!『宇宙英雄ヴィーナス』!『宇宙英雄マーキュリー』!!」


太陽から2番目に近い金星の名を冠した、黄金色の鎧を身に纏う少女戦士と、太陽に最も近い惑星、水星の名を冠した、薄い灰色の鎧を纏った青年の戦士が手を取り合いながらフィールドに舞い降りた。

「マーキュリーの効果発動!デッキからフィールド魔法『コズミック・ミルキーウェイ』を手札に加える。そしてヴィーナスの効果発動!手札から『宇宙英雄マルス』を効果を無効にして特殊召喚!」

黄金のレイピアが空間を斬りつけると虹色のホールが出現し、そこから現れたのは、太陽系4番目の赤い星、火星の名を冠した戦士だ。ヴィーナスとは違い、深紅のサーベルを所持している。

「僕はレベル4のマルスにレベル4のヴィーナスをチューニング!!宇宙で燃ゆる灼熱の炎よ、永久に煌めけ!シンクロ召喚!レベル8『超宇宙英雄(スーパーコズミックヒーロー)ヘリオス』!!」

ギリシャ神話における太陽神の名を冠した戦士が登場した。鎧は橙と赤の混ざった色であり、彼の持つロングソードはメラメラと炎を噴き出している。
その攻撃力は2700。トワの光子竜には及ばないが、何の考えもなしに召喚した訳ではない。

「ヘリオスがシンクロ召喚に成功した時、相手の魔法・罠ゾーンのカード1枚を選んで破壊する!じゃあ……右側を破壊させてもらう!!」

ヘリオスが剣を振りかざし、ボウッ……とトワの伏せカードの1枚を焼き払った。彼女は悔しそうに下唇を噛む。

「しまった!『光子化』が……!」
「残念だったね。そして、ヘリオスの攻撃力は相手フィールドの最も攻撃力が高いモンスターの攻撃力の半分の数値分アップするんだ」

攻撃力2700にトワの光子竜の攻撃力の半分、1500が加わり、攻撃力は4200に跳ね上がった。このままではせっかく召喚した『銀河眼の光子竜』が破壊されてしまう。

「バトルだ!ヘリオスで『銀河眼の光子竜』を攻撃!」
「させません!光子竜の効果発動!!お互いに除外させてもらいますわ!」

ヘリオスが斬りかかろうとした瞬間、互いに時が止まったかのように硬直し、光子竜がヘリオスもろとも除外した。とはいえ、バトルフェイズ終了と共に双方のモンスターは帰還するため、単なるその場しのぎにすぎない。

「メインフェイズ2に移行し、僕は手札からフィールド魔法『コズミック・ミルキーウェイ』を発動!僕はカードを1枚伏せてターンエンド。そしてターン終了時、ミルキーウェイの効果発動!デッキから『宇宙英雄アース』をエクストラデッキに表側表示で置く!」

KANATA→LP:8000 手札:1 デッキ:31Mゾーン:2 M・Tゾーン:1 Fゾーン:1 Pゾーン:2





○Turn03

カナタのデッキ……ペンデュラムの持ち味である展開力と持久力を極端に高めたものと見て間違いないでしょう。おまけにヘリオスの攻撃力は4200のまま。確か、あのモンスターは「このカード以外のモンスターに攻撃できない」効果を持っていたはず。この場合なら、あのモンスターが有効ですわ!

「私のターン、ドロー!手札から魔法カード『銀河遠征(ギャラクシー・エクスペディション)』を発動し、デッキからレベル8の『銀河騎士(ギャラクシー・ナイト)』を特殊召喚しますわ!!」


「私はレベル8の『銀河眼の光子竜』と『銀河騎士』でオーバーレイ!光の化身よ、過ちを認めんとする者に立ちはだかりて審判を下したまえ!エクシーズ召喚!!降臨せよ、ランク8!『銀河眼の光波竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)』!!」

ギャオオオッ……!と咆哮を轟かせ、光の中から神々しい竜が舞い降りた。
紅葉とのデュエルの後に発売された「コレクターズパック〜閃光の決闘者編〜」で入手したのだ。

「『銀河眼の光波竜』の効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、相手フィールドのモンスター1体のコントロールを得ますわ!そして、そのモンスターを『銀河眼の光波竜』として扱い、攻撃力は3000になりますの!」

竜の双翼から虹色のエネルギーがキュゥゥゥン……とヘリオスに向かって放たれ、そのままヘリオスは奏多のフィールドから離脱した。それだけではなく、ヘリオスに光波竜が憑依したかのように、その姿形までもが戦士から竜に変貌してしまった。

「光波竜……僕とデッキを組んだ時にはいなかったモンスターだね」
「いつまでもカナタだけの力に頼りっぱなしでは、強くなれませんから。行きます!光波竜の名を得たヘリオスで、マルスを攻撃!」

光波竜の力によって傀儡となった戦士は自らの意思を持たず、その姿を竜に変え、無慈悲にもかつての仲間を殲滅する。

「そして『銀河眼の光波竜』でダイレクトアタック!殲滅のサイファー・ストリーム!!」
「ぐぅぅっ……!」
KANATA→LP:5000


ごっそり3000もライフを持っていかれてしまった。いくら8000ポイントのデュエルであれど、決して小さな数値ではない。
トワはそのままターンエンドを宣言し、光波竜の効果でコントロールを奪われたヘリオスはフィールドに復帰した。

TOWA→LP:8000 手札:1デッキ:32 Mゾーン:1 M・Tゾーン:1 Fゾーン:0 Pゾーン:0


○銀河遠征(通常魔法)
「銀河遠征」は1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドにレベル5以上の、「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合に発動できる。デッキからレベル5以上の、「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。


○銀河騎士(Lv8 光)
戦士族/効果
攻2800/守2600
①:自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。②:このカードの①の方法で召喚に成功した場合、自分の墓地の「銀河眼の光子竜」1体を対象として発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンし、対象のモンスターを守備表示で特殊召喚する。


○銀河眼の光波竜(ランク8 光)
ドラゴン族/エクシーズ/効果
攻3000/守2500
レベル8モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う。この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。


○Turn04

「トワ……ちょっとガッカリだよ」

軽く溜息を吐き、哀れみの目で奏多はトワを見つめた。
そして続けた。

「『銀河眼の光波竜』は確かに強力だけど……僕にダメージを与えることしか考えてなかったでしょ?」
「そ、それは……」
「君だって『超宇宙英雄ヘリオス』の効果は知っていたはずなのに、どうして光波竜をエクシーズ召喚したの?アレって……単なるその場しのぎじゃない?」
「ッ……!」

核心を突かれたのか、トワの表情が歪む。
逆に奏多はあれだけの攻撃を受けて尚、相手のプレイングを批判できるだけの精神的余裕があった。デュエルチャンピオンとしての経験から生まれた発言ゆえ、彼の言葉にはズッシリと重みを感じる。


「僕のターン、ドロー!」

奏多のフィールドにはコントロールが戻ったヘリオスが1体、そして発動中のフィールド魔法『コズミック・ミルキーウェイ』によって、昼間であるにもかかわらず2人の上空には天の川が浮かんでいる。

「ペンデュラム召喚!エクストラデッキから蘇れ、『宇宙英雄マルス』『宇宙英雄マーキュリー』!!」

再び2体の戦士達が現れた。奏多はマーキュリーの効果を使い、デッキからレベル6の『宇宙英雄ユピテール』を手札に加え、マーキュリーをリリースしてアドバンス召喚した。
木星の名を冠した、少年の戦士がダガーを振り回して登場する。

「『宇宙英雄ユピテール』の効果発動!デッキから『コズミック』と名のついた魔法・罠カードをセットする!続いてマルスの効果発動!このカードと、自分フィールドの『宇宙英雄』モンスターを素材として融合召喚を行う!」
「融合魔法を使わずに融合召喚ですか?!」

【DD】や【EM】など、最近のテーマにはモンスター効果や『融合』魔法カード以外のカード効果で融合召喚できるカードが増えてきたが、トワの周りにはそういったカテゴリのデッキを使う人が殆どいなかったため、このような効果を見るのは初めてだったのだ。


「僕が融合するのは、アースとユピテール。2つの星々は互いを導き、新たな命を生む!融合召喚!!レベル7『超宇宙英雄ペテルギウス』!!」

「冬の大三角形」を形成する3つの星、シリウス、プロキオン、ペテルギウスの内、オリオン座に所属し、その星座でも2番目に明るい有名な星「ペテルギウス」の名を冠した戦士が登場した。
装備品は右手に持つ巨大な鎌だけであるが、赤く血塗られたそれで多くの人を葬ったかが想像できる。

「ペテルギウスが融合召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を相手スタンバイフェイズ開始時まで除外する!」
「そんな!光波竜が!!」

光波竜はペテルギウスの作り出した次元の裂け目に飛ばされてしまい、トワのフィールドがガラ空きになってしまった。
これによってヘリオスの攻撃力は元に戻ったが、ペテルギウスの攻撃力は2500。おまけにペテルギウス自身の効果で、相手のカード効果では破壊することはできないため、ミラーフォースも通じない。2体でダイレクトアタックを仕掛ければ合計で5200の大ダメージを受け、一気に劣勢となる。このターンが過ぎても、帰還した光波竜はオーバーレイユニットを失っているので効果を使用できない。

「バトルだ!まずはヘリオスのダイレクトアタック!プロミネンス・エグゼキューション!!」

太陽の剣が激しく燃え盛り、それが振り下ろされると忽ち地割れが起きた。


「次はペテルギウスだ!バーナードループ!!」

ペテルギウスの持つ巨大な鎌が一層赤く輝き、それが思いっきり空を、トワを切り裂いた。
一気に5200もの大ダメージを受けてしまい、トワは早くも奏多の力を垣間見た。

「ぐっ……!流石カナタ、強いですわね」
「……まだ本気を出していないけど?まさか、トワはあの程度が僕の本気だと思ったのかい?」
「まさか!ここからですわ!」
「……これでターンエンド。そしてミルキーウェイの効果で『宇宙英雄サターン』をエクストラデッキへ置く」

KANATA→LP:5000 手札:2 デッキ:28 Mゾーン:2 M・Tゾーン:2 Fゾーン:1 Pゾーン:2




○Turn05

まずいですわね……カナタのフィールドが徐々に埋まりつつあります。おまけにペテルギウスはカード効果での破壊は不可能……そして伏せたカードも恐らく「カードを破壊する効果」を持つカード。何としてでも阻止しなくては!

「私のターン、ドロー!ペテルギウスの効果で私のスタンバイフェイズに『銀河眼の光波竜』は帰還します!」

異世界の扉から光波竜が帰還し、ギャオオオッ……!と雄叫びを上げる。そしてその直ぐ後、光波竜は不思議な光に包まれた。

「このモンスターは、『ギャラクシーアイズ』と名のついたエクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚出来ますの!2つの銀河が重なりて、新たな光は遥か彼方へと導かれる!アーマーエクシーズ召喚!!降誕せよ、ランク8『ギャラクシーアイズ FA(フルアーマー)・フォトン・ドラゴン』!!」

ガシャン、ガシャンと身体中の至る所に黒い重装甲が装備され、新たな「ギャラクシーアイズ」モンスターに生まれ変わった。紅葉とのデュエルの時は効果による特殊召喚だったため、その効果を使用できずに終わったが、今回は命というべきオーバーレイユニットを備えている。

「FA・フォトンの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、相手フィールドの表側表示のカード1枚を破壊します!銀河の塵となりなさい、ヘリオス!」

奏多のフィールドから太陽の戦士が消され、彼のフィールドからは燃え上がる爆炎が掻き消された。

「そしてこのカードも、『ギャラクシーアイズ』と名のついたエクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できますの!輝く銀河よ、光の使者となりて過ちを正すその刃に宿れ!降臨せよ、ランク9!『銀河眼の光波刃竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・ブレード・ドラゴン)』!!」

黒い装甲が外され、再び神々しい輝きを帯びた光の竜が現れた。
光波竜の面影を残しているが、ランクがそれよりも1つ上がり、攻撃力も僅かに上昇している。
攻撃力は3200へと下がったものの、このカードが破壊されてもすぐに墓地から『銀河眼の光波竜』を復活させることができる。

「光波刃竜の効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、フィールドのカード1枚を破壊します!先ほどカナタが伏せたそのカードを破壊させてもらいますわ!」

トワが破壊したカードはカウンター罠『コズミック・シュヴァルツシルト』だった。このカードは「自分フィールドの『宇宙英雄』モンスターが破壊された場合、相手フィールドのカードを全て除外する」効果を持っている。もし使われていれば光波刃竜の効果を使う機会を失ってしまうので、破壊しておいてよかったといえる。
トワは万全の体制でバトルフェイズに移行した。

「バトルですわ!『銀河眼の光波刃竜』で『超宇宙英雄ペテルギウス』を攻撃!壊滅のサイファー・ストリーム!!」
「っ……!」
KANATA→LP:4300

奏多の最後のモンスターも破壊し、トワは胸を撫で下ろした。だからといって油断はできない。奏多はペンデュラム召喚により息切れすることは滅多にない。それに引き換えトワはペンデュラム召喚を持ち合わせておらず、万が一『ギャラクシーアイズ』がフィールドから消えれば一巻の終わり。そうなる前に早く決着をつけなければならないのだ。
トワはメインフェイズ2に移行した。

「私は手札から魔法カード『銀河の施し』を発動!手札を1枚捨て、カードを2枚ドローします!……モンスターを裏守備表示でセットして、ターンエンド!」

ドローしたカードに希望を見出だしたのか、トワの表情が自信に満ちたものへと変わった。

TOWA→LP:2800 手札:1デッキ:28 Mゾーン:2 M・Tゾーン:1 Fゾーン:0 Pゾーン:0


○銀河眼の光波刃竜(ランク9 光)
ドラゴン族/エクシーズ/効果
攻3200/守2800
レベル9モンスター×3
このカードは自分フィールドのランク8の「ギャラクシーアイズ」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。このカードはX召喚の素材にできない。①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。②:X召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の「銀河眼の光波竜」1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

○銀河の施し(通常魔法)
自分フィールド上に「ギャラクシー」と名のついたエクシーズモンスターが存在する場合に、手札を1枚捨てて発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。このカードを発動したターン、相手が受ける全てのダメージは半分になる。「銀河の施し」は1ターンに1枚しか発動できない。




○Turn06

「……この程度だったとはな。期待はずれだよ、トワ」
「何ですって?」

奏多はこれまでの6ターン、トワのデュエルを観察していたのだが、それが自分の期待していたレベルよりも遙かに劣っていたことを悟り、心の底から落胆していた。

「僕のターン、ドロー!もう一度、ペンデュラム召喚だ!現れよ、『宇宙英雄マーキュリー』『宇宙英雄ヴィーナス』『宇宙英雄サターン』『宇宙英雄ユピテール』!!」

奏多は遊弥や紅葉、彩と同様に4体同時ペンデュラム召喚を決めてきた。それぞれのモンスターのレベルは4と6。しかもヴィーナスはチューナーのため、マーキュリーとのシンクロ召喚で再びヘリオスを呼び出せる。
奏多はヴィーナスの効果を使わず、マーキュリー、サターン、ヴィーナスの効果を以下の順番に使用した。

チェーン1:ユピテール
チェーン2:サターン
チェーン3:マーキュリー

マーキュリーの効果でデッキから『宇宙英雄ネプチューン』を手札に加え、サターンの効果で『コズミックアイズ』モンスターである『宇宙眼の惑星竜』を手札に加え、ユピテールの効果でデッキから永続罠カード『コズミック・アステロイド』をセットした。
この時、トワは自分の置かれている状況を忘れるほど、奏多の強さに見入っていた。


(このターン、カナタは1枚たりとも手札を消費していない。それどころか、逆にデッキから的確にサーチしてきている。【マジェスペクター】以上に厄介ですわね……)


ここまでは互いに妨害を繰り返しながらも、トワは必死に食らいついてきた。だが本当に大変なのはここから。『宇宙眼の惑星竜』というモンスターからは、どことなく『銀河眼の光子竜』と似たような雰囲気が漂ってきたのだ。
奏多はマーキュリーとヴィーナスで再び『超宇宙英雄ヘリオス』をシンクロ召喚し、トワの最後の伏せカードを破壊した。それは『時空混沌渦(タキオン・カオス・ホール)』だった。これを使えば奏多のフィールドを一掃できたのだが、ヘリオスによってそれは不可能になってしまった。
しかし、これだけでは終わらない。奏多はユピテールをリリースし、ネプチューンをアドバンス召喚した。
太陽系の惑星の中でも、太陽から最も遠く離れた氷の星「海王星」の名を冠した戦士が登場した。


「僕は、レベル6のネプチューンとサターンの2体でオーバーレイ!紅き星の輝きは、敵を貫く毒となる。エクシーズ召喚!!顕現せよ、ランク6『超宇宙英雄アンタレス』!!」

2体のモンスターが光となって渦に呑み込まれ、サソリ座で最も明るく、また最も有名である星、アンタレスの名を冠した戦士が登場した。これまでの『宇宙英雄』モンスターの中でも珍しく、両手に大剣を握っている。また、右手で持った剣の先端からは紫色の毒が滲み出ていた。
奏多はこのデュエル中にシンクロ、融合に続きエクシーズまでも決めてみせた。ペンデュラム召喚からこのパターンに展開しているため、エクストラデッキのペンデュラムモンスターが殆ど枯渇していない。それどころか、フィールド魔法の効果で毎ターン確実にペンデュラムモンスターを補充している。
トワはこの展開に奥歯を噛み締めた。


(しまった……先ほどのターン、FA・フォトンと光波刃竜のコンボでも破壊出来たのは2枚のみ。だとしたらヘリオスとあの伏せカードは単なる囮……)


「ようやく理解できたかな?残念だけどトワ、君は僕に勝てない。バトル! ヘリオスで『銀河眼の光波刃竜』を攻撃!」

またしても太陽の剣をヘリオスから浴びせられたトワは、咄嗟に防御の構えを取った。そんな彼女を守るように光波刃竜が立ちはだかる。

「うぅぅっ……!!……で、ですが、破壊された光波刃竜の効果発動!再び蘇りなさい、『銀河眼の光波竜』!!」
TOWA→LP:1700


アンタレスの攻撃力は2100。光波竜には及ばない。そこで奏多は、セットしてあった裏守備表示モンスターに攻撃を仕掛けたが、そのモンスターこそがトワにとって救いの1枚であることまでは見抜けなかった。

「そのモンスターは『銀河魔鏡士(ギャラクシー・ミラー・セイジ)』!このカードがリバースしたことで、墓地の『ギャラクシー』モンスターの数×500のライフを回復いたします!そして、デッキから裏守備表示で『ギャラクシー』モンスターを特殊召喚!!」

TOWA→LP:4700

トワの墓地には、最初のターンに通常召喚した『銀河の魔導師』、特殊召喚した『銀河眼の光子竜』と、『銀河の施し』の効果で捨てた2枚目の『銀河眼の光子竜』、『銀河遠征』の効果で特殊召喚された『銀河騎士』、エクシーズ召喚した『銀河眼の光波刃竜』『ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン』の6体がいた。そのおかげで上手く3000ポイントものライフを取り戻すことができた。
アンタレスは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる効果を持っていたが、奏多はセットしたモンスターを予想し、バトルフェイズを終了した。



メインフェイズ2に移行し、奏多は不敵に微笑んだ。

「ごめんね、トワ。この勝負……僕の勝ちだ」
「なっ?!」

唐突な勝利宣言を前にして、トワはたじろいだ。確かに手札や盤面を見れば圧倒的に奏多の方が有利だが、ライフポイントはトワが僅かながらリードしている。もしも彼に僅かな差を埋めるだけの「何か」があれば、このデュエルが終わるのも時間の問題だ。
そしてそれは、既に彼の手中にある。
奏多は高らかに宣言した。



















「このカードは、エクストラデッキの表側表示の5種類の『宇宙英雄』と名のついたペンデュラムモンスターを墓地へ送ることで手札から特殊召喚できる!」










エクストラデッキに表側表示であった『宇宙英雄』モンスターはマーキュリー、ヴィーナス、アース、マルス、ユピテール。その5体がそれぞれの剣を重ね合い、その先から小さな宇宙空間が出現する。














「果てなき宇宙よ……絶望の闇を包み込み、我が同胞(はらから)となれ!!降臨せよ、レベル8『宇宙眼の惑星竜(コズミックアイズ・プラネット・ドラゴン)』!!」





奏多を発見した時に偶然見た青い竜。
その眼には広大な宇宙が宿り、この世の真理を全て知り尽くしたかのように相手を内部から威圧させる。例えるならそれは「宇宙の覇者」。また、左右の翼には太陽系8つの惑星のうち5つ、水星、金星、地球、火星、木星を模した球体が輝いている。それらは召喚する際に墓地へ送った5体のモンスターを象徴しており、他にも土星、天王星、海王星を象徴する球体は翼に付いていたが、コストとならなかったので光っていなかった。
ギャラクシーアイズとコズミックアイズ。それぞれの竜が対峙し、互いに睨み合っている。

「僕はカードを1枚伏せてターンエンド。そしてフィールド魔法の効果で、デッキからマーキュリーをエクストラデッキに置く……」


いつの間にか2人のデュエルには、多くの観衆が集まっていた。しかし彼らの様子がおかしいことに気付く人は誰もいなかった……。


○銀河魔鏡士(Lv3 光)
魔法使い族/効果
攻0/守 800
リバース:自分は自分の墓地の「ギャラクシー」と名のついたモンスターの数×500ライフポイント回復する。また、リバースしたこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキ・墓地からレベル4以下の「ギャラクシー」と名のついたモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。


○時空混沌渦(通常罠)
自分フィールド上の「ギャラクシー」と名のついたエクシーズモンスターが、相手モンスターの攻撃または相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。相手フィールド上に表側表示で存在するカードを全て破壊し除外する。また、このカードが墓地に存在する場合、自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地から「ギャラクシー」と名のついたエクシーズモンスター1体を選択して特殊召喚する。



〜現在の状況〜

TOWA→LP:4700 手札:1デッキ:27 Mゾーン:2 M・Tゾーン:0 Fゾーン:0 Pゾーン:0

V S

KANATA→LP:4300 手札:3 デッキ:23 Mゾーン:3 M・Tゾーン:3 Fゾーン:1 Pゾーン:2


*Episode44初登場オリカまとめ
○宇宙英雄マーキュリー(Lv4 水)
戦士族/ペンデュラム/効果
攻1700/守600
【Pスケール 青:3 赤:3】
①:自分フィールドの「宇宙英雄」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを破壊し、そのカードを自分のPゾーンに置く。②:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「宇宙英雄マーキュリー」の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「コズミック」カード1枚を手札に加える。②:手札の「宇宙英雄」Pモンスター1体を墓地へ送り、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。


○宇宙英雄ヴィーナス(Lv4 光)
戦士族/ペンデュラム/チューナー/効果
攻0/守1500
【Pスケール 青:3 赤:3】
①:自分フィールドの「宇宙英雄」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを破壊し、そのカードを自分のPゾーンに置く。②:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「宇宙英雄ヴィーナス」の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。手札から「宇宙英雄」Pモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたモンスターの効果は無効化される。②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。エクストラデッキの表側表示の「宇宙英雄」Pモンスター1体を選んで手札に加える。


○宇宙英雄アース(Lv4 地)
戦士族/ペンデュラム/効果
攻1400/守800
【Pスケール 青:3 赤:3】
①:自分フィールドの「宇宙英雄」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを破壊し、そのカードを自分のPゾーンに置く。②:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「宇宙英雄アース」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「コズミック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。


○宇宙英雄マルス(Lv4 炎)
戦士族/ペンデュラム/効果
攻1800/守900
【Pスケール 青:3 赤:3】
①:自分フィールドの「宇宙英雄」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを破壊し、そのカードを自分のPゾーンに置く。②:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「宇宙英雄マルス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。


○宇宙英雄ユピテール(Lv6 地)
戦士族/ペンデュラム/効果
攻600/守2000
【Pスケール 青:7 赤:7】
①:自分フィールドの「宇宙英雄」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを破壊し、そのカードを自分のPゾーンに置く。②:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「宇宙英雄ユピテール」の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「コズミック」魔法・罠カード1枚をセットする。②:墓地のこのカードが効果で除外された場合に発動できる。自分フィールドの「宇宙英雄」モンスター、「コズミックアイズ」モンスターの攻撃力は300アップする。


○宇宙英雄サターン(Lv6 地)
戦士族/ペンデュラム/効果
攻500/守1900
【Pスケール 青:7 赤:7】
①:自分フィールドの「宇宙英雄」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを破壊し、そのカードを自分のPゾーンに置く。②:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「宇宙英雄サターン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「コズミックアイズ」モンスター1体を手札に加える。


○宇宙英雄ネプチューン(Lv6 水)
戦士族/ペンデュラム/効果
攻100/守2300
【Pスケール 青:7 赤:7】
①:自分フィールドの「宇宙英雄」Pモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを破壊し、そのカードを自分のPゾーンに置く。②:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
「宇宙英雄ネプチューン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。


○超宇宙英雄ヘリオス(Lv8 炎)
戦士族/シンクロ/効果
攻2700/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時、相手の魔法・罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。②:このカードの攻撃力は、相手フィールドの攻撃力が最も高いモンスターの攻撃力の半分の数値分アップする。③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード以外の自分フィールドのモンスターに攻撃できない。


○超宇宙英雄ペテルギウス(Lv7 光)
戦士族/融合/効果
攻2500/守2000
「宇宙英雄」Pモンスター×2
①:このカードが融合召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを相手スタンバイフェイズ開始時まで除外する。②:このカードは相手の効果では破壊されない。


○超宇宙英雄アンタレス(ランク6 闇)
戦士族/エクシーズ/効果
攻2100/守2600
レベル6の「宇宙英雄」Pモンスター×2
①:このカードは相手モンスターに2回攻撃できる。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの表示形式を変更する。この効果は相手ターンでも発動できる。③:X召喚されたこのカードが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。除外されたPモンスターを2体まで選んでデッキに戻す。


○宇宙眼の惑星竜(Lv8 光)
ドラゴン族/効果
攻3000/守2500
①:エクストラデッキの表側表示の5種類の「宇宙英雄」Pモンスターを墓地へ送り、このカードは手札から特殊召喚できる。②:????(次回判明)


○コズミック・ミルキーウェイ(フィールド魔法)
「コズミック・ミルキーウェイ」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分のPゾーンの「宇宙英雄」カードは相手の効果で選ばれない。②:自分ターン終了時に発動できる。デッキから「宇宙英雄」Pモンスター1体をエクストラデッキに表側表示で置く。


○コズミック・シュヴァルツシルト(カウンター罠)
①:自分フィールドの「宇宙英雄」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。相手フィールドのカードを全て除外する。


次回予告(byトワ)
これがカナタのエースカード……『宇宙眼の惑星竜』。ですが、何が来ても私は引くつもりはありませんの!カナタに勝って、絶対に元に戻してみせますわ!!ですからもう1度だけ力を貸してください、銀河眼の光子竜!!


次回 Episode45:銀河眼vs宇宙眼
現在のイイネ数 2
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

カズ
キャラ設定に「古城奏多」の個人情報を更新しました。 (2016-08-10 00:51)
ター坊
奏多さんのドS発言が止まらない!
精神プレッシャーフェイズはあらゆる遊戯王の共通事項ですな。 (2016-08-10 11:07)
カズ
ター坊さん
コメントありがとうございます。
ドS発言の嵐の中、勝利宣言まで通告した奏多ですが、果たしてトワはその予言を打ち破ることが出来るのか……?
次回、2体のドラゴンによる頂上決戦!お楽しみは、これからだ! (2016-08-10 11:35)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 Episode01:危ないスタート 781 1 2015-06-21 -
0 Episode02:悪魔のドラゴン 689 2 2015-06-22 -
0 Episode03:切り札 453 2 2015-06-23 -
25 Episode04:紅蓮の悪魔 558 2 2015-06-23 -
2 Episode05:終止符 491 2 2015-06-25 -
9 Episode06の前に 402 2 2015-06-25 -
6 Episode06:黒羽 凛 454 1 2015-06-27 -
6 Episode07:同調 404 1 2015-06-30 -
5 Episode08:変則試合 389 3 2015-07-04 -
3 Episode09:2人の絆 464 2 2015-07-05 -
4 Episode10:覚醒 366 1 2015-07-09 -
4 Episode11:解放 400 2 2015-07-13 -
24 Episode12:最後の封印竜 327 0 2015-07-14 -
3 Episode13:ダイヤの煌めき 281 0 2015-07-25 -
3 Episode14:友のために 347 0 2015-08-12 -
2 ビヨンドモンスター・ビヨンド召喚について 465 2 2015-08-13 -
2 番外編01:遊弥と紅葉の… 353 2 2015-08-19 -
4 Episode15:紅蓮魔竜解放 443 2 2015-08-22 -
1 Episode16:ライセンス 404 2 2015-08-24 -
4 少し遅めのキャラ設定(随時更新中) 757 5 2015-08-29 -
3 Episode17:地獄の猛特訓 376 1 2015-09-06 -
30 Episode18:関門 436 1 2015-09-13 -
4 Episode19:スピードの中で 319 2 2015-09-18 -
2 Episode20:初の対外試合 373 2 2015-09-20 -
1 Episode21:シンクロ封印 308 1 2015-09-22 -
4 Episode22:1つの答え 377 2 2015-09-24 -
1 Episode23:黒羽の誇り 402 2 2015-10-01 -
2 Episode24:ハイスピードバトル 369 3 2015-10-06 -
0 Episode25:超越する力 331 2 2015-10-11 -
3 Episode26:運命の決戦 306 3 2015-10-20 -
3 Episode27:来訪者、天導レイン 383 2 2015-11-03 -
3 Episode28:遊弥vsレイン 407 2 2015-11-09 -
5 Episode29:舞い降りた天使 361 2 2015-12-05 -
6 Episode30:天使と悪魔 434 3 2015-12-09 -
4 Episode31:禁断の無限暗黒竜 528 2 2015-12-12 -
6 番外編02:凛と紅葉が… 371 0 2016-01-05 -
6 Episode32:パワー・ツール 385 3 2016-01-29 -
6 Episode33:死した希望の使者 318 2 2016-01-31 -
5 Episode34:高貴の翼 397 4 2016-02-04 -
6 Epi35:戦慄のリバースビヨンド 355 1 2016-02-13 -
8 Epi36:加速するカウントダウン 401 2 2016-02-20 -
7 Epi37:希望のカード『V☆S』 398 3 2016-03-25 -
5 Episode38:朱色の夜 319 0 2016-04-11 -
5 Episode39:並び立つ盟友 385 2 2016-04-22 -
8 Episode40:精一と彩 452 2 2016-05-30 -
5 Episode41:漆黒の鎮魂歌 373 4 2016-06-22 -
5 Episode42:涅槃の境地へ 372 2 2016-07-02 -
4 Episode43:トワノキズナ 332 3 2016-07-23 -
2 Episode44:銀河と宇宙 349 3 2016-08-09 -
5 Episode45:銀河眼vs宇宙眼 333 0 2016-08-20 -
2 Episode46:絶望の凱旋 265 0 2016-08-24 -
4 Episode47:刻まれた記憶の欠片 258 1 2016-09-06 -
10 Episode48:希望の行方 245 0 2016-09-13 -
4 Episode49:悪夢の決戦前夜 252 0 2016-10-03 -
5 Episode50:創世の星屑竜 245 0 2016-10-25 -
0 Episode51:託された未来 256 0 2016-10-30 -
1 番外編03:遊弥と花奈の... 256 2 2016-11-02 -
3 未投稿オリカ紹介① 280 0 2016-11-09 -
2 未投稿オリカ紹介② 225 0 2016-11-26 -
2 未投稿オリカ紹介③ 267 0 2016-12-08 -
3 未投稿オリカ紹介④ 261 0 2016-12-20 -
6 未投稿オリカ紹介⑤ 215 0 2016-12-30 -
4 Episode52:極寒の夏 192 2 2017-01-01 -
31 Episode53:闇の邂逅 213 2 2017-01-07 -
3 Episode54:呪縛竜復活 180 0 2017-01-11 -
5 Episode55:届かぬ声で... 181 2 2017-01-15 -
2 Episode56:禁忌の目覚め 206 5 2017-01-19 -
3 Episode57:共鳴する四龍 210 4 2017-01-25 -
5 Episode58:本当の気持ち 204 3 2017-01-30 -
4 Episode59:真実への鍵 197 2 2017-02-08 -
4 IF01:バレンタインデー 247 6 2017-02-11 -
1 Episode60:エレンとアレックス 235 3 2017-02-16 -
30 ルール改訂と今後の進行について 340 2 2017-02-18 -
4 Episode61:想いの証 201 5 2017-02-21 -
3 Episode62:茨の道標 237 5 2017-02-27 -
5 Episode63:光と闇の花 187 3 2017-03-20 -
7 Episode64:渇望と葛藤 176 2 2017-03-23 -
5 Episode65:麗しき孤月 149 2 2017-03-29 -
44 Episode66:月夜のイリュージョン 223 2 2017-04-21 -
15 Episode67:常闇に消える月華 292 1 2017-05-05 -
10 Episode68:模索者たち 107 4 2017-07-22 -
12 Episode69:純黒の反逆者 119 0 2017-07-27 -
8 Episode70:紅と黒の禁呪 118 2 2017-08-07 -
7 Episode71:希望は往く 116 3 2017-08-17 -
9 Episode72:リリーの過去 103 2 2017-08-24 -
5 Episode73:異次元の亡霊 96 2 2017-09-13 -
4 Episode74:覚醒の鼓動 91 3 2017-09-22 -
5 Episode75:挑戦者の儀 96 0 2017-10-05 -
3 Episode76:神速の決闘 65 2 2017-11-14 -

スポンサーリンク