HOME > 遊戯王SS一覧 > 最後のパーティ2

最後のパーティ2 作:ドクダミ2号

翔「……あれ?何か人が足りない……?」
山崎「あぁアリスと諏訪部だろ?2人は帰ったよ。」
翔「えー!?聞いてないんですけど!?」
山崎「言う暇なかったからな。代わりに誰か来るってよ。」
翔「誰だよ………。」
山崎「さぁ?……あ、もう直ぐ来るって。」
翔「お、楽しみだな。」

山崎「それでは紹介しましょう!
我々と同作者!
遊戯王デュエルフローラから!
主人公のうち2人!櫻と六花です!」
櫻「よろし……って最終日なの!?」
六花「最終日だけどよろしくねー!」
翔「………?櫻と六花?」
ナナリア「……?どうかしたか?」
翔「……いや何でも。」(……まさかな。)
一同「よろしくねー!」

ユイ「あれ?そう言えば途中参加ってありなのか?」
山崎「基本はダメだけど、今回の場合はまぁ、多少はね。」
翔「説明になってねぇ!」
山崎「あはは、ごめんねー!」


翔「さてさて、お次は………おぉ、スタイル抜群の遊希ちゃんですか。」
遊希「訴えますよ?」
翔「許して下さい、何でもしますから!」
遊希「……返しませんよ?」
翔「……ウィッス。あーところで遊希ちゃん。」
遊希「ん?何ですか?」
翔「敬語じゃなくていいよ、ほぼ同世代だし。何か……違和感がある。」
遊希「今更……まぁそうかな?確かに同世代の人に敬語を使うのは違和感があったかな?」
翔「俺は同世代じゃなくても、目上じゃなけりゃタメ口だけどな。」
遊希「それは翔だけよ!」
翔「は?」
遊希「もううっさいな!……ねぇ翔。」
翔「あい、何でしょう。」
遊希「もし私の身に、何かあった時さ。ちゃんと助けてもらえるのかな?翔みたいに、行動を起こしてもらえるのかな?」
翔「……何でそう思った?」
遊希「だって私……!……人との付き合い方………間違ってたりしたら………!」
翔「ふーん。」
遊希「な!何よそれ!こっちは真剣に考えてるのに!」
翔「真剣に考えてるから、バカらしいんだよ。考えろ、友達がいる時点で立派に人付き合いできてるじゃねぇか。信じてやれよ。」
遊希「……そう……かな?」
翔「友達なんてそんなもんだよ。バカみたいに笑って、泣いて、助け合って。……そういう友達がお前にもいるだろ?」
遊希「……そうだね。そうだよね!私……変な事言ってたみたい。」
翔「それでいい。さ、折角のパーティだ!楽しめ!」


翔「……うっぷ、やばい……食い過ぎか………?」
強志「お前……普段あんまり食べてないだろ?」
翔「おぉ……強志か………、そうだよ。普段はあんまり食べないんだ。」
強志「それで良くあんなに動けるな。」
翔「努力の賜……いや、努力してないか………。」
強志「何を言いたいんだか………。あ、そうそう。涼花が話したがってたぞ?」
翔「あの子が?俺に?……どれどれ………。」



涼花「あ、翔さーん!」
翔「どうも……って何この女子だらけの席。」
伽藍「あら?シロちゃんもいるわよ?」
シロ「どうもです………。」
翔「相変わらず、苦労してんなぁ〜。12の癖に。」
シロ「いえいえ………。貴方の人生の方が苦労だらけじゃないですか。」
翔「いや、それ程きつくはない……かな?」
遊乃「え?そうなんですか?」
翔「まぁね。」
ナナリア「……翔。」
翔「……分かってるって。そんな顔すんな。」
涼花「ところで翔さん。気になってたんですけど………。ナナリアさんと恋人関係なんですよね?」
翔「う、うん。そうだけど……。」
涼花「じゃぁやっぱり……将来結婚とか……。」
翔「ーーー!!ゲホ!ゴホ!!ガハ!!」
ナナリア「翔!?大丈夫か!?」
翔「大丈夫……大丈夫。ゲホ、涼花ちゃん。大人をからかわないの。」
涼花「え、翔さんはまだ大人では………。」
翔「だとしても!全く、恐ろしいわ!」
ナナリア「でも、翔。実際のところどうなんだ?」
翔「え。」
一同「どうなの?」
翔「……えぇと……その……。さ、さいならーーー!!!」
一同「あ!逃げた!!」



翔「はぁはぁ!チクショー、何なんだよあいつら………!」
櫻「あら?貴方は………。」
六花「翔……で良いのかな?」
翔「別に良いよ。で、あんたらは……あぁ途中参加の。」
櫻「悪かったわね。……随分と人気ね。」
翔「そうでもないよ。……どうせ嫌味で言ってるんだろうけど。」
櫻「あら?分かった?」
翔「何となくだけどな。そっちは妹さんか?」
六花「え?あ、はい。」
翔「そうか……俺の妹も六花って言うんだ。……もういないけどな………。」
櫻「知ってるわ。」
翔「何……?」
櫻「だって貴方は……私達の父親ですもの。」
翔「やっぱりか、何となくそんな気がしてた。」
六花「……ねぇ、翔。聞かせて、そっちの話。お父さんは……話してくれないから………。」
翔「……そうか。良いぜ、話してやる。」





櫻「そう……そんなに壮絶だったのね。」
六花「そっか………。」
翔「ま、昔話もここまでにして……1つだけ聞いて良いか?」
櫻「いいわ。」
翔「……俺の未来の嫁って……誰?」
櫻「……それは、秘密……ね。」
翔「ちぇ!教えてくれてもいいのに。」
六花「自分の未来を知っても意味ないでしょ?」
翔「……そうだな。そうだよな。うし!ラストスパート行きますか!!」


夏武斗「おーーい!!!翔ーーー!!!」
翔「うるせぇ!鼓膜こわれる!」
仁「バカが……。」
天音「まったく……周りにあまり迷惑を与えないで下さい………。」
翔「んで?何だよ?」
夏武斗「これ!食ってみろよ!スッゲーうまいぞ!」
翔「んー?……これって……まさか………。」
天音「はい……にん人さんです……。」
翔「えええ!?嘘だろ!?あいつ不味かった覚えが………。」
仁「結局腹に入れば何でも良いだろうな。」
翔「えぇ………。」
夏武斗「うめー……うっ!」
天音「夏武斗くん!?」
翔「あーあー、見事の当たってら……。」
夏武斗「と……といれ………!」
翔「………。」


翔「よー、楽しんでるか?元デュエリストさん。」
勇「ん?あぁ翔か。……地味に嫌なとこついてくるな……。」
翔「嫌だったら復帰すれば?腕は確かなんだし。」
勇「うーん……でもなぁ。」
翔「ま、俺には関係無いけどね。」
勇「確かにな。これは俺が決めることだし。」
翔「そうそう。……で、給料のほうは……どうなんだ?」
勇「それがさぁ!かんっぜんに詐欺なんだよ!なぁにが10万だ!半分しか貰えなかったわ!」
翔(やっぱり言っといた方が良かったか……?)
勇「ほんっと酷いよな!?訴えてやる!」
翔(うわー……荒れてるよぉ………。)



翔「……うん。おいしい。」
遊火「翔さん。楽しんでますか?」
翔「楽しんでるよ。そっちは?」
遊火「楽しんでます。翔さんは18歳なんですよね?」
翔「ん、そうだけど……なんで?」
遊火「その割には……体格と言うか……筋肉結構ありますよね?遠くから見ると分かりづらいですが。」
翔「まぁ鍛えてるし……多少はね?」
遊火「ふーん……もしかしたらあの学園長と良い勝負できるんじゃ無いですか?」
翔「え!?い、いやー……それは無理です………。」
遊火「えー?最後ならどうせ見たかったなー。」
翔(それに関しては色々な問題が出るからな!)
遊火「何か言いました?」
翔「何も。」
遊火「……怪しいなー、怪しい。」
翔「……ゴクッ。」



翔「そろそろ終わりか………。」
一騎「翔さん!はぁはぁ!」
翔「んあ?一騎か。」
一騎「翔さん!もう一回、もう一回デュエルして下さい!」
翔「え!?なんで!?」
一騎「さっきのデュエル……手加減したんですよね!?……今度は手加減抜きでお願いします……!」
翔「しゃーねーなー。」






翔「行け!リベリオンマジシャン・ヴァルキュリア!ダークリベリオントリガー!!」
一騎「うわぁぁぁ!!」
翔「はい、俺の勝ち。悪いな。」
一騎「やっぱり……本気を出せば強いじゃないですか………。」
翔「そうでもないさ。今回は引きが良かっただけ、お前だってやれるじゃねぇか。」
一騎「……ありがとうございます………。このデュエル……忘れません。」
翔「お、そうだな。とりま、腹減ったな。」
一騎「相変わらずですね……食べましょうか!」
翔「そうだよそうだよ。さっさと食おうぜ。」
一騎「……はは、何だか翔さんを見てると不思議と元気が出てきます。」
翔「そうか。ま、いいじゃねぇか?」
一騎「………はい!」



翔「お次はっと……遊貴ちゃんか。」
美夏「ちょっと!私は!?」
翔「あぁ、いたの?」
美夏「グググ……!」
遊貴「翔さんどうも。」
翔「おいっす。楽しんでるようで何より。」
遊貴「翔さんも楽しんでますね。」
翔「まぁね。ところで……遊貴ちゃん。気になってる事があるんだけど……。」
遊貴「はい?」
翔「その服って……確か……あの時のだよね?」
遊貴「……できれば着たくなかったのですが………美夏がいたずらで他の服をダメにしてしまって……。」
美夏「い、いやーまさかあんな事になるとは……。」
翔「友人に恥をかかせるとか………マジかよ。」
遊貴「大丈夫ですあとでみっちり搾りとります。」(早口)
翔「そうですか頑張って下さい応援してます。」(超早口)
美夏「早すぎて聞き取れなかったけどかなりやばい気がする………。」
翔「まぁ覚悟はしといた方がいいかもな。」
美夏「えぇ……デッキが全部ゴキボールにでもなるのかな?」
遊貴「それぐらいじゃ済まないことしてやる。」(超早口)
翔「一体何をするのか教えてもらってもいいかな?」(超絶早口)
美夏「は、早すぎて聞き取れない……。」




翔「………。」
山崎「おう、どうした?」
翔「いや……そろそろなんだろ?」
山崎「あぁ……後5秒前…4…3…2…1………終了ーー!!」
一同「………。」
翔「あーあー、お別れかぁ。」
ユイ「まぁ色々あったけど終わって良かったよ。」
遊貴「このまま逃げ出すんじゃないかと思ってた……。」
遊火「はぁ……皆さんとはまた会いたいですね!」
遊希「そうね。また……いつか機会があれば……。」
一騎「あぁ!会いたい!」
夏武斗「もう終わりかーー!!!また会おうなーーー!!!」
遊介「はは……きっと会えますよ。」
遊乃「きっとじゃない……絶対!」
勇「あぁ!会えるさ!」




にん人「てめぇらみてぇな薄情者共とは2度と会いたくねぇ!!」


一同「!?」
翔「な!良い感じで終わるはずだったのに!!何してくれてんだ!!」
にん人「うるせぇ!最後の最後で食材にされた俺の身にもなれ!!てめぇら全員俺の事食いやがって……!!」
翔「……夏武斗はそうだが他の奴も食ってたのか……?」
一同(夏武斗以外)「まず食材になってたことすら知らなかった……!」
にん人「てめぇら………!」




「良い加減にしろぉ!!!」

ーーーfin
現在のイイネ数 31
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ドクダミ2号
遅くなってしまってごめんなさい!許して下さい、何でもしますから!!
自分の技量が足りずあまり良いものに仕上げられなかったのが心苦しい……!もしまたこんな機会があったら次はもっとマシのものを作れる様にしたい……!いつかリベンジします!



多分そんな機会はないと思う……。 (2016-06-23 19:26)
光芒
お疲れ様でした。思えばドクダミ2号さんがこの企画を立ち上げてくれたからこそ自分も番外編のキャラ募集企画に踏み出せたというのもありました。ただ自分と違うのは登場キャラが全て他の方の小説に登場するキャラクターということで他の小説のキャラを理解しつつ最後まで書き上げるということはかなり大変な作業だったと思います。

この話では他人とのコミュニケーションに悩む遊希でしたが、このパーティーを通しては普通に接することができていたと思います。こういうところも吸収して自分の作品のキャラづくりにも生かしていきたいですね。
何はともあれお疲れ様でした! (2016-06-23 23:26)
白金 将
お疲れ様でした……!
大勢のキャラをまとめ上げるのは本当に苦労したことと思います。
私の方の遊乃ちゃんたちも楽しそうでなによりでした(*´ω`)

これをきっかけに他の作品を見ることにもなったので本当にありがとうございました。
やっぱりいろいろな人のSSを読むのは大事なんですねぇ(`・ω・´) (2016-06-24 02:40)
名無しのゴーレム
お疲れ様です、そして完結おめでとうございます。
このSSの企画が始まった時から、自分も他の方の力を借りて何かやってみたいなと思っていました。最初はこのSSみたいに主人公オールスターズみたいなのも考えましたが、私の腕ではまとめられそうもなかったので……結局大まかなキャラ設定だけいただくという中途半端な形になってしまいました。私もきちんと完結できるように全力を尽くします!
話が作りにくい個性が薄めの主人公連中を提供して本当に申し訳ございませんでした。こういった企画だとキャラが濃い方が書きやすいですもんね(現在進行形で実感しています……)。そんな中でもきちんと書ききって下さったドクダミ2号さんには本当に感謝しています。これからのSS制作も頑張ってください。 (2016-06-24 23:00)
Ales(from PC)
お疲れ様でした。
こちらへのSS投稿を初めて、1ヶ月ちょっとぐらい(うろ覚え)の新参ながら参加させていただき、ありがとうございました。
私の方でも皆様のキャラクターを数人お借りしましたが、それだけでも難しかったものをもっと多くのキャラクターを……無事完結、おめでとうございます!
ドクダミ2号さんのおかげで、皆様との距離もちょっとは近付いたかな、と勝手に思っている次第であります。難しいキャラクターを丁寧に持ち上げて下さり、ありがとうございました。

P.S.
なんでや!遊貴ちゃん達にあれな要素ないやろ! (2016-06-25 02:21)
イベリコ豚丼
完結おめでとうございます&お疲れ様です!!
ただでさえ難しいコラボ企画を皆の意見を取り入れながら何話も続ける技術、本当に凄いと思います。
この企画に触発されてSSを書きはじめた人もいたりするんではないでしょうか?
私のSSは現在休止中ですが、いつかは私もコラボ企画を……、そう思えるような素晴らしいSSでした! (2016-06-28 07:03)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
1 始まりのプロローグ 460 11 2016-03-01 -
8 1日目 パーティ編 342 10 2016-03-02 -
17 1日目:ホテル編パート1 410 9 2016-03-03 -
3 1日目:ホテル編パート2 318 9 2016-03-05 -
0 2日目:朝 238 7 2016-03-06 -
3 2日目:ホテル編パート1 221 5 2016-03-09 -
2 2日目:ホテル編パート2 263 4 2016-03-13 -
0 2日目:チーム対抗料理対決編 263 7 2016-03-16 -
2 2日目:パーティ編 243 5 2016-03-28 -
1 2日目:ホテル編3 283 4 2016-04-09 -
1 2日目:捜索編 217 5 2016-04-20 -
0 2日目:救出編 243 5 2016-04-26 -
1 2日目:救出編2 218 4 2016-05-11 -
1 3日目:朝 208 2 2016-05-24 -
2 最後のパーティ:1 256 2 2016-06-10 -
31 最後のパーティ2 398 6 2016-06-23 -

スポンサーリンク