メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
手の中の辰の色の夜に散る桜

CODE OF THE DUELIST


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


マリオカート8 デラックス


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > 遊戯王SS一覧 > 二つの世界の激突 > 序章 第一話 「忍び寄る影」

二つの世界の激突/序章 第一話 「忍び寄る影」 作:OZONE

body

〝コム〟に寄った帰り道
嵐 「コンコルーダあたって良かった~」

陽 「そーいえばパック買った時なんかオマケもらってたよな?あれの中身なんだった?」

嵐 「あ~!!」

嵐機はパックを買った時のことを思い出した。

嵐 (確かあの時…)

~回想シーン~

不思議な店員 「二つのパックを入れておく。青いパックは見せてもいいが、赤いパックは誰にも見せるな。」

~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-

嵐 (不思議な店員だったな)

嵐 「じゃあ早速開けてみるか!(青い方だけ)」
バリッ!

龍 「なんだそのカード?〝精霊王の力〟?」

陽 「なになに…〝このカードを使うとデッキのモンスターから一体選ばれそのモンスターの精霊が現れる〟本当か~?」

嵐 「試してみないと分からないし、やってみるか!」

嵐機は高々とカードを上げ、こう唱えた。

嵐 「〝精霊王の力〟発動!!」

そのとたん、〝精霊王の力〟のカードが光りその光が散り、そのまま嵐機のデッキケースに集まった。

龍 「本当にカードが選ばれたんじゃないか?」

嵐 「そ、そうかな?」カパッ!

一同 「「うわーーっ!!」」

一枚だけ強い光を放つカードがあった。

陽 「それが選ばれたカードなんじゃね?」

嵐 「よし!見てみよう! いくぞ3…2…1…!!」
一同 「「ゼロ!!」」

選ばれていたのは〝幻獣機 ドラゴサック〟だった。

龍 「で、思ったんだけど精霊ってどんな感じなんだ?つーかいなくね?」

陽 「なあ、嵐k…?」

嵐機は明らかに何かに驚いているように見える
が、龍二と陽炎には何も見えていない。

嵐 「お、お前がドラゴサックの精霊?」

嵐機には確かに見えていた。大きな翼をもち、長い船尾を風に靡かせユラユラさせている、竜の頭のある戦闘機が。

ドラゴサック(以下機龍) 「そうだ。俺がドラゴサックだ。」

嵐 「…そんなにカッコ良くないな。」

機龍 「をぃ!!ぶっ殺すぞ!!」

陽 「おい!嵐機!誰と話してんだよ!?」

嵐 「えっ?誰ってドラゴとだけど?」

龍 「どこにいんだよ?」

嵐 「ここにいるじゃん。」

嵐機の指差した所には何もいない。正確にはいるんだが陽炎と龍二には見えていない。

機龍 「残念ながら俺の姿は精霊が憑いている奴にしか見えないんだ。」

嵐 「そうか~。じゃあそんなにカッコ良くないお前を他の奴らは見れないのか~。残念だな~。」(棒読み)

機龍 「そんな風に思ってないだろ。つーか、そんなにカッコ良くないは余計だって言ってんだろ!!」

嵐「分かったよ」

? 「お前か、精霊が憑いている奴ってのは。」

炎龍機 「「誰だ!!」」

風 「俺は橘風騎(以下風)デビルズの一人だ。」

陽 「デビルズ?」

風 「そうだ、悪魔世界からの使いだ。嵐機!俺と戦え!」

龍 「えっ!?それは流石に…
嵐「いいだろう!」

龍二が言い切る前に答えた

龍/陽 「「え~!」」

嵐/風 「「決闘!!!」」

turn1

風 「俺の先攻!ドロー!」

風 「俺は[ドラグニティアキュリス]を召喚!」

嵐 「ドラグニティか…微妙にめんどくさいな
   (そして環境で負けている)ボソッ」

風 「うるせー!
   まあいい、俺はアキュリスの効果を発動!!」

機龍「来るぞ!」

To be continued...

次回
第二話「風と嵐の激突」
現在のイイネ数 0
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

リバース
主人公ひでぇwww
がんばです! (2013-08-11 18:05)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 序章 プロローグ 324 0 2013-04-21 -
0 序章 第一話 「忍び寄る影」 628 1 2013-05-07 -

スポンサーリンク