メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
使い道絶望的なユートピア

COLLECTORS PACK 2017


CODE OF THE DUELIST


STARTER DECK 2017


マリオカート8 デラックス


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王alter-synchron > 第二話 邂逅の狼煙

遊戯王alter-synchron/第二話 邂逅の狼煙 作:raw

回らない頭で、D-ホイールをオートで走らせながら考える。
この状況はなんだ?
目の前には平然とD-ホイールを走らせているミサキ。
そしてブルーノ…とか呼ばれた男。
ミサキは当然親友だから面識がある訳だが、この男の方も、全く見たことがないわけではなかった。
あれは確か何かの雑誌の記事。
「チーム5D’s」の特集で、アシスタントをやっている場面が掲載されていた。
だから全く顔を見たことがないわけでは無い。

無い、が…
(面識がある訳も無いよな…)
その男が、作った覚えも無い俺のチームの一員と言われている理由が、
これっぽっちも思い当たらない。

その他にも、そもそも何でD-ホイール持ってるんだ、とか、WRGPの決勝ってどういうことだ、とか、悶々と考えを募らせていると、突然、ミサキがD-ホイールを停止させた。
俺も慌ててD-ホイールを停止させる。
何があったのかとミサキを見ると、ミサキは道路の前方をじっと見ていた。
俺も釣られてその方向に目を向けると、そこにいたのは、

仁王立ちしているセキュリティ。

途端に冷や汗がどっと噴き出す。
(やばいやばいやばい!何した!?スピード違反!?いやオートだったしっていうかそうだ俺免許とか持ってたっけ?!)

しかし、一瞬にして脳内がパニックに陥った俺をよそに、ミサキはフランクな様子で、
そのセキュリティに話しかけた。
「あれ?牛尾さんじゃん。こんな所で何してるんだ?」

え?知り合いなの?

呆然とする俺を放り、ミサキはその牛尾と呼ばれたセキュリティと会話を続ける。
「ああ、ちょっとお前ら、というか遊士に話があったんだ」
「遊士に?ふーん、何だ?」

俺に用?セキュリティが?やっぱり俺何かしたの?

「ちょっとここじゃ言いにくいな。贅沢を言えば一対一で話したい事だ」
「そっか。じゃあ遊士はここに置いてくよ。おい遊士!いいよな?」
「はあぁぁ!?」
突然何言い晒すんだこいつ!セキュリティと二人!?
「おいおい、なんだよ素っ頓狂な声出して。牛尾さんとは知らない仲でもあるまいし」
どうやら俺と「牛尾さん」は親友らしい。俺はこの人知らないけど。なんだこれ。

「じゃあ俺たちは先行ってるよ。会場で待ってるからな」
「がんばってね遊士!」
ミサキとブルーノはのんきな声でそう言うとD-ホイールに乗って走り去った。
後には俺と「牛尾さん」、そして重い静寂が残った。

ずっと黙ってるわけにもいかないので、俺は恐る恐る「牛尾さん」に話しかける。

「あ、あの…牛尾、さん…?話ってなんでしょうか…?」
距離感が分からないので、慎重に言葉を選んで尋ねる。
それに対し目の前の男は、ゆっくりとこちらを見ると、無表情でこちらに聞き返す。
「来栖遊士…だな…?」
名前の確認?あれ?知り合いじゃなかったの?

やっぱりミサキは後で殴ろう。

それはさておき、とりあえず質問には答える。
「あ…はい…そうですけど…?」

その答えを聞いた男は、
「そうか…」
と満足そうに頷いて、

次いでニヤッと笑って、

機械のような無機質な声で、男が告げる。

『抹殺対象ヲ発見。始末スル。』

「!?」
その言葉の意味を俺が理解するのと同時に、

『オートパイロット、スタンバイ』

突然、D-ホイールのデュエル機能が作動する。

「ま、待て!お前は一体!?」
突然の出来事に、対応が追い付かない俺。
そんな俺を意に介さず、男はライディングデュエルのスタートに着く。

『貴様ヲ、コロス』

『スピードワールド2、セット』

「くそっ!」
俺も仕方なしに、スタートの用意をする。

目の前のディスプレイに表示されるカウントダウンが、刻々と減少していく。

落ち付け。
大丈夫だ。ライディングデュエルの経験なら…一応、ある。

カウントダウンが、始まりをゆっくりと告げる。

3、2、1…

0 ―

二人は同時に、ブォン!とアクセルを吹かし、一気にトップスピードへと駆ける!
「ライディングデュエル、アクセラレーション!」

この瞬間、変わった世界での、俺の最初のデュエルが始まった。

一方。
会場に着いた、ミサキとブルーノ。
「ふー、着いた着いた。…遊士置いてきちゃったけど、大丈夫かな?
あいつ、なんか今朝様子おかしかったし」
それに、ブルーノが答える。
「大丈夫だよ。もし何かあっても、牛尾さんが何とかしてくれるさ。」
「…だよな!」

ははは…と、談笑しながら、ドームに入ろうとするミサキとブルーノ。
その前に、彼が現れた。
「なんだよ、遅かったじゃないか」

その男は、
「え…?牛尾さん?遊士は…?」
目の前にいたのは、さっき会ったはずで、
少なくとも自分たちより先にココに着く訳のない男、牛尾。

驚愕に目を開くミサキとブルーノを、牛尾は不思議そうに見つめながら答える。
「はあ?俺は朝一ここにきてお前らを待ってたんだぞ?遊士に会う訳無いぞ?」

それでも納得できないミサキは、質問を重ねる。
「え…?いや、だって…」
そうして、事の経緯を牛尾に伝えるミサキ。
その話を聞くにつれて、牛尾の表情はどんどんと強張っていく。

そして、ミサキが経緯を伝え終えると、牛尾は深刻そうな顔で告げた。
「そりゃあ、おそらく『ゴースト』だ」
「ゴースト?」
「ああ、最近、D-ホイールの事故が増えてるだろう?その原因が『ゴースト』だ。
俺も実際に見たことは無いんだが、なんでもソリッドビジョンのダメージを実体化させてクラッシュを誘う頭のおかしい連中らしい。
で、その『ゴースト』の姿なんだが…
知り合いに変装して油断させてきた…なんて報告も上がってる。
つまり、そいつが俺の姿をしていたのなら…」

その言葉にミサキは、はっとして目を見開く。
「あいつが『ゴースト』…!だとしたら…!」

ミサキとブルーノは、焦り顔で、今来た道の方向を見て呟く。
「…遊士が、危ない…!」
現在のイイネ数 1
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

カズ
いきなり大ピンチ。遊士くんはどうする?! (2016-03-26 00:02)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 第一話 始まりの刻 227 2 2016-02-21 -
1 第二話 邂逅の狼煙 309 1 2016-02-24 -

スポンサーリンク