HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Hedgehog Flowers > 第4話 勝利は一から積み上げる

遊戯王 Hedgehog Flowers/第4話 勝利は一から積み上げる 作:白金 将

 アルストロメリア本部では、遊乃と葵がシロと三人で本部の番をしていた。歓迎会をやると伽藍が言ってからはパラパラと人が戻ってきて来ている。伽藍はお菓子を買いに外に行き、翌檜はその様子を見についていったそうである。

「ところで、シロ君はデュエルするの?」
「勉強してますけど、らん姉が外でやっちゃ駄目って」
「どうして彼女はお前を外に出したがらないんだ?」
「うーん」

 答えずともそれは、伽藍がただシロのことを溺愛しているからだということは予想がついたが、遊乃と葵はシロからの答えを待つ。だが、答えは返ってこない。その代わり、シロが過去にあったことを話してくれた。

「前にこっそり外でストリートデュエルしたことがあったんですけど……それを知った伽藍さんが乱入ペナルティ関係なしに割り込んできちゃって。相手フルボッコになっちゃったことがあるんです」
「そう言えば伽藍さんや翌檜さんもデュエルするんだよね」
「一度見てみたい物だな」
「うーん」

 シロは苦々しい顔になって言う。何か良からぬ思い出があったのだろうか。



 午後、伽藍は上機嫌で外に買い物に出かけていた。朝から新メンバーが2人増えたのだ。それだけでなく、これから伽藍の大好きなパーティーが始まるのだ。一日の簡単な業務も終わり、大きな仕事も入ってないため、パーティーのために買い出しに出かけたのである。
 気分がうきうきしているのだろうか、伽藍のふんわりとした白髪も豊かな胸も嬉しそうに揺れている。彼女が治安維持団体の団長であることを知らなければ、物腰のやわらかい優しい優しいお姉さんにしか見えていないだろう。

「パーティーと言えばお菓子ね……」

 近くのお菓子屋に入ると、中で数人のギャルたちが騒いでいた。携帯電話片手に何かしているのか、店にふさわしくないような奇声にも似たような声を上げていた。そのせいで他のお客さんは中に入るのをためらう様子も見える。

「あの……騒ぐなら外に行ってもらえないかしら?」

 伽藍がそう声をかけると、少しばかり沈黙したのちに、また高笑いのような声を上げる。伽藍には彼女たちのような人種は理解が出来なかったため、渋い顔をした。

「ウチら彼氏待ってんのー。ダブルデートってやつ」
「お菓子いっぱいあるからここで待ってるんだけどー」
「静かにしてもらえます?」
「えー」

 苦笑しながらお互いを見合うギャルに伽藍は愛想をつかしたのか、仕方なくデュエルディスクを取り出した。この街では、デュエルディスクを出すという事はすなわち自分の意見を強引に通しにかかることを意味する。ギャルたちは先程買った物だろうか、クッキーやビスケットを口に入れながらディスクをセットした。

「私が勝ったら出て行ってもらいます。負けたら私はさっさと帰りましょう」
「イイネー。彼氏待ちだからライフ4000でどう?」
「ウチら二人のチカラ合わせれば無敵って感じー」
「……わかったわよ」

 伽藍は冷めたような顔になってデッキをセットした。

「一人でも二人でも変わらないからいいわ」
「あ、それ挑発ってヤツ?」
「マジで激おこだからすぐにやっちゃうんだけど」

 伽藍とギャルたちの間に少しの沈黙が流れて。

「「「デュエル!」」」


― ― ― ― ― ― ―
伽藍   4000
ギャル1 4000
ギャル2 4000
― ― ― ― ― ― ―


「先行はあげるって感じー。ちゃんと人数分のハンデあげる私ちょーやさしー」
「私のターンね」

 伽藍は手札を見てしばらく考えた後、4枚を伏せた。

「私は〈命削りの宝札〉を発動。デッキからカードを3枚ドローさせてもらうわ」
「3枚って、それチートじゃない? ズルじゃない? というかやばくねー?」


― ― ― ― ― ― ―
命削りの宝札

通常魔法
「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。
― ― ― ― ― ― ―


「そして伏せていた〈強欲で謙虚な壺〉を発動」

 デッキからカードが三枚めくられる。〈神の宣告〉〈カードカー・D〉〈おジャマトリオ〉の三枚が大型ソリッドビジョンとなって現れる。伽藍が選んだのは〈おジャマトリオ〉だった。選んだカードに対戦相手のギャルたちは驚いた様子。

「そこはフツー『カミセン』を選ぶとこじゃないの?」
「私のターンですから黙っててくださいね……カードを二枚伏せて、ターンエンド。そして、〈命削りの宝札〉の効果で、エンドフェイズ時に手札を全て墓地に送ります」

 伽藍の場には5枚の伏せカード。モンスターはいなく、手札もない。その異様な光景にギャルたちは首をひねりながらも、一人がカードをドローした。

「ガン伏せとかマジキモイんですけど……〈コマンド・ナイト〉を通常召喚。つーことでダイレクトアタック!」

 ソリッドビジョンの〈コマンド・ナイト〉が伽藍を切り付けたが、彼女は目を閉じたまま何も答えない。攻撃力分である1200ポイント、ライフが削られる。


― ― ― ― ― ― ―
伽藍   4000 → 2800
ギャル1 4000
ギャル2 4000
― ― ― ― ― ― ―


「私はこれでターンエンド。次お願いねー」
「はいはーい、それじゃ、私のターン!」

 もう一人のギャルは元気にドローすると、1人目と同じように〈コマンド・ナイト〉を通常召喚する。〈コマンド・ナイト〉が合計で2体、相手フィールドに並んだ。


― ― ― ― ― ― ―
コマンド・ナイト

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1200/守1900
自分のフィールド上に他のモンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分の戦士族モンスターの攻撃力は400ポイントアップする。
― ― ― ― ― ― ―


「これでウチらの場には〈コマンド・ナイト〉が2体だからアンタは攻撃出来ないの。ていうかこれチョーヤバい効果?」
「お菓子は何がいいかしらね……」

 既に彼女たちの言葉は聞き飽きたのか、伽藍はお菓子の入っている棚を見つめながら別の事を考え始める。そんな伽藍にギャルたちは怒ったのか、二人目はすぐさま攻撃してきた。

「アタシたちのことバカにしたらどうなるか教えてあげるんだから……私は手札から〈団結の力〉を装備!」
「……罠発動」

 待ってましたとばかりに伽藍の目の色が変わる。突然様子が変わったことは流石にギャル二人も無言のうちに理解した。そして、何かマズいことが起きることを把握したようである。

「〈団結の力〉にチェーンして〈仕込み爆弾〉を発動」
「なんかヤバい気配がするんですけど……」
「チェーン3、罠〈仕込みマシンガン〉を発動」

 伽藍の背後に2枚の罠カードがオープンしている。だが、まだ効果は発動しない。伽藍の罠のチェーンはまだまだ続く。

「チェーン4、罠〈積み上げる幸福〉を発動」
「いつまでチェーン重ねるの……」
「チェーン5、罠〈おジャマトリオ〉を発動」

 機械のように効果発動を繰り返す伽藍であったが、それでもあの優しそうな顔のままであった。ふんわりとした笑顔で淡々と罠を発動する伽藍にギャル二人は言葉を失ったようだ。

「最後に……チェーン6、〈連鎖爆撃〉を発動」
「と、トラップをいっぱい発動したからってモンスターがいなかったら次のターン……」
「残念ね。あなたたちに次のターンなんて無いわよ」

 笑顔のまま、伽藍はチェーンを止めた。そして、伽藍が耳をふさぎ、周りのやじ馬たちも真似して耳をふさいだ時、お菓子屋さんの中をソリッドビジョンの爆風が吹き荒れた。


― ― ― ― ― ― ―
仕込み爆弾

通常罠
(1):相手フィールドのカードの数×300ダメージを相手に与える。
(2):フィールドのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。相手に1000ダメージを与える。
― ― ― ― ― ― ―
― ― ― ― ― ― ―
仕込みマシンガン

通常罠
相手フィールド上のカードと相手の手札を合計した数×200ポイントダメージを相手ライフに与える。
― ― ― ― ― ― ―
― ― ― ― ― ― ―
積み上げる幸福

通常罠
チェーン4以降に発動する事ができる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動されている場合、このカードは発動できない。
― ― ― ― ― ― ―
― ― ― ― ― ― ―
おジャマトリオ

通常罠
相手フィールド上に「おジャマトークン」(獣族・光・星2・攻0/守1000)を3体守備表示で特殊召喚する(生け贄召喚のための生け贄にはできない)。「おジャマトークン」が破壊された時、このトークンのコントローラーは1体につき300ポイントダメージを受ける。
― ― ― ― ― ― ―
― ― ― ― ― ― ―
連鎖爆撃

速攻魔法
このカードの発動時に積まれているチェーン数×400ポイントダメージを相手ライフに与える。同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動されている場合、このカードは発動できない。

― ― ― ― ― ― ―


※これらのカードを↑方向に発動していく。


― ― ― ― ― ― ―
伽藍   2800
ギャル1 4000 → 0
ギャル2 4000 → 0
― ― ― ― ― ― ―


「連鎖爆撃で2400、幸福で2ドローして、あなたたちの場にはモンスターが4体だから、マシンガンで1800ずつ、そして爆弾で1200ずつ……やりすぎちゃったかしら」

 ギャルたちは腰を抜かしてしまったのか、尻もちをついた状態でブルブルと震えあがってしまっていた。そして、爆発音を聞きつけたのか、翌檜が伽藍のもとにやって来た。伽藍が何をやらかすか分からないため、こっそりと後ろを追いかけていたのである。

「……また?」
「ちょっとお仕置きしてあげただけよ」

 そして、ギャルたちの彼氏も来たようである。彼氏2人のうちの1人がディスクをセットして伽藍と翌檜の方を向いた。伽藍がため息を吐くと、翌檜が伽藍の前に出た。

「俺のデッキは【EM竜剣士】だぜ。カノジョをいじめたことを後悔させてやるよ」
「【EM竜剣士】……翌檜、どうかしら?」

 翌檜は何も言わず、頷きの代わりにデュエルディスクをセットした。彼氏の方は、自分が【EM竜剣士】――現環境最強と呼ばれているデッキ――を持っているため自信があるのか、翌檜を半ば見下しているようにも見える。

「嬢ちゃんもツーンとしててかわいいな……どうだい、負けたら俺と一日お泊りは」
「あー、このアタシがついていながらー」
「大丈夫だよ。負けたらこいつら尻尾巻いて逃げ出すに決まってるさ」

 そのやり取りに翌檜が怒ったらしい。翌檜はお菓子屋のカステラを見た後に言う。

「勝ったら、ここのカステラ3箱」
「お、いいねぇ。ま、どうせ俺が勝つだろうけどさ」

 翌檜は無表情のまま呟いた。

「店員さん。カステラ箱買いの準備、お願いします」
現在のイイネ数 18
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

光芒
初めまして、光芒と申します。自分の小説の更新と合わせて第1話から第4話まで一通り読ませて頂きました。このサイトでは台本形式で書かれる方が多い中、しっかりと小説方式で書いており、改行や三点リーダーなどもしっかりとしていたので読みやすかったです。後サブタイがしっかりと話の内容に当てはまっているのも個人的には好みです(一から積み上げる→チェーンバーン、のことですよね?)

そして主人公の遊乃をはじめ、女性キャラが皆それぞれ違った魅力を持っており、同じく女性キャラをメインに据えた物を書いている者として惹きつけられます。超時空龍を使う割にグレイドルを見て腰を抜かす遊乃や、うるさいギャルをチェーンバーンで粉砕する伽藍などなど……デュエルにおいても帝やグレイドルなど自分があまり使わないタイプのデッキが登場しているので参考になりました。ストーリーの方もスタダ高騰の理由が何なのか、そしてメンバーの増えた「アルストロメリア」がどんな活躍を見せるのか、楽しみながら拝読させて頂きたいと思います。
(2016-01-30 03:12)
ター坊
チェーンバーンでフルボッコ。決まればかなり爽快ですよね。
そして彼氏、それは負けフラグや。 (2016-01-30 08:00)
ハカラメ
連鎖爆撃ィ! チェーンバーンとはなんと恐ろしい...ジャンクリボー入れなきゃ(使命感)。それにしても彼氏はEM竜剣士使いとは・・・あんな札束で殴り合うような成金デッキなんぞ、打ち負かしたれ翌檜さん! (2016-01-30 08:51)
白金 将
<<光芒 さん
こちらこそ初めましてです(`・ω・´)
一気読みしていただきありがとうございます。わっちは本当は「小説家になろう」という所で書いてたので、どちらかというと本業寄りの文章がこちらになります。
サブタイは何個か没案もあるのですが、話の顔として手は抜かないようにしておりますぞ。今回はチェーンバーンの表現に少し迷いましたが……

キャラクターの書き分けははっきりさせるように心がけております。使うデッキも個性を尖らせている物にしました。また、キャラを人間らしく書けるようにいろいろ思案もしましたぞ。
SSで新しいデッキを使うときは実際にテストをして回してるので苦労も多いですが……いろいろなデッキに触れるのは楽しい事なので、その楽しさも伝わればよいかと思っております。
スタダ高騰の理由はもう少し後辺りで分かって来るかな……? どうぞお楽しみであります(`・ω・´) (2016-01-30 11:40)
白金 将
<<ター坊
友達も一緒にバーンしちゃうデッキですので使う場所は限られますがね(´・ω・`)
かれぴっぴはどうなっちゃうんでしょう…… (2016-01-30 11:42)
白金 将
<<ハカラメ さん
爆発爆発爆発ゥ! いやぁやめてチェーン3で止めないでぇ(神の宣告感
翌檜さんのデュエルの実力はいかに? 次のお話をこうご期待(`・ω・´)


あと、ター坊さんへの返信で「さん」が抜けていたことをこの場を借りてお詫びさせていただきます(´・ω・`) (2016-01-30 11:44)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
6 伝言板・修正履歴(3/30) 406 0 2016-01-19 -
7 第1話 その少女、黄金の龍と共に有り 602 5 2016-01-19 -
10 第2話 スターダスト・ドラゴン消失事件 484 6 2016-01-23 -
5 第3話 誇り高き一族 429 7 2016-01-27 -
18 第4話 勝利は一から積み上げる 395 6 2016-01-30 -
7 第5話 絶対支配領域 393 6 2016-01-31 -
6 閑話休題:キャラクター紹介 474 0 2016-01-31 -
7 第6話 溶けていく手札 381 8 2016-02-05 -
4 第7話 手札一枚の戦争 429 8 2016-02-07 -
8 第8話 ネコチャン!? 352 8 2016-02-13 -
3 第9話 「帝王」の影 344 6 2016-02-19 -
5 第10話 息の合った二人 359 4 2016-02-21 -
8 第11話 たまにはみんなで温泉旅行! 355 4 2016-02-23 -
7 第12話 シロちゃんは二度挟まれる 344 6 2016-02-28 -
6 第13話 アルストロメリアの門番 297 4 2016-03-05 -
27 第14話 王者の資格 307 6 2016-03-09 -
4 第15話 Execution 311 6 2016-03-13 -
9 第16話 ワン・ナイト・カーニバル 332 6 2016-03-17 -
5 第17話 キャット・アンド・ドッグ 279 4 2016-03-25 -
5 第18話 積み込み・スリ替え・橙一色 318 6 2016-04-02 -
34 第19話 孤独への恐怖 300 2 2016-04-10 -
7 閑話休題:キャラクター紹介 雑談枠 360 4 2016-04-19 -
4 第20話 アルストロメリアの休日 291 6 2016-04-29 -
7 第21話 「ふつうの女性」になりたくて 308 4 2016-05-01 -
9 第22話 翌檜の恋心 330 4 2016-05-03 -
4 第23話 シロちゃんぐるぐるハンマー伽藍 317 4 2016-06-06 -
0 第24話 ボクっ娘決闘者、リンちゃん 284 2 2016-07-03 -
5 第25話 政治部の苦悩 277 4 2016-07-09 -
3 第26話 モノクローム・プライド 297 4 2016-07-20 -
4 第27話 あなたのそばで 291 4 2016-07-28 -
4 第28話 嫉妬 243 2 2016-08-31 -
4 第29話 分かり合いたくて 203 0 2016-09-15 -
7 第30話 Dランド:遊乃&葵√その1 257 2 2016-10-06 -
6 第31話 Dランド:遊乃&葵√その2 256 2 2016-10-09 -
7 第32話 Dランド:遊乃&葵√その3 216 2 2016-11-03 -
1 第33話 Dランド:遊乃&葵√その4 264 4 2016-11-08 -
10 第34話 Dランド:伽藍&シロ√その1 208 2 2016-11-25 -
3 第35話 Dランド:伽藍&シロ√その2 184 2 2016-12-06 -
2 第36話 Dランド:伽藍&シロ√その3 202 2 2016-12-14 -
25 第37話 Dランド:翌檜√その1 129 2 2016-12-25 -
4 第38話 Dランド:翌檜√その2  162 2 2017-01-12 -
1 フラワリングタウン広報「アイリス」春号 243 0 2017-01-12 -
2 第39話 フンキー フンキー フンキー 190 3 2017-01-18 -
5 第40話 もりのようかん 190 2 2017-01-25 -
3 第41話 狂植物の叛乱 197 4 2017-02-05 -
4 第42話 桜姫降臨 170 2 2017-02-13 -
4 リンク召喚について ※SSは書き続けます 346 5 2017-02-18 -
4 第43話 Dragula 178 2 2017-02-19 -
1 閑話休題:キャラクター紹介3 172 0 2017-02-23 -
5 第44話 不穏 126 4 2017-03-19 -
6 第45話 BREAK DOWN 132 2 2017-03-21 -
8 第46話 その少女、黒紫の竜と共に有り 172 2 2017-03-23 -
28 第47話 おかえり 179 4 2017-03-26 -
7 第48話 大切な人 161 3 2017-03-29 -
41 第49話 炎 235 4 2017-04-28 -
13 第50話 Find Your Way 178 2 2017-05-17 -
15 第51話 Force Your Way 180 4 2017-06-17 -
11 第52話 四人目の姫 150 2 2017-07-22 -
8 第53話 一寸先は闇 134 4 2017-07-25 -
8 第54話 月夜に咲く姫 125 4 2017-08-22 -
12 第55話 OVERLAP 111 0 2017-09-16 -
3 第56話 幽雅に咲かせ、紫毒の華 112 5 2017-09-21 -
9 第57話 帰る場所 93 4 2017-10-01 -
14 閑話休題:キャラクター紹介4&作者の呟き 135 0 2017-10-01 -
8 第58話 前哨戦(△) 89 5 2017-11-09 -
9 第59話 混沌を制す者(△) 86 2 2017-11-12 -

スポンサーリンク