HOME > 遊戯王SS一覧 > 決闘者のロード(短編集) > DUEL1 とある凡骨のロード1

決闘者のロード(短編集)/DUEL1 とある凡骨のロード1 作:ユウ

「ふあぁぁぁ」
「おいおい、どうした?寝不足か?」

とある通学路。城之内の大欠伸に、隣を歩いていた本田が反応する。

「いや、今度の大会のために新しいデッキを考えてたら寝れなくてよー」
と、寝ぼけ眼をこすりつつ、デッキを取り出す城之内。

「ああ、海馬のヤローがまた大会開くとかで遊戯もはりきってたなそういや。」
「なんでも新しい召喚方法?が公開されるとかで、デュエリスト界隈では大騒ぎよ。上位入賞者には新しいカードが与えられるとかなんとか。とにかく負けられねーんだ。」

「へいへい、まあせいぜい頑張れよ。一応決闘都市上位入賞者なんだからな。」
「おう!」


と、歩いている二人の前に立ちふさがる黒いフードの男が現れた。
左手にはデュエリストの証、デュエルディスク。

「城之内だな?お手合わせ願おう」

「おい、城之内、知り合いか?」
「いや、知らねえ野郎だ。」
「ならこんなやつほっといていこうぜ、授業が始まっちまう。」

「いや、悪いが本田、デュエリストたるもの売られたデュエルは買うっきゃないぜ!」
城之内はカバンからデュエルディスクを取り出すと装着、デッキをセットした。

「おいおいまじかよ。」
「新しいデッキのスパーリングだ!さあ、やろうぜ!」

「「デュエル!」」

「私の先攻。手札から「ハウンドドラゴン」召喚」

ハウンドドラゴン ATK1700

「カードを2枚セットし、ターンエンド」 手札2枚


「よし、俺のターン!ドロー!「ウィンガード・ソルジャー」を召喚!」

ウィンガード・ソルジャー〈オリジナル〉 ATK1900

「こいつならお前のモンスターに切り込めるぜ!いけ!ウィンガードスラッシュ!!」

「く・・・」

LP4000→3800

「どうだ!」
「ふん、罠発動!「サイバーダーク・シグナル」!」

サイバーダーク・シグナル 〈オリジナル〉 罠
①自分の場の闇属性モンスターが破壊されたとき、デッキから「サイバーダーク」カード1枚を手札に加える。

「さらに発動!「サイバーダーク・」」

現在のイイネ数 3
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
3 DUEL1 とある凡骨のロード1 328 0 2016-01-12 -

スポンサーリンク