HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 TRIBE > TRIBE02 イザナイ

遊戯王 TRIBE/TRIBE02 イザナイ 作:。ゅぃ。

「誰だ…?」
振り返った遊亮の目に映ったのは、人間の子供のような姿をしたクリマルだった。犬の耳が、確かに頭から生えていた。
「うわっ!?」
「そんなに腰ぬかすなって…。これからやっていけないぜ?」
「これから…?」
「ああ」
クリマルが右手を遊亮に向ける。すると、クリマルの右手と、遊亮の左目に紋章のようなものが浮かび上がった。クリマルの手の紋章はオオカミ男、遊亮の紋章はドラゴンだった。
「何だよ、それ…?」
「TRIBEだ」
「…分かりやすく説明してくれ」
「ざっくり言うと…血を受け継いだ種族を表してる。この世界にはかつて、ドラゴン族、獣族、戦士族、獣戦士族などのさまざまな種族が混在していた。だけど創造神族っていう種族に全て滅ぼされて、その末裔が人間となった。…だけど、一部の生き物には滅ぼされた種族の血が流れている。遊亮には…これはドラゴン族か。ドラゴン族の血が流れている。そしてオレには、獣戦士族の血が流れている。そういう奴らをTRIBEって呼んでる」
「…それが何だって言うんだ?」
「TRIBEには、使命があるんだ。…かつて種族を滅ぼした創造神族、その純血の子孫である創造神族のTRIBEを倒す」
「創造神族の…TRIBE…」
「まあ、もっとも遊亮にそれだけの力がなけりゃ話は始まらない。…ってわけで、デュエルだ!」
「…ってクリマル、デッキあるのか?」
「遊亮、シンクロンデッキを貸してみてくれ」
遊亮がデッキを手渡す。すると、クリマルの手の中で、カードが書き変わった。
「これだ。ほら、さっさと行くぜ! 先攻はオレが貰う! まずは≪アーマール・ライオン≫と≪アーマール・ゼブラ≫を手札から捨てて効果発動! 遊亮のデッキからモンスター2体を効果を無効化して特殊召喚だ! ≪ワイブラスト・ドゥーム≫と≪ワイブラスト・ダスト≫を特殊召喚! ただし、種族はそれぞれ獣族と戦士族になる! そして俺は≪鎧融合≫を発動! 獣族・戦士族・獣戦士族モンスターを1体ずつ融合素材として融合召喚! 遊亮のフィールドのモンスター2体と、手札の≪アーマール・マウス≫で融合召喚だ! …月夜に吠える獣戦士よ、フィールドを荒らせ! ≪アーマール・ウルフ≫! ターンエンドだ!」
1ターンで融合モンスターを出された遊亮だったが、その顔には笑みがあった。
「…ありがとな、クリマル! 2体も墓地へ送ってくれたおかげで、すでに俺の手には2つ力が宿った! 俺のフィールドにモンスターがいないため、≪ワイブラスト・フォトン≫を特殊召喚!」
「≪アーマール・ウルフ≫の効果発動! 1ターンに1度、こいつの攻撃力以下の攻撃力を持つモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスターを破壊する!」
「やるな…だが、これで3つ! リリースなしで≪ワイブラスト・ストーム≫を召喚し、『ワイブラスト』の存在により≪ワイブラスト・ハイドロ≫を特殊召喚! そして通常魔法≪ワイブラスト・ブラスト≫を発動! 『ワイブラスト』モンスターをすべて破壊し、その中で最も攻撃力の高かったモンスター≪ワイブラスト・ハイドロ≫のレベル1につき300ダメージ、つまりレベル5のため1500ダメージを与える! そして来たぜ! 5つの力を身にまとう時が! 熱き魂を俺の手に! ≪ワイブラスト・プラズマ≫! 効果発動! 1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を破壊できる! そして攻撃力2500でダイレクトアタックだ!」
「さすが遊亮だ! …これなら、TRIBEとしての活躍も期待できそうだな…ほら、行くぜ!」
クリマルが両手を前方にかざす。するとそこには、扉ができていた。
「これは…?」
「入ったら分かる」
クリマルがドアを開ける。2人は、足を踏み入れた。
平均点 0 評価人数 0人 評価
評価にはログインが必要です。
名前
コメント

同シリーズ作品

評価 タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 TRIBE00 キャラクター紹介 181 1 2016-01-02 -
0 TRIBE01 C(カウント)召喚! 177 1 2016-01-03 -
0 TRIBE02 イザナイ 246 0 2016-01-04 -

スポンサーリンク