HOME > 遊戯王SS一覧 > venus’s daysー女神戦記 > 【王属騎士団】設定まとめ

venus’s daysー女神戦記/【王属騎士団】設定まとめ 作:名無しのゴーレム



王属騎士団

大陸の西部に位置する王国『ロイフォート』。王族を始めとする少数の人間とその他大部分を占める獣人によって構成されたこの国を守るのが王属騎士団の役目である。王族の獣人に対する不信から代々団長は人間から選ばれている。隊長クラスの団員はその者を表す言葉と扱う武器を組み合わせた二つ名を与えられる。



ソード

難民としてロイフォートに入国しながらも王属騎士団の団長を務める男。その実力もさることながら、国のために身を尽くすその人柄を買われて今の地位に至った。現在は国を襲う脅威に立ち向かいながら、国内に蔓延る貧富の差や人間と獣人の対立を解決しようと手を尽くしている。



ランス

王属騎士団の副団長。獣人の中でも貴族と呼ばれる家柄の彼は国を守る騎士としての誇りを持ち、副団長として騎士団を率いるために常に努力を重ねている。参謀のウィップとの相性は悪く、顔を合わせては口論に発展している。真面目だが頭が回らないため彼女に口喧嘩で勝つことはほとんどない。



アックス

騎士を率いる兵士長。団長や副団長に次ぐ立場であり、戦いにおいては大規模な部隊の指揮を務めることも多い。名家の生まれではあるが群れるのを嫌う性格から常に問題を起こし、勘当されてから騎士団に入るまでは浮浪者であった。力と意思を備えたソードを認め、彼の命令には従うようになった。ランスとは幼なじみの関係になるが、互いに必要以上に関わろうとはしない。



ウィップ

王属騎士団の参謀。「頭がよければ安全なところで楽して働ける」と考え幼い頃から勉学に励み、国内の書物をほぼ読破してしまった。しかし現在は相談役として団員たちを始めとして商人や修道士、果ては一部の王族にまで頼られるため仕事量が尋常ではなく、こんなはずではなかったと日々嘆いている。最近の楽しみは自分を頼ってくる者をとことん貶して相手の嫌な顔を見ること。



ナイフ

王族の護衛を主とする護衛隊の隊長。彼は以前国内で暗躍する暗殺者だったが、ソードと接触してからは足を洗って国を荒らす敵を狩り続けた。あまりに無口で、声を聞いたものは団内でも数少ない。暗殺者時代に弟子がいたそうだが、今は国外にいるとか……



ロッド

ロイフォートの女神であるベーレルフを信仰する教会を管轄する女性獣人。自分の身よりも貧しい者を心配する心優しい性格で、教会で身寄りのない子供たちの世話をしている。彼らの養育に給与のほとんどを費やしているため、自分の食事を用意するのが難しいほどに生活に困窮している。



メディカル

ロイフォートの医療の発展を担う衛生隊長。自身が戦場に赴いて治療を行うこともあるが、それは「手遅れになる可能性が高く、新しい治療法を試しても文句が出ない」からだとか。それでも彼女が参戦した戦場では騎士の死亡率は極端に少なくなるらしい。




クラブ

日々国内を見回る警備隊の隊長。とはいえ平和な国内では事件はそうそう起きないため、必然的に警備隊の仕事はあまりない。しかし現隊長のクラブによって方針を転換、困っている人の手助けを主な任務としている。性格は快活そのもので、国民からの信頼も厚い。



サイス

訓練兵、新兵の指導を担当する男性獣人。その厳しさより訓練兵たちから恐れられ、また戦場であっても敵に一切の容赦をしないため、騎士団の中でもその冷酷さで名を知られている。しかしそれは新兵たちに戦場の無情さを教え込むための行いであり、実際は彼らが無事帰還出来ることを第一としている。



アロー

補給隊長を務める少年獣人。歴代の隊長の中でも最年少だがその俊足は団内でも群を抜いていて、いかなる罠をも無傷で潜り抜けてしまう。元は生きるために盗賊をしていたが、ソードに騎士団へ勧誘されて廃業した。そのためソードには恩義を感じている。責任感が強いが、年相応に無邪気なところもある。



ホープ

王属騎士団に新たに入団した新兵。小さな頃から騎士に憧れ、騎士になるという一心で努力を重ねた。苦手な技能も存在するがいくつかの部分においては天才的とも言える結果を残し、特に指揮能力はサイスが目を見張るものである。そのためソードからの期待も高く、初任務にて部隊長を務めるに至った。




ノーブル

ホープと同期で王属騎士団に入団した女性獣人……のふりをした人間の女性。その正体はロイフォートの第三王女であるが、兄である第一王子の望みを自分が叶えるために数年前から王宮を抜け出して修行に明け暮れていた。ソードを説得して獣人として王属騎士団に入り、そこで歴代最高レベルの成績を収めた。自分たちを守っている騎士団を信用しない王族を嫌い、自分が騎士であることも隠している。



ベーレルフ

ロイフォートを守護する女神……だが、自らの興味が向いた場所へ赴くことが多いためロイフォートにいることはあまりない。自室には他国で買い集めた「可愛らしいもの」が溢れ、自分の気に入った者にプレゼントすることも。その言動とは裏腹に実力はかなりのものであり、有事の際には最前線に立ち1人で騎士団に並ぶほどの戦果を挙げる。







ようやくここまで終わった……女神シリーズも残すところ後一つ(の予定)です。投稿はかなり先になりそうですが……
現在のイイネ数 4
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
13 ライーヌの日常ードタバタ女神の暴走劇 291 2 2015-08-18 -
0 【笑劇団】設定まとめ 229 2 2015-08-27 -
11 ブランシェの日常ー忍び寄る暗雲 272 2 2015-09-04 -
1 【白き地の】設定まとめ 180 0 2015-09-21 -
1 ノワーリヒの日常ー侵略者の思い 193 2 2015-10-05 -
1 【機械帝国】設定まとめ&小ネタ 169 0 2015-10-20 -
12 ベーレルフの日常ー楽しい旅行、ですわ♪ 205 2 2015-10-21 -
4 【王属騎士団】設定まとめ 401 0 2015-10-29 -

スポンサーリンク