HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター) > Episode10:覚醒

遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター)/Episode10:覚醒 作:カズ

〜現在の状況〜
YUMI→LP:3700 手札:1 デッキ:32 Mゾーン:1 M・Tゾーン:0 Pゾーン:2
KUREHA→LP:4000 手札:2 デッキ:34 Mゾーン:1 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0

SEIICHI→LP:6950 手札:1 デッキ:30 Mゾーン:2 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0
MEIJI→LP:4000 手札:0 デッキ:30 Mゾーン:1 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0

遊弥と紅葉のタッグデュエルは、2人が効果ダメージや戦闘ダメージを多く与えているものの、精一と命慈の兄弟の圧倒的な回復力で依然として膠着状態。4人ともそれぞれのエースモンスターを残しているが、ここからどう動くのか。

紅葉のターン。伏せカードのない状況なら、攻撃力1050となったエンシェント・フェアリーも攻撃力2900のライフ・ストリームも、攻撃力3500のレッド・デーモンズなら確実に倒せる。だが彼女は手札からクリエイト・リゾネーターを特殊召喚した。彼女の狙いはさらなるシンクロ召喚。
「私はレベル8のレッド・デーモンズにレベル3のクリエイト・リゾネーターをチューニング!覇者の魂よ、紅き悪魔の力を取り込み、地獄の業火で全てを滅せよ!シンクロ召喚!出でよ、私の魂の化身!スカーレッド・デモン・ドラゴン!」
これは以前、遊弥も大苦戦した超破格のエースモンスターだ。その効果を使い、墓地のシンクロモンスターの数×500ポイント、攻撃力をアップした。
今の墓地はレッド・デーモンズ、スターダスト・ストーム、パワー・ツールの3体。よって攻撃力が1500ポイントアップし、元々の3500に加算して攻撃力5000となった。
彼女は誓った。このデュエルで遊弥に借りを返すのだと。
「さあ!バトルよ!スカーレッド・デモンで、エンシェント・フェアリーに攻撃!ヘル・クリムゾンフレイム!」
攻撃力5000の攻撃が、攻撃力1050のエンシェント・フェアリーに通れば一気に3950ポイントの大ダメージを与えられ、戦局を再びひっくり返せるが、またしても命慈がそれを許さなかった。墓地から永続魔法、強固な絆を発動したのだ。
このカードには墓地から発動できる効果がある。墓地から除外することでモンスターの破壊と戦闘ダメージを無効にして、本来受けるはずだったダメージの半分の数値分、ライフポイントを回復するのだ。精一が受けるはずだったダメージは3950。よって1975ポイントが精一のライフに加算され、彼のライフポイントは8925となった。結果、精一のライフポイントを逆に増やしてしまった。ただしこの効果にもデメリットはある。精一は次のターンまで通常召喚を行えないので、それを得意とするエンシェントデッキには圧倒的に不利になる。紅葉はこのままターンエンドの宣言をした。
KUREHA→LP:4000 手札:1 デッキ:33 Mゾーン:1 M・Tゾーン:1 Pゾーン:0


次は精一のターン。通常召喚を禁じられた彼に何が出来るのだろうか。
「僕のターン、ドロー!手札の黄金の天道虫の効果で、500ポイントのライフを回復する。そして魔法カード、エンシェント・リボーンを発動!名前の異なるエンシェントモンスターを2体まで、墓地から特殊召喚できる!」
その効果で、エンシェント・バタフライとマウスを蘇生し、キュア・エンジェルの効果で再び2100ポイントのライフを回復した。
SEIICHI→LP:11525
ついに精一のライフが1万を超えてしまった。これで彼を倒すのはほとんど不可能になった。彼はエンシェント・フェアリー・ドラゴンを守備表示に変更してからターンエンドをした。
SEIICHI→LP:11525 手札:1 デッキ:29 Mゾーン:4 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0



(ライフポイント1万オーバーって…どうやって勝てばいいんだよ…。)
誰が予想しただろうか、このような展開になることを。
彼のフィールドには守備表示モンスターが3体。しかもフィールド魔法「聖域の歌声」の効果で守備力は500ポイントアップしている。
今のスターダスト・ドラゴンでは、守備力3500のエンシェント・フェアリーと守備力2500のキュア・エンジェルは倒せない。たとえ命慈に攻撃を仕掛けようと思っても、攻撃力が足りない。
つまり、何もできない 。
この絶望的ともいえる状況で、彼はどうするのか。
その答えはペンデュラム召喚だった。だがヤケになってしたので、今の彼には冷静さがない。スターダスト・ガールを2体とも攻撃表示なのだ。次のターンが回れば、命慈が破壊してダメージを与えてくることは分かっていたはずなのに。

「どうしたの?藤堂くんの実力はこの程度だったのかい?期待して損しちゃったかな?」
デュエルでの焦りは敗北につながる、それはデュエリストなら常識レベルのことだ。だが今の遊弥は、憧れの精一にさえ挑発されてしまったので、これ以上冷静でいられるのは不可能だった。結局、ほとんど何も出来ずにターンを終了した。

YUMI→LP:3700 手札:0 デッキ:31 Mゾーン:3 M・Tゾーン:1 Pゾーン:2



「んじゃ、僕のターン、ドロー!…ありゃりゃ、ちょっとハズレカード引いちゃったから、このままバトルに行くよ!ライフ・ストリームでスターダスト・ガールに攻撃!」
前のターン、怒りに身を任せた報いがこの攻撃によって起こり、ライフポイントを1000も削られてしまった。

YUMI→LP:3700→2700

遊弥は何も出来ずに、スターダスト・ガールがエクストラデッキに送られてしまい、残りライフが2700にまで減らされた。もし命慈がアタリカードを引いていたらどうなっていたか分からなかったので、なんとかセーフといったところか。
命慈はこのままターンエンドした。

MEIJI→LP:4000 手札:1 デッキ:29 Mゾーン:1 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0




次は紅葉のターンだ。彼女はどうにかしてライフ・ストリームを破壊しようと、魔法カード、デモンズ・インパクトを発動するも、ライフ・ストリームの効果で破壊を無効にされた。
紅葉の破壊を防いだ。ライフ・ストリームには白銀の翼があるので、まだあと2回まで戦闘では破壊されない。だがそのモンスターは攻撃表示。破壊は出来なくともスカーレッド・デモンで大ダメージを与えられる。
「私はスカーレッド・デモンで命慈さんのライフ・ストリームに攻撃!ヘル・クリムゾンフレイム!」
ライフ・ストリームに装備されている白銀の翼で破壊はされないが、5000-2900=2100ポイントのダメージを与えた。

MEIJI→LP:4000→1900
あと1回、戦闘ダメージを与えられたら命慈を倒せる。それで2人で精一を倒す。紅葉はこのデュエルの勝ちパターンを出した。その表情には自信が浮かんでいた。彼女はこれでターンを終了した。
KUREHA→LP:4000 手札:1 デッキ:32 Mゾーン:1 M・Tゾーン:1 Pゾーン:0



続いて精一のターン。今度はどんな展開を見せてくれるのかと思いきや、エンシェント・フェアリーの効果を使った点を除いてほぼ同じサイクルライフポイントを回復した。
SEIICHI→LP:15125

さすがにもう見飽きたのか、遊弥のクラスメイトからは非難の嵐、というか言いたい放題だった。まあ確かに攻撃せずにただ回復しているだけでは、どんなデュエルにも勝てない。精一がそんなことを忘れているはずもないが…一体何を狙っているのだろうか。
カードカー・Dを召喚したかと思ったら自らの効果で早くも退場し、2枚ドローしただけでターンを終了してしまった。
SEIICHI→LP:15125 手札:3 デッキ:27 Mゾーン:4 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0



(これって…4000からスタートのルールだよな⁈何⁈ライフが15000越え⁈何で⁈どこぞのラストホイーラーのランニング高性能ジジイもビックリだよ‼︎もしこんなヤツが機皇帝使ったらどーすんだよ!俺ら間違いなく負けるわ‼︎)
とまあこんな感じで、遊弥は勝手に1人でフィーバーしていた。
「って、パニクってる場合じゃねえ!俺のターン、ドロー!ッ…来たぁ〜っ!俺は装備魔法、グレイブ・スターをスターダスト・ドラゴンに装備!これで攻撃力は800アップして…3300だ!」
これでキュア・エンジェルの守備力と、ライフ・ストリームの攻撃力を同時に上回った。更に彼は罠カード、星屑の一撃(スターダスト・クラッシュ)を発動し、ダメージ2倍に加え貫通効果をスターダスト・ドラゴンに付与した。
これで精一のライフポイントをほんの少しだが削り取れる。スターダスト・ドラゴンがキュア・エンジェルを破壊し、3300-2500=800、それの2倍、1600ポイントのダメージを与えた。
SEIICHI→LP:13525
「よぉ〜っし!俺はグレイブ・スターの効果で1枚ドロー。カードを1枚伏せる。スターダスト・ガールを守備表示に変更してターンッ…!エンドだ…」
YUMI→LP:2700 手札:0 デッキ:30 Mゾーン:2 M・Tゾーン:2 Pゾーン:2


今、遊弥に何かが起きた。ターンエンドを宣言しようとした時、一瞬だが目から光が消え、特徴的なスイレンのような色をした髪が銀一色に変化したのだ。
命慈はその瞬間を見逃さなかった。おそらく、遊弥が封印竜使いとして覚醒する前兆だろう。だがあと1つ、デュエルをするうえで最も大切なものが足りない。


命慈のターンに移った。前はハズレカードを引いてしまったが今回は…?
「僕は装備魔法、シンクロックを発動!相手のシンクロモンスターの装備魔法1枚の効果を無効にする!ただしこの効果に対して、カード効果は発動できないよ♪」
発動したのは、前のターンに引いたカードだった。命慈がハズレカードと言ったのは、相手に装備魔法が存在しないから発動できなかっただけであり、使えないカードではなかったのだ。
これでスターダスト・ドラゴンの攻撃力は元に戻り、一撃で破壊できるようになった。
結局、遊弥のエースモンスター、スターダスト・ドラゴンは破壊されてしまったが、何もないわけではなかった。
「ぐっ…!だけどスターダスト・ドラゴンが破壊されたこの瞬間、永続罠、スターダスト・アンビュランスを発動!スターダスト・ドラゴンをエクストラデッキに戻して、合計レベルが8になるようにデッキからスターダストを特殊召喚できる!我が盾となれ、スターダスト・ソルジャー、ガーディアン、シャオロン!」

YUMI→LP:2300 デッキ:27

上手いこと遊弥は壁となるモンスターを3体並べ、次の攻撃に備えられる態勢を作れた。紅葉は知らないカードばかりだったので、自分とのデュエルでは本気を出さなかったのではないかと彼女は疑い始めたが今はそんなことはどうでもよかった。このままターン終了を宣言すれば、確実に仕留められるからだ。だがその考えも読めていたようで、命慈は魔法カード、ビューティー・ライフを発動し、彼自身と精一のライフポイントを2000回復した。

MEIJI→LP:3900
SEIICHI→LP:15525


たとえ命慈を倒せなくなっても、15000オーバーという、あのふざけた数値のライフポイントを減らす方法を、紅葉は引き当てた。
「ドロー!来た!私は装備魔法、メテオ・ストライクをスカーレッド・デモンに装備!そのまま精一さんの残り1体のモンスター、エンシェント・フェアリーに攻撃!ヘル・クリムゾンフレイム!」
現在のスカーレッド・デモンの攻撃力は5500。この攻撃が通ったので、エンシェント・フェアリーの守備力3500から引いた数値、2000ポイントのダメージを与え、ついにエンシェント・フェアリーを倒した。
SEIICHI→LP:13525

しかも墓地のシンクロモンスターがまた増えたので、攻撃力は6000になった。
これには彼女自身も大喜び。そのままターンエンドを宣言した。

KUREHA→LP:4000 手札:1 デッキ:31 Mゾーン:1 M・Tゾーン:2 Pゾーン:0



これで精一に起こっていたシンクロナイズ現象が消えたかと思ったが…彼から、より強力なオーラが溢れ出した。
そして、紅葉に対して、ラストターンだと宣言した。だが彼の場にはフィールド魔法が1枚あるだけ。この状況で本当に倒せるのだろうか。
またいつもと同じように、黄金の天道虫の効果を使い、500ポイントのライフを回復。ここまでは想定の範囲内だったが、精一は魔法カード、死者蘇生を使ってエンシェント・フェアリーを復活させたが、何故か攻撃表示。攻撃力5500のスカーレッド・デモンには遠く及ばないが…
「僕は、チューナーモンスター、エンシェント・ドラコを召喚!レベル7のエンシェント・フェアリーに、レベル3のエンシェント・ドラコをチューニング!古の竜よ、妖艶なるその身を昇華させ、世界を光へと導け!シンクロ召喚!聖誕せよ、エンシェント・ティンカー・ドラゴン!」
このカードは、誰も知らない精一だけのエースモンスター。攻撃力はスターダスト・ドラゴンと同じ2500だが、その効果さえあれば今の精一なら紅葉を簡単に倒せる。まずはエンシェント・ドラコの効果で、ライフポイントを1000回復した。
SEIICHI→LP:15025
するとどうしたことか、精一は攻撃力が3000も低いのに、エンシェント・ティンカーでわざわざスカーレッド・デモンに攻撃した。これには何かあると思い、紅葉はスカーレッド・デモンの効果を使い、攻撃を無効にした。だが、精一のエンシェント・ティンカーはその上を行った。

第1の効果。このモンスターが戦闘を行う場合、相手はモンスター効果を発動できないうえにカード効果でも破壊されない。
これではあらかじめ紅葉が伏せておいた、聖なるバリア ミラーフォースが発動できない。モンスター効果を発動できないということは、スカーレッド・デモン特有のパワーアップも使えず、攻撃力が3500に下がる。だがそれでもスカーレッド・デモンには届かない。だがエンシェント・ティンカーには第2の効果がある。このカードの攻撃力は、戦闘を行う相手のライフと自分のライフの差だけアップするのだ。ただしライフポイントが相手より低かったら、その分だけ攻撃力は下がる。
今の精一のライフは15025。紅葉の4000から引けば、11025。エンシェント・ティンカーの攻撃力はその数値分アップし、13525となるのだ。
当然、13525から3500を引けば、その数値は10025。紅葉は宣言した通り、一撃で倒されてしまった。
KUREHA→LP:4000→0

まさか、ライフポイントを全く減らされることなく展開をキープした紅葉が一撃でやられるなんて誰が予想しただろうか。あまりの衝撃で、遊弥は息をするのも忘れていた。
精一はカードを1枚伏せてターンエンドをした。

SEIICHI→LP:15025 手札:1 デッキ:26 Mゾーン:1 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0



遊弥はパートナーの紅葉を失い、一気に劣勢になった。相手には攻撃力10000オーバーのシンクロモンスターが1体、3回までの攻撃に対処できるシンクロモンスターが1体。彼の場には守備表示モンスターが4体いるが、いつまでも守れるわけではない。こんな絶望としか呼べない状況の中で…彼は笑顔だった。何故笑ってるのか不思議でたまらず、紅葉が聞いてみると…
簡単に倒せない、味方がいない、そんな「ない」があるけど、まだライフポイントや楽しさは「ある」。全部ないわけじゃない、だからこそ遊弥は…
「俺はこのデュエルが終わるまで、全力で楽しみます!」
その瞬間、4人のデュエルディスクから流星のような謎の光が発生した…が、すぐにその光は消えた。
YUMI→LP:2300 手札:1 デッキ:26 Mゾーン:4 M・Tゾーン:1 Pゾーン:2

「ドロー!…俺は、レベル3のスターダスト・ガーディアンとレベル1のシャオロンに、レベル4のソルジャーをチューニング!太古より語られし伝説の竜よ、白銀の翼を広げ、世界を呪縛より解放せよ!シンクロ召喚!これがスターダストの本当の姿!封印竜 ソニック・スター!」

〜現在の状況〜
YUMI→LP:2300 手札:1 デッキ:26 Mゾーン:2 M・Tゾーン:1 Pゾーン:2
KUREHA→LP:0

SEIICHI→LP:15025 手札:1 デッキ:26 Mゾーン:3 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0
MEIJI→LP:3900 手札:1 デッキ:28 Mゾーン:1 M・Tゾーン:1 Pゾーン:0



次回 Episode11:解放
現在のイイネ数 4
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
強力なエンシェントの進化形態とスターダストの真の姿として現れた封印竜。次回の逆転劇はどうなるのか?楽しみです (2015-07-09 18:09)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 Episode01:危ないスタート 781 1 2015-06-21 -
0 Episode02:悪魔のドラゴン 689 2 2015-06-22 -
0 Episode03:切り札 453 2 2015-06-23 -
25 Episode04:紅蓮の悪魔 558 2 2015-06-23 -
2 Episode05:終止符 491 2 2015-06-25 -
9 Episode06の前に 402 2 2015-06-25 -
6 Episode06:黒羽 凛 454 1 2015-06-27 -
6 Episode07:同調 404 1 2015-06-30 -
5 Episode08:変則試合 389 3 2015-07-04 -
3 Episode09:2人の絆 463 2 2015-07-05 -
4 Episode10:覚醒 365 1 2015-07-09 -
4 Episode11:解放 400 2 2015-07-13 -
24 Episode12:最後の封印竜 327 0 2015-07-14 -
3 Episode13:ダイヤの煌めき 281 0 2015-07-25 -
3 Episode14:友のために 347 0 2015-08-12 -
2 ビヨンドモンスター・ビヨンド召喚について 465 2 2015-08-13 -
2 番外編01:遊弥と紅葉の… 353 2 2015-08-19 -
4 Episode15:紅蓮魔竜解放 443 2 2015-08-22 -
1 Episode16:ライセンス 403 2 2015-08-24 -
4 少し遅めのキャラ設定(随時更新中) 757 5 2015-08-29 -
3 Episode17:地獄の猛特訓 376 1 2015-09-06 -
30 Episode18:関門 436 1 2015-09-13 -
4 Episode19:スピードの中で 319 2 2015-09-18 -
2 Episode20:初の対外試合 373 2 2015-09-20 -
1 Episode21:シンクロ封印 308 1 2015-09-22 -
4 Episode22:1つの答え 377 2 2015-09-24 -
1 Episode23:黒羽の誇り 401 2 2015-10-01 -
2 Episode24:ハイスピードバトル 369 3 2015-10-06 -
0 Episode25:超越する力 331 2 2015-10-11 -
3 Episode26:運命の決戦 306 3 2015-10-20 -
3 Episode27:来訪者、天導レイン 383 2 2015-11-03 -
3 Episode28:遊弥vsレイン 406 2 2015-11-09 -
5 Episode29:舞い降りた天使 360 2 2015-12-05 -
6 Episode30:天使と悪魔 433 3 2015-12-09 -
4 Episode31:禁断の無限暗黒竜 527 2 2015-12-12 -
6 番外編02:凛と紅葉が… 371 0 2016-01-05 -
6 Episode32:パワー・ツール 385 3 2016-01-29 -
6 Episode33:死した希望の使者 318 2 2016-01-31 -
5 Episode34:高貴の翼 397 4 2016-02-04 -
6 Epi35:戦慄のリバースビヨンド 355 1 2016-02-13 -
8 Epi36:加速するカウントダウン 401 2 2016-02-20 -
7 Epi37:希望のカード『V☆S』 398 3 2016-03-25 -
5 Episode38:朱色の夜 318 0 2016-04-11 -
5 Episode39:並び立つ盟友 385 2 2016-04-22 -
8 Episode40:精一と彩 451 2 2016-05-30 -
5 Episode41:漆黒の鎮魂歌 372 4 2016-06-22 -
5 Episode42:涅槃の境地へ 372 2 2016-07-02 -
4 Episode43:トワノキズナ 332 3 2016-07-23 -
2 Episode44:銀河と宇宙 349 3 2016-08-09 -
5 Episode45:銀河眼vs宇宙眼 333 0 2016-08-20 -
2 Episode46:絶望の凱旋 265 0 2016-08-24 -
4 Episode47:刻まれた記憶の欠片 258 1 2016-09-06 -
10 Episode48:希望の行方 244 0 2016-09-13 -
4 Episode49:悪夢の決戦前夜 251 0 2016-10-03 -
5 Episode50:創世の星屑竜 245 0 2016-10-25 -
0 Episode51:託された未来 255 0 2016-10-30 -
1 番外編03:遊弥と花奈の... 256 2 2016-11-02 -
3 未投稿オリカ紹介① 280 0 2016-11-09 -
2 未投稿オリカ紹介② 225 0 2016-11-26 -
2 未投稿オリカ紹介③ 267 0 2016-12-08 -
3 未投稿オリカ紹介④ 261 0 2016-12-20 -
6 未投稿オリカ紹介⑤ 215 0 2016-12-30 -
4 Episode52:極寒の夏 192 2 2017-01-01 -
31 Episode53:闇の邂逅 212 2 2017-01-07 -
3 Episode54:呪縛竜復活 180 0 2017-01-11 -
5 Episode55:届かぬ声で... 181 2 2017-01-15 -
2 Episode56:禁忌の目覚め 206 5 2017-01-19 -
3 Episode57:共鳴する四龍 210 4 2017-01-25 -
5 Episode58:本当の気持ち 203 3 2017-01-30 -
4 Episode59:真実への鍵 197 2 2017-02-08 -
4 IF01:バレンタインデー 247 6 2017-02-11 -
1 Episode60:エレンとアレックス 234 3 2017-02-16 -
30 ルール改訂と今後の進行について 340 2 2017-02-18 -
4 Episode61:想いの証 201 5 2017-02-21 -
3 Episode62:茨の道標 237 5 2017-02-27 -
5 Episode63:光と闇の花 187 3 2017-03-20 -
7 Episode64:渇望と葛藤 176 2 2017-03-23 -
5 Episode65:麗しき孤月 149 2 2017-03-29 -
44 Episode66:月夜のイリュージョン 223 2 2017-04-21 -
15 Episode67:常闇に消える月華 292 1 2017-05-05 -
10 Episode68:模索者たち 107 4 2017-07-22 -
12 Episode69:純黒の反逆者 119 0 2017-07-27 -
8 Episode70:紅と黒の禁呪 118 2 2017-08-07 -
7 Episode71:希望は往く 116 3 2017-08-17 -
9 Episode72:リリーの過去 103 2 2017-08-24 -
5 Episode73:異次元の亡霊 96 2 2017-09-13 -
4 Episode74:覚醒の鼓動 91 3 2017-09-22 -
5 Episode75:挑戦者の儀 96 0 2017-10-05 -
3 Episode76:神速の決闘 65 2 2017-11-14 -

スポンサーリンク