HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター) > Episode07:同調

遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター)/Episode07:同調 作:カズ

〜現在の状況〜
YUMI→LP:2850 手札:1 デッキ:34 Mゾーン:0 M、Tゾーン:0 Pゾーン:2
RIN→LP:3300 手札:1 デッキ:31 Mゾーン:1 M、Tゾーン:3 Pゾーン:0

凛の体に異変が見られた。まるで、先ほど召喚したたブラックフェザー・ドラゴンに取り憑かれたかのごとく。遊弥が心配して声をかけた。
「お、おい黒羽!お前どうしちまったんだよ⁈」
「ふふっ…2人の封印竜使いが対峙したことにより、私のブラックフェザー・ドラゴンがより強い同調、シンクロナイズを起こしたのです。」
彼女は取り憑かれたわけではなく、「シンクロナイズ」と呼ばれる現象によりブラックフェザー・ドラゴンと同調したのだ。それよりも、彼女は今、「2人」の封印竜使いと言った。どういうことなのか遊弥が聞いてみたところ…
「封印竜は世界に6体しか存在しない。そして藤堂先輩、あなたもそのうちの1体を持っています。私が言えるのはここまでです。」
なんと、遊弥も封印竜の1体を持っていたのだ。では一体、彼の封印竜とは…?
「なんかよく分かんねーけど、俺のターン!ドロー!」
モンスターもいない、伏せカードもない。この状況をどう乗り越えるのか…
「俺はモンスターを裏守備でセット、カードを1枚伏せる。エンドフェイズ開始時、スターダスト・ソルジャーのP効果発動!Pゾーンのこのカードを破壊することで、デッキから「スターダスト・ガードナー」を手札に加える。俺はこれで、ターンエンド。」

YUMI→LP:2850 手札:1 デッキ:32 Mゾーン:1 M、Tゾーン:1 Pゾーン:1
RIN→LP:3300 手札:1 デッキ:31 Mゾーン:1 M、Tゾーン:3 Pゾーン:0

モンスターを伏せ、次のターンの直接攻撃を防げたが、このままではこのデュエルに負けてしまう。果たして彼はどうするのか。
「私のターン、ドロー!私は、「BF-精鋭のゼピュロス」を召喚!黒い旋風の効果で、2枚目の疾風のゲイルを手札に加え、そのまま特殊召喚!」

*BF-精鋭のゼピュロス(Lv4 闇属性)
鳥獣族/効果
ATK:1600 DEF:1000
「BF-精鋭のゼピュロス」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。①:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示のカード1枚を持ち主の手札に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、自分は400ダメージを受ける。

これで彼女の場に、レベル4と3のモンスターが揃った。
「私は、レベル4の精鋭のゼピュロスに、レベル3の疾風のゲイルをチューニング!漆黒の翼を広げ、眼に映るもの全てを食らいつくせ!シンクロ召喚!現れよ、「BFT-漆黒のホーク・ジョー」!」
2体目のシンクロモンスターを召喚し、凛は圧倒的優位に立った。

*BFT-漆黒のホーク・ジョー(Lv7 闇属性)
戦士族/シンクロ/効果
ATK:2600 DEF:2000
「BF」チューナー+チューナー以外の「BF」モンスター1体以上
「BF T-漆黒のホーク・ジョー」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分の墓地のレベル5以上の鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。②:このカードが相手の効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象になった時、このカード以外の自分フィールドの「BF」モンスター1体を対象として発動できる。
その対象を正しい対象となるそのモンスターに移し替える。

凛はホーク・ジョーの効果を使い、暁のシロッコを復活させた。だが、それだけではなかった。
「罠発動!「リビングデッドの呼び声」!その効果で、疾風のゲイルを復活!更にもう1枚の罠発動!「ブラック・アロー」!その効果をホーク・ジョーを対象に使う!更に、暁のシロッコの効果で、シロッコとゲイルの攻撃力を、ホーク・ジョーに加える!」

*リビングデッドの呼び声(永続罠)
①:自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。


*ブラック・アロー(通常罠)
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。エンドフェイズ時まで、そのモンスターの攻撃力は500ポイントダウンし、守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。選択したモンスターが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの元々の守備力分のダメージを相手ライフに与える。


これで彼女のホーク・ジョーは、BFモンスターの攻撃力の合計、2100+2000+1300=5400となり、そのうえブラック・アローの効果で貫通ダメージまで付加された。遊弥が守備力2551以上のモンスターを伏せていない限り、彼の敗北は決定する。あとは、手札に加えたあのモンスター効果次第だ。
「バトル!ホーク・ジョーで、裏守備モンスターに攻撃!」
「こんなトコで負けてたまるか!俺は手札の「スターダスト・ガードナー」の効果発動!手札からこのカードを墓地へ送ることで、このターン俺が受ける全てのダメージを半分にする!そして、攻撃されたスターダスト・ガーディアンのリバース効果発動!レベル4以下の疾風のゲイルのコントロールを奪う!」
YUMI→LP:2850→1150
モンスター効果を上手く使い、どうにかライフポイントを0にならずに済んだが、彼女にはまだブラックフェザー・ドラゴンの攻撃が残っている。
「ブラックフェザー・ドラゴンで、疾風のゲイルに攻撃!ノーブルストリーム!」
この攻撃は防ぎきれず、ダメージを受けてしまった。
「くっ!」YUMI→LP:1150→450

絶体絶命の大ピンチに陥った。遊弥の場にモンスターはおらず、手札も0。頼みの綱は、次のドローのみ。一方で凛の場には、シンクロモンスターが2体と、攻撃力2000のシロッコがいる。伏せカードこそないものの、状況だけ見れば、このデュエルの勝敗は決したも同然だ。
「私はこれで、ターンエンドです。次はあなたのターンですよ?藤堂先輩♪」
依然として彼女の同調は消えていないが、最初にブラックフェザー・ドラゴンを召喚した時よりも落ち着いて見える。ターンが経過すればより同調の力が安定してくるのだろうか、詳しくはまだ分からない。次は遊弥のターンだが…

(ダメだ…何もかも通じない。ルミナス・シンクロンを引いたとしても、シャイニー・ドラゴンは俺のエクストラデッキには1枚しかない…。かといって他のカードを引いても、黒羽のモンスターを倒せない…。)
完全に負け腰になっていた。あれほど圧倒的な力の差を見せつけられ、心理的にも絶体絶命の状態だ。
その時、デッキの上から声が聞こえた。もちろん、遊弥にしか聞こえない。
(我の力を使え…さすれば貴様は勝てる…さあ、我をドローするのだ…)
この声に従ってはいけない、本能的にそう感じ取った遊弥だが、勝ちたいと強く思ったばかりに、誘惑に負けてしまった。
「俺のターン…ドロー。」

YUMI→LP:450 手札:1 デッキ:31 Mゾーン:0 M、Tゾーン:1 Pゾーン:1
RIN→LP:3300 手札:1 デッキ:29 Mゾーン:3 M、Tゾーン:2 Pゾーン:0

このドローで、遊弥は引いてしまったのだ。声の主を、そしてそのカードが、彼を闇へと引きずり落とした。
「このターンで、俺は貴様を倒す。罠発動、「リビングデッドの呼び声」。このカードの効果で、墓地からスターダスト・ドラゴンを復活させる。」
彼にも異変が見られた。目から光が消え、その中から黒い炎が見えたこと。もう一つ、髪の毛が逆立ったことだ。あとは言動だ。今までは中学生の男の子らしく振舞っていたのが、何事もないように、静かにデュエルを進めている。
「このカードが、俺の勝利を告げる。チューナーモンスター、「エビル・シンクロン」を召喚。そして俺は、レベル8のスターダスト・ドラゴンにレベル1のエビル・シンクロンをチューニング。漆黒の宇宙より生まれし深き闇よ、星の竜と一つとなりて、その力に抗うもの全てを葬り去れ!シンクロ召喚!出でよ、「スターダスト・ダークマター・ドラゴン」!」
遊弥の新たな「スターダスト」シンクロモンスターが姿を現したが…このカードからは、闇の力を感じられた。
「ぐっ!」YUMI→LP:450→50
彼はエビル・シンクロンの効果で、400ポイントのダメージを受けてしまった。


*エビル・シンクロン(Lv1 闇属性)
悪魔族/チューナー/効果
ATK:0 DEF:0
①:このカードをS召喚の素材としたSモンスターが戦闘でモンスターを破壊した場合、相手プレイヤーに与えるダメージは2倍になる。②:このカードがフィールドから離れた時、そのコントローラーに400ポイントのダメージを与える。

*スターダスト・ダークマター・ドラゴン(Lv9 闇属性)
ドラゴン族/シンクロ/効果
ATK:800 DEF:800
闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時、フィールドに存在する、このカードよりも元々の攻撃力が高いモンスターを全て破壊し、そのモンスターの数×300ポイントのダメージを与える。②:このカードの①の効果で与えたダメージと同じ数値分、このカードの攻撃力をアップする。③:このカードの攻撃力は、フィールドに存在する、元々の攻撃力が最も高いモンスターの攻撃力分アップする。

攻撃力はたかが800、されど800。ダークマター・ドラゴンの恐ろしさはここから始まる。
「俺は、ダークマター・ドラゴンの効果発動。まず1つ目、このカードより攻撃力の高いモンスターを全て破壊。そして破壊したモンスター1体につき、貴様に300ポイントのダメージを与える。」
フィールドに存在する攻撃力800以上のモンスターは、凛の場にいる3体。それらが全て破壊され、300×3=900ポイントのダメージを受けてしまった。
「くっ…でも、まだライフポイントは2400ありますわよ?攻撃力800では倒せません!」RIN→LP:3300→2400
「そいつはどうかな?俺はダークマター・ドラゴンの2つ目の効果発動。このカードの攻撃力を、与えたダメージの数値と同じだけアップする。これで攻撃力は1700になった。」
攻撃力は1700だが、遊弥は3つ目の効果を発動し、攻撃力を1700+800=2500まで引き上げた。彼女のライフは残り2400。この攻撃が通れば、遊弥の勝利が決まる。ダークマター・ドラゴンは、相手モンスターが強ければ強いほど力を発揮する。それは、宇宙の中で広がり続ける暗黒物質のごとく。
「これで貴様も終わりだ。ダークマター・ドラゴンでダイレクトアタック!デストラクション・ソニック!」
凛に攻撃を防ぐ手段はもう無かった。
「うわぁぁぁ〜っ!」RIN→LP:2400→0

WINNER:YUMI

デュエルが遊弥の勝利で終わり、2人に起こっていた異変も終わった。これで彼は、ベスト4へと駒を進めた。いつもなら熱気に溢れる会場は、今日は暗い雰囲気だった。
「あの…藤堂先輩、今日はありがとうございました…。」
凛の声は、怯えたように震えていたが、握手を求めたので遊弥もそれに応じようとしたが…。
突然、彼は倒れてしまった。そしてそのまま保健室へと運ばれていった…。

次回 Episode08:変則試合

※遊弥の異変は逆鱗遊矢のアレと似てると思ってください。
現在のイイネ数 6
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
封印竜の反作用か…。確かに闇堕ちするとみんなドン引きしますもんね。 (2015-06-30 14:57)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 Episode01:危ないスタート 781 1 2015-06-21 -
0 Episode02:悪魔のドラゴン 689 2 2015-06-22 -
0 Episode03:切り札 453 2 2015-06-23 -
25 Episode04:紅蓮の悪魔 558 2 2015-06-23 -
2 Episode05:終止符 491 2 2015-06-25 -
9 Episode06の前に 402 2 2015-06-25 -
6 Episode06:黒羽 凛 454 1 2015-06-27 -
6 Episode07:同調 404 1 2015-06-30 -
5 Episode08:変則試合 389 3 2015-07-04 -
3 Episode09:2人の絆 464 2 2015-07-05 -
4 Episode10:覚醒 366 1 2015-07-09 -
4 Episode11:解放 400 2 2015-07-13 -
24 Episode12:最後の封印竜 327 0 2015-07-14 -
3 Episode13:ダイヤの煌めき 281 0 2015-07-25 -
3 Episode14:友のために 347 0 2015-08-12 -
2 ビヨンドモンスター・ビヨンド召喚について 465 2 2015-08-13 -
2 番外編01:遊弥と紅葉の… 353 2 2015-08-19 -
4 Episode15:紅蓮魔竜解放 443 2 2015-08-22 -
1 Episode16:ライセンス 404 2 2015-08-24 -
4 少し遅めのキャラ設定(随時更新中) 757 5 2015-08-29 -
3 Episode17:地獄の猛特訓 376 1 2015-09-06 -
30 Episode18:関門 436 1 2015-09-13 -
4 Episode19:スピードの中で 319 2 2015-09-18 -
2 Episode20:初の対外試合 373 2 2015-09-20 -
1 Episode21:シンクロ封印 308 1 2015-09-22 -
4 Episode22:1つの答え 377 2 2015-09-24 -
1 Episode23:黒羽の誇り 402 2 2015-10-01 -
2 Episode24:ハイスピードバトル 369 3 2015-10-06 -
0 Episode25:超越する力 331 2 2015-10-11 -
3 Episode26:運命の決戦 306 3 2015-10-20 -
3 Episode27:来訪者、天導レイン 383 2 2015-11-03 -
3 Episode28:遊弥vsレイン 407 2 2015-11-09 -
5 Episode29:舞い降りた天使 361 2 2015-12-05 -
6 Episode30:天使と悪魔 434 3 2015-12-09 -
4 Episode31:禁断の無限暗黒竜 528 2 2015-12-12 -
6 番外編02:凛と紅葉が… 371 0 2016-01-05 -
6 Episode32:パワー・ツール 385 3 2016-01-29 -
6 Episode33:死した希望の使者 318 2 2016-01-31 -
5 Episode34:高貴の翼 397 4 2016-02-04 -
6 Epi35:戦慄のリバースビヨンド 355 1 2016-02-13 -
8 Epi36:加速するカウントダウン 401 2 2016-02-20 -
7 Epi37:希望のカード『V☆S』 398 3 2016-03-25 -
5 Episode38:朱色の夜 319 0 2016-04-11 -
5 Episode39:並び立つ盟友 385 2 2016-04-22 -
8 Episode40:精一と彩 452 2 2016-05-30 -
5 Episode41:漆黒の鎮魂歌 373 4 2016-06-22 -
5 Episode42:涅槃の境地へ 372 2 2016-07-02 -
4 Episode43:トワノキズナ 332 3 2016-07-23 -
2 Episode44:銀河と宇宙 350 3 2016-08-09 -
5 Episode45:銀河眼vs宇宙眼 333 0 2016-08-20 -
2 Episode46:絶望の凱旋 265 0 2016-08-24 -
4 Episode47:刻まれた記憶の欠片 258 1 2016-09-06 -
10 Episode48:希望の行方 245 0 2016-09-13 -
4 Episode49:悪夢の決戦前夜 252 0 2016-10-03 -
5 Episode50:創世の星屑竜 245 0 2016-10-25 -
0 Episode51:託された未来 256 0 2016-10-30 -
1 番外編03:遊弥と花奈の... 256 2 2016-11-02 -
3 未投稿オリカ紹介① 280 0 2016-11-09 -
2 未投稿オリカ紹介② 225 0 2016-11-26 -
2 未投稿オリカ紹介③ 267 0 2016-12-08 -
3 未投稿オリカ紹介④ 261 0 2016-12-20 -
6 未投稿オリカ紹介⑤ 215 0 2016-12-30 -
4 Episode52:極寒の夏 192 2 2017-01-01 -
31 Episode53:闇の邂逅 213 2 2017-01-07 -
3 Episode54:呪縛竜復活 180 0 2017-01-11 -
5 Episode55:届かぬ声で... 181 2 2017-01-15 -
2 Episode56:禁忌の目覚め 206 5 2017-01-19 -
3 Episode57:共鳴する四龍 210 4 2017-01-25 -
5 Episode58:本当の気持ち 204 3 2017-01-30 -
4 Episode59:真実への鍵 197 2 2017-02-08 -
4 IF01:バレンタインデー 247 6 2017-02-11 -
1 Episode60:エレンとアレックス 235 3 2017-02-16 -
30 ルール改訂と今後の進行について 340 2 2017-02-18 -
4 Episode61:想いの証 201 5 2017-02-21 -
3 Episode62:茨の道標 237 5 2017-02-27 -
5 Episode63:光と闇の花 187 3 2017-03-20 -
7 Episode64:渇望と葛藤 176 2 2017-03-23 -
5 Episode65:麗しき孤月 149 2 2017-03-29 -
44 Episode66:月夜のイリュージョン 223 2 2017-04-21 -
15 Episode67:常闇に消える月華 292 1 2017-05-05 -
10 Episode68:模索者たち 107 4 2017-07-22 -
12 Episode69:純黒の反逆者 119 0 2017-07-27 -
8 Episode70:紅と黒の禁呪 118 2 2017-08-07 -
7 Episode71:希望は往く 116 3 2017-08-17 -
9 Episode72:リリーの過去 103 2 2017-08-24 -
5 Episode73:異次元の亡霊 96 2 2017-09-13 -
4 Episode74:覚醒の鼓動 91 3 2017-09-22 -
5 Episode75:挑戦者の儀 96 0 2017-10-05 -
3 Episode76:神速の決闘 65 2 2017-11-14 -

スポンサーリンク