メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
金無いと言いつつ結局作るバカ

デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編-


遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


CODE OF THE DUELIST


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > 掲示板 >  雑談掲示板 > オリカカテゴリを紹介

雑談掲示板

オリカカテゴリを紹介

作ったオリカカテゴリを紹介し合いませんか。

どうも最近このサイトを利用させて頂いていくようになった者です。
このサイトでは様々なオリカを見ることが出来ますよね?しかしカテゴリとして沢山のカードが出ている場合、一枚一枚で興味を持ってもらうのは難しいと思います。そこでカテゴリ全体としての特徴を紹介し合い、カテゴリごとに興味を持っていただくのはどうかと思いました。
「自分の作ったオリカカテゴリを知ってもらいたい」という方がいらっしゃいましたら、是非とも紹介してみて下さい。

ギガプラント [p73a2307a.tkyea105.ap.so-net.ne.jp]
更新日時:2013/05/01 22:05 修正・削除・ロック


コメント数256閲覧数13900

スポンサーリンク



1 2 3 4 5 6 7 8   >>
Re:オリカカテゴリを紹介

【機怪異】を始めてました。
機械族・闇属性で統一された、リバースかつユニオンカテゴリ。
儀式・融合・S・Xを全て専用魔法・罠ですることができる、複合召喚カテゴリ。
また、装備モンスターが裏側守備表示になっても装備されているこれらのカードは特殊召喚される、という無駄の少ないテーマ。

名称は普通の効果モンスターが「妖怪・伝説上の生き物」、それ以外が「神話等を出展とする武器・防具」。

にゃる [124-18-208-99.mie1.commufa.jp]
更新日時:2016/10/08 22:08 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【マルティニス】
久々のカテゴリーです。
融合・Sのテーマにしようと考えてます。

メインに入るモンスターは以下の共通効果を持ちます。
「マルティニス・〇〇」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:特殊召喚したこのカードはX素材にできない。
②:自分フィールドに融合・Sモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
③:固有効果

消費の激しさゆえに展開力を高めているのでガチ目に見えるかもしれません。
名前に由来などはありません。語感で決めた適当カテゴリー名です。

前回の幻龍が挫折して(という名の飽きて)しまったので、今回は完走したいと思ってます。

妄想野郎 [180-042-161-136.jp.fiberbit.net]
更新日時:2016/10/16 03:07 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【天真(ナイーブ)】

まだ三種類むしかないのですが
効果の特徴としては
①除外ゾーンか墓地にいて効果発動
②エクシーズペンデュラムによる援助
③基本的に墓地からの召喚が多い
よかったらみてください

プリズム [y182032.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp]
更新日時:2016/10/17 19:21 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【地獄狙撃手(ヘルスナイパー)/幻影銃弾(ファントムバレット)】

地獄狙撃手は悪魔族・闇属性で統一されており、殆どがレベル4。
幻影銃弾は機械族・闇属性・レベル1・攻守0・チューナーで統一されています。

狙撃手が銃弾を撃つ(捨てて効果を使う)ことがテーマとなっており、各地獄狙撃手には手札を捨てて使える効果が、幻影銃弾には手札から墓地に送られた時に使える効果が備わっています。
地獄狙撃手で捨てるカードは必ずしも幻影銃弾でなければならない訳ではないことが多く、また幻影銃弾も地獄狙撃手によって捨てられなければ効果を使えないという訳ではありませんが、両者を組み合わせることでシナジーを形成するという点が面白いところです。

全体的にテキストが短く、見易いかと思います。この点で個人的にお気に入りです←

ユフリ [sp49-98-210-248.msd.spmode.ne.jp]
更新日時:2016/10/21 10:25 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【旧き魔女(オールド・ウィッチ)】を公開中です。
伝承上の魔女をモチーフとしたカテゴリとなっております。

魔法使い族で統一された「旧き魔女」モンスター、そのしもべの
「魔女の使い魔(ウィッカン・サーバント)」モンスター、
発動に「旧き魔女」を必要とする「魔女術(ウィッチ・クラフト)」カードを軸にした、
コントロール要素を含んだカード群を多く擁する予定です。

主な特徴:
○柔軟かつ豊富な専用カテゴリカードのサーチ・サルベージ手段
(反面、専用カテゴリ以外のカード使用が不可等の制限が掛かります)
○対モンスターのメタ要素が強めの、速攻魔法の「魔女術」
○「魔女の使い魔」がいる場合に戦闘・効果への耐性を得る、「旧き魔女」の共通効果
○攻撃でダメージを与えた場合に各種効果を発動できる、「魔女の使い魔」

モンスターの名称は、「旧き魔女」がルーン文字から、「魔女の使い魔」がそのモンスターを形容する言葉+動物名となっております。

pommy [KD106154011120.au-net.ne.jp]
更新日時:2016/10/29 19:48 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【機傭竜(レクスマキナ)】

恐竜族・地属性で統一されたカード群。
《鎖付きブーメラン》のように罠カードを装備することがテーマで、「RW(レクスウエポン)」という恐竜族専用装備罠との併用が原則。
それぞれ罠カードを装備していることでメリット効果が発生するようになっています。

恐竜の化石が人類の科学技術のより半機械(サイボーグ)化されて復活したという設定。
機械化されている部分を接続させることでさまざまな武器を装備可能。

名前の由来は「デウス・エクス・マキナ」+「レックス」。そして、「機傭竜」は音読みすると「きようりゅう」→「恐竜」と読めるようになっています。

ユフリ [sp49-104-0-83.msf.spmode.ne.jp]
更新日時:2016/11/05 19:47 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【CI(コネクトアイドル)】
天使族・主体レベル1~8で構築したシンクロデッキ。
アイドルの世界をモチーフに、それに見あった効果が多い。
ほとんどのモンスターは共通して同じ効果を持っている。

・このモンスターが相手ライフポイントにダメージを与えた時に発動できる。自分フィールドのモンスター1体を選択して相手に直接攻撃をすることができる。

これは自分フィールドのモンスターがCIモンスターのファンという設定で、CIモンスターが活躍すればするほど攻撃できるということ。また、手札を1枚捨てることにより、チューナーモンスターとしても扱うことのできる「CI ライブ・シンクロン」や、装備罠「エンジェル・オブ・セッション」効果破壊を防ぐなど守りにも徹底している。
アイドルということでフィールド魔法がステージとなる「コネクト・ステージ」も魅力的である。フィールドのCIモンスターの攻撃力を上げ、さらに墓地にキーモンスターの「CI アナザー・エンジェル」が存在する時にこのカードが場に出ていれば、蘇生可能という効果も持ち合わせている。

キャッチコピーは「今、フィールドとカードでライブスタート!コネクトの歌声を響かせろ!」。

フカヒレ男 [KD121105120254.ppp-bb.dion.ne.jp]
更新日時:2016/11/05 23:44 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【半人半魔】
悪魔族主体の融合テーマです。
半分人、半分魔物。のようなイメージで書いています。
融合体はマスクチェンジのようなカードで出していくので、若干、邪道気味です(魔物っぽく)

下級モンスター達にアドバンテージを大量に稼ぐ効果が無い代わりに、融合体は比較的強い効果を持っています。全部が全部、ダークロウのように強いというわけではありませんが、使い分けがある程度できるような感じに仕上げています。また、共通効果として、魔法カードの効果によって墓地へ送られるとおまけのような効果が付いています。

元ネタはとあるゲームから。デビルメイクライのダンテ君ではありません(半人半魔で調べたら出てきて吃驚した)

ころんβ [softbank126047243006.bbtec.net]
更新日時:2016/11/13 18:26 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【Osumo(オスモ)】
一見Kozumoっぽいが全くの別物。
相撲をモチーフにしたカテゴリで超次元臭がしますが、細かいことはお気にせず。
感覚としては陽炎獣に近い感覚だけれど、素材であるモンスターオンリーでも問題ないくらいのパワーがある。

設定
Osumo。戦闘民族であり、その名は戦士の称号でもある。大柄の屈強な漢達によって構成されており、独自に発展させた技を以て敵を打ち倒す。
Hariteは敵を遥か空の彼方まで飛ばし、Sikohumiは大地を揺るがす!

ター坊 [sp1-75-196-133.msb.spmode.ne.jp]
更新日時:2016/11/14 13:39 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【ケミカル/アルケミー召喚】というカテゴリでカードを作らせていただいてます。
正確にはカテゴリではなくオリジナルの召喚方法。詳細なルールにつきましては《結合騎士カルヴォ》のオリカページに記載させていただきましたが、こちらでも概要をば。

ケミカルモンスターは、通常召喚を行った場合にエクストラデッキからモンスター1体と結合して特殊召喚されるケミカル召喚と、結合している一組のモンスターをデッキに戻すことで単体で特殊召喚されるアルケミー召喚の2種類の特殊召喚を行える。
いずれもカードの効果や他の特殊召喚を使用していない時点でしか行えず、ケミカル召喚の場合他の召喚方法に使えないなど制約も大きい反面、場に複数のモンスターを簡単に立てることができ、またアルケミー召喚時にはケミカルモンスターの強力な効果が発揮できる。

ちなみに、この召喚方法につきましては皆さんでフリーに使っていただけると嬉しいなと。その際カテゴリに入れないのであれば、「ケミカル/アルケミー召喚」カテゴリを利用していただければ幸いです。

αrufα [36-3-201-239.kanagawa.fdn.vectant.ne.jp]
更新日時:2016/12/01 03:28 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

新しく【外忍(アウトしのび)】を始めました。

シンクロデッキですが、最大の特徴はやられると罠カード化してアドを稼ぐ点です。幻影騎士団やバージェストマのような罠カード→モンスターはありますが、その逆です。

設定
人外の種族のみで組織された忍者集団。元々は人間社会の元で生きていたが王の命令による人外迫害が起きたことで彼らの居場所がなくなってしまった。そして彼らは人間社会転覆という復讐を果たすために屈辱を耐え忍び、技を極めた。影は討たれても再び影を残す。その刃から復讐の怨念が消えるまで。

ター坊 [sp49-98-145-163.msd.spmode.ne.jp]
更新日時:2016/12/03 07:36 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【蒼竜】

多くのモンスターがレベル4のモンスター群は「蒼竜門の~」。
そしてそれらを素材とするXモンスター群「蒼竜王~」。

下級モンスターには以下の共通効果が付きます。
「このカードを素材としてX召喚した幻竜族・水属性モンスターは以下の効果を得る。
⚫このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「蒼竜」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。」

つまり、X召喚すると墓地からX素材をプラスできます。
そして、「蒼竜王」はX素材を多く持っているとお得な効果を持っていたり、自身がX素材にあると何らかのメリットが発生したり、ということになっています。
終盤に近づけば近づくほど墓地に「蒼竜王」が溜まり、メリット効果を複数したがえた「蒼竜王」をX召喚できるという訳です。


設定
蒼い竜が出現するという伝説から名付けられた、海にそびえる巨大な門「蒼竜門」の一帯に住まうマーフォークの一族。
魚でありながら陸にも適応し、服を来て武器を使い、狩猟を行い交易をするなど文明が築かれている。
「蒼竜門」の民が一人前となる通過儀礼として、伝説の蒼竜を再現した「蒼竜王」と戦う、というものがある。
熟練の蒼竜門のマーフォークは協力して海の力を借りることで幻影の「蒼竜王」を作り出す。
「蒼竜王」の術は、蒼竜門を襲う敵勢力に対する抑止力にもなっており、伝説の蒼竜は守り神として祀られている。

ユフリ [sp49-98-45-40.mse.spmode.ne.jp]
更新日時:2016/12/03 09:10 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【紺碧の城】

レベル3、6の水属性機械族で構成されたリバーステーマです。

魔法罠も含め、カテゴリ内のカード全てに墓地で使え、発動後デッキに戻るというマドルチェのような効果を搭載しています。
そのため、比較的デッキ破壊に強く、また墓地リソースが重要なカテゴリになっています。

設定
その昔栄えたと言う一つの国が、今も海の底に沈んでいるらしいとの噂があった。
そこではかつてその国で多く作られていた機械たちが、街を守り続けているということ。
今も彼らは待っている。人間がやってくるその時まで。

シーグル [183.27.223.223.megaegg.ne.jp]
更新日時:2016/12/07 19:11 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【フルーティアン】公開中です。
フルーツをモチーフにした、植物族のカテゴリです。

「おいしく食べて健康に、でも食べすぎ注意!」がモットー。
フルーティアンを食べる(=戦闘破壊する)ことでカロリー摂取(=ダメージを与える)という流れを想定した、反射ダメージによるビートダウンを行うカテゴリとなっております。
また、「フルーティアン」モンスターが戦闘破壊された場合、相手モンスターに固有カウンターの「ACEカウンター」を付与する効果も併せ持っています。
付与されたACEカウンターは、相手モンスターを強化したり、自分のフルーティアンの効果用に参照したり…といった使い道を予定しております。

カード名は実物の果物の名前(英語以外の呼称、学名)、固有カウンターのACEカウンターはビタミンA・C・Eから取っております。

pommy [KD106154001244.au-net.ne.jp]
更新日時:2016/12/08 20:42 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【アンジバザル】
デッキをひっくり返すという奇妙なテーマ。
地属性で統一されており、メインデッキのモンスターの多くがペンデュラムモンスターで、以下の共通効果を持ちます。

「①:このカードを発動したターン、このカードがPゾーンに存在する限り、お互いのプレイヤーはデッキを通常と逆向きにしてプレイする。
②:このカードを発動したターンのメインフェイズに1度だけ発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター及びお互いのデッキの一番上のモンスターの中から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地に送り、その「アンジバザル」融合モンスター1体を融合召喚する。」

互いのデッキトップからも融合素材を供給でき、サポートカードにもデッキトップやデッキボトムを操作するカードが多いです。

また、融合モンスターも以下の共通効果を持ちます。
「このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いのプレイヤーはデッキを通常と逆向きにしてプレイする。」
デッキトップが特定のカードだとメリットを得られる効果を兼ね備えています。

モチーフは地縛神と同じく地上絵で、「天変地異」により地上絵に刻まれたモンスターが復活するというイメージ。

ユフリ [ai126151120254.55.access-internet.ne.jp]
更新日時:2016/12/17 23:19 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【戦術機】
機械族のカテゴリ。下級モンスターは自分や他のモンスターを除外して効果を発揮させ、シンクロ召喚を狙うデッキ。
サポート魔法・罠はないが、その分シンクロモンスターは強力なものとなっている。
モンスターの名前の元ネタはゲーム「ARMORED CORE」シリーズから。

ヘロ [157.118.205.122]
更新日時:2016/12/21 17:34 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

3〜4つのカテゴリを紹介します。

【ARC(アルター・リチューアル・コード)】
エクストラデッキに裏側表示で儀式モンスターを入れるカテゴリです。アークファイブにて儀式だけ独立した召喚法として扱われていなかったため、「エクストラデッキから召喚出来れば良いのではないか」と考えて作成しました。
「ARC」モンスターは自身のカテゴリの儀式魔法の他に「RtC(リチューアル・コード)」儀式魔法によってエクストラデッキから儀式召喚でき、それとはまた別のサポートカードによってメインデッキからエクストラデッキへ儀式モンスターが加えられます。

【風祀(かざまつり)】(「かぜまつり」ではありません)
儀式中心の風属性ペンデュラムモンスター群で、コンセプトは「裏側攻撃表示」「P罠効果」です。
裏側攻撃表示は今のところ「闇の訪れ」を使う他に再現手段が無いですが、このカテゴリは相手を裏側攻撃表示にした上で裏側表示モンスターに対して有利なモンスター効果を活かします。
P罠効果については、Pゾーンに置いた場合に発動でなくセットとして扱って、セットしたターンには効果が発動できないものとなっています。

【寿司精(スシリット)】・【制寿司(セイスシ)】
共に寿司モチーフのPモンスター群です。融合・S・Xも扱いつつ、儀式も取り入れたいです。
まず制寿司は制圧効果持ちのカテゴリで、相手フィールド上への特殊召喚をトリガーとして効果を発動させます。ただ、現在効果を調整中で、「手札から公開している間のみ発動可」としたいと思っています。
そして寿司精はスピリットモンスターのカテゴリです。スピリットモンスター以外の縛りとしてはP召喚でのみ特殊召喚可とする予定です。
また、両カテゴリをまたぐ【制寿司精】カテゴリも存在します。

以上です。

強制脱出ゲーム装置 [softbank126218174133.bbtec.net]
更新日時:2017/01/03 20:46 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【P・C(ペイントチャーマー)】
魔法使い族で統一されたPカテゴリ。
属性が密接に関わるカテゴリであり、属性をコピーしたり属性を参照して除去や追加効果を使用するモンスターが多い。エクストラデッキには融合・S・Xが豊富に揃っており、枚数も多い。

モンスターの名前は絵画に使用する道具や用語から、エクストラデッキのモンスターは絵描きの名前からとっています。

ギガプラント [p6e421023.tkyea127.ap.so-net.ne.jp]
更新日時:2017/01/30 11:36 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

[クロック]
こちらではお初にお目にかかります、EWと申します。
私が現在投稿しているカテゴリ「クロック」について紹介させていただきます。
このカテゴリは、クロックカウンターという専用カウンターを使用したり、ターンの進行順序に関わる効果や、それによって誘発される効果を使ってコンボを決めるというコンセプトをとっています。
また、下級モンスターの攻守は、1日を24時間表記したときの午前、午後の数字からとっている(例:ATK1700 DEF500→午後5時と午前5時)など、時計、時間に関連付けたカテゴリとなっています。

EW [p220077-ipngn200306yamaguchi.yamaguchi.ocn.ne.jp]
更新日時:2017/02/06 05:12 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【バニィ・スノーマン】
カテゴリというよりは殆どシリーズカード。
基盤となるバニィ・スノーマンとその同名同士を融合したモンスターで構築されています。融合体はその素材分のバニィ・スノーマンの融合素材として扱う事ができ、フリーチェーンで素材に分解する事ができます。
融合体は戦闘によってドローができるのも特徴です。

ギガプラント [p73a2148f.tkyea127.ap.so-net.ne.jp]
更新日時:2017/04/06 23:54 修正・削除


1 2 3 4 5 6 7 8   >>

上記へのコメントとなります。
名前*
アイコン
URL(使用不可)
タイトル*
内容*
パスワード*

スポンサーリンク