HOME > カードリスト > CODE OF THE DUELIST > 戦線復帰

戦線復帰(センセンフッキ)

戦線復帰
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
通常罠 - - - - -
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

スポンサーリンク

評価8.8/ 10
評価回数16
評価順位740位 / 8496
閲覧数4317

 → 戦線復帰の価格相場を確認
 → 戦線復帰のボケを作成戦線復帰のボケを見る(0件)


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
CODE OF THE DUELIST COTD-JP077 2017年04月15日 Normal

使用されているデッキ

スポンサーリンク



評価 ⇒WIKI

9

107.167.112.74 exa  2017-06-28 17:45:14 [16]
他の蘇生罠との違いを意識するならチェーン破壊に妨害されないことに尽きます。
罠が少ないデッキだと相手の除去はその罠に集中するため、そういうデッキのでも妨害されにくい蘇生札として優秀です。
ドラゴンデッキでは重宝しております。

10

114.142.122.238 マスじい  2017-06-23 13:48:49 [15]
フリード軍の平和(?)な一幕。救護部隊のおっさん強すぎないか・・・?
効果は単純明快。守備表示で完全蘇生。リビングデッドと似たような効果ですが、こちらは通常罠なのでサイクロンなどでの妨害を受けないというメリットがあります。ただ、リビングデッドは追撃に使えるので、そこら辺はデッキ次第といった感じです。

9

101.141.74.28 ラーメン  2017-05-04 01:18:29 [14]
単純明快な蘇生罠カード、リビデ、竜魂に続く汎用蘇生用罠である。
で、この2つとは意外ときちんと差別化できている、まずリビデと比べると永続でないのでサイクロンやツイツイで妨害されない利点がある一方、守備表示限定なので即座に殴れない、バトルフェイズの追撃に使えない、リンクモンスターはそもそも蘇生すらできないなどデメリットも目立つ、やはり守備表示限定なのは無視できず、永続でない点もかえってセルフバウンスや何かのコストに使えない欠点になることもある。
では、同じく守備表示限定の竜魂と比べるとどうかといえば、一見完全上位互換っぽいが幻竜族扱いにならないのがショウフクなどにつながらない欠点になることもなくはなく、破壊トリガーのカードなどとコンボできないのも欠点になりうるので完全上位という訳でもない、ただリビデに比べるとほぼ上位に近いのは確かか。
もっとも、リビデや竜魂自体が優秀であり、遅い罠とはいえデメリットなしの完全蘇生が弱いわけはなく、普通に優秀なカードといえる。

8

49.96.23.104 くろゆき  2017-05-03 05:43:49 [13]
モンスターを守備標示で完全蘇生する罠。
永続罠でないため邪魔されにくい。一見するとリビデの上位互換のようにも思えるが、セルフバウンスで再利用できる、マジックプランターでドローできるなど永続罠ならではのメリットもあるため相互互換である。
シンプルゆえ、大変使いやすい。

8

1.66.104.142 カンノーネ  2017-04-25 10:39:36 [12]
永続じゃなくなって幻竜族化効果のなくなった竜魂の源泉。以上、閉廷!
しいて加えて語る事があるとしたら、竜魂の源泉自体遅いから理由があるデッキしか積まなかったのに…というかセルフバウンスして使い回しが強かったのになんの変哲も無い罠の蘇生カードとなると、評価は高くてもなかなか使わないよなと思います。トポロジックの効果起動には便利だと思います。

9

122.223.198.59 デルタアイズ  2017-04-19 15:22:47 [11]
フリード将軍鼻の下伸びてますよ。何してんすか。
フリチェで妨害されにくい蘇生罠カードです。 リンクが出せないのは狙ったんでしょうかね。

9

219.208.31.136 ルイ  2017-04-18 17:49:51 [10]
やっぱりシンプルなテキストは強いの代表格。

永続アイコンの消えた、種族を幻竜族に変更しない竜魂の幻泉といえるカード。
サイクロン等に強く、勝手に自壊させられることはなくなった反面バウンスで再利用ができなったのは結構大きかったりしますね。

守備で蘇生するから追撃できず、またリンクは蘇生出来ない点が今後デメリットになりそうです。
墓地に送られたら効果発動できるカードを蘇生しつつ壁にしたり。
また特殊召喚されたら効果を発動できるカードを蘇生したりするとおいしい。

罠を多用するガイザレス軸の検討でためしに使ってみましたが、魔法罠ゾーンを圧迫しないため結構使い勝手は良好でした。
効果を無効にしないからガイザレスで奇襲を掛けやすく大助かりです。

見た目以上の便利さを誇るのでぜひとも皆さん使って見てはいかがかな?

8

122.249.87.211 れい  2017-04-17 19:12:08 [9]
守備表示にするかわりに、永続マークが消えたリビングデット。
今まで鬼門だったサイクロンなどの除去札に強くなり、蘇生する仕事をほぼ確実にこなすことができる。
蘇生するモンスターに縛りや制限もかかっておらず、汎用性は驚くほど高い。

8

111.217.22.7 EXデッキ焼き  2017-04-16 21:02:36 [8]
簡単、明快、それ故汎用性も高いとOCG界におけるテキストが短い程なんとやらを表したカード。
一概には言いきれないが、同じ蘇生罠の先駆けであるリビングデッドと比べた場合、リビングデッドは攻撃表示、リビングデットがやられると蘇生先も破壊される。といったことがあるが、こちらはフリーチェーン、守備表示と、いざという時の防御や相手の除去を空打ちさせることができるといった利点がある。しかし、フィールドに残らない為、バウンスによる使いまわしができない事や、リンクモンスターを呼べないといった欠点もまたある。

8

219.97.19.217 とき  2017-04-16 20:43:09 [7]
投げ捨てられる切り込み隊長。この扱いにキレ気味になったのだろうか。
守備表示限定だが完全蘇生が弱い訳がない。
リンクモンスターを蘇生できないという痛すぎる弱点があるものの、雑にシンプルに強いカードなので難癖をつけるのも難しい。
ただ… なんだろうな、リビデやテーマごとの蘇生もある中で、このカードをあえて使うという図が見えにくい気も、ほんの少しするんだよなぁ…

8

210.164.165.195 プンプン丸  2017-04-15 10:46:45 [6]
守備での特殊召喚なのでリンクモンスターを蘇生できないのは痛いと思います。

9

111.239.62.204 メタルサイクロプス  2017-04-12 18:03:07 [5]
攻撃表示かつ永続のリビデとは一長一短で、どちらも強力なカードなことに変わりはないためデッキに合う方を選べばよいでしょう。選択肢が広がったのは大きい。良いカードだと思います。

10

153.130.243.55 ヒコモン  2017-04-10 12:40:16 [4]
守備表示の代わりに完全蘇生となったリビデ。それだけで非常に強力なことが伺える。リンクモンスターが蘇生出来ないものの、チェーンサイクで妨害されないのがメリット。永続罠でなくなったため、フィールドに残らないのはメリットにもデメリットにもなる。

9

121.87.74.5 究極  2017-04-08 09:37:09 [3]
リンクモンスターが蘇生出来ないのは今後大きなデメリットになりそうなのでリビデを越えることはないだろうが、デメリット無しの完全蘇生は強力。

10

121.93.93.191 アルバ  2017-04-08 02:01:26 [2]
永続じゃなくなったので完全蘇生かつ妨害されにくくなったリビデ。
守備表示の特殊召喚なので追撃には使えないが相手のエンドフェイズに発動したり蘇生したモンスターを何かの素材にすることで誤魔化すことはできる。
リビデより蘇生が妨害されにくくなったがあちらは永続のためバウンスして再利用みたいなことができたがこちらはその辺のコンボ性は薄いため応用の幅はあちらの方が広く相互互換と言った所。

9

126.203.112.212 ぷれあです  2017-04-06 04:36:58 [1]
短いテキストは強力です。
リビングデッドの呼び声等と違いこちらは完全蘇生です。
ただし、守備表示なので攻撃はできず、リンクモンスターも蘇生できない点には注意が必要です。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
戦線復帰 8.8 /10.0 点、 評価数 16 件 ユーザー レビュー 16