HOME > カードリスト > 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE > ドン・サウザンドの契約

ドン・サウザンドの契約(ドンサウザンドノケイヤク)

ドン・サウザンドの契約
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
永続魔法 - - - - -
「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
(2):お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの(1)の効果でドローしたカードを公開し続ける。
(3):このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。

スポンサーリンク


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE 20AP-JP058 2017年02月11日 Super

使用されているデッキ

スポンサーリンク



評価 ⇒WIKI

8

121.116.233.155 デルタアイズ  2017-06-29 08:59:11 [9]
トリックスターとの相性抜群。 相手のライフを減らしつつバーンが出来ますね。

7

116.83.129.11 ラギアの使徒  2017-02-12 19:54:12 [8]
相手にもドローさせてしまうものの、それほど厳しい条件でもなく1枚ドローできるのは決して悪くない性能です。手札公開とロックの効果はどちらもそんなに扱いやすいものではないので、おまけに考えてもよいでしょう。むしろ永続であるおかげで、バウンスして次のターンもドロー効果を使えると考えることもできます。癖のあるカードではありますが、使いこなせれば結構役に立つカードだと思います。

8

121.87.74.5 究極  2017-02-12 10:43:10 [7]
ドロー・バーン・ロックとテンコ盛り。環境に合えば一気に価値が上がるかも。

7

126.203.112.212 ぷれあです  2017-02-12 00:21:46 [6]
モンスターをあまり使わなく、手札消費が激しいバーンデッキには最適なカードです。

8

219.208.31.136 ルイ  2017-02-12 20:44:19 [5]
永続版チキンレースと言えるカード。

1000ライフは場所代としてお前も払えよ!ライフ1000もない?無理でも払うんだよ!割り勘だからな!(ゲス顔
なお相手にやられることもある模様。

ドローしたカード限定で手札公開を強いられ、魔法なら通常召喚を封じられてしまいますがセットも発動制限もかけるわけでもなく、ロックとしては不十分です。
チキンレース同様、ドロー水増しカードと見るのがいいかもですね。
公開が強制であることを利用してマインドクラッシュを決めてみるのもなかなかにエグいかも。
1000ライフを払うでもダメージを受けるでもなく「失う」なので、1000ライフ以下なら擬似引導火力になるのは魅力的。
1000ライフロスは無視できない数値ですが、バウンスで使いまわしも検討できるいいカードだと思います。

7

115.177.95.159 とき  2017-02-11 16:00:09 [4]
お互いに発動時に1000ライフを払いドローする契約。
その後ドローしたカードを見せ魔法カードがあるなら通常召喚を封じる。
永続魔法になったところも含めて調整されたチキンレースという趣を感じる1枚。チキンレース… お前… 海外同様に消えるのか…??
相手にドローを与える点と、永続魔法故に自分の場から取り除くのが難しいだけでなくテラフォをドローソースにできなくなっている点から、チキンレースほどの汎用性を期待するのは難しいだろう。ロック効果も邪魔をしてくる。
使うなら、相手に1000ダメージを与えながらドローができるという点がバーンにおいて非常に有用。こちらならロック効果も十二分に活躍してくれる。

8

106.161.175.42 負導師  2017-02-11 12:36:23 [3]
ゼアルでベクターが使用した永続魔法
場所代は割り勘になりました

使用者らしく非常にいやらしい効果を持っており、ドローカードは互いに開示しなければならず、魔法カードを引いてしまった場合通常召喚を封じられる
魔法を極力減らしたデッキならチキンレースのようなドローソースとして扱え、相手の行動を制限しながらバーンでライフを削る事も可能。特に通常召喚を起点にするテーマなどであれば厄介極まりない
ただし速攻魔法以外の場合はセットされるとあっさり抜けられて使用されてしまうので、シムルグなどを併用したい
ツイツイなどが流行ってる今では真っ先に割られるであろうが、囮として考えればなかなか優秀なカード

7

106.72.178.96 アストラル  2017-02-11 11:41:25 [2]
原作でベクターが使用した魔法カード。
原作では相手に2000ライフポイントを場所代として払わせ、コストとして墓地に送られるまでお互いの通常召喚を封じていました。
アニメでは相手が2000LP払わないと発動できませんでしたが、OCGでは相手に強制的にLPを払わせることができます。
効果はお互いにカードを1枚ドローできるというもので成金ゴブリンのように使うことができます。しかし相手にもドローさせてしまうという点で実質アド-1になるがそのターンのうちに試合を決めてしまえば問題ない。相手に1000LP失わせるのでバーンカードとして使用することもできます。②の効果でお互いにドローしたカードを公開し続けるので相手の手札を見ながら展開することかできます。さらに手札を公開することで発動できるカードの効果を防ぐこともできます。③の効果で魔法カードを公開しているプレイヤーば通常召喚できないというデメリットもこのカード以外のカードをすべてモンスター、罠カードのみにしていれば、相手だけにデメリットを押し付けることもできます。1ターンに1度しか発動できませんが、永続魔法なので、手札に戻せば次のターンも発動することができます。

9

121.94.219.154 アルバ  2017-02-11 11:37:05 [1]
場所代がお互いになり強制支払いになった契約。
1の効果はお互いに1000ライフ失い1ドロー。
2の効果は手札公開で相手の戦略が筒抜けになるが自分もなので先攻で使う場合は全部セットしてから発動しこのカードでドローしたカードだけ見せるという戦略も必要になる。
3は2の効果で公開してるカードに魔法があると通常召喚できなくなるが使用するかセットするだけで解除されるのでロック能力にはあまり期待はできない。
徹底するならアロマダムルグと併用になるか。
発動したくなかったりできなければほぼセットを強要することになるのでそこを除去しに行く手もある。
ドローはお互いのため安易には採用できないがアドバンテージ差を無視しながら勝利を目指すバーンや特殊勝利、コンボパーツを集めるデッキなどでは比較的扱いやすいドローソースとなっている。
特にバーンでは相手のライフを削りつつ次の一手を持ってこれるので理想に近いカード。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
ドン・サウザンドの契約 7.7 /10.0 点、 評価数 9 件 ユーザー レビュー 9