HOME > カードリスト > MAXIMUM CRISIS > 捕食植物コーディセップス

捕食植物コーディセップス(プレデタープランツコーディセップス)

捕食植物コーディセップス
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 闇属性 1 植物族 0 0
(1):自分スタンバイフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のレベル4以下の「捕食植物」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は通常召喚できず、融合モンスターしか特殊召喚できない。

スポンサーリンク


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
MAXIMUM CRISIS MACR-JP011 2017年01月14日 Normal

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ

スポンサーリンク



評価 ⇒WIKI

7

#4a515 ラーメン  2017-01-15 00:09:06 [3]
新規捕食の1体、これまでの捕食とは少し違った感じの効果である。
スタンバイフェイズ時に墓地の捕食を一気に2体蘇生する豪快な効果を持つ、いかにフィールド上で融合するかが課題である捕食にとってはフィールドに一気に2体も展開できる優秀な効果であり、効果無効などもないのでキンジーならばそのまま融合もできる。
が、その代償としてスタンバイフェイズという遅さとそのターンの通常召喚、ほかの融合以外の特殊召喚を一切封じるというかなり重いデメリットが課されている、遅さはともかくとしても通常召喚も融合以外の特殊召喚も封じられてしまうデメリットは効果の強力さを差し引いてもあまりに重い、そこまでされるぐらいなら普通に融合しようとなってしまう。
効果自体は優秀なだけに無駄なデメリットの重さが悔やまれる。

6

#1a4d6 ランペル  2017-01-14 16:05:39 [2]
自分スタンバイに墓地から除外して捕食植物を蘇生できる捕食植物。
レベル4以下の捕食植物を一気に2体蘇生することができるのはとても強力。しかしながら、効果を使うターンは通常召喚ができないだけでなく、融合召喚でしか特殊召喚を行えなくなると、なかなかに厳しい制約。サンデウ・キンジーを蘇生すればそのまま融合につなげることができ、効果を使っていないダーリング・コブラを蘇生して融合系魔法をサーチして融合につなげていく感じに出来ればよさそうです。融合素材を即座に揃えて融合して、攻撃に移れると考えれば優秀ですが、これ以外に効果はなく墓地へ送る手段も基本融合素材にするのが多いので、少し扱いが難しいかもしれません。逆転の手としては輝けるかもしれませんね。

7

#231f5 とき  2017-01-14 15:31:48 [1]
墓地から墓地のカードを蘇生する非常にエコロジーなカード。
できれば素材となったサンデウキンジーを蘇生し、さらなる融合召喚へと発展していきたいところである。
墓地にこのカードを置く手段としてはオフリススコーピオの手札コストや超栄養太陽のコストにしてしまうのが強力だろう。
召喚権が使えなくなるデメリットがあるので、融合を絶対に決める鉄の意志と鋼の強さで蘇生カードを選別しよう。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
捕食植物コーディセップス 6.7 /10.0 点、 評価数 3 件 ユーザー レビュー 3