アストログラフ・マジシャン

アストログラフ・マジシャン
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
ペンデュラムモンスター
効果モンスター
7 魔法使い族 2500 2000
【Pスケール:青1/赤1】
「アストログラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
(2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

スポンサーリンク


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・エボリューション- SD31-JP001 2016年12月23日 Ultra

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ

スポンサーリンク


評価 ⇒WIKI

9

118.1.250.178 わがじゃん  2017-02-21 16:30:02 [8]
何気に【ブラック・マジシャン】デッキとの相性が良好でした。
その効果から、真っ先に戦闘破壊される《幻想の見習い魔術士》の戦闘破壊をトリガーにSSすれば、2枚目を手札にしつつ、その効果の対象にもなれるので攻撃抑止にもなり、手札に余れば次ターンの展開補助になります。《ブラック・マジシャン》も《マジシャンズ・ナビゲート》を考えれば、手札で腐ることもありませんし、レベル・種族・属性の全てが被るので《闇の誘惑》や《七星の宝刀》といったドローカード、《黒魔導強化》等のサポートカードも共有でき、エクシーズの相方にもなれます。
そして、何より《永遠の魂》のデメリットを気軽にカバーできるのが戦略に幅を作ってくれます。
タッチでペンデュラム召喚を組み込む際には、墓地蘇生効果のある《黒牙の魔術師》とでスケールが揃い、無駄になり難い点も優秀ですね。

9

211.5.110.145 カズ  2017-01-18 19:38:14 [7]
時空を司るアストログラフ・マジシャンよ!その深淵なる力で、我らの望みを重ね合わせよ!
Pゾーンに張っても星読みに即張り替え可能、そのままエクストラからペンデュラム召喚出来るのが強い。打点も2500とそこそこあり。
問題なのはコイツのモンスター効果。破壊されたら手札から特殊召喚できるうえに、その破壊されたのと同名をサーチできる。そして、ズァーク降臨。フィールド・手札・墓地から4種類の魔術師で代用できるが、さすがにアニメみたいにデッキとエクストラは無理だった。

10

182.251.248.7 編集 2017-01-10 22:54:05 [6]
自分フィールドのカードが何かしら破壊されたら特殊召喚され、ターン1制限の無いそのターン内で破壊されたモンスターをサーチする効果を持つモンスター
って書いてる事がすべておかしいモンスターで間違いなく10点です
正直魔術師以外でも採用可能な出張カードだと思いますね

破壊がトリガーのゴーズで特定条件付きでサーチもできるよって思えば良いと思います

9

14.192.110.71 ABYSS  2016-12-31 14:31:36 [5]
アニメでも大暴れした覇王竜ズァークの元凶。
ユルユルな展開効果に破壊されたモンスターの同名サーチとかなりのインチキぶり。Pモンスターの場合まったくアドが減らない。
四天の竜を束ねる効果は擬人化した魔術師モンスターで補おう。
ストラク看板らしい強力なカードだがズァークがこのカードが出た時点では未発売だったので効果がストラクだけで完結できない珍しいカードでもある。

9

182.251.247.4 ルルーシャ  2016-12-23 19:51:35 [4]
自壊Pでエクストラ肥やし、更にその後後続をリクルートという。星読み限定ながらもアドしか出ない。非常に優秀なP効果。
そしてアニメの展開を完全再現するモンスター効果。しかし、ズァーク自体の融合素材に名前指定はないので、レベルが統一されていなくて並べづらい次元四竜でしなくても良いとは思ってしまいます。
そんな微妙そうな②の効果よりも①の効果が凶悪過ぎます。まるで手札が減らない。Pデッキの特徴として自分のカードの破壊をよくコストにして展開しますが、元々破壊コストがアドに繋がっていたPデッキにこれ以上破壊からアドを生もうとしている。まずいのは確定的に明らか。

10

58.189.126.189 はやとちり  2017-03-01 14:12:55 [3]
Pデッキの優等生的なモンスター。
Pデッキにありがちなスケール剝がされてモンスターが丸裸!
という状態で手札から特殊召喚して壁になることもできますし、
後続のPモンスターもサーチできるため、まさに一石二鳥。
Pゾーンのカードが破壊されたときにも特殊召喚し、
破壊された同名のPモンスターをサーチすることができるので、
実質Pゾーンを守ることができるカードともいえます。
Pデッキ以外にも、モンスター単体のパワーが高いデッキなら採用できますし、様々なデッキで活躍できるカードだと思われます。

9

58.189.250.66 アッキー  2016-12-23 14:45:48 [2]
覇王龍ズァークを呼び出せるカードP効果は星読みをデッキまたは手札から持ってこれる効果! ズァークはマキシマムクライシスでOCG化決定、効果も判明したのでそこに期待しましょう!星読みの魔術師の真の姿でもある!時空を司るアストログラフマジシャンよ!

8

115.177.93.59 とき  2016-12-23 12:05:33 [1]
覇王竜ズァークの力を束ねる存在であり、OCGにおいてもズァークを呼び出すには欠かせないカード。星詠みの魔術師の真の姿とも言える。
P効果は星詠みとのスイッチ効果。一見よくわからないが、このカードがエクストラに送られるということでありこのカードをP召喚できるようになる優秀な効果。ズァーク召喚効果を使うためには場に出なければならないので、その助けになる。攻撃力が十分あるのでアタッカーを勤めさせても良い。
モンスター効果はカード破壊に反応して特殊召喚される1番効果と、ズァークを呼び出す2番効果。1番効果はペンデュラムできない時に場に出すには良いし、被破壊カードのサーチもモンスターならできるため展開手段として十分強い部類。
そして本命、ズァーク召喚効果。4種のドラゴンについては魔術師で統一する場合、ストラク同梱のなりきり軍団を使えばいい。墓地が可能な一方でエクストラデッキは不可能なので、P召喚の活用の一方で墓地肥やしの術を用意してみるのも手か。サーチを持つ星刻を有効活用したい。
1番効果でサーチしながら殴れる打点+低スケールとしてもそれなりに強い。ズァークの象徴たる優秀なカード。

※ 評価の投稿にはログインが必要です。
アストログラフ・マジシャン 9.1 /10.0 点、 評価数 8 件 ユーザー レビュー 8