HOME > ペンデュラム・コール

ペンデュラム・コール 制限

種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
通常魔法 - - - - -
「ペンデュラム・コール」は1ターンに1枚しか発動できず、「魔術師」PモンスターのP効果を発動したターンには発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。カード名の異なる「魔術師」Pモンスター2体をデッキから手札に加える。この効果の発動後、次の相手ターン終了時まで自分のPゾーンの「魔術師」カードは効果では破壊されない。

スポンサーリンク


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
ストラクチャーデッキ-マスター・オブ・ペンデュラム- SD29-JP026 2015年06月20日 N-Parallel

使用されているデッキ

スポンサーリンク


評価 ⇒WIKI

1 2 3   >>

10

210.146.247.144 デルタアイズ  2016-08-12 01:44:20 [35]
破壊耐性は慧眼や天空の虹彩を交える場合はデメリットになりますね。
魔術師を比較的多く採用しているデッキなら必須級です。

10

182.251.251.33 アッキー  2016-07-07 17:27:51 [34]
これは魔術師サーチカード 今は制限になりましたが非常に優秀なカードです。

10

113.151.0.208 Meteor  2016-03-31 19:48:36 [33]
鬼柳や調律をコストにすると無駄が無いです
スケールを安定して貼れるのは強い

9

126.91.238.9 ミドル朝原  2016-03-22 22:56:26 [32]
一見、「このカードでスケール揃えて、うさぎやツイツイからも守ってあげるよ」って言っているように見えるが後半の効果は実はデメリット
魔術師は主に慧眼ともう一枚で貼って慧眼でエクストラをためながら任意の魔術師を持ってこれるのが強みなのでこの「破壊されない」効果は慧眼は使えませんって効果になる。それでもコレ1枚で任意の魔術師を2体も持ってこれるのは強いと思います

10

153.187.171.140 編集 2016-01-04 13:48:01 [31]
手札一枚をコストに、魔術師Pモンスターを二体加えることが出来る
専用サーチ魔法。発動条件はあるが、比較的に緩い。
手札に魔術師Pモンスターを二枚加えることが出来るので、
スケールに置いてしまえばあっという間にP召喚の準備が整う。
これだけでも強いというのに、破壊効果耐性もつけてくるので
次のターンもスケールを揃えたまま行える。
現状、魔術師の強みの一つを作り出しているカードの一枚。
対策としては破壊効果耐性消滅後にツインツイスター撃ち込んだり
破壊ではなく、バウンスや墓地送り系を用いていきたいところ。

10

180.35.54.250 ピーナッツ  2015-12-29 03:05:07 [30]
あまりそこまで目立ちませんが、『魔術師』モンスターを2枚サーチと
ほぼ確実なペンデュラム召喚を可能にする破壊耐性、
さらには相手ターンまで破壊耐性が持続するという
かなり強力なカードだと思います。

10

221.248.228.227 ゆくら  2015-10-28 21:29:38 [29]
これとコストがあれば 登場時のペンデュラムの課題だった いかにスケールを揃えるか スケールを維持するかを解決してしまうインチキカード
コストがあるとはいえ 2枚同時サーチはおかしいくらい強い いやコストも捨てるカードによってはアドなのでは……
デメリット効果は下の方の説明通り あるようでまったくないという (当初このカードは持っていなかったので 対戦の時 そもそも相手がプレイしてた時にデメリットがあったなんて思わなかった)
これらのインチキ仕様が綺麗に仕上がって 色々おかしい事になってるカード
せめて特殊召喚がこのターンできない いやむしろバトルフェイズを行えないっていう制約あっても良かったと思う

9

114.181.253.254 福人ズッコケ  2015-10-28 16:48:09 [28]
 絶対にP召喚するんだという鉄の意志と鋼の強さを感じる。
 P召喚というギミックを稼動する上でスケール設置を1枚でこなすオノマト連携が弱いわけがない。実質このカードと手札1枚からレベル2~7のP召喚が可能。
 破壊耐性は返しの羽根箒や眼差しなどのケアに効果大。これにより発動ターンに1回、その後2回目のP召喚まで保障されるのでペンマジやマジェスペクターを連発すると相手としては相当うっとうしいことに。
 手札コストは単純に不要なカードを捨ててもいいが、貴竜を捨てたり賤竜の効果でカバーできるならそうしたい。破壊耐性から慧眼とは相容れないものの、互いが個々に機能しあうことで高い安定性を発揮できるのが魔術師の強みともいえる。

10

125.200.85.73 yt14132  2015-10-04 00:40:33 [27]
ひえーおにだ(笑)
驚異のデッキから2枚サーチ(笑)

10

183.77.199.106 イズル  2015-09-15 00:39:32 [26]
単純に強いことしか書いてない。カード名の異なる魔術師P2枚サーチと言われても、スケールの異なるペンデュラムモンスターを揃えないといけないので全く問題ナシ。問題なのはその後に魔術師たちのP効果が当たり前のように使えてしまうこと。それプラス効果破壊耐性付与まで付いてくる。これはPコールを打ったことをきっちり記憶しておかないとサイクロン、羽根帚、ビュートなどを無駄撃ちする羽目になるのでしっかり覚えておかないといけない。
Emとか混ぜた型になってくるとジャグラーなりブレードなりトリクラなりをコストとして廃棄して何故かコストでアドを稼ぐという意味わからんアドバンテージを叩きだす。特にジャグラーコストにしてクラウンサーチしてペンデュラムからクラウンブレードしてきたり、露骨なペンデュラム推しカードの1枚という印象。

10

27.84.74.234 音響Em  2015-12-22 23:40:41 [25]
最強のサーチカード
魔術師を組む意義の一つ

10

118.106.102.148 exa  2015-08-23 10:52:43 [24]
手札こそ増えないものの、安定したスケールセッティングとその後1ターンの安全を確保できる頼もしいカードです。
魔術師はレベルがバラバラで下級も少なく、下級もモンスター効果が優秀でないためスケールセッティングなしには戦えません。まさに必須カードです。
強すぎる武器を剥奪するのは理解できますが、戦う準備すら行わせないのは酷なので、調整版カードが出ない限りこれを規制するのはどうかとは思いますが……。

10

221.171.61.134 Hso  2015-08-17 03:25:13 [23]
何故このカードを発動したターンP召喚以外の特殊は行えない
みたいな制限を付けなかったのか甚だ疑問である
しかも「発動したターン」に発動不可なのでこれを使ってからならP効果使えるというなんともお粗末な抜け穴
別名カードをサーチできるというのはスケールを考えればデメリットではない
しかも破壊耐性まで持たせるのは本当に訳がわからない
魔法罠の除外って難しいのよ・・・しかも非破壊除外って

まとめると
デメリットが一切デメリットになっていないパワーカードという名称がまさに当てはまる一枚
P召喚をやられた側の対抗手段をごく一部を除いて出来なくさせるという魔法罠が単純除去されるというリスクさえ無くした
はっきり言って
運営が何も考えてないとしか思えない

10

111.217.23.189 EXデッキ焼き  2015-08-02 19:37:52 [22]
次回制限改訂の禁止、制限候補の筆頭。ペンデュラムを売りたいがためにコナミが投入した制限、禁止を前提考えたカード。只でさえ一度スケールが揃えばモンスターが中々尽きないペンデュラムを一瞬でそろえる効果は頭がおかしいとしか思えない。マスドライバーの様な使い方次第で相手を封殺してしまうようなカードはともかく、明らかに制限を前提としたパワーカードを出されるのは困る。デメリットでエンドフェイズにスケール除外とかならまだ許せただろうが、デメリットなしというのも考えてほしい。

10

27.87.154.129 凡こII  2015-08-02 16:00:39 [21]
頭がおかしいとしか言いようがないカード
ペンデュラム召喚を推したいのは分かるがこれはちょっと…
即禁止でもおかしくないレベル
1 2 3   >>

※ 評価の投稿にはログインが必要です。
ペンデュラム・コール 9.9 /10.0 点、 評価数 35 件 ユーザー レビュー 35