星読みの魔術師(ホシヨミノマジュツシ)

星読みの魔術師
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
ペンデュラムモンスター
効果モンスター
5 魔法使い族 1200 2400
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分のPモンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法カードを発動できない。
(2):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードまたは「オッドアイズ」カードが存在しない場合、このカードのPスケールは4になる。

【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分フィールドのPモンスター1体のみが相手の効果で自分の手札に戻った時に発動できる。その同名モンスター1体を手札から特殊召喚する。

スポンサーリンク

評価5.4/ 10
評価回数15
評価順位4596位 / 8217
閲覧数42995

 → 星読みの魔術師の価格相場を確認
 → 星読みの魔術師のボケを作成星読みの魔術師のボケを見る(0件)


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
STARTER DECK(2014) ST14-JP009 2014年03月21日 Super
ストラクチャーデッキ-マスター・オブ・ペンデュラム- SD29-JP006 2015年06月20日 Normal
STARTER DECK(2016) ST16-JP009 2016年03月19日 Normal
ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・エボリューション- SD31-JP007 2016年12月23日 Normal

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ

スポンサーリンク


評価 ⇒WIKI

5

183.74.204.227 パズドラ  2016-05-09 09:55:09 [15]
魔術師において、おっpで持ってこれる低スケールは割と重要だと思います。しかし最近は刻剣とかいう生意気なガキが出てきてこのカードの存在意義が危ういです。壁に使うにしてもあっちは2800になるしなぁ。刻剣が星2だったならコイツにも出番があったんだろうなぁ。しかし決して使いづらい訳ではなく、刻剣との仕事の差も気にするほどないかも。このカード格好いいし。

3

126.59.46.129 真の仲間  2015-07-17 03:21:16 [14]
デメリットなくてよくね?
アニメだと実際ないしさ

2

114.167.195.200 wings  2015-06-29 00:51:31 [13]
「時読み君時読み君、たなびたいことがあるんだ。僕もデッキに入れてくれよ」
『星読み君、いくら君の頼みでも、僕の入る枠だってギリギリなのに、そんなワガママは許されないんDA』

初期P魔術師の片割れ。スケールの小さい方。
オッPと組んでもレベル5~7が出せる時読みと比べ、こちらはレベル2~3と、いくらなんでも狭すぎる。
いざ時読みが来ても、彼はモンスターがフィールドにいると発動できないし。
バトルステップに使われる魔法カードもあんまりないし、あんまりである。
さらには、大抵の場合デメリットなしのスケール2とかのPモンスターで十分だったりするので。わざわざデメリット持ちのスケール1を使う必要があるのかが疑問だったり。

ローレベル獣族辺りで使えば使えないこともないのかもしれない。竜脈の魔術師はオッPで呼べないし。

3

121.93.94.42 アルバ  2015-06-22 22:52:54 [12]
長い間唯一P召喚に制限のかからないスケール1だったモンスター。
しかしスケール1はレベル2がP召喚できるのだがレベル7がP召喚できるスケール8程のメリットは無く何故長い間過剰なまでのデメリットをつけていたかが疑問。
レベルも5で時読みに比べるとやや使いにくい。
そしてデメリット無しのスケール1が登場し、しかもあっちはレベル4とかなり使い勝手が良い。

4

180.196.111.110 exa  2015-03-03 14:10:34 [11]
オッドアイズのスケールが中途半端なので基本的に時読みと組み合わせるしかなく、両方揃わないとまともに使えない制約が致命的なほどに足を引っ張っています。揃えばスケールの広さで気持ちよくP召喚できますが、やはり遅いです。

6

203.160.29.152 スクラップトリトドン  2014-10-27 18:58:07 [10]
謎のベールに包まれたPモンスターがついに登場!
モンスター効果は,見えている効果にわざわざ脱出使ったりする人はいないし,
Pモンスター自体,スケールがあってさえいれば次のターンにP召喚できるので,門前払いでもしない限りは気にしなくてもいい.
Pスケールの数値は一番デメリットの少ないスケール1なのだが,それでもデメリットとして時読みがいないとPスケールとして使いづらい子になってしまうのが痛い.
しかも,後にスケール3でデメリットなしのカードが増加.特に,スケール2のフーコーの登場が痛い・・・
レベル2でP召喚して美味しいカードは今のところなく,今のところは時読みのためのカード止まり.
主人公カードなので強化は望めるので,今後の魔術師Pモンスターの追加に彼の今後がかかっている.
Pスケール効果の(1)で,魔法を踏み潰せるのはあって損しないオマケ効果.

10

121.114.55.162 みらん  2014-05-23 22:02:30 [9]
レスキューラっとさんのせいで簡単にサーチできるようになった今ペンデュラム召喚は今後シャドール、征竜らにおいても非常に恐ろしい戦力なるだろう。

5

124.24.223.171 サンダー・ボルト  2014-04-25 18:46:37 [8]
非常に小さいスケールを持つモンスター。「時読みの魔術師」などと組み合わせるのがほぼ前提になりますけれども、多様なモンスターを展開できる可能性があるのは良いところ。「時読み」と異なり、発動に制約がないのもありがたいですね。P効果は速攻魔法による戦闘補助を抑える効果と言い換えても良いですが、フリーチェーンも多いため、抑止力としてはかなり微妙。モンスター効果もかなりおまけに近いものなので、Pモンスターが充実してきた時に生き残れるか少々不安の残るカード。

10

111.86.140.134 ノーコメもありや  2014-04-15 17:44:15 [7]
カードの効果を考察しててついにペンデュラム召喚の
脅威が分かってきた。ペンデュラム召喚は手札の該当
モンスター以外にエクストラデッキにいるペンデュラム
モンスターも該当していれば召喚されるため、
ペンデュラムゾーンのカードを片方でも破壊しないと
どんなにモンスターだけ除去してもエクストラデッキに
戻って次のターンのペンデュラム召喚で再び現れる。
ここで重要なのはエクストラデッキに戻るということで
墓地に依存しないことまたレベルの概念はあるため
リリースはもちろんチューナーをペンデュラム召喚で
一緒に呼んでシンクロ召喚、レベルが同じペンデュラム
モンスターをエクシーズととんでもない戦力を手短に
出されてしまうことだ。
結論からいうと今後ペンデュラムモンスターの種類や
優秀なカードも増えてきて、それらは確実に
これまでの特殊召喚の考え方を改める原因となるだろう。
少なくともペンデュラムモンスターとわざとペンデュラム
ゾーンに置いたカードを破壊する魔法・罠と有力な従来の
エクストラデッキのカードらで現環境をあっさり崩すデッキ
が来てしまうかもしれない。

6

219.97.16.183 とき  2016-12-23 16:01:49 [6]
スケールが小さくてレベルが高いやつ。
スケール1は希少価値であるが、再録されたストラクに竜脈やアストログラフ
といったより使いやすいカードが並んでいるのも事実。
カードとしてはどちらもペンデュラムモンスターに耐性を与えるもので、P召喚で殴り屋になれるカードとの相性が主眼か。モンスター効果はバウンスに強いのはいいが、このカード自身がモンスターとして出しにくいので…
総じて初期の慎重になりすぎたカードゆえの悲劇を感じさせるカードだったが、真の力を開放することで最後にズァークデッキにおける必須クラスのカードに進化した。
アストログラフのP効果に必須のカードとなっており、アストログラフを簡単にP召喚できるようにするためにはこのP効果は欠かせない。アストログラフがズァーク召喚の鍵を持っているため、必然ズァークを呼び出すときのスケールに収まってることも多そうな。

7

203.133.136.82 ナル参照  2014-03-25 22:02:33 [5]
一番初めのペンデュラム低いほう。
自身のスケールは最小の1となんとも嬉しい値。だが、魔術師・オッドアイズがいるとき限定でそれ以外では自身のスケールは4とかなり残念になる。もっとも、もう片方に2以下・6以上のスケールを持つモンスターを置ければいいのだが。
上級なものの、自身のステータスもキラトマなどのリクルーターからリクルートできる値でかつ守備力もそこそこあり壁としても有能。バウンス対策の効果もあって損するものではない。もっとも、このカードが真っ先に狙われると思われるので牽制ということだろうが。

5

119.241.33.183 アスラLv12  2014-03-21 14:25:50 [4]
記念すべき初のペンデュラムモンスターの1体。しかしスケールが両方1なため正直使いづらさもある。レベルの割にはステータスが微妙なのもトマトの恩恵があると受け取ればいいのやら

5

108.0.116.111 黒梅@闇鍋好き  2014-03-17 03:08:52 [3]
今の所判明しているペンデュラムモンスターの中では最もペンデュラムスケールが低いため、低レベル中心のデッキにペンデュラムモンスターを取り入れる場合は重要になる。ただし「魔術師」か「オッドアイズ」がいなければスケールが上がってしまうため、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンと共に採用して低レベル中心でいくか、時読みの魔術師と共に幅広いレベルを狙うのが基本となる。オッドアイズが優秀なサーチ効果を持つため、3枚とも採用するのがいいかも。

5

126.123.78.155 ホ・ワイト  2014-03-12 17:39:18 [2]
オッドアイズの色は赤と青だろうな ブルアイズとレッドアイズ
キラートマトの需要UP 守備力高いのは好き
2体出せば手札戻し効果はムダだぜ!

5

153.129.179.35 光芒  2014-03-09 23:27:43 [1]
新たに登場したペンデュラムモンスターの1体で、時読みの魔術師と同じく主人公のペンデュラム召喚をサポートするカードと思われます。このカードがPゾーンに存在する場合はPモンスターが戦闘を行う場合のみ、相手の魔法カードの発動を防げるので、コンバットトリックに強くなります。そしてもう片方のPゾーンに指定のカードがない場合、このカードのPスケールが4になるというのは、推測ですが、P召喚できるモンスターのレベルの幅が狭まるということでいいのでしょうか。
モンスターとしての効果はPモンスターが相手のカードでバウンスされた時に、そのモンスター1体を手札から特殊召喚できるというもの。文面だけ見れば、強制脱出装置やプレアデスに強いですが、このモンスターは相方とは違ってレベル5なので通常召喚がやや難しいのが難点ですね。攻撃力が低いので、リクルーターから出すことも出来ますが……

※ 評価の投稿にはログインが必要です。
星読みの魔術師 5.4 /10.0 点、 評価数 15 件 ユーザー レビュー 15